fc2ブログ

Latest Entries

呪いはわが身に (4) by.isako

(4)
 長尾の情報によれば、敵は新宿の旧都庁北の三角ビルの上層階にあるスーリン東京支社を隠れ蓑していた。表向きは北京に本社を置く総合商社なのだが、反政府組織南華連合との関係が噂されている。南華連合は長江の裕福な商人が資金を提供しており、軍団の黒幕になっている可能性は充分あった。

 近年、新宿西の治安は悪化しているが、昼間なら私のような外見の者が歩いていてもさほど危険ではない。
 付近の地理やビルの構造を充分確認する。商社は四十五階から上の三フロアを専有していた。
 私が依頼されたのは長尾の指示を待ち、夜間に商社を襲撃して混乱に陥れることだ。その間に長尾が情報を抜き取り、都内で活動中のアンドロイドを行動不能にする。
 たった一人で、できるのか? いや、あいつならやり遂げるだろう。

 再確認していた地下駐車場から出ると、また男に誘われた。今日三人目だ。
 もう充分見た。帰ろう。そのまま大江戸線に乗り帰宅した。

 帰宅するとすぐにウォークインクローゼットの奥の隠し部屋の鍵を開けた。
 三畳ほどの広さで一面が武器棚になっている。その中で支給されたのはアーマーと特殊警棒だけで、その他の銃器や爆発物は私の情報で逮捕された犯罪組織幹部のセーフハウスから無断で持ちだした品である。
 手入れをしておこうと、グロック17C(拳銃)とSIG-SG550(ライフル)を選んで取り上げた。

 長尾は休暇をとって用事を片付けてから始めると言っていたから、おそらく数日の猶予はある。しかし準備が早過ぎることはあるまい。
 今回の私は死を覚悟している。覚悟は変かな、死に場所を見つけたと思っているのだから。
 確かに一年前のあの時、任務途中で倒れるのを潔しとせず、機械の体で蘇ることを望んだ……
 いや果たして本当にそうなのだろうか。ただ死ぬのが怖くて、虚無に引き込まれるのが怖くて同意しただけなのかもしれない。
 しかし、どうして責められよう、自分の生命維持装置を切る勇気がないからといって。

 今の生き様が予想できなかったわけではない。最初は訓練のためと強制的に、後には捜査のために自ら進んで、男に体をゆるすのは精神的な苦痛を伴った。
 しかし最悪なのは今の私に優しさや薄っぺらいとはいえ愛情をかけてくれるのが捜査対象である男たちだけなことである。
 機械の体になるとき、きっぱり諦めたはずの幻、それが捜査現場にあるのだ。

 整備の終わった銃をしまい、アーマーを確認する。軍用のボディーアーマーの素材で作られたオーダーメイド品だ。形状は全身を覆うもので、緩衝材は少なくセラミックプレートが多用されている。この重量では普通の人間ならまともに動けないだろう。
 日常活動中私は人工筋肉で動く。エネルギー効率はともかく出力は生身の人間と変わらない。それなのに採用されているのは動きが人らしく見える必要があるからだ。皮膚の下で伸び縮み膨らむ筋肉がなければ、まるでオズの魔法使いのブリキ男である。捜査対象の前で全裸になることが想定されていたので筋肉は細部まで作りこまれていた。
 そして戦闘時は関節部に埋め込まれた動力をつかう。動力源は胸部のCNT(カーボンナノチューブ)製タンクに蓄えられた水素を用いた燃料電池で出力は40kW(約54hp)と小型自動車並だ。もう少し搾り出すことも可能なのだが、放熱の問題がありごく短時間に限られた。
 それでも普通の人間ならせいぜい700から800W相当なので、50人力である。一人の戦闘力としては充分だろう。

 アーマーを来て鏡の前に立つと長尾との会話を思い出し苦笑いする。
 鏡の中の私は、なるほど昔みた昆虫を模したヒーローに見えなくもない。今度会うときは、赤いマフラーでもつけていこうかと思った時、死ねばもう長尾とも会えないことに気づいた。
 考えていると何とも言えない感情が胸の奥で疼く。 
 アーマーを脱ぎ捨てると股間がひんやりする。手を当てると湿っていた。汗ではない。
 自分の中に女として感じる部分があるのは知っている。敵を騙すため、芝居がより自然になるようにと、自ら暗示をかけて強化してきた。
 我慢できなくなって手を中に入れる。興奮はますます高まり絶頂を迎えるまで指の動きは止まらなかった。
 気がつくと全裸のまま横たわり天井を見ている。
 私は女として長尾を求めているのだろうか。
 急に死が怖くなり、涙が溢れてきた。 

<つづく>

«  | HOME |  »

FANZAさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

FANZA専売品コーナー

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2011-12