fc2ブログ

Latest Entries

投稿TS小説第141番 Blood Line (59)(21禁)

 通常の生活を営んでいる時に、突然命を奪われていく島民達。夜が明ける頃には、殆どの島民の姿がその家々から消えていた。早朝から活動していた漁船も動き出さず、登校する子ども達の声も聞こえない街並み。ただ、能力者達が住まう場所以外、全てが昨日とは違った風情を見せていた。
 ローターの風切り音とエンジン音を伴い、二機のヘリコプターが先発部隊が待つ島の北側に降り立った。次第に力を無くすローターの下から、高野と0124号が地上に足を付けた。一言二言言葉を交わし、0124号だけが歩いていく。
「ご苦労さまでした。これよりわたしたちが能力者の掃討に向かいます。井原さん達はバックアップをお願いします」
 低めのハスキーな声が響く。全員一様にベリーショートの髪の女達。脳移植の為に頭髪を剃り上げた跡だ。その彼女達が0124号を無言のまま出迎えた。そして彼女の言に頷く。能力者部隊の8名は能力者が住む建物へと移動していった。
「垣内、西岡、渡辺、お前達は残りの島民を刈り取れ。佐久間と時田、俺とバックアップだ」
 装備をいくつか外しながら井原が命令を発した。五名の隊員達もそれに倣う。
「いやー、早く終わらせてお楽しみといきましょうよ。二人っていい女なんすかね?」
「ブリーフィングで何見てたんだ? ちゃんと画像が出てたろうが。間違えて撃ち殺すんじゃねえぞ」
 誰に話しているのか渡辺が軽口を叩くと、それを諫めるように西岡が横から小突いた。
「……家が分かってるから大丈夫っすよ」
 リーダー他、隊員達の目線が渡辺に集中する中、何とか一言だけ返す。そして再び無言で二組に分かれると、森の中へと入って行った。

 八人の女達がひっそりした道路を歩いていく。十分程行くと前方に建物が見えていた。そこから一組の男女がジャージを着て出てきた。早朝の散歩なのか、それとも他の用件なのか、暗い雰囲気の街を気にするでも無く、女達の方も見ずに歩を進めていった。
 その一人が突然倒れ、もう一人が焦ったように抱きかかえているのが見えた。遠くで叫びながら辺りを見回し、0124号達をみとめると助けを求めた。七人の能力者達は、それをニヤニヤしながら見つめるだけ。ただ一人0124号だけが蔑むように目を細めると、叫び声は途絶え、やがて折り重なるように倒れていった。
「これから掃討に移ります。……はい、捕縛後、直ちに連絡を入れます」
 携帯電話を取り出した0124号が高野へ連絡した。そうしている間にも、数人の能力者達が建物から出てきていたが、高野の能力者達はちらりと見るだけだった。
「予定通りに進めます。0035、0093、0103はわたしに、0071、0079、0116は0085に従って下さい。反撃出来るような能力者がいるとは思えないけれど、もしいたらPKで四肢を抑えること。これで相手はパニックになります。その間にわたしと0085が息の根を止めます。それ以外は各自で」

全文を表示 »

«  | HOME |  »

FANZAさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

FANZA専売品コーナー

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2008-04