fc2ブログ

Latest Entries

まほキュア

まほキュア

魔法少女は男の娘!?:『マジカルエース天空三姉妹』

緊急の場合は 3-2 by.amaha

(2)

 事件のないまま平穏な日々が過ぎていった。
 毎晩、作動確認のため短時間入れ替わる以外、俺は姫雛芳として過ごしている。
 宇宙刑事からはなんの連絡もない。彼らが星間を移動する時使用する亜空間航行は、帆船で航海するのに似ており、潮流や風に相当する条件に恵まれないと予定通り到着しないことがあるという。
 彼が難破していないことを願う。連邦保安官なんて責任が重すぎるし、ほんの少し話しただけだけど、アイツのことはけっこう気に入っていた。

 荒木レイカとはそれなりに上手く行っている……と思う。一緒に下校するし、前回と同じ四人でだけどデートもした。
 状況に変化が現れたのは師走に入ってからだった。
 
 加奈子と大山は練習があるので、その日もレイカと二人で校門を出た。
 今の二人の関係は、熱々とはいかないけれど、ほんのりと暖かな感じはしている。未だに男らしくズバッと告白していないのは、きっかけを佳奈子の世話になったせいかもしれない。
 まさか入れ替わりに気づくことはないと思っていても、違和感を持たれるのが嫌で慎重に話していた癖が抜けない。

「それで、その後は、どうするの」
 レイカの質問はイブの予定で、いつもの四人が集まり午後はカラオケで過ごすことは既に決まっている。
「今年は久しぶりに佳奈子の家と一緒にクリスマスパーティーをするんだけどさ、参加してくれないかな」
「私が? いいの?」
「もちろん」
「どなたが参加するの?」
「佳奈子の父親と俺の父は仕事だ」
「おじい様は?」
「また山ごもりだよ」
「ならお母様がたと加奈子と私?」
「佳奈子の姉さんも多分」
 佳奈子は大山を呼ばない。
「姫くん、ハーレム状態じゃない」
「と言うよりアウェーの気分だよ」
「ホーム・アンド・アウェーのアウェー?」
「そうそう、男対女」
「私だって家族同然のお付き合いの方たちの中に一人だわ」
 少し拗ねた感じの言い方は女同士の時は使わないから、一種の芝居なのだろう。
「ここ三、四年は、中学になった頃からは、やってなかったよ、パーティー」
「佳奈子とあんなに仲がいいのに」
「そうでもなかった」
「でも」
「中学以来つい最近までは挨拶程度だった。荒木さんとのことがあって、また近くなったってのが真実」
「ふーん。じゃあ私がキューピットってわけかな」
「キューピットは変だろう」
 二人の間合いは狭くなり少し肩が触れ合う。そっと手を握ると想像よりひんやりしていた。
 話題は他愛もないものにかわる。
「そう言えば佳奈子って猫飼っていたでしょう。ジジだっけ?」
「キキと言う名の牝の黒猫」
「最近、行方不明の猫が増えてるんだって」
「へぇー」
「しかも、ほとんど黒猫らしいわ」
「なぜ」
「さあ、理由までは」
「いや、直接佳奈子に言ってやれば」
「最近、柔道の練習で帰りは私達二人だけじゃない」
「まあ、そうだけどさ」
 同じクラスだから、休み時間にいくらでも話せそうなものだが、女子の中では切り出しにくい話題なのだろうか。
 それにしても黒猫ばかり狙う犯人がいるとしたら……
 猫先生を探す敵の宇宙人かもしれない。
「どうしたの?」
「猫のことは俺から話しておくよ」
「じゃあ、お願い」


 その夜も入れ替わりを行った。
 猫先生が佳奈子の側にいれば、ある程度距離があっても、少なくとも姫家と森家の距離なら、比較的簡単に入れ替わることができる。入れ替わり可能時間は通常モードで一時間、戦闘モードだと、条件により多少異なるが五から十分と言ったところだ。変身ではないので時間がすぎても姿が戻るわけではなく、すぐに元の体に戻れなくなるだけである。ただ宇宙船に戻り再設定する必要があるので、時間と手間がかかった。

 さっそく猫先生に黒猫失踪の件を話す。猫先生は俺の膝の上、といっても実際は佳奈子の太ももなので気持ちよさそうだ。
「なるほど、それが本当なら敵の可能性もあるな」
「荒木レイカが嘘を言う理由はないと思うけど」
「私の知る限り、行方不明の猫はいない」
 猫先生は昼間徒歩で辺りをパトロールしているので猫の知り合いが多い。
「家が離れているからでは」
「学校、この前の戦闘地点からはほぼ同じ距離だ」
「やはり敵」
「さっき言ったように可能性はある。動いてくれたほうが仕留めやすい」
 俺は事件が起こる前に刑事に早く戻って来て欲しいと願っているのだが、猫先生は受けた命令をさっさとこなしたいタイプらしい。
 しかし敵の戦力は侮れない。宇宙船に戻った時点で正式な保安官に任命された扱いになり、敵の情報の詳細が開示された。敵は二名、自らの言葉では美しい人と言う意味、銀河標準語では背の高い人々と言う名をつけられたヒューマノイドである。平均身長が2mほどあることを除けば地球生人に似ており、彼らが脱出に使ったバスサイズの搭載艇の医療設備でも十分変装は可能だ。
「パトロール範囲をレイカの家のあたりまで広げてみてはどうかな」
「もちろんだ。お前も本腰を入れて戦闘モードの練習を始めるのだな」
「ええぇ!」
 今更驚くなんて変と思うか? しかし、妙なポーズで『レッツ・プレイ・○○キュア・モジュレーション』と言わないと発動しないんだぞ。その後にもいつくか決められたセリフがある。
「せめて『変身』の一言で済むように設定しなおしてくれないか。非常時に間に合わないかもしれないだろう」
「セリフを短くしたからといって、アーマーの変形時間は変わらんぞ、もしかして」
 ふてぶてしい態度に腹がたって襟首をつかんで投げつけた。
「とってんぱーの にゃん ぱらりっ」
 キャット空中三回転を決めてニャンコ先生は得意そうだ。
「どぼじて、こうなるの。涙がちょちょぎれるだす」

«  | HOME |  »

FANZAさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

FANZA専売品コーナー

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2011-12