fc2ブログ

Latest Entries

いたずら子猫Twins (TENMAコミックス RiN)

いたずら子猫Twins (TENMAコミックス RiN)いたずら子猫Twins (TENMAコミックス RiN)
(2008/03/27)
南条 飛鳥

商品詳細を見る

「製作所へようこそ」 (22) 18禁 作.ありす

 何時間経ったのか、自分でもわからなかった。
 部屋のカーテンは引きっぱなしで、外の世界が昼なのか夜なのかわからなかった。
 外の世界? そんなのどうでもいいわ。

 ローターの電池もバイブの電池もとっくに切れていた。
 緩んでしまった縄も何度縛りなおしたか判らない。

 ワタシはいま、あの光とオーロラが輝く世界に来ていた。
 この世界にはシーツがぐっしょりと濡れたベッドとワタシ、それとご主人様の声だけ。

 ご主人様のお赦しが無いから、私は絶頂の頂点にとどまったまま。

 フツウの体ならば、これでイキ続けている状態なのだろうけど、私はさらにその先まで知っている。
 でも、そろそろ体力の限界かも?

 腕が疲れてしまって、電池の切れたバイブで膣とアナルを掻きまわすのも、張り詰めた乳首をつまむ指も、力が入らなくなってきちゃった。
 けれどご主人様の声が絶え間なく聞こえてくるから、それだけでワタシの全身には、ゾクゾクするような快感の波が絶え間なく寄せてくるの。

 このまま、死んじゃうかも?
 でもそんなこと、どうでも良かった。
 極上の世界に浸って、ご主人様の声に包まれて……
 気が遠くなる寸前の快感で埋め尽くされるなら、どうでもイイ……


 涙で潤んだ視界に、黒い男の人の影が表れたような気がした。
 男の人は、ワタシの頬に手を当てていった。

「こんな無茶をして……。キミは本当に優秀な奴隷だね」

 ご主人様? この人がご主人様なの?
 それとも極彩色の妄想が生んだ幻なのかしら?

「イってもいいぞ。奴隷のショコラ」

 そう言って、黒い影は私にキスをした。
 奈落の底に向かって、永遠に堕ち続けていくような落下の感覚に吸い込まれながら、ワタシの意識は消滅した。


        *----*----*----*----*----*----*


 気がついたとき、ワタシはベッドの上で毛布をかけられて横になっていた。
 カラダを戒めていた縄もまとめられてテーブルにおいてあった。その隣にはバイブレーターも置いてあった。
 あれは……あの黒い人影は、ご主人様だったに違いない。
 ワタシはベッドから起き上がった。

 でも、次の瞬間、僕はその現実に呆然とした。
 胸が無い。あんなに気持ちの良い快感を生み出してくれる乳房は、硬い平らな胸になっていた。
 毛布を跳ね上げて股間を確かめると、醜い肉の棒がだらしなく首を垂れていた。

 男に戻っていた。絶頂を超えて気絶したのだから、当然だった。
 だけど僕は、今までに無い深い喪失感と悲しみを感じていた。

 ふと机に目をやると、PCのディスプレイにメッセージが表示されていた。


     調教は終わり。卒業おめでとう。
     ディスクとHDDの音声ファイルは回収させてもらうよ。
     松本ゆうすけ君


 僕は、もう奴隷のショコラではなくなっていた。

<つづく>

«  | HOME |  »

FANZAさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

FANZA専売品コーナー

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2008-08