FC2ブログ

Latest Entries

「芸能界で女装して一番キレイな男は誰だ!? アニキたち真夏のコレクション~Aniコレ2009 Summer」

http://natalie.mu/owarai/news/show/id/19548

こういう企画が増えましたな。

好きな商業TSランキング

好きな順番にランキングしてみました。タイトルは基本的に記事へリンクしてます。これも入れろとかコメントくださると嬉しいです。


参考リンク
八重洲メディアリサーチ情報掲示板へのリンク
みのむーのTSFな日記
TSF魂の塊

Sクラス(上位5番まで)

女の子?(限定版)(漫画+CD 変身 エロ)俺はオンナだ(小説 変身 エロ) マヴカレ!魔法少女(小説 変身 エロ)  ミカエル計画 1 新装版 (1) (漫画 変身 エロ) 僕と彼女の××× (漫画 入れ替わり 少女)

Aクラス(是非買うべき)

CHANGE!(たいらはじめ)(漫画 変身 エロ)美少女へんしん伝説(漫画 変身 エロ) かしまし(漫画 変身 全年齢) 堕ちる天使(漫画 入れ替わり エロ)シャングリラ(漫画 入れ替わり エロ 女性主導)トラブル・カルテット(漫画 入れ替わり エロ) いつもギラギラする日(漫画 変身 エロ) 秘密電車(漫画 変身 エロ) 娘々薬師(漫画 変身 エロ) 男の子→←女の子(奥様は少女収録)(漫画 変身 エロ) ブロッケンブラッド(女装)(漫画 変身 H)人造少女(漫画 入れ替え H) 暗愚烙印(漫画 変身 エロ) ボクの初体験 聖竜伝(漫画 変身 エロ) X-Change おんなのこくらぶ アルケミラの雫 魂の鎖 電撃!エクスチェンジ! 気まぐれバニーの冒険 感じさせてBABY マーダーライセンス牙(微)ストップ!ひばりくん(女装) イズナ(エピソード)アニマード アニマルX 超獣伝説ゲシュタルト たるとミックス 電脳娼婦 おキツネさまでChu! お願いフィギュアちゃん プリティア(強制女装)3レボリューション チャイルド・プリズナー紹介 チャイルドプリズナー批評(漫画 変身 エロ)

全文を表示 »

投稿TS小説 ドッペルゲンガーの悪夢(6) 作.黒い枕

開いた口が閉まらない。 傍目からしたら何とも抜けた顔をしていただろうか。
何にしても誰がそんなことをすると思う。
ここまで人のことを玩具みたい………否、アイツにとっての本当のオモチャになってしまった俺を弄んでおいて何で強制的じゃないのに『黒崎 直輝』を捨てて『黒崎 直美』にならないといけないだ。
………だが、次のアイツの言葉で拒絶する選択肢があっけなく粉々に無くなってしまう。

「別に強制的じゃないからキミの意思で決めていいけど――――――紅美ちゃんどうしようかなぁ~~?」
「――――――――――――――――っっつ、お前っ?!」
「ふふふ、そうだなぁ~。 キミが『黒崎 直美』になってくれたら紅美ちゃんには何にもしないけど、もしキミが『黒崎 直輝』を選ぶのなら―――――彼女を犯しちゃおうかな?」
「…‥っ!! う、うあああああああぁぁぁぁ―――――――――――っ」

思考が吹き飛ぶ。
拳に有りっ丈の力を込めて俺の姿をした奴に向ける。
もう我慢の限界状態。
脳みそがオーバーヒートして殺すつもりで突っかかる。
もう少し、あとホンの数センチで拳が届く瞬間。
腹部に激しい痛みが撃ち込まれ、詰め寄った距離と同じぐらいに飛ばされる。

「ぅうおぉげえっ、……ぉがあ、………がはつっ………」

胃液が逆流していき、吐き出し汚臭が広がる。 それでも辛うじてアイツの方を見ればカンフー映画よろしく左足を宙に浮かせて、決め込んでいる。 あの足で蹴りだされたのが腹痛の原因なのは明白だ。

「すごいでしょ? 数えるのも馬鹿らしくなるほど生きていれば、こういうことも出来るようになったのだよ」
「ごっは、………ハァ……はぁ、……ちちくしょ、う……」
「もう、少しは落ち着きなよ。 ボクが本気になればキミなんてどうにでも出来るんだよ? それこそキミの大事な紅美ちゃんをキミ自身に殺させてしまうことも簡単に実現できるんだから」

悔しいが奴の言うとおりだ。
俺の変身、意識操作、行動支配あげたらきりが無いほどの馬鹿げたことを次々にやってきたアイツなら簡単に俺を思い通りに動かし、事実にしてしまうだろう。
俺が、紅美を殺す。
そんなこと出来るわけが無い。
誰であろうと紅美を、大事なコイツに何かをしようとする者から守り通す。 それが何時もの俺も役目だし、俺自身が心に決めた信条。 何人であろうが、この思いだけは変えられない。 ――――――消したくない。

「………本当に、…本当に、紅美には……何も、しないんだな?」
「うん、約束は守るよ。 こう言うのはルールがあったほうが良いからねっ」
「―――――――フゥ、分かった『黒崎 直美』、になる。………」

これしかないなら、選ぶのは一つ。
自分よりも、コイツを守りたい。 幼馴染であり、恋人である彼女を………。
身を焼かれるような屈辱感だが、それでも―――――守りたい。

「ふふふ、決心がついて嬉しいよ。 じゃあ、役割の説明をするけども、キミの名前は『黒崎 直美』で、『黒崎 直輝』の同い年生まれの兄妹。 自分のことを『私』、口調は当然女言葉。 ボクは『兄さん』と呼び、彼女のことは『紅美ちゃん』で、後の関係者は自由に言って良いよ」
「………………………………っ」
「おや、返事がないようだけど?」
「分かった、わ………分かったから速く紅美を元に戻せ……戻して…っ」
「ふふ、慌てないでよ、彼女が起きてから演じてくれれば。 じゃあ、まずは準備しなくちゃあ……」

奴が指を再び鳴らす。 すると、さっき嘔吐してしまったモノがあっと言うまに消えうせるし、制服に付着してしまった部分までもが綺麗に。
「うんでもって君は正座をして紅美の頭を乗せて………っ!」
「なんのつも、「いいから、速くっ!!」……くっ、こうかぁ?」

所詮、自分の意志で動けても命令には逆らえない。
奴の指示通りに正座をし、紅美の頭部を優しく移動させる。
何時もにまして正座が簡単な気がするが、これも女性化したのが原因だろうか。
可愛いい寝顔が、より愛おしく感じられる。

「そうそう、そしたら指鳴らすから、その時からキミは『黒崎 直美』でボクが『黒崎 直輝』だからねっ!
――――――一応リードしてあげるし、演じれば演じていくだけスムーズに演じられるようにしといたから、
キミもちゃんと演じてよ。 それじゃあ、STARTTッツ!!」

悪夢が鳴り響き、紅美が重たそうに瞼を上げいく、意識は完全に戻ったようだ。
おぼつかない瞳を擦りながら状況を把握しようと忙しく動く。

「………あれ、ナミちゃん? アレ?」
「大丈夫か紅美。 行き成り倒れて驚いたんだぞ! なぁ『ナオミ』っ!」

言動とは裏腹にニタニタ顔で俺を見つめてくるアイツ。
その顔には『ちゃんと演じろ』と、声なき命令が込められているのが痛いほども分かる。
――――――今から俺は私になる。 ――――――私にならなければならない。
自己暗示を掛けながら自身の意思で『黒崎 直美』になる。

「う、うん…わ私、も心配したんだ……から、ね……」
「ご、ごめん、 直ぐ起きるから…………っ!!」
「大丈夫か、まったく」

パンパンと下から順に叩いていく紅美。
完全に立ち上がるのを確認してから俺も立ち上がっていく。

「ごめんね、ナミちゃん!」
「べ別に、気にしなくてもいい…わよ…紅美ちゃん」
「? どうしたの何か喋り方が変だよ。 変」
「そ、そんな…ことはない、わよ」

恥ずかしいし、かなり難しい。
自然と出てくる言葉をワザワザ慣れてないモノに変換しているのだからタイムラグが、
生じてしまうのは当たり前。 さらにそれ以上に思っていたのよりも恥ずかしくて、顔が熱くなる。
握り締めた手には、既に冷や汗がにじみ出てきて、本当の俺の心を表す。

「あぁ、今日な、『ナオミ』調子が悪いみたいなんだ」
「へっ、そうなの?」
「え…あっ、う、うん。 そう、なの‥よ」
「調子が悪かったなら、別に膝枕してくれなくても良かったのに」
「だ、大丈夫。 本当に“大したこと”じゃ、ないから」
「ふ~ん、ならいいけど…………っ」

実際は一日で女性に変身された上に『黒崎 直輝』を奪われて、“大したこと”どころじゃないんだが……。
もう、今はヤツの機嫌を損なわないようにしないといけない。 悔しいがそれが正しい。

「まぁ、紅美が目覚めたんだから帰ろうぜ………っ」
「うん、そうしよう、ホラっ、行こ、…………・!」
「……‥え? ちょぉ!」
「きゃあっ?」

んなぁ、これはっ。
突然、左腕を捕まれ未だにバランスが取れない体を見事転ばしてしまい、紅美と絡み合うように倒れてしまう。 柔らかい肉付きのスキンシップが何とも言えない境地を見させる。
いくら男から女になってしまった身とは言え少し感じすぎるんじゃないか俺。

―――――――――――――――――本当にどうなってしまうんだろう。




「あっ、感度を元に戻しておくのを忘れてた―――――――まぁ、いいか。 後ででも」

―――――幸か不幸か、俺は与えられた甘美な幻想に酔いしれて奴が呟いた言葉を聞きそびれた。

<つづく>

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2009-08