fc2ブログ

Latest Entries

クジラの人魚姫 7-8 by.黒い枕


彼の下半身の末端が、魚の尾ひれになるのに、そう時間は掛からなかった。
熱中症のように息を切らし、ぐったりと横たえていながらじっとしては居られずに――それを動かす。
『ぴちぴち』と尾ひれが跳ねた。
精神的なフラストレーションが一気に膨らんで、彼は甲高い悲鳴を上げてしまう。

「あひぃ、ぃ! んあっ、せ、セシリウスぅうう!」
「あっー、ちょっと進行が早いわね。ん……どうしようか?」
「お、おれに聞く――はっん! あんんっ、ひゃううう!」

肉体の変貌は止まらない。
彼が悩ましく身悶えるたびに変化は進んでいく。 
下半身の同化現象は加速し、もはや足と呼べるものではなくなった。
ほぼ完璧に魚の尾ひれと化していた。
そして、そこには一つ問題が”残されている”。 ――文字通りに。

「せ、セシリウス……んあっ、あんっ! 下着……まだ残って……あんっ…・・・」
「これは脱がしようがないし……困ったわね……んー」

最後の最後で置き去りにされた可愛らしいピンクの下着が、変化を妨げていた。
融合という名の変身が途中で切られ、中途半端な、と言うか、不気味な肉穴を作り出していたのだ。
その周辺の肉がぴくっぴくっ――と蠢いている。

「ひ、ひぃいい!」

ちょっとグロテスクな蠢きに、錯乱したクジラは泣き叫ぶ。

「ん~~仕方ないか……勿体無いけど……」
「ふぇ? ひゃああああ!? ――おまっ、ちょっ、お前! な、何を!?」

どういう訳かセシリウスは涙ぐんでいるクジラの片手を、その醜い肉の空洞に宛がった。

「ちょっ! せ、せせ、セシリウスぅぅうう!」

ぶにょぶにょする感触が指先を襲う。
クジラは大粒の涙をこぼし、甘えるような瞳で彼女に噛み付いた――が。

「情けない声ださない! 泣かない! しっかりしてよ! 今、はさみ持ってくるから……いいから押さえる! 男の子でしょ?」
「う、うううっ。……あうぅっ……わ、わかっ、……た」

本当は泣きたいが『男の子』を持ち出されては、クジラも勇気を振り絞らずにはいられない。
歯を食い縛り、片手から両手で股座のやや下を押さえた。
ぶに、ぶに、ぶにょりっ。
まるでゼリー状の油の塊に手を突っ込んだような感覚が脳裏に押し寄せる。 しかも、当り前かもしれないが、かなり生暖かい。 むしろ、熱いぐらいだった。

(ひぃ、ひいい!せ、セシリウス早く!早くしてくれぇ!)

幸い、避難した先が良かった。
時間らしい時間も浪費せず、セシリウスが包帯用のはさみを掲げて、カーテンから飛び出してくる。

「せ、セシリウスぅ! はやくしてくれぇええっ!」
「分かったから、動かない。そう……いい子ね……後はあたしに任せなさいっ」

じょき、じょぎ、じょ……キンっ!
セシリウスが掲げるはさみが、ショーツを切り裂く。

「よし……取り出せる!」
「んあっ、はあああっ! んふっ、あんっ……んんっ!」

音を――粘着質すぎる摩擦音――を立てながら下着が抜き取られた。 
ハラハラと切なげな表情で息継ぎするクジラと、そんな彼の股座に顔を突っ込んで熱烈な眼差しを向けるセシリウス。
傍から見たら破廉恥極まりない、冗談のような光景だが、生憎と二人は真剣そのものだった。

「これで大丈夫だと思うけど、体の熱はどう? 他に変化や異常は?」
「んっ……んん、よく分かん、ない、け……ど。 大丈夫……みたいだ……ほてり……し、身体の熱もだ、大分引いてき、た……気が、するっ……」

ぶすぶすっ、と音を立てて肉の空洞が埋まっていく。

(はぁぁ、んぁあっ……良かった――でも、人魚の体って、どうなっているんだろう?)

身体の変調が落ち着いてきたためだろうか、クジラはそんな風なことを考えて、下半身の変化を観察していた。
醜かった不完全だった魚の部分。
それが三分も立たないうちに、美しい光沢を放つ鱗に覆われる。
流石は魔法と言うべきか。
今では宝石を散りばめられたドレスのような気品と流麗さを備えていた。
ある主の完璧な美貌に、その魚の下半身に神々しい光沢まで感じてしまう。

「はああっ……やっぱり、慣れねぇよ……この感覚は……」

人間でも、はたまた魚でもない、けれども現実として存在している神秘の生命体。 
ぴちぴちっ、と本当に久しぶりの人外の感覚に、クジラは困惑を隠せない。

「……んっ! 本当に俺の動きに合わせて、動いているんだ……」
(あっ、胸が縮んでる……これだけはラッキーかも……)

下半身の変化に夢中で気付かなかったが、乳房のサイズが小さくなっていた。 
平均的にはまだ大きいが、それでもFカップぐらいには、その生意気な体積を減らしていたのだった。声に出さないものの控え目な胸元の揺らめきに、反射的に喜んだ。

「うーん? その調子だと本当に大丈夫そうなのかな? ――でも本当の本当に大丈夫?」
「ひぁ――っ? あ、……あっうん……大丈夫ですぅ」

先ほどよりは身を引いているが、未だに距離が近いセシリウス。
改めて人魚の感覚に戸惑えば、今度は近すぎる彼女の存在感にドキっ、と心臓が反応した。

「身体の熱もだいぶさ、下がったし……心臓もっ、苦しくない、です」
「そっか。それじゃあもう少し休んでようか……」
「――っ!は、はいっ」

そう言いながら、今度は別種の高揚感を脳は感じ取っていた。
とくん、とくん、と甘美な昂ぶりが柔肌を熱っぽい赤みに染めて行くのを彼は認められない。
否――けして、”認めないようにした”。

(やっ! 違う、ぞ! こ、これはこ、恋心とか、興奮とかじゃなくてダナ……まだ体調がおかしいだけであって!!)

まだ火照りが残留しているのだと、気の迷いだと己に言い聞かせた。
これ以上、セシリウスを意識しないように体ごと顔を背けた。
しかし、その一方で――。

「あ、あの、その……っ」

本当に心配してくれている。
その顔、その態度にクジラは申し訳ない気持ちで一杯だった。
高鳴る心臓のせいか。
久しぶりの人魚の身体だからなのか。
白方クジラはちょっぴりだけ、素直になることを自分に許した。 彼の表情が自然とはにかむ。

「あ、ありがとう……セシリウス」

【完成】白方玖史羅(挿絵08)
挿絵:倉塚りこ

ぴちぴち、ぴちっ―― 。
顔を合わせずとも尾ひれと耳ひれを無意識に使用し、クジラは感謝の気持ちを示すのだった。 


Orgy of the Dead

Orgy of the Dead

Orgy of the Dead

美少女たちの少年嬲り

美少女たちの少年嬲り

強制女装があるので参考までに紹介。

美少女たちの少年嬲り

見滝原☆アンチマテリアルズ (1)

共闘のため、同居することになったマミとほむらは 家事を分担しつつ、中身が入れ替わったり、二人で炬燵で年越しをしたりしつつ…
目が離せないほむらとマミの共同生活の行方は――?"

BODY SWAP 展開ですかね。

見滝原☆アンチマテリアルズ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)見滝原☆アンチマテリアルズ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2013/10/12)
原案:Magica Quartet、漫画:みゃま 他

商品詳細を見る

女子拘束

2012Q4おかし製作所DMM販売数71位

女子拘束 DMM版
女子拘束 Dlsitecom版

女子高速

10/28のツイートまとめ

amulai

RT @tatsuruwords: やることは決まっている、うまくやっても別に誉められないし、決まった通りのことをしなかったら怒られる、そういうのがレイバーです。それはビジネスではありません。
10-28 18:58

RT @refeia: こういう話が広まって志望者減ってくれるとボクが助かる - イラストレーターが「買い叩かれる」実態 無報酬でも「選り好みできない」 | ニコニコニュース http://t.co/N37FTNhAO6
10-28 07:56

クジラの人魚姫 7-7 by.黒い枕


ぴちゃっ……びちゃっ、びちゃりっっ。
滝水のように――比喩でも誇張ではなく――たっぷりと掻いた汗が深い青色の髪から滴り落ちる。

「んっ……んんっ、んはぁっ……はぁっ……くる、しぃよ……あふぅ……はぁっ、はぁ」

お風呂上りのように濡れた――にしては、独特の女の甘い香りを醸す――肉体を気色悪いと感じるのは、何も大量に滲み出た汗のせいだけではない。
刻々と変化する肉体の感覚。 最悪な体調に、クジラの精神は疲弊し切っていた。 
胸がたぷん、と揺れるたびに幼い少女の泣き声が漏れ出す。 大粒の涙も頬を伝っていた。

「はぁっ、はふっ……ん……」

姫様抱っこで連行されたのは保健室。
他の学校と比べたことはないが、中々掃除が行き届いている清潔な小部屋だった。

「あふぅ、んんっ! ああっ……」

清潔な真っ白い世界で色気たっぷりに巨乳を弾ませ、太ももを折り曲げる――着崩れも起している――姿は浅ましいと言えるほど女、いや、痴女だった。
周りが清楚な閉鎖空間なだけにクジラのイヤらしさ、恥かしさが際立っている。

(オレ……女の子で、セシリウスの体で――しかも学校で、こ、こんなエッチな声もらしてる! こ、興奮してるっ!)
「あふぅ! あ、あんっ! んんっ……み、みるなっ……見ない、で……あひぃ!」

存在感有り余る乳房を扇情的に揺らしながら、クジラは己が卑猥さに恥じ入る。

「よし、よーし。 大丈夫だから……落ち着いて」
「んあっ、あっ……はぁ、はぁ……っ」

保健室に設置されていた中で一番奥にあるベッドに、彼の火照った身体は横たえられた。
風によって舞うカーテン。 
ふんわりと頭を支えてくれる枕。
ギシっ、と軋む感触が硬いのは、まぁ安物のパイプベッドなので仕方ないと言えたが、それでも幾分かは呼気が楽になる。

「はぁ……はあ……はぁっ……ん、くくっ!」

びちゃ、じゅうぅっ――とシーツに熱を帯びた汗が染み込む。
人様にはとても見せられない。
濡れた身体に、乱れた衣服。
汗で濡れた半透明のセーラー服が、さらに卑猥でけしからぬ景観を露わにした。
透けたピンクのブラジャーがたぷるんんっ、と押し上げられ、その頂点でふたつの肉芽が起立する。

「あっ……あんっ、ああんっ!」

ふたつの頂点の突起が土台ごと小刻みに震える。
とくん、とくん、と熱い脈が全身を巡り、淫靡な香りが立ち込める。

「イヤ……だっっ! こ、こんなの……あっ、あんまりぃ……だ……っ」
「大丈夫? もう直ぐ本格的に始まるから、息整えたほうがいいわよ?」
「お、おれはおとこ、男のはず……なのに、なのぃ! あっ、あんっ! んんっっ……!」

仕切りのカーテンが、それらを――破廉恥な女体を隠す。
ここまで動けないクジラを運んでくれたセシリウスの手によって。

(そ、そんなことする前にぃ……)
「念には念を入れないと。一応、ほんとんどの人に催眠術は掛けたけれど……それ以外の人が来ないとも限らないし」
「……っんん」

苛立ちから睨むものの、セシリウスは正しいし、クジラもこのような姿など誰の記憶にも――勿論、セシリウスにも――覚えられたくはなかった。
『男』として。

「だったら、早く、してぇ」

男としての矜持を僅かばかり胸に忍ばせながら、それとは相反して女々しく、甘えた声を発した。 
真紅の唇が、妖しく照り光る。

「うん、分かっている。 それじゃあ……脱がすね」
「あ……う、んっ……」

彼女はそれを従者のように、丁寧且つ優しげに応えた。
手がゆっくりとクジラの体に触れる。

「あふっんっ……んんっ、きゃ、んんっ……も、もっと力弱めてっ」

感謝すればいいのか、悲しめばいいのか。
それとも意地を捨てて、八つ当たりをすればいいのか――。
様々な感情に襲われ、クジラは自ら考えることを放棄していた。 いや、思考が低下し、だからこそ伝わる感触に敏感に成って、甘い声を無防備に漏らす。

「あっ、あくうう! んんああ――っ!?」

唐突に彼の美しいふたつの足先がぐんっ、とお互いに引き寄せられた。
そして――融合。
瞬く暇もなく肉同士が、溶け合っていく。
目の前で展開される変化に、失敗を臭わせる口調でセシリウスが呟く。

「あっちゃぁ……遅かったか」

――靴やストッキングはどうにか回収できていた。
だが、しかし、下着ことピンクのショーツだけが溶け合う二つの太ももの間に残されていたのだ。
これではもう”脱ぐ”のは不可能である。

「あっ、あうう! あぐぅっ……」

苦しみに悶え、たぷんっ、たぷんっ、と胸が弾む。
その間にも足先は変化を続ける。
今や、その先は肉の翼といえるべき――Y字とも言える――形状に固まった。
左右に伸びた先に、さらに繋がり合う形で薄い膜が生えてくる。

「んんっ、あはぅっ、ううう――っ!」

そこから、びっしりと順番ずつに浮かび上がるのは、綺麗な光沢を宿す鱗。
青い鱗だ。
宝石のような魚の鱗が、ビーズアートのように醜く変貌した肉の塊を美しく、装飾する。

「んくっ、ああっ……ひれ、ヒレがぁ……」

<つづく>

«  | HOME |  »

FANZAさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

FANZA専売品コーナー

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2013-10