FC2ブログ

Latest Entries

2009年4月度 総括と反省(2)

Page View : 384,068
Analyzable : 33,723
[検索エンジン毎] [合計]
▽ ▼
1 [Google] あむぁい 5.7% 1,924
2 [Yahoo!JAPAN] あむぁい 2.9% 983
3 [Google] 女の子になって今日で 1.6% 540
4 [Google] あむぁいおかし 1.2% 408
5 [Yahoo!JAPAN] 漫画貧乏 佐藤 0.8% 292 
6 [Google] 女の子になって 0.7% 266
7 [Google] 女装少年アンソロジー 0.7% 238
8 [Google] 姫狩りダンジョンマイスター 0.6% 224
9 [Yahoo!JAPAN] あむぁいおかし 0.6% 220
10 [Google] モンスター娘 0.5% 199
11 [Yahoo!JAPAN] 女装少年アンソロジー 0.5% 194
12 [Google] モンスター娘百覧 0.5% 170
13 [Yahoo!JAPAN] あむぁいおかし製作所 0.4% 165
14 [Google] 姉と女装とエロ漫画家 0.3% 125
15 [Google] 女の子になって今日で… 0.3% 118
16 [Google] 淫魔の乱舞 0.3% 103
17 [Yahoo!JAPAN] 性転換小説 0.2% 99
18 [Google] 性転換小説 0.2% 91
19 [Google] 漫画貧乏 0.2% 88
20 [Google] トランス・ヴィーナス 0.2% 87
21 [Google] 舞FAVORITE 0.2% 87
22 [Google] あむぁいおかし製作所 0.2% 84
23 [Google] モンスター娘百 0.2% 84
24 [BIGLOBE] あむぁい 0.2% 82
25 [Google] 女装の王子様 0.2% 80

全文を表示 »

ギャルメン♂♀

男装モノと言うか、女の子が男子を演じて男色?

内容紹介
鮎川率いる生徒会と村上率いる音楽バカの軽音部、そして、鈴木率いる体育会系の3つのグループが存在する男子高校。生徒会リーダー鮎川の転校をきっかけに、3グループのバランスが崩れ始め、ノンケだった美少年たちが少しずつ男色に目覚めていく!?マ○コよりも興奮するケツマンSEXの魅力と背徳感!2009年を代表する豪華女優陣をキャストに迎え、SODが満を持して贈る新ジャンル「ギャルメン♂♀」!ヌキ過ぎにご注意下さい!!

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
豪華女優たちが美少年に扮し少年同士のSEXを熱演。生徒会、軽音部、体育会系の3つのグループが存在する男子高校。生徒会リーダーの転校を機に3グループのバランスが崩れ、美少年たちが男色に目覚めていく。

ギャルメン♂♀スクールパラダイス~オトコが美少年に恋する時代(とき)~ [DVD]ギャルメン♂♀スクールパラダイス~オトコが美少年に恋する時代(とき)~ [DVD]
(2009/04/04)
真田春香村上里沙

商品詳細を見る

ギャルメン♂♀スクールパラダイス 美少年たちの童貞喪失ストーリー [DVD]ギャルメン♂♀スクールパラダイス 美少年たちの童貞喪失ストーリー [DVD]
(2009/05/21)
鮎川なお村上里沙

商品詳細を見る

「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本

今頃購入、&読了。
小宮せんは相変わらずわかりよいですね。
おかし製作所の経営戦略を作成しつつ楽しんで読めました。
まぁ、普通の企業とはだいぶ違うので財務諸表もそのままは使えないのですが、それをアレンジするのが楽しいのです。

「ざいむしょひょう」って、読むぐらい小学生でもできるよね、と言うボケを考えたのですが、いまいちですねぇ・・・・・・わかりずらいし。

「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本
(2008/01/25)
小宮 一慶

商品詳細を見る

まかでみックス ふぉーす 自分探しと言うんじゃねえッ!

ああ、それで自分探し。

内容紹介
ネオ・ハイブリッド学園ラブコメ、待望の最新刊!
『ネオ・マカデミ・ボール』に乗じて現れた亜藍須美を、テジャスとの〈接続同調〉により撃退した千里。今後のことも考えて、もっと〈接続同調〉に慣れていこう、と考えたのが今となっては間違いでした――ってなんで俺がクフィールになってるんだ! しかもテジャスの中にはクフィールが同居しちゃってるし! 俺がアイツでアイツらがアイツで!? ……あれ? じゃあ、俺の中には何方様がいらっしゃるの? そして何処へ行っちゃったのー!?

まかでみックス ふぉーす 自分探しと言うんじゃねえッ! (ファミ通文庫)まかでみックス ふぉーす 自分探しと言うんじゃねえッ! (ファミ通文庫)
(2009/04/30)
榊 一郎

商品詳細を見る

放課後プレイ

放課後プレイ (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション)放課後プレイ (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション)
(2009/01)
黒咲 練導

商品詳細を見る

1000万ヒット記念投稿TS小説 とらいある・とらいあんぐる(5) 作.うずら 挿絵.春乃 月

コーナー:うずらの小部屋はこちら

<5>
「ぶえっくしゅ!!」
「派手なくしゃみだなぁ、風邪か?」
 ゲーセンにでも行こうと思っていたのに、ナツのやつ、里井の方に行ってしまった。おれがアイツのこと嫌いだって知ってるのに。そう言う度にナツはフォローするけど、おれにはどうしても受け入れられない。
「うっせ」
「お前がバカじゃないって証明になってよかったじゃないか。万年最下位クン」
「ケンカ売ってんのか、てめ」
 ……帰るか。

 下駄箱に向かう最中、急に喧騒が途切れた。放課後の廊下が静かになるなんて、ありえないことだった。物音がしない。もしかして、アレなのだろうか。カバンの中で約束どおりにおとなしくしていたマウシーを取り出す。
「だも」
 こちらが尋ねる前に、重々しくうなずいた。どこから取り出したのか、リボンが渡される。自分で付けろ、ってこと?
「変身しないも?」
「するよ。するけど、さぁ」
 昨晩の勢いはすでにしぼみかけていた。強制的に変身させられるのなら言い訳もできるけど、能動的にやるとなると……。気が重い。
 場所も問題。これで昨日みたいに逃げ遅れたら、どうなるんだろう。学校って、外部の人間のすごく目立つ場所だ。下手をすると、職員室に連れて行かれて……。
 でも、結局、変身しないことには、殺されかねないんだよね。矢で撃ってくるような危険な相手だし。
「さあ、変身の言葉を唱えるも」
「は?」
「みらくるレイにゃん爆誕、だも。あ、別にアレンジしてくれてもいいも」
「……必要は?」
「雰囲気も」
 いらないってわけね。だったら、言わない。誰もいないってわかってても、こっぱずかしい。無言のまま、頭にリボンをつける。って、あれ……こうか?
「ずれてるも」
「お前の感性が?」
「違うも。リボンの位置と角度も。そんなのじゃ変身できないも。まったく、世話が焼けるも」
 肩まで上ってくるなり、耳元でため息をつきましたよ、この牛。校庭に向かって投げつけたくなったけど、我慢我慢。深呼吸をして、気を落ちつかせる。
「これで大丈夫も」
 ひょんっとマウシーが飛び降りた。同時にピンク色の光が景色を塗りつぶした。
 相変わらず目がちかちかする空間の中で、再び身体が作り変えられる。されるがままに身を任せ、これには慣れるってことがないんだろうな、と思う。
 くるりと杖を回転させて、元の世界に戻ってきた。はぁ、またこのふりふり姿で戦うのか。……ってぇ!?
「も?」
 服が違う。基本的なスタンスというか、造形はいっしょ。だけど、明らかに布地が少なくなっていた。
 袖はふくらんだ肩口がきゅっとしまって、そこで終了。全体的に装飾が簡素になっている。そこまではいい。
 問題は下半身。階段状になっているスカートの最後の部分が消え去っていた。膝上何センチと考えるのがすでに馬鹿らしいぐらいだ。ニーソックスとスカートの間の白い肌が、引き立っている。
 たぶん、ちょっと動くと、見える。見上げているマウシーからはパンチラどころじゃないはず。昨日空を飛んでいたときので、味をしめたとか?
「……いや、うん。ナンデモナイ」
「変なやつだも」
 だからって、わざわざ聞くのも指摘するのも、恥ずかしい。ええい、おれは男だ。ちょっと下着が見えたからって……見えたからって……。
「みーぽん、いたじゅん!」
「てめ、昨日の続きだ、おら! オモテに出ろや!」
 ああ……うるさいのが来た。
 曲がり角に現れたみーぽんの姿も前とは異なっていた。白いシースルーのベビードールに、これまた白のTバックショーツ。肩紐のフリルが愛らしい。ま、外に出る格好じゃないけど。持っているのも弓ではなく、おれのとよく似た杖。ただし、宝石の色が青色だった。
 ぶちのめしてやる、なんて汚い言葉を叫んでいる。人が苦悩してるっていうのに、脳みそ極楽っぽくて、非常に気に食わない。
「こんにちは、ヘンタイさん」
「ぐっ……てめぇだって、スカート短くして、男でも誘ってるんだろ!」
「鏡でも見たら?」
 わざとくすくす笑ってみせる。単純なのか短気なのか。五メートルほどの距離を一歩で詰め寄ってきた。スピードはある。でも、それだけ。性格同様の直線的な動きが、実にわかりやすい。横にずれて足を軽く出してやる。
「へゃっ!?」
 さすがに転びはしなかったけど、バランスを崩してたたらを踏んだ。自分でもいやらしいと自覚しつつ、さも心配そうにたずねる。
「ごめんねぇ、大丈夫?」
「て、め……」
 逆上しているのがすぐわかる。この手のタイプは扱いやすくていい。けど、注意は必要。猪突猛進っていうのは、馬鹿にしつつも警告しているんだと思う。ゲームでも、知力が低い場合は武力が高いってのが相場だし。
 要は、正面からぶつからなければ済む話。ちらっとクラスメイトの顔が浮かんだけど、すぐに頭から追い出す。今は戦闘中だ。
 油断していたつもりはない。でも、考えに沈んでいたせいか、気がつけば目の前に杖が迫っていた。
「きゃぁ!」
 とっさに動いた腕が辛うじて杖を受け止める。壁まで弾き飛ばされて、ようやく止まった。背中と左手がしびれている。利き手じゃなくて、よかった。
「はっ、パンツ丸見えだぜ?」
「露出狂のクセに……」
 ぴしっと空気に亀裂が入った。剣呑な雰囲気のまま、にやっと口角をあげるみーぽん。ぽわわんとした顔立ちのせいで、全然似合っていない。ただ、言い草だけが癇に障った。
「ふふん、てめぇみたいなお子様にはできないだろ?」
「だれが!」
「凹凸もなにもねーじゃんか。だからごてごてした服で隠してるんだろう?」
「あ、あるもん!!」
 むかつく、むかつくむかつくむかつく。なんでか知らないけど、すごくむかつく。おれは男だし、別にこの身体がどうであれかまわない。そのはずなのに……。
「なにをケンカしてるも?」
「女の闘いに理屈はないじゅん」
 観客を決め込んでいる牛にも腹が立つ。でも、目の前の存在ほどではない。昨日みたいに追い払おうと思ってた。でも、それだけじゃ済ませたくない、かな。
 イメージしたら、空だって飛べた。だったら……。
 勝ち誇っているみーぽんの背後に、低空飛行で回りこむ。とっさに反応ができなかった様だ。振り向こうとしたたときには、おれの足払いが決まっていた。よろめいたところに追い討ちで、床にたたきつける。
「うぐっ」
 抵抗されないように杖を弾き飛ばす。分厚い靴底で肩を踏みつけると、ものすごい優越感に浸ることができた。ぞくぞくする。
「みーぽん!」
「レイにゃん、やりすぎだも! もう勝負は」
「うっさい」
 そんなのどうでもいい。それよりも、今はこいつのことが――。
「誰か、いるのか?」
「え?」
「うぅ……」
 まだ結界は解かれていない。なのに、なんで、ナツがここに?
 おれの奇妙な格好に目を丸くし、床で倒れているみーぽんに目をむいた。この状況じゃあ、どう見てもおれの方が悪役だ。現にみーぽんを助けようと、こっちに向かって走ってくる。
「アンタ、何してんだよ!」
「っ」
 言われるまでもなかった。こんな姿をナツに見られたくないし、勝負はついたというのであれば、長居の必要もない。マウシーだけをひっつかんで、空に向かって地面を蹴った。
「あ、おい!!」
 昨日みたいに気持ちよくはない。ナツの声が、いつまでも耳に残っていた。

<つづく>

M(エム)~お姉ちゃんの集中恥療!~

女装モノ、受けシチュ。

メーカーより
甘い・・・むわっと、息苦しいくらいに濃密な匂いに、目を覚ます。
まず最初に映ったのは白いショーツに包まれたお尻で、次にその持ち主のナース
(・・・だと思う、色々と信じられないけど)のお姉さんが、蕩けたお顔で、
ちゅぱちゅぱとイヤラシイ音をたててボクのおち○ぽをしゃぶってる姿だった。
「んーっ!? んむーっ!?」
それだけじゃない、ボクはどうしてか、まるでオンナノコみたいな・・・というか、
フリルに彩られた可愛らしい寝巻き姿に小さなショーツだなんていう、
まさにオンナノコそのものな格好をしていた。

「あららぁ~ん!まだまだお熱の冷めないのかなぁ~?
この、みっっぢみぢにボッキしたドスケベな女装おち○ぽは~!」
わけの・・・わからない、ヤられるがままのボクに、お尻のお姉さんはにっこりと微笑んで
「おはよう、私のヒロイン(マイダーリン)!」
なんて、嬉しそうにキスをした。おち○ぽに、愛しげに。



M(エム)~お姉ちゃんの集中恥療! ~M(エム)~お姉ちゃんの集中恥療! ~
(2009/04/24)
Windows

商品詳細を見る

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2009-05