fc2ブログ

Latest Entries

いつだって僕らは 2-14  by 猫野 丸太丸

14.
 はちみつレモンを飲んで落ちついたところで、僕らはふたたび話しあった。
「どうするんだよ、四人いっしょだとしても、変身するかなんてすぐには決められないぜ」
「俺もそうだと思う。だから一週間考えてきてくれ。来週の日曜日にカラオケボックスで会おう」
「分かったよ、日曜日にカラオケボックスだね!」
 つまりTS薬を使うか使わないか、一週間の猶予をもらったわけだった。和久はかばんから銀色の物体を取り出した。今度はなんなんだ。金属製の小さな箱が四つである。おしゃれな装飾をしているから、山下がさっそく手のひらに載せて眺めはじめた。
「きれいな小物入れだねー。銀製?」
「まさか。錫(すず)製だよ。お土産ついでにちょうどいいと思って買ってきた。TS薬の保存用だ」
 保存用? 説明するより先に和久は箱を開いて、カプセルをひとつ、中のくぼみに置いた。まるで指輪をしまうみたいに、丁寧に蓋を閉じる。
「この形で各自に配るから。蓋には鍵もある」
「なんでよ? 和久がまとめて持っていてくれてもいいのに」
「ここまで運ぶだけでも大変だったんだ! なくさないか気が気でなくってさ。薬は各自の責任で自分のぶんを保存してほしい」
 つまり自分のTS薬を自分で確保しておくということか。僕は小箱を受け取った。そっと開けてみる。たしかに緑灰色のカプセルが入っている。蓋を閉めて、もう一度開ける。やっぱり入っている。蓋を開け閉め、もう一度。
 和久はさらにフェルトペンまで取り出し、箱の裏に名前を書くように勧めてきた。
 どうして和久はこんな行動を取るのか? それはTS薬にまつわるもうひとつの物語のためである。
 TS薬は完璧で、極端で、願望が叶う薬だ。そのうえに、TS薬は事故を起こしやすいのだ※。
 定番は「友人が持っていた薬を風邪薬と間違えて飲む」、これである! 薬瓶の中身が入れ替わることもある。薬をしまったかばんごと他人のとすり替わることも多い。
 とにかくTS薬は、誰かが間違って飲んでしまうことが非常に多い薬なのだ。間違って飲んで、体が女になったことに気づいて、もんだり跳んだり戸惑いとあわてっぷりをしっかり見せつけて、女友達に助けてもらうことで女友達との距離の近さに感激したり、男友達に助けてもらうことで男を異性として見る気持ちよさに目覚めたり……、というのが、これまたお約束のコンボなのだ。
 どうしてそういう話が多いか。主人公がトラブルに巻きこまれたほうが面白いっていうこともあるけれど、僕が思いつくのはアイドルのデビューと同じ理由だ。
 アイドルのデビューがなんで? というのは、新人アイドルがスカウトされたときのエピソードで、
「芸能人志望の友人の付き添いでオーディションに行ったら、自分のほうが選ばれたんです」
「家族が勝手に応募したら受かっちゃったんです」
 というお約束があるからなのだ。芸能人になるためにがむしゃら努力してチャンスに食らいついたというエピソードは、アイドルにふさわしくない。そんな気はなかったけれど、やってみたら楽しかった。つらいこともあったけれど、みんなに支えられて一人前のアイドルとしての自覚ができました! という子のほうが、人々の共感を得られるのである。
 TSだってそうだ。意図的な入れ替わり・憑依を狙う男は痴漢や犯罪者扱いされることが多い。自分から女性化を求める人も、普通とはちょっと違う嗜好だなと思われてしまう。
「偶然女性化して、最初はいやでもとに戻る方法を探したけれど、みんなに支えられて女の子の生活にも慣れました。もとに戻れなかったけれど、それもいいかなと思っちゃう」
 という主人公のほうが市民権を得やすいわけだ。
 でもだったら、山下は主人公になれないのだろうか? あんなに女の子になりたがっている山下が、胸を張って女の子になる。それなのに人生の主人公になれないなんておかしい。僕は山下だって立派なTSだと思うのだ。
 まあ、来週までTSをどうするかは保留になったし、これ以上話すこともないけれど。

「おい、新井! さっきからぼうっとしすぎだぞ!」
 気がつくと和久が怒った表情で、僕に銀の箱を押しつけていた。篠塚や山下も驚いた顔で僕を見つめている。
 つまり僕は考えごとをしながら席を立っていて、早速TS薬を置き忘れそうになったわけか。不用意なミスをしてしまったかもしれない。
「……やっぱり薬は和久が持っていてくれない? それか、いちばん薬を必要にしている山下がふたつ持っておくとか」
「くどいぞ! 来週までちゃんと持っておけよ、四人いっしょに行動するんだろう?」
「う、うん」
 四人いっしょ。僕は箱を受け取って、何度もうなずいて見せた。


TS薬は事故を起こしやすい:漫画『ヒロインくん』、『アイドルプリテンダー』など多数。

<つづく>

俺は必ず女の子になる。

俺は必ず女の子になる。
いつか。
そのうち。
きっとな。

天才ではない君たちは「ひらめき」に頼るな、「論理」を手に進め。

常日頃、論理的に創作している身として不安に感じていた事を打ち消してくれる内容。
やっぱり論理で良いのですねん♪ビバ論理!

天才ではない君たちは「ひらめき」に頼るな、「論理」を手に進め。天才ではない君たちは「ひらめき」に頼るな、「論理」を手に進め。
(2012/11/21)
吉田 正樹、津田 久資 他

商品詳細を見る

食べようび 2013年 01月号

一人向けの自炊に注力した珍しいタイプのレシピ本。売れているらしい。

食べようび 2013年 01月号 [雑誌]食べようび 2013年 01月号 [雑誌]
(2012/11/20)
不明

商品詳細を見る

世界の合言葉は萌え

世界の合言葉は萌え (ワールドコミックススペシャル)

ぺたふぇち。で人気作品だった幾之辺君シリーズが早くも単行本になって帰って くる!
トンデモSFで女体化な幾之辺君が色々な理不尽な事に巻き込まれていくチョッ トHなドタバタコメディの傑作版!

«  | HOME |  »

FANZAさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

FANZA専売品コーナー

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2012-12