FC2ブログ

Latest Entries

洗催淫女

2010Q2おかし製作所DMM販売数45位

洗催淫女

洗脳モノ。買って見ます。
→買ってみた。2つの漫画が入ってます。
表紙の女の子の話は即落ちなのが難点。オレは催眠モノは催眠プロセスを重視して評価する人ですので、そこが薄いと点が入りません。エロいのは良いのですが……
もう一本はファンタジー系陵辱触手改造モノ。こっちは完落ちまで時間が掛かる分美味しいです。
女隊長が部下を救うために身を犠牲にするが……
妊娠属性は無いのでよく分かりませんが、ひょっとしたら妊娠属性の作品なのかも。

洗催淫女

実例が教える!ネット購買心理をつかむ成功の法則

時々はこういうのも読んで、商業サイトではどうしているかとかチェックする訳です。
そしてウチはどんな方向性にしようかなとか考えたり。
あっちの世界もだいぶ、セオリーが確立されてきましたね。

実例が教える!ネット購買心理をつかむ成功の法則 (ビジマル)実例が教える!ネット購買心理をつかむ成功の法則 (ビジマル)
(2010/03)
平賀 正彦

商品詳細を見る

TS売れ線速報!(9/13~19)

先週の順位

1位 えんとらんす! 1巻
2位 性転換アンソロジーコミックス (二次元ドリームコミックス 221)
3位 にょたいかっ。 2
   チェンジH green (TSコミックス)
   メイのないしょ make miracle 3
   誘蛾灯 (メガストアコミックスシリーズ No. 271)

さてさて、今週の1位は!伏兵!正面からTSFを名乗ったアダルトなこいつが来た!
男女入れ替わりエロス TSF全5話4時間 [DVD]
男女入れ替わりエロス TSF全5話4時間 [DVD]男女入れ替わりエロス TSF全5話4時間 [DVD]
(2010/09/16)
美咲沙耶小峰由衣

商品詳細を見る

しかーし!本命えんとらんすも踏ん張り、同点1位をゲットだ!えんとらんす! 1巻 (TSコミックス)
えんとらんす! 1巻 (TSコミックス)えんとらんす! 1巻 (TSコミックス)
(2010/09/10)
ポン貴花田

商品詳細を見る

3位は!これまた実力派!性転換アンソロジーコミックス (二次元ドリームコミックス 221)
性転換アンソロジーコミックス (二次元ドリームコミックス 221)性転換アンソロジーコミックス (二次元ドリームコミックス 221)
(2010/08/31)
トキサナ

商品詳細を見る

次点にはおと×まほ 11 (GA文庫)が入りました。
おと×まほ 11 (GA文庫)おと×まほ 11 (GA文庫)
(2010/09/15)
白瀬 修

商品詳細を見る



超人気アイドル○垣結衣似女子校生に大変身

2010Q2おかし製作所DMM販売数 50位
2009年下期おかし製作所売り上げランキング(DMM)41位

超人気アイドル○垣結衣似女子校生に大変身

DMM300円シリーズ。
新垣結衣似

少年メイドクーロ君 女装っ子編

少年メイドクーロ君 女装っ子編 (別冊エースファイブコミックス)少年メイドクーロ君 女装っ子編 (別冊エースファイブコミックス)
(2010/09/21)
柊 柾葵

商品詳細を見る

瑠璃色の花(18禁)

瑠璃色の花 (TENMAコミックス)瑠璃色の花 (TENMAコミックス)
(2010/09/17)
たいら はじめ

商品詳細を見る

Raiders そもそもの事の起こりと旅にでたてん末 (3) by.amaha

(3)

 ロンドの定宿銀狐亭は中央広場の西、レムス通りから一筋入った旅籠街にある。もともと居酒屋だったので酒と飯がうまい。
「よっ、お二人さん。いつもの続き部屋でいいかね。それともそろそろダブルベッドで」
「オヤッさん、いいこと言うねえ」
リリシア、成り切りすぎだ――って俺は遠慮してそんなこと言わなかったぜ?
「いつもの部屋でけっこうですよ、オヤジさん」
「おやおや、ますます仲のおよろしい事で」
「からかわないでください」

 部屋に入って椅子に座ると疲労が一気に押し寄せる。
 一昨日入れ替わってから賢者のいる町まで早馬(高価なので普段は使わない)をとばし、そのままほとんど不眠不休でロンドまで移動してきた。
 大きなあくびをしていると隣の部屋に通じるドアがノックされた。
「はい?」
「湯を頼んだからリリシアの体を清潔にしたいんだけど」
ドアを開けて見上げると俺の顔が笑っていた。
「せっかくだけど眠気が勝ちそうだ」
「そうはいかないわ。そのままじゃ、お肌に悪いし、第一女の子は清潔にしておかないとだめなのよ」
そう言うリリシアの真剣な表情を見て折れるしかないのを悟った。
「わかったよ」
「じゃあ部屋に入って服を脱ぎ始めていて。着替を用意してから戻るから」
「うん」
 部屋に入るとバスタブにはもう湯が満たされていた。この地方は水が豊富なので入浴の習慣がある。
 言われた通り脱ぎ始めたが、下着姿になって急に恥ずかしくなる。
 この体はリリシアのものだし、本人に見られて恥ずかしいと言うのは矛盾している――理屈ではたしかにそうだけど恥ずかしいんだから仕方がない。
「どうしたの、赤い顔して」
驚いて振り向くと手にたくさんの荷物を持ったリリシアが立っていた。着替にしては多すぎる。
「なんだ、それは?」
「タオル、海綿、石鹸、香料、香油、化粧ひ……」
「もういいよ」
「あら、これからが肝心なのに」
「入浴に必要なものなんだろう。それにしても、そんなにたくさん」
どうりでリリシアの荷物が多いはずだ。
「いいじゃない。それに明日から私が持つから」
「いや、重いから言ったんじゃない」
「いいからいいから。それにほら足も少し腫れてるわ」
「たいしたことないさ」
「明日も腫れているとブーツが履けないわよ」
「それは困る」
「体は変ったけど少しなら治癒魔法が使えるから心配しないで。さあ脱がせてあげるから湯につかるのよ」

ケインとアリシア 挿絵
挿絵.郁橋むいこ

 あきらめてリリシアに任せる。香油を垂らした湯はとても良い香りがしてリラックスできた。髪を洗ってもらううちに、うとうとしてしまい、はっと気がついたときにはリリシアのては体に伸びていた。髪にはタオルが巻かれている。
「体は自分で」
「遠慮するのはへん」
「でも、まあ、トイレも自分でしているわけだし」
「それに清潔にしたいんだといったでしょう。お願い」
さらに抗議しようと振り向くとしゃがんでいるリリシアの股間が膨らんでいるような気がして、慌てて視線を戻す。
「う、うん」
自分の裸体に欲情するものなのか?

 リリシアはタオルや海綿、それに所々指を使っていた。バスタブの中で体を洗ってもらうのは、とても気持ちが良い、いや良すぎる。女性の皮膚感覚が敏感というばかりではなく、リリシアに洗ってもらっていると言う事実も大きく影響していた。
 常に冷静沈着、少しきつい顔つきのリリシアは、知らない人が見れば氷のように冷たくお高く止まった存在だろう。もちろん俺は内面の優しさを知ってるさ。でも近づきがたいって感じはつきまとっていて、なかなか告白することはできなかった。
 でかい山を当てた興奮のさなか、コクるなり女にしてやろう(多分リリシアは処女だ)と言うのが俺の作戦だった。こんな状態じゃ先延ばしにするしか……
「お、おい、そこは」
「ダメダメ、こここそきれいにしなきゃ。足を開いて」
「湯が入りそうだぜ」
「しょうがないわね。じゃあ、たって」
「う、うん」
湯船の中で立ち上がって言われた通り足を開く。なにか間が抜けた姿だ。
「は、恥ずかしすぎるぞ」
「見ないで」
「うん」
鋭い語気で下に向けかけた視線を戻す。なんだか下半身が変だ。
「どうしたの、いやに顔が赤いけど」
「のぼせたかな」
「じゃあ、湯船から出てこちらに。大丈夫?」
リリシアの声が遠くなり、俺は意識を失った。

 気がつくとリリシアの部屋のベッドに寝かされていた。上半身を起こすとリリシアが湯を使っている。
 素っ裸でなくガウンを着せてもらっていたので、そのままベッドから降りた。
「気がついた? 大丈夫」
「ああ、もう平気だ。湯を替えなかったのか」
「水が豊富と言ってもけっこうするし、今はほら男の肌だから」
「そうなのか」
俺がリリシアの残り湯に入ったら興奮してしまうぞ、きっと。
「それよりちょっと相談なんだけど」
呼ばれてそばに行く。
「どうした?」
「これこれ」
目の前には見慣れた男のシンボルがいきり立っている。
「なにかしたのか?」
「別に。ずっとこんな調子で洗いにくいったらありゃしない」
「う~ん」
入れ替わった後は色々大変で今日はじめて一息ついたところだし、自分の体とはいえ女の裸を見たせいかな。しかし処女のリリシアに自分で始末をつけろとも言えないし、娼婦を買わせるのはなんとなく俺が嫌だ。
「何とかしてよ」
「わかったよ」
俺は観念して腕を伸ばした。

 処理した後、リリシアは無言である。女性の身で射精してしまったのがショックなのだろう。入れ替わったのなら、あたりまえのことだと言う気はない。俺だってリリシアに洗われたときムラムラと変な気が起きた。
「体、洗ってやるよ」
なるべく優しく声をかける。
「ええ、お願い」
俺の声でリリシアのセリフはやはり違和感がある。
 洗い始めると意外に大変だ。今の俺から見れば相対的に元の体は大きい。背中だけで疲れてしまった。
「前は自分で洗えよ」
と海綿を押し付けた。リリシアは文句いわずに受け取ったので、ベッドに戻って腰掛けた。
 洗い終えるまでさほど時間はかからず、リリシアは乾いたタオルで水気を拭っている。
「それにしても楽だわ」
「なにが」
「入浴全般よ。肌に気を使わなくて済むし、第一髪がすぐ乾くもの」
「別に毎日ツヤピカにしてもらったってかまわないんだぞ」
「元の体の手入れの方が優先ね」
そう言ってタオルを腰に巻いてこっちに来る。タオルの前はまた盛り上がっており、俺としてはリリシアの肉体の貞操が気になり出した。俺はリリシアを女にしたいのであって、逆はごめんだ。
「まだ何かするのか」
「体にクリームを塗っておきたいんだけど」
「寝る前に自分でやるよ」

「うーん」
「絶対やる、丁寧に」
「じゃあ、約束の」
「約束の?」
「キス」
「や、やめ。うっぷ」
強引に抱きしめられると脚の力が抜け身を任せたままキスに応じてしまった。
  男とのキスと言う感じがあまりしないのは、相手をリリシアと認識しているからなのか。息苦しさを感じ始めてやっと離してもらえた。
「どう?」
「どうっていきなり酷いじゃないか」
「だって好きなんだもん」
「俺を?」
「私自身」
「勝手に言ってろ!」
捨てゼリフとともに俺はとなりの自室に引き返す。胸の高鳴りはベッドに入っても静まらなかった。ああ、もちろん渡されていたクリームを塗るのは忘れなかったさ。

(おしまい)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2010-09