fc2ブログ

Latest Entries

ぼくたちの洗脳社会

以前に読んで好感触だった記憶のある本です。
オタキング本人によりアップされているようですので誘導しています。
http://otaking-ex.jp/wp/?cat=107

ぼくたちの洗脳社会ぼくたちの洗脳社会
(1995/11)
岡田 斗司夫

商品詳細を見る

嵐のデスティニィ 

1991年が最初の単行本の転生性転換(ただし、姫→男子)ものの最長期連載……だと思うのですが、今どういう展開になってるのかさっぱり追いついていませんw
情報希望ー。

嵐のデスティニィ third stage 5 (ASAHIコミックス)嵐のデスティニィ third stage 5 (ASAHIコミックス)
(2010/07/07)
高城 可奈

商品詳細を見る


嵐のデスティニィ thirdstage 4 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)嵐のデスティニィ thirdstage 4 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)
(2009/05/07)
高城 可奈

商品詳細を見る

絶対服従彼女

絶対服従彼女 (KAIOHSHA COMICS)絶対服従彼女 (KAIOHSHA COMICS)
(2010/07/05)
大波 耀子

商品詳細を見る

花と乙女に祝福を ~春風の贈り物~(限定版) 特典 クリアしおり10枚セット付き

女装モノ。

花と乙女に祝福を ~春風の贈り物~(限定版) 特典 クリアしおり10枚セット付き花と乙女に祝福を ~春風の贈り物~(限定版) 特典 クリアしおり10枚セット付き
(2010/07/08)
PlayStation2

商品詳細を見る

ベストムックシリーズ・81 エキサイティングBEST15 ランジェリーザ・ベストvol.6 (DVD付) [アダルト] (ムック)

他所が水着やブルマならこっちは物量で勝負だ!7枚で行け!!
戦いは数だよ兄貴。

短期的には正しい戦略ですね。下着付き雑誌はそろそろバブルに入るのでしょうか。

ベストムックシリーズ・81 エキサイティングBEST15 ランジェリーザ・ベストvol.6 (DVD付)ベストムックシリーズ・81 エキサイティングBEST15 ランジェリーザ・ベストvol.6 (DVD付)
(2010/07/29)
不明

商品詳細を見る

制服×征攻×男の子

制服×征攻×男の子 (MDコミックスNEO 88)

ランジェリーザ・ベスト シリーズ

以前ご紹介の水着がついに発売。
ぼちぼち売れてます♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ついに水着ですね!
夏ですものね!!
入手難易度がこう下がってくるとどんな影響があるのか、社会学者として興味深いですね。

ベストムックシリーズ・79 エキサイティングBEST13 ランジェリーザ・ベストvol.5(DVD付)ベストムックシリーズ・79 エキサイティングBEST13 ランジェリーザ・ベストvol.5(DVD付)
(2010/06/30)
不明

商品詳細を見る

エキサイティング<br>BEST6(ランジェリーザ・ベストvol.4)(DVD付) (BEST MOOK SERIES 65 エキサイティングBEST 6)エキサイティングBEST6(ランジェリーザ・ベストvol.4)(DVD付) (BEST MOOK SERIES 65 エキサイティングBEST 6)
(2010/02/18)
不明

商品詳細を見る
エキサイティングBEST4 ランジェリーザ・ベストvol.3(DVD付) (BEST MOOK SERIES 63 エキサイティングBEST 4)エキサイティングBEST4 ランジェリーザ・ベストvol.3(DVD付) (BEST MOOK SERIES 63 エキサイティングBEST 4)
(2009/12/25)
不明

商品詳細を見る
(エキサイティングBESTvol.1) ランジェリーザ・ベストvol.2 (DVD付) (BEST MOOK SERIES 58 エキサイティングBEST 1)(エキサイティングBESTvol.1) ランジェリーザ・ベストvol.2 (DVD付) (BEST MOOK SERIES 58 エキサイティングBEST 1)
(2009/09/30)
不明

商品詳細を見る

おと×まほ 1

2009年おかし製作所売り上げランキング(アマゾン) 第35位

3巻出ます。
おと×まほ 3おと×まほ 3
(2010/04/10)
すえみつぢっか

商品詳細を見る


2巻
読み終わりました。
マンガ版の方が読むの早くて俺はいいかなー。
★造形がよい。
★嫌々やってる。
★ひどい目にあう。
と三拍子揃っていてなかなかお勧めの女装もの。
本巻では性転換はなし。

おと×まほ 2 (Flex Comix)おと×まほ 2 (Flex Comix)
(2009/10/09)
すえみつぢっか

商品詳細を見る



1巻
変身シーンが、構成、表情、セリフとも良いので是非買うべしに認定。
やっぱり、マンガの方が手っ取り早くて良いですな。

おと×まほ 1おと×まほ 1
(2009/03/11)
白瀬 修(原作)すえみつぢっか

商品詳細を見る

20090314初出

六鏡 玲人の暗躍――水野 希光の場合――(2) by.黒い枕

(2)

「――いってらっしゃいませ、ご主人さま」

会員カードを返された希光は、癒された――とは思えない、ノロノロとした歩調で、街に乗り出した。
行くあてもない歩行だった。
イベントもなく、完全にストレス解消の街探索――だった、のだが。

(ああぁぁ!! なんなんだ、その歩き方は!? コッチはアクセサリーが違う!?)

ちょこちょこ人ごみの中から出てくるコスプレ女性の質の悪さに、希光は苛立ち、腹部を押さえた。
幾らなんでも、美意識の欠如ではないのか。
キャラの容姿容貌だけで、酔っているのは、明白である。
同時に、それは最高のコスプレイヤーを求めている希光には、ゾンビのような存在でも、あった。

(…いや、ゾンビの方がマシかもしれない。うっ、ぷう! 本当に気持悪くなってきたたあぁぁ――おえ!)

逃げるように、というか、本当に人の流れから希光は、逃げ出した。
そして、路地裏へと足を進める。
粗悪なコスプレ――は、どうやらいないらしく、気分的に散歩に本腰を入れ出した。
しかし、頭を占めるのは魅惑の女性像。
体を動かし、忘れようとするが、そんなことで忘れられないのが、情欲の望みである。

『――キミはどんなキャラが好きなんだ?』

唐突に耳をつく、鈍く、重い声。
足が止まった。
反射的に、自分の望みを言い当てた人物に体を向き直す。
希光は落雷を受けた。そう、感動した。

(凄い……キャラ独特の、雰囲気そのものだ!? これは……)

顔には、ガラス張りの仮面。
絵柄は人の笑みを、模していた。
外装も、いかにも"怪人"が使いそうな、身体を包み隠せるほどの大きな黒マントである。
マントと、素顔が見えない澱んだガラスの仮面。
年老いた魔術師のような、不気味な声色が、実にマッチしている――何よりも、"オーラ"と呼べるものが、自然体で漂っていることが、驚愕だった。

「――あん…貴方は?」
『私は鏡の使い……』

魅惑的な、それこそ今までの中で一番、『キャラ』があるコスプレイヤーだった。
無論、男には興味はない。
ただ純粋に――最高のコスプレを追求する身としては、ここまでハイレベルなコスプレをする人物と――話がしたかったのだ。
けれども、演技や仕草まで気を配っているらしく、残念だが"キャラ"の名前しか教えてもらえない。

(知らないキャラだというべきか? それとも上手いですね――か?)

このまま素通りもできるが、ここまで極めているコスプレに出会えたのが、初めてのことだった。
ホモでもなんでもないが、希光は強い好奇心に――知り合いに成りたい、とさえ思ってしまう。
それほどまでに偽者の違和感がない。
演技臭さが、微塵もないのだ。

『――キミはどんなキャラが好きだ?』
「えっ、はぁ?」
『キミが望むキャラクターだよ』

あくまでも非現実的に、問い続ける謎の怪人。
明らかに異常者だと、言える。警察に突き出しても、責められないだろう。
だが、水野 希光は、気にしなかった。
『キャラ』のことなら譲れない――と叫ばんばかりに、怪人に詰め寄る。

「そうだな…。まず人間には、ありえないような魅惑、もしくは魅力が欲しいな。
そう…体つきも、できるだけ日本人離れ――いや、人間離れした、常識外れのグラマー・キャラだ。それこそ外見だけで、猥褻物に見えてしまうほどの女らしいもの。
おっと――長髪も欠かせない。そして顔も重要だ。
顔はスタイルと同じぐらいキャラに重要だからな。顔からの説明でも良かったんだが、勢いのままスタイルを先にいってしまった。まぁ、それは些細な問題だ――で、顔は凛々しく整った感じで特に目は知的な形が好ましいな」
『――え?、ちょ…おい!』

早々と述べられる主張に『鏡の使い』の、堂々とさえしていた不気味さが、揺らいだ。

「…ただ性格が無邪気というか、子供というか、そういう知性的な顔立ちなのに性格は無邪気という、ギャップ設定があった方がいい、凄くいい。――完結にまとめてみたけど、俺の求めるキャラは、こんなものだ。…?なんだ?聞き取れなかったのか?――しょうがない、言い直してやる」
『もういいっ!――ゴホン、ゴホン。…ああ――キミが求めているのはこういう”キャラクター”だろ』

揺れないぶれない――むしろ倍増しそうな主義主張に、怪人は息を整えると、おもむろに手を差し出した。
その上に存在していたのは、透明なケースに収められた、ひとつのフィギュアだった。
とても精巧で、思わず奪いたくなるような、完璧な作品。
凛々しい顔の無邪気な笑みを直視した途端、希光の胸は熱くなった。
人形フェチではないのに、このざわめく感情はなんだ、と――叫びたい衝動に襲われる。

(うおぉっ!…こんな…精巧…なのは初めて、だ)

衝動的高揚、に――本当に奪い取ると、彼は、フィギュアを凝視した。
やはり、どこまでも美しく、彼自身が望んだキャラと、ほぼ同じ。
桜のような鮮やかで濃いピンクの、長髪。
凛々しく、軍人みたいな眼つきと顔の鋭さ。それでいて、子供のように微笑んでいる。
肉体も、完璧なほど、否、卑猥なほど、『女』の体形だった。
巨乳を筆頭に、出るとこでて、ウエスト周りは、コンパクトに収まっている。
身に付けている衣装は、魅惑たっぷりの浴衣タイプである。

『それが――キミの望みを叶えてくれるだろう』
「――あれ、あんたっ。ってどこだ!?」

フィギュアを渡したまま角を曲がる『鏡の使い』。
直ぐに追いかけるも、そこにあるのは普通の店。 平常時の客足。
怪人のように現われ、怪人のように消えた。
不思議以上に、こんなものを貰って、どうすればいいのだろうか。
希光は、迷った。
見惚れていた身としては、強く言えない――が、あくまでも彼は『本物』の女性が好みなのだ。
たとえ、願望を叶えたような『キャラ』でも『人間』でなくては意味がない。
だが、本人の意思とは裏腹にガラス・ケースを持つ希光の右腕は、力が篭っていた。
無自覚に人形を求めているのだ。心の底で。

「どうしよう――これ」

自身が恋焦がれているとは知らずに、人形に問いかける希光。
返事は、ない。
当たり前だが――『彼女』は微笑み返すだけだった。

<つづく>

«  | HOME |  »

FANZAさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

FANZA専売品コーナー

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2010-07