fc2ブログ

Latest Entries

催淫孕ませキーワード 「……あぁん、そんなコト言われたら、もう私…わたし…」&淫夢学園「だめ・・・・・・こんなになっちゃうのは夢の中だけなの・・・・・・! 」

催淫孕ませキーワード 「……あぁん、そんなコト言われたら、もう私…わたし…」催淫孕ませキーワード 「……あぁん、そんなコト言われたら、もう私…わたし…」
(2008/03/21)
Windows Vista

商品詳細を見る


淫夢学園「だめ・・・・・・こんなになっちゃうのは夢の中だけなの・・・・・・! 」淫夢学園「だめ・・・・・・こんなになっちゃうのは夢の中だけなの・・・・・・! 」
(2008/02/29)
Array

商品詳細を見る

とらぶるエイリアンず

とらぶるエイリアンずとらぶるエイリアンず
(2007/11/30)
和栗 あきら

商品詳細を見る


とらぶるエイリアンず リプレイ集 「エイリアンず・パラダイス」

投稿TS小説第141番 Blood Line (51)(21禁)

* * * 島 * * * * *

 緑一色の大地を海岸線を目指して歩く人影があった。春の風が柔らかく彼女を包み過ぎ去っていく。肩口まで伸びた銀髪が日の光を浴びて美しく煌めいていた。
 一日に一度は海岸まで歩く。最近のリサの日課だった。
 真理がリサや他の能力者達を施設から連れ出してから、既に三ヶ月が経とうとしていた。
当初は大騒ぎしていた能力者達も、高野ら研究者の行為を聞くに連れ自分達が享受していた特権、例えば就労義務がないなど、を諦めるに至っていた。
 リサ達が連れてこられた場所、はっきりと名称は解らないが真理によると『島』だと言う。施設から飛ぶこと三時間。降り立った時は真っ暗で何も見えなかった。そこに着陸灯だけが光っていたのは、リサも覚えていた。ただそれはリサにとっては重要な事では無かったが。
 ヘリコプターの窓を見るともなく眺めていたリサだったが、その脳裏に焼き付いていたのは俊治が殺されたという事実だった。自分にさえ関わらなければ、今も生きてこの場にいたかも知れない友人を思うと、リサは自分が疫病神なんじゃないかと何度と無く自問していた。翻ってみれば、璃紗も死なずにすんだのかも知れない。そんな事ばかりを考えていた。
 島に着いてからも、人恋しさは勿論あるけれど、これまで以上に他人と接する機会を減らしていた。同じ家に住む真理とさえ自分から話しかける事はしなかった。だから、リサの住む場所から往復で二時間かかる海岸への散歩は、少しでも他人と接触しないための手段だった。
 この三ヶ月、肉体的には真理と生活を共にしていた時以上に穏やかな暮らしだった。誰かが身体を求めてくる訳でもない、能力開発など勿論ない。ただ、精神的には、俊治の件が心に黒い染みを作っていた。そして、もう一つ。
 施設にいた当時は、移植手術や能力開発訓練もあって、「女であること」を認識せざるを得なかった。ただそれは、セックスに関する事だけだったし、リサの― 幹彦の―心中では「男である」と思っていた。けれど、島のゆったりとした時間の流れに身を任せていると、仮の身体と思っていた璃紗の肉体が、徐々に「幹彦」に融合していくように思えてしまっていた。便宜上使っていた「リサ」という名前が、その融合した新しい自分になっていく、そんな感じだった。

全文を表示 »

«  | HOME |  »

FANZAさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

FANZA専売品コーナー

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2008-03