fc2ブログ

Latest Entries

アキバ@OSさんに紹介されてました!

ずっと前に。
去年だし。

http://www.akibaos.com/?p=485

けんぷファー2の紹介記事だ。なんかうれしいです。

けんぷファー〈2〉 けんぷファー〈2〉
築地 俊彦 (2006/12)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る

投稿TS小説第132番 そんな、おままごとみたいな……(3)

作.ありす

<3:魔法の薬>

畑ではコンラートが、夕方暗くなるまで働いていました。ここ数年の不作続きで、丹念に農地を耕作しなければ、自分はおろか、村の食糧事情にまで影響しそうだったからです。

「やれやれ、今日はもう疲れた。ここまでにしておくか。若いころはこんな程度のことなんともなかったのに、歳はとりたくねぇなぁ……」

そこへ先ほどの妖精が通りかかりましました。

「グッドタイミング! ここはやはり、この若返り薬が役に立つよね」

妖精は先ほど手に入れた薬の効果を確かめたくて、早速試してみることにしたのでした。

「でも、これ何錠ぐらい飲めばいいのかなぁ?   ……このくらい、かな?」

妖精はコンラートの家のテーブルに、薬瓶の中から薬を3錠取り出し、”若返る薬”とメモを置いて、様子を見ることにしました。
程なくコンラートが帰ってきて、机の上のメモを見つけました。

「なんだこれ? ”若返る薬”? いたずらか? それともクララの差し入れか? ま、栄養剤みたいなもんだろう」

そういって、3錠とも飲んでしまいました。
妖精は、気づかれないように窓の外から様子を伺っていましたが、一向に変化の起きる様子がありません。

「おかしいなぁ? やっぱり、インチキ魔法使いの薬だから、ダメなのかなぁ?」

妖精が首をかしげていると、コンラートはさっさと食事を済ませ、床に就き眠ってしまいました。

「なんだぁ、つまんないの。効果がないんじゃ、持っていてもしょうがないよね。これはあげるよ」

妖精は生来の飽きっぽい性格のためか、薬瓶のラベルを一瞥すると、テーブルの上に置いて、森へと帰ってしまいました。

<つづく>

全文を表示 »

ボクの成年貢献人

ボクの成年貢献人 ボクの成年貢献人
彩画堂 (2007/03/12)
双葉社

この商品の詳細を見る

«  | HOME |  »

FANZAさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

FANZA専売品コーナー

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2007-04