FC2ブログ

Latest Entries

コミックアンリアル 2007年 10月号 [雑誌] (2007/09/12)

コミックアンリアル 2007年 10月号 [雑誌] コミックアンリアル 2007年 10月号 [雑誌]
(2007/09/12)
キルタイムコミュニケーション

この商品の詳細を見る

画像チャンネル管理者初公判

http://www.sankei.co.jp/shakai/jiken/070911/jkn070911033.htm

年間4300万円の広告収入>ウチの143倍

年間アクセス数(時事通信報道)7362万>ウチ(年間250万)の29倍
年間アクセス数60億(画像チャンネル発表?)>ウチの2400倍


参考にならないー。
年間広告収入は思ったより少ないな。

貧困はモンスターをも生む

コンドールマンをご存知でしょうか。ひおあきらの漫画版のほうです。原作は川内先生ね。

人間の醜い欲望から生まれたモンスター一族の長、キングモンスターさまが叫ぶシーンが印象的です。うろおぼえですがー。

「あくなき欲望から!貧困と飢餓の中から!果てしなき戦乱から!いでよモンスターども!」
そう、あの頃には貧困がまだあったのかもしれない。それが今によみがえったのがワーキングプア。なんてゆう印象論で語っちゃいがちですが、現在の貧困について語った新書を購入&読破です。

貧困と並列に今語られがちな格差、これは「かならずしも格差は悪ではない」んですな。格差ってのはたとえばトップとアンダーの差にすぎないですから。トップがどんどん上がるのは別に悪ではない。
しかし、貧困は撲滅すべき対象です。人らしき生活のボーダーなわけですな。アンダーの方の「このラインを割ったらやばい」あたりが貧困のライン。

あ、あとマスコミで語られがちなエリートからの転落。これはやっぱりレアケースで傍から見るに興味深いから取りざたされるだけで、実際はやっぱり不利な人がより簡単に貧困に陥るわけで、その辺なかなか率直、かつ論理的で面白かったです。

今度のTSに生かせるかなぁ。

現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書 (659)) 現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書 (659))
岩田 正美 (2007/05)
筑摩書房

この商品の詳細を見る

壁の中の天使 上 (1) (二次元ドリームコミックス 91) ここのき 奈緒 (2007/08)

壁の中の天使 上 (1) (二次元ドリームコミックス 91) 壁の中の天使 上 (1) (二次元ドリームコミックス 91)
ここのき 奈緒 (2007/08)
キルタイムコミュニケーション

この商品の詳細を見る

投稿TS小説第141番 Blood Line (31)(21禁)

 足下に落ちたボードを拾い上げ、大きく「ヤ・ダ!!」と書かれたボードを見ながら真理は大きく溜息を吐いていた。彼女にしても、このままで良いとは決して思っていなかった。確かに保護欲と愛欲に負けてリサを抱き、リサに抱かれたけれど。
(別に、一緒にいたくない訳じゃないけど……)
 何かのきっかけで、少しだけ距離を置きたい、そんな心境だった。同じ研究施設にいながらすれ違いがちの彼が来るというのは、ある意味渡りに船だったのだ。
 化粧もそこそこにリサが閉じこもった部屋の前に来ると、躊躇いがちにノックした。
「リサちゃん。別に恰好はどうでもいいから。他の人と会うと世界が広がるでしょ? 来たら呼ぶから、出てきてね」

 真理の声を聞きながら、リサは膝を抱え床を凝視していた。自分という存在の曖昧さが身にしみる。
(真理さんが好きになる位だから、きっと凄くいい人なんだろうな。僕なんか――)
 社会的にも人間的にも劣る、そう思ってしまう。大体男ではないのだから、始めから勝負になっていない。そんな事を考えると悲しいやら怒りやら複雑な想いがリサの心をかき乱していた。
 リサも真理が言ってる事は解っているのだ、頭では。ただ心がついていかない。それでも真理が望むならと、少々自己犠牲的な心境を美化しながら重い腰を上げた。
 ゲストルームは六畳弱程の広さがあり、そこに洋服ダンスが置かれている。真理が選んだ服がぎっしりと詰まっている。リサは気恥ずかしさからデニムパンツやカーゴパンツしか穿いていないが、スカートもかなりあった。その中の一着を手に取る。
(寒いし、こんなのでいいのかな)
 膝丈のチェックのプリーツスカート。生地がウールだから暖かい筈だ。赤地のチェックは白い肌にも映える。リサはデニムのパンツを脱ぎ、スカートに足を通した。少し手が震える。
 研究施設に閉じ込められていた時はスモックしか着用していなかった。真理に保護されてからも、スカートなど穿いていない。これが初めての「女装」だと思うと自然に緊張してしまう。しかも男に見せる為なのだから。
(はぁ。やだな……でも真理さんの為だし)
 璃紗と会った時も、璃紗はスモックだった。綺麗な彼女が普通に女の装いをしたらより綺麗だろうと、幹彦だった頃も何度も思っていた。それを自分がするのだ。「女装」に対する嫌悪や緊張も勿論あったが、片隅にちょっとした好奇心もあった。リサは「真理の為」という口実で己の複雑な心理を肯定しようとしていた。
 鏡の中の璃紗は、見た事も無い程「女」になっていた。というよりピンクのセーターとチェックのスカートという出で立ちが子どもっぽく見え、幹彦と同じ位の年齢の少女然としていた。
(璃紗さん、可愛いな。見たかったな)
 頬を染めた璃紗が鏡に映っていたのはほんの数秒だった。リサが見る璃紗は、大粒の涙を流していた。

全文を表示 »

コイン式戦闘員

出先のPCが100円10分なのでチャットで披露したネタ。


ある日ふと気づくとうなじに見られないものがついているのを発見。
なんと、それはコイン投入口なのだ。
彼女はコインを入れられると入れたものに忠誠を誓う女戦闘員に改造されていたのだ!


設定のようなもの

彼女を改造したのはレンタルで女戦闘員を貸し出す悪の組織。固定費不要、手間不要でいつでも!好きなときに!女戦闘員を貸し出しします!

「いまや女戦闘員を自前でわざわざ開発しなくてもよいんですよ!その分のコストを女怪人や女幹部に回せるんです!」

もちろん、データ装備費やら改造費用は自己負担でピンハネなわけです。

貸し出されたあと、貸出先の女戦闘員制服に着替えるとかあり。

正社員の女戦闘員と確執があったりなかったり。レンタルの方が性能がよかったり。破壊されると弁償だから、正社員の方が死地に投入されたり。

コインは実在の100円や500円もありだが、専用コインをレンタル先に売るのもあり。

女戦闘員は単に派遣の仕事をしているつもりだがなぜか最近記憶がとぶことが多い。

萌え的にはコインを投入されてしまえば自分の意思とかかかわりなく投入者の思いのまま。


Kiss in the dark さん主催で海マツリ開催中!

http://www.ssb.sakura.ne.jp/matsuri/welcome.html

あっと、よそ(出先)のPCなんでリンクできんかった。
チャットにも結構人がおられてディープなお話を楽しめます。
女戦闘員とか洗脳好きは集合のコト。

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2007-09