fc2ブログ

Latest Entries

『いぬわんわんわん?』 (4)

(4)

「うーん、何犬とのハーフなんだろう?」

 帰宅後、圭のヤツは俺の部屋に押しかけていた。
 さっきからずっと、ネットでイヌの写真を見つけては、俺が何犬とのハーフになっているかを調べている。
 耳と尻尾の特徴から、ある程度はわかるらしい。そうなのか?
 家には俺と試験勉強をすると言って、出て来たらしいのだが、それならお前、勉強しなくても良いのかよ?
 俺はベッドの上に、犬みたいに伏せて、片耳を立てながらヤツの独り言を聞いていた。

「やっぱり、わかんないや……」

 ふむ。だがもっと簡単に調べる方法があるだろう?
 昨夜お前が俺に聞かせていた犬の鳴き声、どこから手に入れたんだ?
 そういってやりたいが、このバカには通じないかもしれん。

「そうだ、夕べの犬の鳴き声ファイル、どこから落としたんだっけ?」

 ほう? ちっとは頭の回転が良くなったようだな。
 
「広も自分が何犬か、知りたいでしょ?」

 知りたかねぇよ!

「……そうだ、わかった!」

 おお、そうかい。そりゃ良かったな。俺は興味ないが……。

「これだけ調べてわからないってことは……」

 新種の犬だとか言い出すんじゃないだろうな?
 俺は一応、ヤツの2時間に渡る調査結果を聞いてやるつもりで、体を起こしてベッドの端に腰掛け、ついでに尻尾の毛づくろいを始めた。
 ふむ、こうしていると、専用のクシと油が欲しくなるの。
 わっちは狼ではないが、そんぐらいはねだってもよかろう。
 ぬし、買ってくりゃれ?
 小首をかしげて圭を見ると、ヤツは言った。 

「……広はきっと、雑種だよ!」

 俺は尻尾をつかんだまま、ベッドからずり落ちた。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*


 夜。
 結局、圭はウチで夕食を食い、今も俺の部屋にいる。
 まさか泊まっていく気じゃないだろうな?
 一応、今は女の子なんだぞ!
 半分犬だけど。

 だが、ヤツはそんな俺の心配をよそに、明らかに何かを期待している様子だった。
 大昔のアイドルが歌っていたとか言う歌詞が、頭を掠める。
 だが残念でした!
 部屋の明かりはつけたまま、リモコンはさっき見つからないように隠した。
 俺の部屋の照明は、天井にはめ込まれたシーリングライトだから、リモコンがなければ、玄関にあるブレーカーを落とさない限り、消えたりはしない。壁のスイッチはずいぶん前から壊れたままだ。
 そう簡単にお前の策略なんかに、引っかかってたまるか!
 だが、ヤツはベランダのガラス戸のカーテンを目いっぱい開けると、壁のスイッチをパチパチ始めた。

「広ぃー、壁のスイッチ、壊れてるよ?」

 おひぃっ! 魂胆ミエミエだろう、それじゃ!

「うぉん」

 おれはすました顔で、一声鳴いてベッドに潜り込んだ。
 お前もさっさと帰って、自分の部屋で寝ろ!

「でもいいや。覚悟はいいよね? 広」

 何がだ? 何の覚悟だ!
 確かに前回、俺はしましたよ。ネコミミ娘に、イロイロと。
 だが、そりゃぁ煩悩を抱える健全?な男子高校生ならば仕方ないだろう?
 若気の至りってヤツだ。
 だが、圭は大胆にも俺のベッドに潜り込んで、俺の体を触り始めやがった。

<つづく>

«  | HOME |  »

FANZAさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

FANZA専売品コーナー

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2010-01