FC2ブログ

Latest Entries

投稿TS小説第145番 双子%ぽんぽこ%兄妹 2 トゥルー・ロスト・バージン(1) <18禁>

作.ありす
イラスト.杜若つくね http://club.oekaki.jp/~tsukune/


「ふぅ……朝か? 今日は休日だったな……」

窓辺から差し込む光で、オレは目覚めた。体がだるい……と体を起こすと、いつもの目覚めとは違う違和感を体に感じた。下着すらつけていない全裸のオレの胸に、果実がなっていた。

「げ、まだ元に戻ってなかったのかよ?」

まったく昨日は酷い目にあった。妹の美樹に怪しげな薬で体を入れ替えられたと思ったら、風呂場で文字通り処女を奪われた。挙句に両親が揃って海外赴任で留守にしているのをいいことに、寝室に連れ込まれて散々犯された。
これって、近親相姦だぞ! 美樹の奴は自慰だと言い張っていたが、まったく冗談じゃない。それに、……女の体があんなに感じるとは、思わなかった。
オレは夕べの出来事を思い出し、そっと(今は)自分の胸に触れてみた。先っちょのとんがりがちょっとだけ堅くて、大きい。男の乳首とはぜんぜん違う。そして吸い付くような柔らかい脂肪の膨らみ。発育中で、それほど大きくも無いのだが、手にしっかりとしたボリュームか感じられる。エッチな気分になっていないせいか、少々揉んだところで、夕べ美樹にやられた時のようになったりはしない。しかしこのぷにぷに感は、自分で弄っていても癖になりそうだ。

「揉んであげようか?」
「えっ!? あ、いや、こ、これは……」

いつの間にか美樹がベッドの横に立っていた。Tシャツにジーンズというラフな格好の、いつものオレだ。

「そろそろ起こそうかと思ったんだけど、どう? いまから一発?」
「いえ、結構です。  ……じゃなくて! 早く戻せよ!」

中指を立てる下品な指使いでウィンクするオレ(美樹)。まったくコイツがこんな奴だとは思わなかった!

「戻すのはちょっと待って。それよりちょっと手伝って欲しいことがあるんだけど」
「な、何だよ?」
「詳しくは後で。先ずは着替えて、朝ごはん食べよ」
「あのなぁ、美樹。その……ぉnyぃ手伝え……、なんてのは無しだからな」

どうもはっきり口に出して言うのは憚れる様な気がして、ぼそぼそっと下を向いて言った。

美樹は鼻で笑うと、Tシャツと女物の下着、スパッツをベッドに置いた。
早速Tシャツを被ってから、小さな布切れで出来たパンツをはいた。着替えるオレを見ている美樹に言った。

「何で見てるんだよ」
「別にいいじゃん。自分の着替えだし」
「……ブラ ジャーはその、しなくていいのか?」
「付け方わからないでしょ? それとも付けてあげようか?」
「あ、いや、遠慮しときます」

先っちょが少し摺れて痛いから、と思ったが、美樹の奴がイヤラシそうに手をワキワキさせるのを見てあきらめた。スパッツを履くと、腰全体にぴったりとして、確かに収まりはいいが、なれない感触のせいか、いまひとつ落ち着かない。そのことを美樹にいうと、『じゃあ、スカートのほうがいい?』と聞いてきやがったので、おとなしく一階に降りて朝食をとることにした。
流石は女の子(?)美樹のやつは、ちゃんと朝食の準備をしてくれていた。軽くトーストとサラダですませ、ジャムをつけたスコーンを紅茶で流し込んでいると、美樹が言った。

「一息ついたら、私の部屋に来て欲しいんだけど?」
「ああ。やっと元に戻す気になったか」
「それはもうちょっと後。手伝って欲しいことがあるっていったでしょ?」
「やれやれ、まだなんかやらせる気かよ? で、何をするんだ?」
「デートに行く服を見立てたいの」
「デートぉ? 誰と! 」
「だから、守クンとの……」
「あー、そーいや、昨日そんな様な事言っていたな。まぁ兄としては、特に邪魔する気はないが……」

守はイイ奴だ。真面目だし頭もいい。性格だって申し分ない。俺の友人連中の中では一番の好人物だ。美樹がご執心なら、わが親友の為にも、ここは協力してやりたい。
まぁ、ちょっと内気で引っ込み思案なところがあるが、あれは"謙虚”と評するべきだろう。欠点は重度のシスコンということぐらいだ。シスコンといっても、美人で男勝りの守の姉に頭が上がらないということであって、アヤシイ関係ではない。アヤシイ関係……というところで思考が止まってしまった。昨日のアレは、やっぱりアヤシイ関係なんだろうなぁ……。思わずテーブルに突っ伏していると美樹が言った。

「何死んでるの? さ、時間無いから早くして!」
「いや、ちょっと……。質問なんだが、まさか守にまで、こんなことしないだろうなぁ?」

オレが自分(今は美樹の体)を指差すと、美樹は涼しい顔をしていった。

「ああ、心配しないで。大樹とは遊びだから」
「…………」

オレは怒る気にもならなかった。


全文を表示 »

投稿TS小説第142番 そんな展開・・・(笑)(5) by.柚子色

最初からはこちら

白い夢、地もなく空もないすべてが白い。
ただその夢を見ている自分が『そこ』に『映っていた』

・・・ここは。

ここはあなたの夢想の世界。

夢?

そう、夢。

・・・君は誰?

私は・・・・


・・





「んぅ?」
気がつくと部屋のカーテンの隙間から太陽の光が入り込んでやさしく体を包み込んでいた。
「朝・・か、あれ?なんか大事な夢を見ていたような・・・」

「タケル~!ご飯できたから早く起きなさーい!」

「あぁ!おきてるよ!」
!・・・この声、どこかで・・・

俺は何故か自分の声を「ずっと」前から知っているような気がした。

全文を表示 »

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2007-09