fc2ブログ

Latest Entries

女装ゲーム るいは智を呼ぶ

アマゾンコメントによれば大好評の女装モノ。

るいは智を呼ぶ 初回版るいは智を呼ぶ 初回版
(2008/06/26)
Windows

商品詳細を見る

「製作所へようこそ」 (9) 18禁 作.ありす

キャラクターイメージイラスト&挿絵 stem http://d.hatena.ne.jp/stem/

最初からはこちら
08_2_29_松本ゆうすけ完成_修正版

 まずいと思っていた。あんな世界を知ってしまったこの体に、いったいどんな刺激を与えれば、気を失うなんてことが出来るのだろう?
 ろくに食事もとらず、ほとんど一日中オナニーを続けてみたが、いたずらに体力を消耗するだけで、快感のうちに果てることは出来ない体になっていた。
 確かに、あの白い世界にまでは到達できる。だがそこから先は……。天国にも似たその世界は、死とつながっているかのような恐怖を感じていたのだ。
 快感と恐怖がせめぎ合い、どうしてもその先には進めなかった。だけど、いつまでも女の体のままでいるわけにも行かない。

 僕はあのサイトにアクセスしたけれど、出てくるのはいつもの奴隷たちの画像ばかり。縛られ陵辱されている少女たち。でも無防備なそのカラダを攻め立てられる快感は、彼女たち自身では得ることが出来ない。自らの体の自由を放棄し、陵辱者に身を委ねているからこそだった。
 仕方なく、僕は一人でも出来ることを考えた。要するに、自分の意思で責めを止めることができなければいいわけだ。そんな浅はかなことを考えていた。
 僕は亀甲の自縛をして、胸をくくりだした。足を閉じれないように開いた状態で、膝も縄でくくってベッドの両脇に固定した。それから震える手で股間にバイブをあてがい、溢れてきたぬるぬるを絡めとる様にねじ込んだ。そして上から股縄を通して、簡単には抜けないようにした。
 とりあえずバイブのコントローラーを手にしてスイッチを入れてみた。ダイアルは最強。とたんに激しい快感が襲い、あわててスイッチを切った。だがこれでも、電池が切れるまで僕は気を失うことが出来ないだろう。
 ローターをクリトリスに当たるようにテープで止めた。硬く尖ったむき出しの乳首もクリップで挟んだ。痛いのは最初だけで、やがてジンワリとした快感を生み出してくれることも、もう体が覚えていた。
 机の上の鍵をもう一度確かめてから、バイブとローターのスイッチを入れる。とたんに激しい快感が襲い始めた。思わずスイッチを切りたくなるのを必死に抑えながら、後手に手を組み用意しておいた手枷をロックした。
 全身が性器と化した女の体が汲み出す快感を、かろうじて押しとどめていた意識を解放すると、待ちかねたように体が震えだし、のたうち回った。
 きつく拘束された下半身を振動しながらくねり、突き上げるように女の生殖器を陵辱するバイブは、体を裂くかのように暴れ周り、クリトリスに当てられたローターは、直接脳の中で快感中枢を刺激しているような錯覚さえ感じた。乳首のクリップはいつの間にか両方とも弾け飛んでいたが、それがかえって先ほどまでの疼くような痛みですら、快感であったことに気づかされ、もどかしく放置された尖りが、よりいっそうの切なさをもたらしていた。

あむぁい様 SS挿絵 2 (2)

 半開きの口から流れる涎と、部屋にこだまする唸り声のような嬌声も、自分の意思では止めることすらできなくなっていた。口枷もしておいたほうがよかったかもと、狂いかけた意識の片隅で思った。
 そして意識は、チカチカと明滅するオーロラの支配する世界に辿り着き、やがて降りてきた白い霧に埋め尽くされていった。そしてその霧に包まれると、もう自分の体を意識することはなくなっていた。
 全身からくまなく与えられる刺激に快感以外の何も感じない。
 バイブにこね回される膣壁も、痛いほど張り詰めていた乳首も、敏感な肉の蕾も、体に食い込む縄の痛みも、足の指、手のツメ、首筋、肉体を覆う全身の皮膚……そしてそれを脳に伝える脊髄でさえ、快感に埋め尽くされていた。
 どこを刺激されても気持ちがいいとしか感じられないのだから、体なんて存在しないのと一緒だった。
 そして、僕はそのチリチリとする官能の白い霧に融けていった。


 気が付くと、体が元に戻っていた。しかし股間には違和感が残っていた。
 上半身は男に戻っていたが下半身、正確には性器だけは女のままだった。
 気を失ったとき、バイブが体を貫いたままだったのだ。それゆえに、性器だけは元に戻らずに女のままだったのだろう。このままではいくらなんでも困る。
 どうすればいんだろう? 
 恐らく今までの経験から考えて、この部分だけではイけないだろう。その証拠に、刺さったままのバイブをいくらこね回しても、痛みを感じるだけで何の快感も得られなかった。

 気をもみながらアンケートに答え、口紅を注文し届くまでの一日を不安でいっぱいになりながら過ごした。
 元に戻れなくなったらどうしよう? 股間だけ女のままだなんて困る。早く口紅を塗って、そして……。

 “元の女の子”に、戻りたかった。

 だが、そんな心配をよそにサイトから送られてきた口紅を塗ると、元通りの少しすねた表情の少女に戻ることが出来た。
 あれから刺しっぱなしになっていたバイブから、再び強い性感が戻ってきていた。
 でも……? 不安が頭を掠める。

 快感の果てにたどり着いた、色とりどりの光とオーロラ、そして白い霧が満ちる世界。
 今度はいったいどれほどの性的刺激をこのカラダに与えれば、気を失う程の快感が得られるのだろうか?

<つづく>





無料アクセス解析

«  | HOME |  »

FANZAさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

FANZA専売品コーナー

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2008-08