FC2ブログ

Latest Entries

投稿TS小説第145番 双子%ぽんぽこ%兄妹 2 トゥルー・ロスト・バージン(3) <18禁>

作.ありす
イラスト.杜若つくね http://club.oekaki.jp/~tsukune/

”いいじゃん、守るとシちゃっても……”

ぼうっとなった気分のまま、ベッドに押し倒されていた体はいつの間にか起こされていて、エプロンの紐も解かれ、ジャンパースカートのファスナーが下ろされていた。そしてブラウスのボタンも外されて……胸のリボンはいつの間に外されていたんだろう?
黒いブラジャーの上からの刺激に、はっと気を取り直して、あわてて両腕で胸を庇った。 

「ごめん、痛かった?」
「ん、そうじゃなくて、恥ずかしいよ」
「そんなこと無いよ。とっても素敵な下着だね」
「や、あ、その……」

メイド姿の下の黒の下着。男なら誰でも幻惑されるに違いない。実際自分でだってそう思うのだから。

「ボクに見せるために、こんな素敵な下着を着けてくれたんだ?」
「え、ああ、いや、そのぉ……」

選んだのは美樹なんだから、守に“魅せる為”っていうのは間違いじゃない。

「立って」

守に促されて、ベッドから立ち上がると、脱ぎかけのエプロンとスカートが自然に足元に落ちた。

「これもとらなきゃ」

守の手が器用に腰のペチコートも足元に落した。思わず顔を背けると、部屋の姿身に映る、黒いレースの上下にガーターベルトでストッキングをつった下着姿の少女が、恥ずかしそうに顔を赤くしていた。見慣れた顔の、見慣れない姿。

「恥ずかしいよぉ」
「そんなことないよ。後ろを見せてくれないか?」
「…………こう?」

守に背中を向けると、守もベッドから立ち上がって、後ろから肩を抱かれた。

「さっき、鏡を気にしていただろう? ほら、もっとよく見てごらん、キミは自分がこんなに綺麗だって、知っているのかい?」
「え……?」

守は鏡の中の少女の女性のラインを、手で辿りながら囁くように言った。オレの頭はすっかり混乱していた。
守が抱いて確かめるように愛撫しているのは、守の親友の大樹で、鏡に映っているのは妹の、見慣れない媚態で。でも守の手のぬくもりや、肌に付けられた下着の跡をくすぐられるのを感じているのは、自分なわけで……。ワタシは、美樹?
力が抜けそうになって、目を閉じた瞬間、ふわっと体が浮き上がる感覚がした。守に抱きあげられてしまったのだった。お姫様みたいに。

「そろそろ、いいかな?」
「ふぇ? んむ……」

答えは聞く必要がないとでも言うように、すぐに唇がキスでふさがれ、そのままベッドの上に寝かされた。
どうしてなんだろう? 何でこんなことしているんだろう?
さっきから、じんわりとした感覚が全身を支配していて、思考力が極端に鈍っている。
目の前で起きている事に、まるで現実感が無かった。とても丁寧にブラジャーをとられ、軽く手を添えられるように胸を揉まれると、思わずその気持ちよさに目を閉じてしまった。守の手のゆっくりとしたリズムで、柔らかく膨らんだ乳房の形をはっきりと感じた。時折指先が触れる頂上の蕾への切ない刺激に、思わず固く結んだ唇が開いてしまう。それをキスを求めているのだと思ったのだろうか? 守の手が少し長めの髪を梳くように頭の後ろに回された。そして、されるがままに唇の愛撫を受け入れていた。キスされながら腰に回された手が、自分のお尻の丸みと柔らかさを感じさせる様に蠢き回るのを感じたとき。胸いっぱいに切ない思いがこみ上げてきて、自分から足を絡めて守に腰を擦り付けてしまった。すると守は大胆に下着の中に手を入れてきて、股間の秘裂を開いて、肉の入り口を確かめられてしまった。

「いやっ!」

昨日の陵辱の記憶がよみがえり、反射的に守を拒否してしまう。

「ごめん、痛かった?」
「ううん……そうじゃないの。ワタシ、…………初めてじゃ」

“どうかしている”と自分でも思った。男に――守に抱かれる倒錯的な行為の嫌悪感よりも、自分が処女じゃない事の罪悪感のほうが、上回っていたのだから。挿れられた2本の指の動きは、単に濡れているかどうかを確かめる動きじゃなかった。そして、昨日無理矢理奪われた記憶が呼び起こされた事で、いかに守が丁寧に、いたわりながら扱ってくれているのか、気がつかされたのだ。
泣きべそをかきそうになっていると、守は大きな綿菓子のかたまりを抱くような優しさで、抱きしめてくれて言った。

「僕とは初めて、それでいいじゃないか」
「……うん」

優しいんだ……。
それでも、残っていた僅かな理性でお願いした。

「ちゃんと、……避妊してね」

守はにっこりとしながら、ワタシの鼻を軽く指で突いた。

「安全日だから、今日にしようって言ったのは、美樹ちゃんだろ? でも、心配ならこれ飲んで」
「なに? これ」
「経口避妊薬。ちょっと苦いけど、先月発売された新しい薬だから、大丈夫だよ」

先月発売されたというと、あれだ。確かニュースでもやっていた、画期的な安全かつ確実な避妊薬という触れ込みの。でもあれは確か成人で、身分証が無いと買えない筈じゃ……? そのことを問うと、守は頭を撫でてくれながら言った。

「姉さんから分けてもらったんだ。女性なら18になっていれば、買えるんだよ」
「麗華さんは、その……、ワタシと守クンがこういうことしてるって、知っているの?」
「え? ああ、うん。美樹ちゃんとデートするんだって言ったら、くれたんだ。“万が一にも女の子泣かせるようなことしちゃ絶対ダメだよ”って」
「そ、そう……?」
「怖い?」
「う、そうじゃ、無いんだけど……」
「目を閉じて」
「ん……苦い」
「出しちゃだめだよ、薬だから。 ん、ホントに苦いね、これ」
「男の人も飲むの? これ?」
「うん、飲まなくてもいいんだけど、飲んだほうが効果が確実なんだって。美樹ちゃんだけ苦い思いさせるの、かわいそうだからね」

屈託の無い笑顔で言われて、ちょっとキュンっとなった。そして守は『口直しだよ』といって、さっきのウィスキーボンボンをもう一度、口の中に放り込んでくれた。苦い薬で醒めかけた気分が、再びとろけてくる。いいのかなぁ、こんなことしても? でももう、……なんでもいいや。守に……任せた。
覚悟を決めて、守の顔を見つめると、たぶん誘うような目つきだったんだろう。腰の両側に手をまわされて、下着を抜き取られた。自分から腰を上げて脱がされたのだから、晒された下半身への羞恥心も、あまり感じなかった。でも股間に顔をうずめられて、濡れた肉の谷間を舌でなぞられた時には、思わず守の頭を手で押さえて抵抗した。

「やぁっ、はふぅ……やだぁ、恥ずかしい、よう」

でも守は意に介さず、わざとぺちゃぺちゃという音を立てるのを、やめてはくれなかった。
ヒトの舌にあるという、小さな乳頭の粒々さえ知覚してしまうような、そんな敏感なところへの刺激に、切ない身悶えを続けさせられていた。そしてもっと敏感な秘裂の頂点の突起を甘噛みされて、一瞬息が止まり、気が遠くなってしまった。守に腰を押さえつけられていなかったら、そのまま高く持ち上がってしまうほどに、のけぞっていたかもしれない。そのぐらい、強い快感だった。

「はぁっ、はぁっ……」
「気持ちよかった? そろそろぼくも、気持ちよくさせてもらおうかな?」

守の言葉が、理解できるほど頭が働いていなかった。両方の足首を掴まれて、大きく広げられた。この先にどんなことをされるのか、頭ではわかっていたけど、もう抗う気持ちなんて残っていなかった。硬くとがった突起のある二つの胸のふくらみの向こうに、守が腰を進めてくるのを、ぼんやりと見ていた。そして掴まれた足首を高く掲げられて、少し腰を浮かされたかと思うと、守が挿入ってきた。

「はうんっ……」

胎内に何かを押し込まれる嫌悪感よりも、足りないものを満たされるような充実感に、喘ぎ声が出た。

「うわぁ、女の子の膣(なか)って、こんなに気持ちいいんだね」
「……へ? う、うん。ワタシも、気持ちいいよぉ」

大樹挿入



守はゆっくりと確かめる様に腰を動かしていたが、じんわりと疼き続ける体が“本当の快感はこんなものじゃない”という信号を、脳に送り続けていた。もっと、強い刺激が欲しい……。

「ああん、も、もっとぉ、もっと、奥まで。もっと、深く突いて……」

守はその声に応えるように、今までよりもぐっと強く腰をつかんで、より深く激しい抽送を始めた。

「あんっ、あんぅっ、あんっ、……そ、そう、もっとぉ、もっとお!」

イヤらしい、おねだりする喘ぎ声が恥ずかしくて、口を塞ぎたかったけど、なぜか手に力が入らなかった。体の奥深く、はっきりとは感じられないけど確かに存在を感じる、肉の塊を突かれる感覚に、夢中になっていた。気持ちよすぎて、溢れてくる涙ですら拭えなかった。

「はぁ、あはっ、あー……、はぁ、……っ、……ん、……ーっ、……っ」

段々と弱弱しくなってきた喘ぎ声に、守は心配になったのか動きを止めた。

「美樹ちゃん? 大丈夫? すこし、休もうか?」
「う、……ううん、平気。……続けて」
「実は、僕ももう、……限界なんだ。最後まで、いっちゃっていいかな?」
「うん、いいよ、ワタシももう、……らめ。 一緒に、イこう?」
「じゃぁ、いくよ!」
「うん。……でも、お願い。ワタシがイク声は、聞かないで……」
「大好きだよ、すごく。もう、離さない」

優しい笑顔と低い声でそういうと、守は両手でワタシの頭を抱きかかえて、唇で嬌声を封じてくれた。そしてさっきよりもより深く、より激しく抽送を始めた。それにあわせるように、体が勝手に守るに足を絡ませた。そして腰が求めるように動くのを抑えきれなかった。

「はふっ、らめっ、 ひく、ひっちゃうよぉー」

激しい行為に、より多くの酸素を求めて口をずらしてしまい、喘ぎ声が漏れた。AV嬢のような甘ったるいだらしない声に恥ずかしさを感じた。その声に守も反応したのか、体を強く緊張させた。同時に疼いて仕方の無い体の中心を、何かで満たされる様な充実感が広がっていった。そしてすぐ後を追いかけるように、全身を快感の波が駆け抜けて行き、体は守にきつく抱きしめられているのに、魂だけが体を離れて宙を漂っているようだった。そして、これが本当のセックスの快感なんだ……と思った。

全身が麻痺してしまうような快感の余波が治まると、守の腕の中に包まれている、やさしくて暖かな皮膚の感覚が戻ってきた。なんていうか、最高に気持ちよかった。何もかも満たされた感じ。昨日の美樹とのアレは欲望に任せて、快楽を貪りあうだけの性行為。でも今のは違った。体だけじゃなくて心まで重ね合わせた、愛情のこもった睦み事だった。
興奮が収まってくると、それにつれて思考力も戻ってきて、いろいろなことが考えられるようになってきた。そして、頭を撫でられながら守の笑顔を見ているうちに、涙があふれてきた。本当に恥ずかしい。よりにもよって、守と……女として抱かれて、女として喘いで、女として求めてしまったことに。自分は本当の意味で処女を捧げてしまった。

「ふえっ……、ぐすっ、うわーん」
「わ、ちょ、ちょっと、どうしたの?」

おろおろする守にすがりながら、オレは泣き続けてしまった。もう何がなんだかわからなくなっていた。


「あーあ、麗華さん。大樹を泣かせちゃったんだ」

聞き覚えのある声に、オレは泣き止んだ。
声のした方向を見ると、部屋の入り口にはオレの体をのっとった美樹が笑みを浮かべながら立っていた。

「ぐずっ、……ふぇ? 美樹?」
「大樹、男の麗華さんって、泣くほどエッチうまかったの?」
「え? 麗華さんって、あの……?」
「ごめんね、大樹君。本当は私、麗華。弟の体借りてたのよ」

と、さっきまで守本人だと思っていた人物が言った。

「え? え?」

な、何を言ってんだよ、美樹も、守も!?

「あの入れ替わりの薬ね、実は麗華さんから貰ったものだったのよ。“面白いものがあるから、試してみない?”ってね」
「そ、それじゃ、入れ替わっていたのって、オレたちだけじゃなくって、守と麗華さんも……?」
「美樹ちゃんが、男の体でエッチすると気持ちいいって言うから、つい……」
「じゃ、じゃあ……」
「とってもよかったよ、大樹君。これからも、よろしくね」
「え? あ、はぁ、あははは……、ふえーん」
「ああ、もう泣かないでよ」

--------------------------------------

美樹は麗華さんの体の“守”も連れて来ていた。中身の性格を反映してか、控えめでおとなしい印象を受ける麗華さんの体は、しっとりとした魅力があった。はて、守もさっきからオレの方をちらちらと見ているが、どんな風に見ているのだろうか? 麗華さんの体をした守が伏目がちに質問してきた。

「大樹。大樹はその、……ぼくの体に入っていた姉さんのこと、ずっとぼくだと思っていたの?」

うう、わが親友よ。頼むからそんなことを思い出させないでくれたまえ。オレはノーマルでいたいんだ。
はっと気がついて、俺は守(in麗華さん)に聞いた。

「もしかして、お前もその……オレ、いや、美樹と?」

守の奴は真っ赤になって下を向いて答えなかった。
まったく、とんだ魔女どもだ……。


「もういいだろ? 早く元に戻してくれよ」
「まぁ仕方ないわよね。いつまでもこのままってわけにもいかないしね」
「残念だなぁ。私としたとき、大樹あんなにかわいくなかったよ?」
「あら、大樹君の処女は、やっぱり美樹ちゃんが?」
「美、美樹! 頼むからこれ以上、オレを辱めるのはやめてくれ」
「……大樹も災難だったんだね」
「…………」
「はい、じゃ、これ飲んで」

俺たちはこの悲劇の元凶となった黒い粒を飲んだ。とたんに体が熱くなってくる。昨日と同じだ。
あれ? だけど4人同時に飲むとどうなるんだ? はっとして見ると、麗華さん……いや、守の奴はもう既に薬が効いてきたのか蹲っているが、オレの体の美樹と守の体の麗華さんはニヤニヤしながらこちらを見ている。し、しまった。凄く……嫌な、予感が……。


はっと気がつくと、またしても女性の体になっていた。だけど、今度は麗華さんの体……。
オレは眩暈でふらふらしながら、守の体に入ったままの麗華さんに詰問した。

「れ、麗華さん。どういうことですか? 元に戻してくれるんじゃ、無かったんですか?!」
「どうもこうも、見たとおりよ。大樹君」
「見たとおりって……」

そして、守の奴も意識を取り戻した。

「あれ~? 今度は美樹ちゃんの体になってる」
「あは、守くーん。気分はどう? 私の体、どうかな?」

美樹が俺の体のまま、今度は自分の体に入った守に抱きついている。

「れ、麗華さん! 説明してくださいよ」
「明日も日曜日でお休みでしょ? このままデートを続けてもいいかなって思ったの」
「こ、このままって、麗華さん! オレが麗華さんの体に入ってどうするんですか!?」
「だって、もう夜じゃない。外泊はまずいから、そろそろ私たち姉弟も家に帰らないと」
「それなら、守の体と入れ替えてくれれば、よかったじゃないですか!」
「いえ、せっかくだから、ね?」
「“ね”って……」
「妹の体で親友と。そして今度はその親友の姉の体で。背徳的で倒錯的で、ゾクゾクしてこない?」
「は、背徳的って……」

ヤバい。いま確かに“じゅんっ”って、体が反応した。
守の体の麗華さんが、さっきよりも幾分大きくなった胸を、オレに確かめさせながら言った。

「私も弟とするってのは、ちょっと抵抗があるんだけどね。でも、これならただの“オナニー”でしょ?」

くすん……。またですか?

<おしまい>





無料アクセス解析



コメント

どうもです!
コメディはノリがないと、書けないんですよね。
「星の海で」は前回ちょっと悲しいお話で終わったので、次はコメディから始めようかと……w

ありすさんの芸風は幅広いのですが、コメディ風も非常に良いですよね。

でもやっぱりこのくらいが一番だと思う今日この頃です……レベル的に?

いじめたい……いじめられている可愛い姿がみたい……
いいよね……愛のあるイジメ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/3190-8796296c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-09