FC2ブログ

Latest Entries

投稿TS小説 変貌の百合姫-シェリーの甘い企み続編-(6) by.りゅうのみや <18禁>

「じゃあ、どうしてもののけ界の関係が悪化していったの?
やっぱりもののけの仕業じゃないの?」
「可能性としてなくはないけど、確証がないと言っているの。
心のないサキュバスが殺害して罪を押し付ける為に、
ありもしない濡れ衣を被せた可能性だって否定できないわ」
「その通りよ、私もその説を考えたことがあるわ。
しかし大事なのは……」
「過去の事例に捕らわれないで、一番大切な現在を見据えること。
外交団を送り込めば、もしかしたら関係が
修復することだってあり得るかもしれない……でしょう?」
「ご名答、あなたは政治家としての才能がありそうね」
「女王様に質問したいのですが、千年前から今日に至るまで、
もののけ界との交友はあったのでしょうか」
「いいえ、お互いあれ以降すっかり閉鎖的になってしまって、
鎖国状態になったと別の資料にはそう書いてありましたわ」
「やっぱり……、これじゃあいつまでたっても進展がないというものか」
「話の腰を折ってしまって悪いのだけど、
私はもののけ界にいた時はルビーのサキュバスの存在を知らなかったわ。
まぁ、それは私が女性化の研究に没頭していたせいもあるのだけれど…」
「あのシェリー、悪いけど要点を先にお願いできる?」
なんとなく言いたいことは分かるのだが……。
「あ、ごめんなさい。つまりもののけ界の者がルビーのサキュバスに
強い敵愾心を抱いていたとしたら、あなたは暗殺されてしまうよ!」
なるほど、その可能性も確かに否定できない。
あの事件がどうとあれ、両界は激しい敵対関係にある。
私の存在を煙たがるもののけがいて不思議ではない。

「私が一番悩んでいるところが、実はそこなのです。
問題なのは性の確保ではなく、
淫魔界ともののけ界における私の存在意義です。
いわば両者の板挟みに遭う恐れがあり、
そのために活動が制限される、あるいは暗殺される恐れすらあるのです」
「そん…な、涼ちゃんは女王の素質を持った英雄じゃないの…?」
「英雄が身の安全を保証する証明書にはならないわよ。
人間界においても英雄としての素質を持った人はいくらでもいたわ。
でも、それによって自分の地位を脅かされることを恐れた
一部の支配階級が、その英雄を抹消した事例など星の数ほどあるわ」
認めたくなけれど、それが現実なのだ。
人間界でさえそんな状態なら、人間を拉致して性を吸い取ったり、
人の死の間際に精を奪うサキュバスやもののけのモラルは、
残念ながら相当低いと言わざるを得ない。
「その通りです、あなたは自分の力に溺れていない、
本当の意味でのサキュバスなのですね」
「ですので私は女王になりたくてここに来たのではありません、
淫魔界の現状を変えようという想いを抱いてやってきたのです」
「涼ちゃん……まさかそこまで考えて…」

「わかりました、あなたがそのつもりなら止めはしません。
では、どうすれば淫魔界の現状を変えることができると考えていますか?」
「まず、喜ばしい報告を先にお伝えします。
私はあのルビーのサキュバスのように隠密性が非常に優れています。
まずこれだけでも優位性がありますが、所詮は一人の力に過ぎません。
それだけで全てのサキュバスを養うだけの力とはなれません。
そこで、私が師範役として指導すれば、
他のサキュバスの隠密性を向上することができると考えています」
「なるほど、確かに面白い試みですね。
しかしそれは実現可能な内容でしょうか?
そうでなければ単なる絵に描いた餅と同じことです」
確かに女王様の言う通りだった。
決して空想の世界に入り浸るような方ではなく、
常に現実を見据えた優れた指導者であるに違いない。
人望だけにとどまらず卓越した判断力を兼ね備えているという意味では、
稀代の英雄はむしろ女王様の方かもしれない。
そして私としても発言した内容には、
責任が伴ってくることをよく知っている。
だからこそ…、
「はい、実はこの三日間シェリーに訓練を施しました。
その結果、マスターとパートナーという関係のため、
捕食経験の全くない彼女が、対象者以外誰にも気付かれることなく
性を吸い取ることに成功しました」
さすがに対象者に自分の存在に気付かれてしまうのは仕方がないが、
戦闘力に優れる分、タイマンでの勝負はサキュバスに利があった。
今まで問題だったのは複数の人物に自分の存在に気付かれるからこそ、
警察などの自衛集団に襲われる危険性があっただけで、
タイマンでの勝負に勝てるのであれば、危険性は殆どないといえる。
サキュバスになってそう日が長くないシェリーでさえ成功しているのだから、
他のサキュバスなら実に簡単にコツを掴むことができる。
「それは素晴らしいことですわ。
お二人方よく頑張ってこられました、改めて礼を言わせていただきます」
そう言うと女王様は深く身を傾けた。

「次に淫魔界と外交の問題ですが……」
私はそういうなり言葉に詰まった。
「はい、なんでしょうか。
確かに発言には責任が伴いますが、
今はこの私と秘書の方以外はここには誰もいません。
気兼ねなく話して頂けると幸いです」
流石に気遣いのある女王様、
相手に配慮を示すことを忘れたりはされない。
「まず淫魔界についてですが、
これは実績を上げることで私に反感を抱く者はいなくなると思います。
それには先ほど述べた隠密性の訓練と外交を上手くこなすことが含まれます。
しかしそれは一朝一夕でできるものではありません。
そのために実績を上げる前に暗殺される恐れが生じるのです。
同じ理由でもののけ界との調整者として派遣したところで
すぐに効果があるとは思えません。
彼らは我々を侮っているため、対等な形での外交は
まず望めないのがその理由です」
「なるほど、確かにどちらも重要だけれど、
どちらもすぐには効果の表れない難しい状況なのですね。
しかも早く結果を出さなければ暗殺の恐れもある、
そういった意味で板挟みに苦しんでいらっしゃるのですね。
心中お察しします」

「お気遣い頂きありがとうございます。
あまりこういう時に博打的な賭けをしたくはないのですが、
両方の問題を解決する、とっておきの方法があります」
「それはどういったことでしょう、
興味深いところですので話を続けていただけませんか」
「はい、私にサキュバスとしての才能がどれほどあるのか見せつければいいのです、
そうすれば両者とも私の存在を認めるようになるでしょう」
「では具体的にどんな方法をすれば、
認めてもらえることができるのでしょうか?」
「簡単なことです、人間の女性をサキュバスに変えればいいのです」
無茶苦茶な理論だが、私にはそれに賭ける望みがあった。
「人間の……しかも、女性をサキュバスに、ですか!」
「驚くのも無理はないでしょう、
あの資料を整理すると人間の男性をサキュバスにすることができたのは、
それだけ男性の方がサキュバスになる可能性が高かったからです。
しかし女性の方はどうでしょうか。
その実験を行ったサキュバスは、
なぜ一端女性化させる面倒な作業をしたのでしょうか?」
「それは……、女性にはサキュバスとしての望みがあまりないからでしょうか?」
「その通りです、つまり難易度の高い女性を
サキュバスにさせることができるのであれば、
必然的に私の力を認めざるを得なくなるのです!」
決まった!
私がこの三日間考えに考え抜いた知恵を全て言い放った。

「確かに博打の様な賭けですね。
失敗すれば逆にあなたの地位が脅かされるのですから」
そう、英雄は英雄ゆえに常に身を危険にさらされている。
失敗は許されないのだ。
「私としてはあなたの意見を承諾したくはありません。
せっかくの英雄をたった一つの失敗で失いたくありません」
「涼ちゃん、私だってそんなこと嫌だよぉ……」
私だってそんなのは嫌だ。
まだ長い人生をここで終わりたくはなかった。
「でも、二度目はないであろう英雄が目の前にやってきたのです。
そこで私ではなく、あなたがどうするか決定して頂けないでしょうか?」
この決断は私の運命を大きく変える転換点となる。
もののけの力を失ったシェリーに、
タイムスリップして全てをリセットすることはできない。
しかし私はためらうことなくこう答えた。
「これほど壮大な提案を持ちかけながら、
できませんと言うのなら私はこの場にいなかったでしょう。
どこか遠い所に逃げて身を潜めていたと思います。
でもそうしなかったのはそれをやり遂げる絶対の自信があるからです。
お願いします、どうか一世一代の賭けに付き合わせてくださいませ!」
そう言って私は女王様に土下座をした。
女王様は静かに頷いて私の提案を承諾した。

<つづく>

ネコキノと雨の町

人外もの。キノコかよ。

内容紹介
梅雨のある日。大学生の雨宮の部屋にキノコが生えた。抜こうとするとキノコがネコ耳の美少女に変身!!可愛くHなネコキノたちと人間のエロエロな共生を繊細かつ圧倒的な画力で描いた全10話。著者、待望の初単行本。

ネコキノと雨の町 (富士美コミックス)ネコキノと雨の町 (富士美コミックス)
(2009/08/25)
にびなも凸面体

商品詳細を見る

投稿TS小説 変貌の百合姫-シェリーの甘い企み続編-(5) by.りゅうのみや <18禁>

ジュン ポタポタポタ

蝋燭プレイは大きく分けて二通りある。
一つは蝋燭を溶かすものの、しばらく冷ましておいてから体に振りかける、
いわゆる装飾的な用い方。
もちろんそれなりに熱いもののSM入門として広く用いられている。
もう一つは溶かした蝋燭をそのまま体に振りかける方法がある。
これは文字通り灼熱地獄を肌で感じるハードプレイで、
それだけに肌がミミズ腫れに腫れ上がる恐れのある危険極まりないプレイともいえる。
シェリーがしているのは後者であった。
しかもSM用の『ある程度』身の安全が保障された蝋燭ではなく、
一般用の温度に保証がされていない蝋燭だった。
「ひぎぃ! あぐぅ……。ご主人……様、なかなかいい責め方じゃないの。
でもそれだけで私を満足できると思ったら大間違いよ!」
「やせ我慢はやめなさい、あなたはとっくに限界を超えているわ。
それでも壊れることを望むのであれば、
私は責めの手を止めるわけにはいかないわ!」
「そんなことありませんわ……、この哀れで下賤な雌豚に、
その真っ赤な蝋燭で私の体を美しく彩りなさい!
だって私はご主人様の性欲のはけ口としてぶちまけられることを想像して、
この淫魔界にまで付いて来たのですから!」
(ああ、そっか、そうだったんだ。
だから私はわざと相手を挑発させているのね)
「わかったわ、あなたって本当に私好みのイヤらしい奴隷ね。
でもね、あなたを酷い扱いをすることでしか性的な要求を満足できないの!
私のためにこの蝋燭によってよがり狂いなさい!」

今の私は胸に真っ赤な蝋燭が、局部は絶えず鞭の責め苦を負っている。
しかし想像を絶する快楽地獄を経験するものの、
不思議とその快楽に流されることは決してなかった。
むしろ意識がはっきりしていて、冷静にご主人様を客観視することができる。
そのせいか逆にどのようにすれば相手を
自分のペースに乗せることができるか理解できる。
いくら調律のためとはいえ、
冷静さを失っていない時のご主人様であれば、
調教ではなく拷問そのものの責めを私に負わせることはしないであろう。
しかし私の挑発によって、冷静さを失っているのは
明らかにご主人様であるシェリーであった。
もはやシェリーは私の掌の上で踊らされている人形にすぎなかった。
『快楽のためなら相手を利用してまで得ようとする』、
それが私だけが身に付けたサキュバスとしての特性だった。
しかしシェリーの性技ではこれ以上の責めをしたところで、
私を壊すどころか、イカすこともできないのは目に見えて明らかだった。

「もういいんじゃない? ご主人様に私を壊すことなどできない。
私はようやくこのサキュバスの力を自分のものにできたわ」
「はぁ…はぁ…、そうね、私の思っていた通りあなたは淫魔界の女王。
その実力はまさに底無しと言ったところかしら……」
そう言い終えると同時にシェリーは地面に倒れた。
「シェリー? シェリーーーー!」

私はびっくりしてシェリーに駆け寄ろうとした。
しかし全身をしっかりと拘束しているため身動きがとれなかった。
「こんのぉ、こんな甘い締め方でぇ、
私を本当の意味で封じ込めることなどできないわ!」
『ふん』と力を加えるとチェーンであるにもかかわらず、拘束は脆く崩れ去った。
「シェリー、しっかりして、シェリー!」
そう言いながら私はシェリーの唇を奪い、舌を絡まらせた。
サキュバスは接吻をすることで自分の性を分け与えることができる。
これは狩りに失敗して、性を吸い取ることが
できなかったサキュバスを救う類希な特性であった。
そのため、今まで数を減らしつつも今日に至るまで、
サキュバスは生存し続けている。
私は桁外れた能力を持ち、それもサキュバスに
生まれ変わったばかりだから、性は満ち溢れていた。

ゆっくりとシェリーの目が開いてゆく。
「ん……、涼…ちゃん? そう、拘束を解いたのね…」
「まったく、自分に鞭打ってまで調律に励まなくてもいいのにぃ!
鞭打っていい人は、私だけじゃないの!」
「くすくす、まさか涼ちゃんが私に代って
センスのいい洒落を言うなんて思わなかったわ」
「あれー、その言い方だとシェリーが普段言うギャグは、
センスが良いという意味になっちゃうわよ」
「失礼しちゃう、あのギャグセンスは時代を先取りしているのよ」
そう言って二人で声をあげて笑った。
うん、性を十分に受け取ったシェリーは、もう大丈夫そうだった。
これから私には大きな試練と任務が待ち構えていることだろう。
安全に性を奪う方法、淫魔界をまとめあげること、
そしてもののけ界との外交だってしなければならない。
これら全てを果たすことができなければ、淫魔界に未来はない。
しかし今の私は、シェリーのその明るさに触れることが何よりの励みであった。

三日後…
「ようこそおいでいただきました。
あなたのような方を長きに渡って心待ちにしておりました」
私は今、こうしてシェリーの同伴のもとで淫魔界の中枢本部にいる。
そしてここは淫魔界の女王の間、
つまり目の前の女性は淫魔界のトップの座に立つ者である。
「本来ならあなたの境遇や生い立ちについて
個人的に興味があるのですが、今はそうする余裕がありません。
何しろ知っての通り、この淫魔界は少なくとも
二つの大きな問題を抱えているからです」
「安全に性を奪うための方策と、もののけ界との外交ですよね?」
「その通りです。いずれもののけ界にもあなたの存在が知れ渡ることになり、
千年前と同じように暗殺される恐れが高いと思います」
「それで、女王様はどうすればいいと考えているのでしょうか?」
「今すぐにでも私の座を担って頂ければ、
護衛隊や軍を好きなように配備できると思います」
確かに敵対関係であるもののけが私の存在を邪魔と感じ、
消しに来ることは十分考えられる。
そのため、国を挙げてのバックアップは何よりも頼りになるだろう。
しかし…、

「残念ですが、それは得策ではないと思います」
「なぜ…でしょうか?」
「私は元人間の男性でした。
もしかしたら私の存在に賛同されない方がいるかもしれません。
女王様はサキュバスとしての才能は申し上げにくいのですが、
それほど高いわけではないことを知っています」
「ちょっと涼ちゃん、目の前の人に向かって失礼じゃないの!」
「続けて頂いて構いません、それくらいで
憤りを宿していては女王として務まりません」
「その通りなのです、女王様」
「と言いますと?」
「つまりあなたは人柄が温和で、
誰に対しても敬意を怠らないために人望は絶大にあります。
そこに私のような経歴不明な人が入る隙はないのです」
「涼ちゃん、それはいくらなんでも過小評価しすぎじゃあ…」
「確かに多くのサキュバスは私を英雄扱いしてくださるでしょう。
しかし全てのサキュバスがそうであるとは必ずしも思えないのです」
そして私のことを快く思っていないごく少数のサキュバスがいると仮定すれば、
女王の座は逆に自分の身を危険にさらせる恐れが高いと言わざるを得ない。

「なるほど……、確かにその通りだと思います。
私は古代図書館の記録が本当に正しいのか疑いを抱いたことがありました」
「それはもしかしてルビーのサキュバスの死因についてでしょうか?」
「はい、果たして本当にもののけ界の者が殺害したのでしょうか」
どうやらあの事件のことを、女王様も深く考えていることが分かる。
「え? あれは記録によれば、もののけ界の者が暗殺したんじゃ…」
話が見えていないのか、シェリーは私に質問してくる。
しかし、こういった時は知ったかぶりをするより、
知らないことを明らかにする方が話を進めやすい。
「確かに史実ではそうなっている。
しかしそれは必ずしも真実ではないのかもしれない。
千年前の出来事を確認する術はないのよ」
「確かにもののけ界の特に実力者と言われている者も、
千年前にタイムスリップすることは不可能だけど……」
「だからこそ、事実は闇に消えてしまっているわけ。
あの資料で本当に信憑性が高いのは、
1.人間の男性が女性になって、そしてサキュバスに生まれ変わること
これは私とシェリーが当事者であり目撃証人でもあるから確実よ。
2.淫魔界では女性化をすることはできないこと
これは確証まで至ってないけど、実際に試せば白黒はっきりするわ。
3.ルビーのサキュバスが殺害されたことによって両界の関係が悪化した
これは元人間が淫魔界のリーダー的存在になったことを、
快く思わなかったサキュバスが殺害した可能性だってあるわよ。
他にも少々あるけど、重要度が高いのはこれくらいしかないのよ」

<つづく>

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2009-08