fc2ブログ

Latest Entries

投稿TS小説第141番 Blood Line (11)(21禁)

 会陰部からべろりと舐め上げ、大量に分泌している甘酸っぱい愛液を幹彦の羞恥心を煽るようにぴちゃぴちゃと音をさせ舐め取っていく。幹彦は鹿島の舌の感触に背筋がぞっとしたけれど、次の瞬間にはその感触が快感に生まれ変わっていた。璃紗の肉体は、幹彦が拒絶しようがするまいが、性的刺激に特別弱く敏感過ぎた。
(はあっ、ああン、感じ、過ぎるっやっ、ああっ!)
 熱い吐息だけが幹彦の口から漏れていく。高野が言う「声」の事などこの快感の中では考えようも無かった。何とか肉体に溢れかえるこの痺れるような悦楽から心を切り離したかった。
 しかし鹿島も璃紗の身体に慣れているのか、的確に急所を責めてくる。ゆっくりと、時に早く、触れるだけかと思えば舌を押しつける。その微妙なテクニックに幹彦の心と璃紗の肉体は応えまくっていた。
(ひぁっ、もうったまんないぃぃ)
 自分から腰を上げ、感じる場所に鹿島の舌を誘導しようとしていた。幹彦の腕は力が無いながらも鹿島の舌を剥がそうとしていた筈なのに、反対に引きつけてしまう。既に幹彦の心は、璃紗の身体に負けていた。
「おう、どんどん本性が出てくるな。やっぱお前は淫乱なんだよ」
 満足そうな言葉を吐くと同時に、鹿島はぴたっと舐めるのを止めてしまう。未知の快感に慣れ始めた幹彦の、璃紗の肉体は無性に切なくなってしまっていた。
 もっと舐めて欲しい。もっと気持ちよくして欲しい。そんな恥知らずな感情が後からあとから湧いてきてしまう。そして先程とは違った物欲しそうに潤んだ視線を鹿島に絡めていた。
 口の端を歪めたまま、鹿島は幹彦の脚を自分の肩に載せる。これが何を意味しているのか。それは幹彦にも解っていた。胸の高鳴りが耳に響き、荒い息づかいも聞こえていた。
 鹿島がゆっくりと腰を進めてくる。上に乗る男の太く長大な槍の先が下の濡れた唇に触れた瞬間、璃紗の身体は電気が走ったように震えた。その電気は、ひどく遠い場所で起こっている出来事のように思えていた幹彦の脳を刺激し、現実にソレが自分を貫くものだと知らしめていた。
(あ?! 期待なんてしてないのに? なんでだ?! 璃紗さんっなんで?!)
 無骨な男の指が、繊細な女の割れ目を無造作に押し広げていく。小陰唇は性的な興奮で十分に充血し開ききっていたとは言え、愛液を垂れ流す膣口が露わにされると、粘膜が大気に触れヒヤッとする。
 肉の凶器が「ぴとっ」と触れた。鹿島がにやけながらソレを上下に擦り付けると、幹彦の身体には、また新たな快感が生じてしまう。
(んんんっ、はぁっ、あっくっうん)
 亀頭がクリトリスに触れると、細く白い身体が巨体の下で大仰に跳ねる。そのまま亀頭を下げ、膣口にまで先端が戻ると、また跳ねる。その様を楽しむように鹿島は幹彦を弄んだ。


全文を表示 »

けんぷファー(4)

けんぷファー 4 (4) / 築地 俊彦

アマゾンはまだ画像装備しないのかw
本日読了。
相変わらず質が高い。値段分の価値がある、でランキング。

自費出版

自費出版した本がなぜ書店に並ばないか

やっぱりオレはBLOGでローリスクでいくぜ。
本屋は『本を置いてやる』ことで金を出版社などから取ることもできるのですね。(コメント欄など参照)
BLOGで言えば、読者さんから金をもらう代わりに投稿者さんから金をもらうような感じですかw

オレンジカードに興味あり

いや、息子がw

金券ショップが好きなので時々チェックしてますけど、最近田舎ではオレンジカードを見かけないのです。まぁ、スイカとかピタパとかJスルーとかありますしねぇ。
電車が写ってるカードが多いので息子がほしかっているのですが、購入、使用に関してアドバイスがあればお願いします、電車マニアのかたがた。

新幹線は使うけど、在来線はあんまし使わないんですよねぇ。
現在の基本戦略は、大阪とか都会に出たときにまとめて買って、あとはひたすらコツコツ使う、です。地道です。

«  | HOME |  »

FANZAさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

FANZA専売品コーナー

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2007-07