FC2ブログ

Latest Entries

クジラの人魚姫6-3

6-3

「ふふっ、後もう少し指を押せば――着替えの時に下着はどうなっているんでしょうか?
セラスちゃんは分・か・るぅ?分かるよネェ?」
「ひぃっ…きゃうぅ、ぅ…っ!」

聖域とまではいかなくても、かなりの潔癖を強いられる学校のグラウンド。
しかし、その場からは明らかに性的興奮を宿した少女の声と、彼女の股座に納められるような形で捕縛されていると女性の悩ましい嬌声が響いていた。

「わ、分かんない!分かんないよぉ!は、離してっ…!や、やめろっ…うぅ!」

瞬きすらも、許されない。女性は、そんな状況だった。
背は少女よりも高く、手足は少女よりも長く、乳房は圧倒的に巨大で、お尻はむちっ、としている。
女性の肉体は、魅惑的すぎる肉感ボディだと言えた。
ー―が、そのバタバタと暴れる様子に、彼女から幼稚園児くらいの雰囲気が漂ってくる。

「~~ッ!?わっ分かんない!!分かんない!!から、やめ、てぇ!」

すっかり怯えきっている美女――『白方セラス』は拙い言葉を吐き出した。
外見の肉感さを除けば、唯一大人っぽいのは声に宿った色気ぐらいだろうか。

「う、うふふ」
「うひぁ!やめ…!やめてっ!」

マジ泣き気味な幼馴染を少女――麻倉沙希は拘束を緩めることなく、むしろ包み込むように強めると、彼の股座を揺さぶった。
優しい微弱な振動。
けれども『白方セラス』こと白方玖史羅は、涙をこぼしてしまう。ビクンと身体が浮いてしまう。

「ひいぃ!?やだっ!!沙希ちゃん! 止めて!!止めて、よぅ!!皆にバレちゃうようぅ!!」

無茶苦茶な動きで少女の拘束を逃れようとしながらも、クジラは『セラス』を演じ続けた。
責任感が強いのか、動転して『セラス』になりきっているのか。
そして、まさか、かもしれないが――。

「ひぁ、んん!やめてぇよおお!胸を弄らっ、ないでぇ、ええ!」

"素"の自分を押さえ続けた弊害と、幼馴染に昼間から襲われている恥かしさから、本来の自分を忘れてしまった可能性も有り得た。

「大丈夫だよ!セラスちゃんがクジラに頼んだ催眠術のお陰で皆、私たちには無関心なんだってば、だからバレるわけないじゃない……お馬鹿なセラスちゃん…」
「そういう問題じゃない!!兎に角、あたしから離れてっ!」

まるで本当に小さな女の子のように、そして可愛い小動物のように沙希は苛めてくる。
胸をむにっと、軽く拉げられた。ブルマをズラされ、股座の形が布地に生々しく浮かび上がった。

「ひぁうぅ…!あ、胸…そんなっ…くぅ!ぶ、ブルマも弄るなぁ!あっあ、引っ張らないでぇ!食い込んじゃうぅぅ、っううぅ!」
「ふふ、可愛いね、セラスちゃーん!あはは……っ」

肉体的には同姓だ。
しかし、沙希は女の肉体を物ともせず、男のように『セラス』に迫る。
胸を上に掲げるようにして撫でると、くいっ、とブルマを上に持ち上げてくる。徐々に込み上げる火照りに身体が気だるく、垂れてしまう。

(なんでこんなことにい――ィィ!?セッ、セシリウスに任せるんじゃなかったああ!!?)

心まで女性に近づきつつあるクジラには、彼女の熱烈な愛撫から逃れる術はない。
だからこそ、心の中でセシリウスに文句を述べた。完全な責任転換である。
彼自身情けなく思っている。

「んっ…ひぃ!」

切ない無力感に反応し――乳首が充血する。
無論、沙希が見逃すわけもなく、くいっと、指の腹で押し込まれた。
ぬじゅっ、と沈むいく房肉の感触に心地いい痺れが加速する。

(あっ!ああっ!こ、こんあ…ところで、しかも沙希にぃ!おれ…俺はっ!!)

吐息すらも駆使し、体を弄ってくる沙希。
首筋に、そして体操着に押さえれた乳房に沙希の少女特有の甘い匂いが吹き付けられた。
熱く火照っている胸がさらに蒸し上がり、お返しとばかりにむわっん、と濃い牝体臭が溢れてしまう。
恥かしさに身をくねらせる――と、またピリピリした快感が体を駆け巡る。

(あうぅ~~!か、完全にぃ…裏目にでちゃったよおぉぉ!)

もし、セシリウスに依頼していなければ今頃、周りの人間が止めてくれたのに。
後悔しても手遅れだった。
クジラと沙希を除く、今グランドにいる人間は全て普通に授業を進めていた。
居ないのと同じなのだ自分たちは――否、自分こと『白方セラス』は。

「セラスちゃんのお乳!凄い、気持ちいい!」
「さっさきぃ!ま、待ってよおぉ!」
「ダメ!ああ、おしりもなんて可愛らしいの…」
「ひやぁぁ――!!」

孤独と甘い体臭の誘惑に堪える時間すら彼にはないのか。
幼馴染の異様に蠢き続ける手によって――クジラは『女』にされていく、されてしまう。

(うわァ!!はぁん!!だっダメえ、だああ!!)

沙希の上手な揉みと抓りが乳とひ弱なお腹を苦しめる。
臀部も撫でながら、くっきりと恥部の造形を浮かび上がらせているブルマを舐めるように撫でる。
乳房と股間の切なさが高まれば高まるほど、理性が剥がされ、悩ましい声が溢れた。

「あ…っ!お、俺は男…なんだよぉ!沙希!う…ああっ!?」

両足をバタバタさせ逃れようとするクジラを叱るように、沙希は彼の右の乳首をぐにゅりと押し潰す。
湿った淫靡な匂いが、ぷんぷんと漂う。

「違うでしょ?セラスちゃんは女の子!間違えちゃいけないよ…っ!」

さらに、ぐにゅり!
沙希は右の房の頂点を攻め立てながら、彼のふとももに手を伸ばす。
ふともも特有の柔らかい肉を抓まれ、びくんっと、背筋に電気が放たれた。

「ひぅ!あっああ!そ、そんな…!!」

始まりは、たかが五分前。けれども、今では完全にアダルトの世界だった。
官能的な刺激に彼は動転してしまう。

「だってセラスちゃんが可愛いのがいけないだもん!…更衣室ではあんまり触れなかった分…っ、弄り倒しちゃう!!」
「うふぁ!!ふン、ン!!あぅッ! そこ…は…ダメ、ぇ……」

唯一幸いなのは、好きな人に蹂躙されていることだろうか。
いや、『何か違う』――と思う反骨の精神が塗り潰され、無性に沙希と接吻がしたくなる。

(沙希!沙希!あ、ああ気持ち…いい!じゃないだろ!俺!?――このいい加減にしやがれっ!!)

心地いい痺れに蕩けて、意識が快感と恥辱を行ったり着たりしていたが――弛緩した顔が段々と強張りを取り戻していく。
どうやら理性と屈辱の方が、込み上げる情愛に打ち勝ったようである。

「くっふふのーふぅーだ!そんなんじゃ離れてあげませんよおーだ!」
「そ、そんな!あう…!やめ…!いやぁあ!胸…と…股間ばかり…いじ…るな…よ、ぉ」

しかし、それでも沙希は、剥がせない。
四肢に全てに張り付いているかのように組み付いている。それどころか、反抗すればするほど絡むように体を操作していた。
どこで学んだのか、疑問は尽きないが、惚れ惚れするほど見事な技<ほばく>である。

「ふふ――ここをもう少し強く擦りつけば……ブルマにも後が付くのかしら……」

恐ろしいことを平然と呟いた沙希の指が、抗議の声を上げる暇もなく、クジラの股を押していく。

「やっやだぁ!!じょ、冗談は止めろよ!や……やめて…よっ」

瞬時に本気だと悟り力一杯奮闘するも、やはり彼女の組み伏せは完璧だった。
このままでは、また辱められてしまう。
更衣室と同じように……。

(ああ――っ!!くそぉぉ!! 気付けよ、俺!!――あんなことするのなんて沙希ぐらしかいないじゃん!!はぅふー!!)

女体の刺激に脳が耐えられなかったのか、クジラは過去――約五分前――から、今に至っていた原因を思い返していた。
俗にいうフラッシュ・バック現象に近い感覚だ。

『えへへ――実は私なんだ。セラスちゃんのアソコに手を突っ込んだの。どう…ビックリした?』

ビックリした。ハッキリいって数秒間、気絶しまうほどに。
そして正気に戻った途端――沙希に拘束され――こう、なっていた。
周りには数十人いるが、動かない。
――いや、クジラ自身がセシリウスに指示した催眠術を忠実に守って動けないのである。
犯人が名乗りを上げるように、またその後記憶を消してくれるように依頼した。
そして同時に注目されたくない、とクラスメイトたちに『白方セラス』への行動を制限させたのだ。
その結果、封鎖的な空間が出来上がり、沙希の凶行を止めるものがいないのである。

「どうしようかな?いいよね?いいよね、セラスちゃん!?」
「何が!いいんだよぉ――!!ふあっ!あうぅぅ!?うくぅぅっ!!」

胸を変形させ、肉体の至るところを甘噛みのように抓る。
秘裂にまで毒牙が向けられた。
全身を逃さないように、おちょくられる。腸が煮え立つほどの――屈辱。

(あっ、ふひゃ、!!やん! 俺は…なんで!女の子み、たいな声…こぇ…で……沙希にい…遊ばれてんだ!?)

恥かしがるのも、興奮するのも後だ――と、吹き荒れるような怒りでクジラは反撃に目を細める。
息は乱れたままで、涙はポロポロと頬を伝っている。口元では、うっすらと唾液がこぼれていた。

「 んぁ! さぁ沙希い、いい加減…んくっ……この――っ、」

少年は――いや、魅惑の体を持った『女性』は叫んだ。
勢いに身を任せ、自身が感じた『女の憤慨』を訴えるつもりだった。しかし--。

「はいはい、じゃあ、ここで終了」

ぐじゃりィ…っ…。
顔に思いっきり土砂が塗りたくられた音である。これが沙希が潔く離れた結果だった。
開放された勢いに、クジラは真正面からグラウンドの土とキスしてしまったのだ。
地面から離れた彼は落雷のような迫力と速度で沙希に詰め寄る。

「沙希――ぃッツツ!!!」
「なに怒ってんのよう。冗談、冗談!!ああ、可愛い顔にドロ付けちゃって……あっ涙も、お肌には天敵なのよ!」

女の子なんだから気をつけなさい――と、反省も色のない沙希の、愛しい相手の顔。
流石に、これには怒っていいだろう。
愛情を抜きして彼は幼馴染として、人として、『女性』として叱るべきだった。
体に力が入る。
彼女の行為は淫行そのものであり、ただの性的な嫌がらせなのだから――注意は当然なんだと。

「なに?もしかしてセラスちゃん、アレに冗談じゃないほど感じちゃったの?まさか違うよね?」
「――なっ!?」

怒りに身が震える。屈辱感に全身が、熱く煮えたぎる。
しかし、それでも言葉が出ない。反論の言葉が続かない。
ここで一歩踏み込んでしまえば、彼は認めてしまうことになるのだ。――彼女の悪戯に、理性が弛むほど悦んだことを。
クジラは肉体どころか口ですら沙希に敗北を許してしまう。

「おまっおまえなああ!そ、そういう問題じゃっ!……なくてだな!うっ……うううぅ!」
「あっ――男子のランニングが終わったよ。 行こうかセ・ラ・ス・ちゃん」
「あっ!ちょ…おい!?」

踏み込むか、誤魔化すか。
肉を絶ち、骨を絶ち、心を辱めてでも沙希を叱るべきか。
迷うだけで時間が無くなり、何時の間にか男子の走り込みは終わり、女子の番。
当然とばかりに――先ほどの交じり合いを忘却して――沙希はクジラの腕を引っ張る。

(くそぉぉ――でも、なんか懐かしいな。…こういう沙希も……)

意地悪な笑みを張り付かせる、本当は悪戯が好きで好きでしょうがない女の子。
そんな昔の沙希の片鱗に、心の怒りが緩んだ。
彼の愛が強いのか、それとも――ヘタれ度が大きいのか……強く手首を捕まれ、誘導されていく内に憤怒が消えていく。

(――って、なに許そうとしてんだ俺はッ!?)

幼年期の子供のように沙希を信頼して、付いて行く自分が、ここにいた。
それは、今や確立した男として自尊心を傷付ける。
--が、それでも自分は沙希が好きなのだと、クジラは恋慕を深めてしまう。

「――っ!!ああ、もう!! 兎に角、話し合うからなっ!!忘れないからなっ!!」
「ハイハイ」
(くうう――なんなんだこの扱い――ィ!?)

理不尽な扱いにも揺らがない、確かな愛欲。
どう頑張っても、クジラは巨乳の奥にある心臓の興奮を止めることは出来なかった。――恋する美女のように悶々とする表情が、とても可憐である。

(――ちくしょう!! ……おもしろく、ない)

走る度に弾み動く巨乳も、尻尾を振るっているかのようにむちむちした臀部も。
そもそも、ブルマ姿で女子たちに交じっていること自体が燃え朽ちてしまいそうなほど恥かしい。
しかも、順位は女子たちの中で最下位だ。
早々と首位に差を付けられて、男としてはこれほど面白くないことも有るまい。

『ふふ……クジラ。 これで二週差だよ――お先に!』
『ま、待て……よっ!くう……ふうン!』

その上、幼馴染のアイ・コンタクトが精神を嬲ってくる。
二度目なだけに、対抗意識が著しく跳ね上がる。

「はぁ…、……はあ、ンっ!こ、の……んんっ!」

たぷん、たぷん!
元の肉体よりも扱い慣れていないことに加え、胸に癒着した巨乳に振り回されないことに全身神経を注がなくてはいけなかった。
転ばないだけで精一杯で、沙希に追いつくなど現時点では不可能である。

(くそぉぉ!!――おもしろくねえ!!)

たぷーん、ぶにゅんっ、ぷにゅるん!
足音より大きく響くのは、淫靡さを兼ね備えた胸の弾み音。
『白方セラス』は、ただ悔しく――不満を抱きながら、夢中で沙希を追いかけていった。

<つづく>

【セット】鉄腕バーディー(全巻)

【セット】鉄腕バーディー(全巻)

【セット】鉄腕バーディー(全巻)

【セット】少女革命ウテナ(全巻)

【セット】少女革命ウテナ(全巻)

不朽の名作だわな。

【セット】少女革命ウテナ(全巻)

【セット】ダークグリーン(全巻)

【セット】ダークグリーン(全巻)

うろ覚えの記憶ですが、本隊男だけど、ダークドリーム内で女の子のキャラがいた気がする。

【セット】ダークグリーン(全巻)

【セット】IS(アイエス)(全巻)

【セット】IS(アイエス)(全巻)

【セット】IS(アイエス)(全巻)

クリエーターのためのネーミング辞典

クリエーターのためのネーミング辞典 (一般向辞典)クリエーターのためのネーミング辞典 (一般向辞典)
(2011/11/22)
学研辞典編集部

商品詳細を見る

いつのまにか『マトリックス』監督・ウォシャウスキー兄弟の「兄」が性転換をして「姉」になっていた

いつのまにか『マトリックス』監督・ウォシャウスキー兄弟の「兄」が性転換をして「姉」になっていた

調教医師

調教医師 DMM版
調教医師 DLsitecom版

ド変態美人女医・坪井先生と女装看護士・森本くんがおりなすドタバタエロコメディ!

と言う紹介は誤記だった模様。
とくめいさま、ご指摘ありがとうございました。
本気時はしばらく後に削除します。

b279arkry00025ps.jpg

お嬢様は男の娘?~名家の秘密~

DMMが半額対象。

お嬢様は男の娘?~名家の秘密~ DMM版
お嬢様は男の娘?~名家の秘密~

お嬢様は男の娘?~名家の秘密~

苛めの復讐!男の娘に堕とされた俺

DMM半額。

苛めの復讐!男の娘に堕とされた俺 DMM版
苛めの復讐!男の娘に堕とされた俺 DLsite.com版

苛めの復讐!男の娘に堕とされた俺

肉体転移戦士☆アズハルくん

半額。

肉体転移戦士☆アズハルくん
姉とカラダを入れ替えられた弟ものです。

d_022565pr.jpg

肉体交換~妻の体で奉仕する男~

DMM半額。

2010年間おかし製作所DMM販売数40位
2010Q4おかし製作所DMM販売数13位

売れ行き好調♪
肉体交換~妻の体で奉仕する男~ DMM版
肉体交換~妻の体で奉仕する男~ DLsite.com版

肉体交換~妻の体で奉仕する男~

男の娘乗っ取り祭

DMM半額。

男の娘乗っ取り祭 DMM版男の娘乗っ取り祭 DLsitecom版

男の娘乗っ取り祭

超獣伝説ゲシュタルト

電子版を追加しました。⇒全巻セットが半額です。
超獣伝説ゲシュタルト (全巻)


画像大きくしました

ネトカフェで気づいたこと。
いやーあたしゲシュタルト最終巻の8巻(2001年刊行)だけずーっと読んでなかったわ。あっはっはー。って、だめじゃん俺ーっ。

そういう訳でTS該当作超獣伝説ゲシュタルトGファンタジーコミックスで高河ゆんさんの作品ですね。王理は女の子になった葛藤とか悩みとかそんなのぜんぜん無いのでTSの萌えとはちょっとびみょーに違う気もするのですが、そんな事いっても圧倒的に可愛い王理なのでした。ご主人様(オリビエ)に一途なのが大変よろしいですね。超獣伝説ゲシュタルトこそっ、まさにっ!最強最高のTSかもしれんっ!

超獣伝説ゲシュタルト 1 (1) 超獣伝説ゲシュタルト 1 (1)
高河 ゆん (2005/02/25)
一迅社

この商品の詳細を見る
超獣伝説ゲシュタルト 6 (6) 超獣伝説ゲシュタルト 6 (6)
高河 ゆん (2005/07/25)
一迅社

この商品の詳細を見る
超獣伝説ゲシュタルト 5 (5) 超獣伝説ゲシュタルト 5 (5)
高河 ゆん (2005/07/25)
一迅社

この商品の詳細を見る
超獣伝説ゲシュタルト 7 (7) 超獣伝説ゲシュタルト 7 (7)
高河 ゆん (2000/05)
スクウェア・エニックス

この商品の詳細を見る


2006.6.9初出

王子は女体化肉便器!?

DMM半額。
王子は女体化肉便器!? DLsite.com版
王子は女体化肉便器!? DMM版


催眠術で牝奴隷を手に入れる方法

催眠術で牝奴隷を手に入れる方法 DMM版
DMM版が半額。

MCものとして大変良い感じです。
大人のための催眠術、やE=MC2にあるような、ちょっとリアルでちょっと嘘っぽいほどよいフィクション具合の催眠術が展開されます。
しかもエロ。
MC好きならぜひ買うべし。

20090603初出。

催眠術で牝奴隷を手に入れる方法 (OKS COMIX)催眠術で牝奴隷を手に入れる方法 (OKS COMIX)
(2009/05/25)
香月 りお

商品詳細を見る

リコLOVE

DMM半額対象。

ToLOVEるの性転換主人公リコのエロパロ。

リコLOVE

リコLOVE

DRAGON SISTER!

【セット】DRAGON SISTER! ~三國志 百花繚乱~(全巻) DMM版

どらごん

はい。チャットで誰かのお勧めがあったので購入したものです。

黄巾族のリーダー張角の呪術で運命が歪む!

引用

いや待て どうせならば 力を奪うついでに 女にしてしまうのはどうであろうか… 女にしてしまえば こわいもの無しじゃし わしは国を治めた時には ハーレム状態でウハウハじゃ!



えーっとですね。絵は素敵でお話も良いのですが、張角3兄弟は中年→童女のTSなのですが、そんなに萌え描写は無いし、関羽や張飛は生まれながらの女性であんまし葛藤無いし、でTSとしては☆1つぐらいです。ただ、関羽、張飛ともおっぱいが素敵でトウタク(女)とのレズ(エロ未遂)ありで、期待しすぎないで読むには良いかと。

20051027初出

女体化性接待は陵辱の味…

DMM半額。
女体化性接待は陵辱の味… DMM版
女体化性接待は陵辱の味… DLsitecom版

女体化性接待は陵辱の味…

少年メイド 5

買い置きを読了。
非常に良い男の子を描かれる作家さん。
可愛いですな。
特に女装モノでもないという気がしますが、『値段分の価値がある』と評価。

少年メイド 5 (B's-LOG COMICS)少年メイド 5 (B's-LOG COMICS)
(2011/12/29)
乙橘

商品詳細を見る

オレっコ男の娘学園生活~今日からお前は肉便器だ!~

DMM半額。
オレっコ男の娘学園生活~今日からお前は肉便器だ!~ DMM版
オレっコ男の娘学園生活~今日からお前は肉便器だ!~ DLsitecom版

オレっコ男の娘学園生活~今日からお前は肉便器だ!~

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2012-08