fc2ブログ

Latest Entries

退けよ退魔の体 第三話 by.サケフレ

ここで、今の僕の状態を確認する。焦ってはいけないから、こういうことは大切だと思っている。

まず、僕は父の仇である淫魔を倒した。そこで、淫魔は消えるときに僕と融合した。それで僕は半分人間、半分淫魔のサキュバスになってしまったと…

「うわぁぁぁぁぁぁ」

つまり僕は、あの嫌いな淫魔と融合してサキュバスになり、男を、誑かす存在になってしまったということかぁぁ。これで騒がない人間がいるだろうか?あ、サキュバスだった。
早く元に戻らないと……
僕も負の対象になってしまう。男なんかの精気を吸って生きていかなきゃいけないようになってしまう!

まず、今は服を着ないと。肌寒いし、何よりも裸はまずいと思う。まだ朝だから参拝しに来る人なんていないと思うけど、念の為だ。

今の格好は、おしりの少し上からしっぽがある小学生くらいの女の子(サキュバスだけど…)が胸のところ以外全部露出させているような状況。僕は高校に入らないで自分の家の手伝いに専念していた16歳だけど、ふつうの高校生ならこういう状況は絶対に襲ってくる。小学生の男子でも、僕が出したくもないサキュバスのフェロモンを嗅ぎつけ、襲ってくるはずだ。

そんなことしたら、あの淫魔と同じだ。もうなんでもいいから服を着よう。

それで、服を探すことにした。すると、簡単に見つけた。階段に、ちょうどいい大きさの服が何故か落ちていた。
他の衣類が落ちていなかった為渋々それを身につけようとした。
したのだが、まず腕につける服(僕が元々着ていたような服)と黒いハイソックスのかかとにヒールがついたようなものまではいい。問題なのがパンツだ。もちろん女物の。今は女なのだから女物を着けて当たり前だと思う。
しかし、元は男である僕がそんなことをするのは、あまりにも狂気の沙汰に思えてくる。
そんなとき、タイミング悪くおじいちゃんの声が聞こえ、それはどんどんと近づいてくる。電話しているようだが、おそらく外で話すのだろう。
もう声がすぐそこまで聞こえる。
僕は何の躊躇もなく女物のパンツを履いた。これがふつうなのかもしれないが、なんかきつくてフィット感がある。そして、分かってはいたが、男のものがないのを余計に感じさせられる。そこでギリギリておじいちゃんが登場した。
背が縮んだせいだろう、大きく見えている。

「でな、タナカさん。そこに淫魔が現れたのじゃ。それをウチの孫が退治しに行って、それを今から見に……また後でかけるからの」

いきなり、電話を切ったようだ。目の前に淫魔がいるともなれば。

「淫魔様ぁ、すいませんでした、どうかお助けを〜」
と、弱々しい声が聞こえる。

「ちがうよ、おじいちゃん。僕だよ。星七だよ」

「え、いや、そんなことあるわけないだろう。どう見たって淫魔じゃないかぁ」

「だから、ちがうんだって。淫魔の呪いにかかって僕も淫魔になっちゃったんだ」

「そうだったのか。それならいいけど。まぁ中に入りなさい。そんな格好じゃ寒いだろう?」

そう言っておじいちゃんはおどおどしながらも、今の姿の僕を受け入れてくれた。

しかし、今の僕がサキュバスという魔の存在であるせいか、神社という神聖な場所に入るとどうにも息苦しかった。その裏にある家に行っても同じだった。
さらに、元々自分が着ていた服に着替えようとして、触れるとそれが全部女物の服に変わってしまうのだ。例えば、僕の神主用の服が子どもサイズの巫女服になったり、トランクスが女物のパンツになったり、と最悪だった。よりにもよって、普段着は全部今着ている服と同じものになってしまった。
しかし、自分以外のものには変化なしで、気軽に他の物には触ることができた。

着替えようとした後、洗面所に行って今の自分がどうなっているかを確認しょうとした。服や体は確認できたが、顔だけは確認できないし、家のどこに手鏡があるかも分からないからがんばって洗面所まで来た。できるだけ時間は取りたくない。息苦しいのは好きじゃない。走って洗面所まで来て、すぐに鏡を覗きこんだ。すると、写っていたのは昨日までの自分だった。背の大きさは今のままだが…
今着ている服ではなく、破けたはずの昨日のものであった。
僕が口を動かすと昨日の自分も動かし、その写っているものは本当にみえているものであることを確認できた。
しかし、ぼんやりと今の自分の影も重なって見えている。ぼんやりしている自分の顔をよく見ると、頭からツノが生えている。
自分の頭を触れてみると、手で触れた感覚はあったが、触れられているという感覚はなかった。
ここには神経が通っていないようだ。
そこで、完全に忘れ去られていたしっぽの存在を思い出した。
しかし、息苦しいし別にここでやる必要もないと思い、外に出ることにした。
外でしっぽも確認したが、結局はツノと同じだった。

おじいちゃんはやさしかった。単に、どうとも思っていないだけかもしれないが。
近くにあった4LDKのアパートを僕の為に借りてくれたし、引っ越しの作業も引き受けてくれた。
アパートの家賃の払い方は、一括10万円で上がりも下がりもしないのだという。いくら電気やガスを使ったとしても変わらないという特殊な払い方である。
それと、生活必需品と生活費をもらった。
なぜそんなにお金があるのかと聞いたら、淫魔を倒したときの報酬額と僕が呪われたからその保険金だそうだ。世の中はよく出来てると思う。

<つづく>

DRAGON SLAVE~屈辱の女勇者~

DRAGON SLAVE~屈辱の女勇者~

なんか尋常じゃない勢いで売れているw

«  | HOME |  »

FANZAさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

FANZA専売品コーナー

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2012-11