FC2ブログ

Latest Entries

ブログスカウター リニューアルです。

ポイントが調整されてランキングが出るようになりました。
我があむぁいおかし製作所は約10000ブログ中229位です。

BlogScouterポイント 1038 (昨日比 -224)    229位/10425人中

悪い成績ではなく、むしろかなり良いのですが、メリットを本格的に受けるにはベスト10とかベスト50に入らないとダメでしょうね。
でも単純に順位争いは大好きだし良し。

ダイエットを始めて今日で46日目

70.8kg。
ここ3日ばかり歩いたしな。
岡田センセの本電車で大宣伝されててびっくりw

いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227) いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)
岡田斗司夫 (2007/08/16)
新潮社

この商品の詳細を見る

投稿TS小説第141番 Blood Line (28)(21禁)

(ひぁ、ソコ、ダメっ、あっくっうン! もっと、もっとお!)
 声のでない口を開き、音にならない叫びを上げ感涙に咽ぶリサ。真理の上で踊るように腰をくねらせる姿はとても扇情的で淫靡だった。
 真理を犯したい、そんな気持ちだったのに、いつの間にか攻守が交代して攻められている。真理にもっと触れたいと思っても、下半身から脳髄に到達する電流はより以上にリサの快楽中枢を刺激し、身体を麻痺させていた。
(あ! ああんっ、イクっ、イっちゃうよ、真理さん、まりさんっ。くっんん~)
 ぎゅっと力の限り真理の身体を抱き締め、絶頂の波を堪えようとしたけれど、それは叶わない。さざ波は津波となってリサを襲う。それまで、鹿島による陵辱でも絶頂感はあった。けれど、これ程大きくは無かった。自分が欲しいと思った女性の指が頂上に導いてくれる、その想いが快感を大きくしていた。
 びくびくと身体を痙攣させるリサの反応は真理にも把握できた。痙攣が始まる直前、それまで以上に固く痼ったクリトリス。痙攣はスリットにも及び撫で上げる指先にも感じ取れた。
(いかせちゃった)
 ほんの少しの後悔と余りあるほどの満足感。真理は目の前の白い髪を見ながらこれでリサも満足しただろうと思っていた。しかし。
 むくっと気怠そうに上体を上げたリサの顔は上気し、同性が見てもゾクっと来るような色気を、その白い身体から醸し出していた。ちょっと拗ねたような表情を見せると、真理の足下へと移動していく。首を擡げてそれを見る真理。
 自分の分泌物でお漏らしをしたような真理のパジャマのズボンとショーツに手を掛けたリサに、真理は何をされるのか悟った。
「ちょっと、リサちゃんそこはダメよ。もう、今日はほんとに――ええっ?」
 普通なら寝ている人のズボンを脱がせるのは非常に力のいる作業だ。ほんの少しでも腰を上げて貰えば楽に脱がす事が出来るが、そうでない場合は足を持ち上げ、腰を少しでも浮かせるような体勢を取らせなくてはいけない。だから真理は抵抗しなくても言葉だけで制止出来ると思っていた。ところがリサが力を入れる風でもなく自分のパジャマとショーツを一気に足から引き抜いてしまった事に大いに慌ててしまった。
「ちょっ、なんでっ?! やっ、ダメだってば! 足、広げ、ああ……」
 さっきまで自由にリサを嬲っていた手は、再び動かない。リサの為すがままの状態に戻っていた。隠したい場所をリサに広げられ薄暗い室内に晒け出している自分の姿に、真理は絶望を感じていた。
 少し濃いめの陰毛に飾られた真理の割れ目は、唇をしっかり噛み締めて閉じ合わさっていた。しかし興奮の為か充血し厚くなって割れ目から飛び出し、ヌルつく液体が滲んで夜の光りに反射している。リサの愛撫で反応し、リサを虐める事で性感が高まって真理本人も濡れ始めていたのを知っている。そのはしたない反応を見せたくなかった。真理は唇を噛み締め、ぷいっと横を向いてしまった。
 真理の足の間に入り、リサは股間に顔を近づけた。鹿島に犯された時、結合部を鏡で見せつけられた事もあったから、女性のその部分を見た事はあった。でもこれ程至近距離ではない。真理の秘所を凝視しながら、爆発するような鼓動を感じる。先程達してびしょびしょになったスリットは、新たな粘液で益々濡れている。

全文を表示 »

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2007-09