FC2ブログ

Latest Entries

ヤンデレお嬢様と女体化の秘薬

性転戦姫 セイント★ヴァージンのお供のショート漫画です。現在、ネーム段階っす。よろしく~。01.png


他の作品もよろしくお願いします♪ただいまDMM20%引きキャンペーン中!!
性転魔王 替え玉作戦っ!! DMM版 DLsitecom版
性転合神 ネトラレーナ DMM版DLsitecom版
女体化ケース003 DMM版 DLsitecom版
性転変異 ヴァン・ぱい・ヤ DMM版 DLsitecom版
女同士なんてイケないと思います。 DMM版 DLsitecom版
神魔大戦ラグナゲドン DMM版 DLsitecom版

Fullmoon (K) night(男の娘・同人漫画)

2013Q1おかし製作所DMM販売数82位
Fullmoon (K) night

Fullmoon (K) night

Transjender TRAIN(女装漫画?)

2013Q1おかし製作所DMM販売数82位
2012Q1おかし製作所DMM販売数26位

Transjender TRAIN

Transjender TRAIN

メガミクライシスVol.10

2013Q1おかし製作所DMM販売数82位
メガミクライシス Vol.10 DMM版
メガミクライシスVol.10 DLsitecom版

『マヴカレ魔法少女! ♂Change of Heart♀』chaccu 原作:コトキケイ
『ある日、俺らの番長が萌えキャラになってしまったら』ぱふぇ ←未確認ですが…←確認した。良かった。


女体化戦士ちゃん、がんばる!(女体化・同人動画)

2013Q1おかし製作所DMM販売数82位
女体化戦士ちゃん、がんばる! DMM版
女体化戦士ちゃん、がんばる! DLsitecom版

魔法少女、堕としました。 凌辱編 & 悪堕ち編(ヒロインピンチ・テキスト付CG)

魔法少女、堕としました。悪堕ち編 DMM版
魔法少女、堕としました。悪堕ち編 DLsitecom版

魔法少女、堕としました。悪堕ち編


魔法少女、堕としました。 -凌辱編- DMM版

魔法少女、堕としました。 -凌辱編-

12/14のツイートまとめ

amulai

RT @TYN2683: 店の駐車場に捨ててあった空き缶を拾おうと思って近づいてたら、横から来たガキが遠くに蹴っ飛ばした。めんどくせぇなと思いながらさらにテクテク歩いて拾って振り返ったらガキがドヤ顔してたので目を合わせたまま片手で空き缶握りつぶしたら失禁の上泣かれて親からクレー…
12-14 23:51

RT @psycocko: 【エロ注意】冬コミで頒布するA3ポスターです。同じ絵でしおりも作ります。男の娘→女体化~ http://t.co/ghd0aIhinq
12-14 23:10

「えー。じゃあ、まず。君が数ある性別の中で女の子になりたいって思った志望動機を説明してくれるかな?」「あ、はい。今までずっと男性だったんですけどぉ。何か違うっていうか違和感があって。それでなんとなく女の子ならできるんじゃないかなって。それに今までの経験も生かせると思うし」
12-14 21:13

@amulai 静電気、カルメ焼き良いですね。後はブーメランを足して提案してみますー
12-14 14:22

お前らの中に一人だけ女の子がいる!
12-14 13:29

女の子になれるか、どうか。後はリーフィちゃんのヤる気次第ですね。
12-14 13:02

女の子になれるか、どうか。後は本人のやる気次第ですね。
12-14 12:20

シャボン玉に魂を封じ込めて飛ばしたいなぁ
12-14 09:45

ああ、いやいや子供の自由実験のテーマを探すんだった。何か安全で面白い理科系の実験はないかいな。
12-14 09:43

スライムになった俺が理想の女体を手に入れるまで!
12-14 09:42

全文を表示 »

魔法少年(女装・漫画)

魔法少年 DMM版
魔法少年 (ぷるるん☆MAX) キンドル版

魔法少年

クジラの人魚姫 8-8 by.黒い枕



「――――っ! んぐううぅっ! んなああっ! なんっ、なああっ!!」

にゅぐんっ、じゅる、ぶじゅるるんんっっ――にぃ、ぐぐぐんっ!!
人魚の身体は、熱に相当弱い。
肉洞が押し広げられる苦しさよりも『熱い』という感覚が脳裏を突き崩す。

(ああああっ――!!あひぃっ、あああぁああ――!やめてぇええええ――!!)

キュムッ――と窄まる内部の蠢きに、みっちりと沙希の男性器で埋め尽くされた膣襞から切ない疼きが巻き起こる。

「んぐっ!んばぁっ!あぶぶっ!ぶばぁああ!ぶごおおぉっ――!」

 熱い、熱い、熱い、と咽び泣き、のたうち回る。

(やだぁああ!あついっ!あついっ!い、痛いし、苦しいし……やめてよぉ、さきぃぃ!)

たぷるん、ぴちちちっ、たぷーん、ぐにょっ!
ぴちぴちぴち、ぴちちぃぃっ!

「――んんっ! んぐうううっ!」
「んあああっ! クジラぁああ!」

一回り以上小さいサイズの制服と体を縛る縄の窮屈さも吹き飛ばし、もはや沙希の悩ましい熱しか感じられない。
女性器の襞のひとつ一つに彼女の肉棒の脈動熱が染み渡り、かくんかくんと腰が上下に動いた。

「あぶっ!?んぶぅ――!んっんんんぅっっ!?」
(だめだめ、だめだぁああ!ああっ……こし、こしが勝手にぃ……ふぁああっっ!?) 

ごつごつした異物感が襞壁を容赦なく拡張し、息が詰まるほどの快楽が怒涛の勢いで湧き上がる。
どんなに心では嫌悪しても、悩ましい灼熱の衝撃は甘美な快感へと変貌していく。
脳裏が痺れ、女々しい女の喘ぎが溢れ出た。――ぷしゅ、ぶしゃっっ!

「んあっ!んぶっっ!」

粘りつく愛液が勢いよく噴出し、クジラは間抜けな悲鳴を上げつつも腰を迫り上げてしまう。

「んあっ、んんっ――!んびぃぃいい!」

酷く醜い――鼻水と涙でぐしょぐしょの――顔を晒されおっぱいがたぷにゅんっ、たぷにゅんっ、と波打つ。

「あぶっ、ひぶぅううう――っ!」

不意に沙希の小柄な胸元と、彼の巨大おっぱいがぶつかり合ってしまう。
途端、脳裏が弾け飛ぶような喜悦が沸き立つ。

(あひっだめぇ!なのにぃ……沙希のちいさなおっぱいと、俺のでかっ、でかおっぱいが当たって……イイっ!何にも考えられないくらい気持ちぃぃい!ひんっ!あんっんんっ――!)

衝突の勢いで乳首が拉げた――それだけなのに、有り得ないほど大きな快感が発信され、猿轡の隙間から唾液が噴き出ていく。

「んひぃ――っ!んぶああっ!なん、なぁあっっ!」

ぷしゅっ、ぶしゅっ、ぷしゅっ!
魚の鱗の狭間で彼女の勃起ペニスを銜え込まされている肉の洞穴から、濃厚な雌臭を撒き散らすぬとぬとの汁が溢れ返った。

(沙希……あんっ!も、もっとぉ……そ、そこをい、いじってえ!し、子宮が切なく、ジンジン疼いてぇ……俺がおかしくなる!お、お願いだぁ!も、もっと――強く、はげしくぅ!!)

子宮が浅ましいほどキュム、キュムと震えて快感を与えてくれることを望んでいる。
餓えているかのような執念で異性を、男を――『雄』を欲している。
それこそ、クジラの恥ずかしさと悔しさを飲み込むほどに、強く渇望していたのだ。
が、しかし――。

「あは、はっ、あはは!なにこれっ!なにこれっ!く、クジラの……セラスちゃんの中やわらかくて、あたたかくて……やばいくらい……気持ちいいよぉー!」
「んんっ、んぐううぅ!」

男の証である肉棒を手に入れたとはいえ、今まで女の子として生きてきた沙希では、クジラの身体の隅々まで弄る余力はなかった。
痛いくらい興奮している男性器の恍惚感に付き従い、粘膜を翻すので精一杯。
とてもじゃないが自分だけが気持ちよくなるだけで限界なのだ。

(沙希のつ、つよいけど……い、いたい!ああっ、そこ……もっと上にィ!んひゃああ――っ!?)

こつん、こつん!

(あ、あひぃああ!?だめぇ!沙希!沙希!やめて――そこ、そこはぅうあああっ、ふぅあああっっ!?)
「ふぁあああ!ここがいい!ここがいい!ここ最高だよぉ――っ」
「んぶおっ!?んびぃっっ――!なあっ、なああっ、なんなぁ――っ!?」

自らの欲望を優先した沙希に困惑を隠せず切ない疼きに悶えていた――次の瞬間。
『こつん』と子宮が叩き上げられた。
女として――人魚の女として日が浅いとはいえ――ある程度の性的知識は持っている。
精神はまだ男である少年は、顔を盛大に引き攣らせ戦慄いた。

「あふぅぅっ!んっ、くぅっ!んんっ……!」

がくがく、と震えながら声にならない悲鳴を上げる。

(だめっ――!それは子宮……しきゅう、だ、だめだめぇ!)

女の証であり、新たな生命が生まれる聖域。
壺型性器を肉棒の先端でにぐん、にぐん、とノックされている。
危機感が半端なく膨れ上がり、恐怖が理性を苛む。

(あひぃんんっ!だめし、子宮だめぇ!あ、ああんっ!さきぃ、沙希……子宮だけはやめてっっ!)

下腹の奥を、すっかりトロトロにされてしまった女性器が小刻みに伸縮する。
押し広げる力を少しも緩めない肉塊の差し込みに、喜び震えて。

(あふぅん!ああっ、だめぇ、これ以上……されると、気が狂う、うっ!)

子宮を嬲られる切なさと無力感を感じつつ、意識を押し上げるような快感が脳裏で弾けた。
たるるん、たるんん!
発情おっぱいが布地を切り裂きかねないほど拉げ回る。

(あうっんん!あたま、くらくらする……けどいいぃ!イイっ――!ひぃあああダメダメェ!意識までお、女の子に、なるううぅ!)

高鳴る心音は嘘ではないし、火照る身体の疼きは誤魔化せない。
子宮を犯されても、なお貪欲に快感を求める女体が許せない――が、そんな気持ちすらも嘲笑うのか。
じっとりと汗まみれになった乳房が歪むたびに、息を詰まらせるほどの快楽が体を巡る。

「あっ、ああ!い、いくう!いくううぅ!わたしいくよっ!」
「――んっ、んんっ!んごおおっっ――!?」

沙希の宣言と、肉洞穴を抉る勃起ペニスの直径がぐぐぐっ、と膨らむ。
破裂寸前な雄の昂ぶりにぴちちぃ、ぴちぴちぴちちぃぃいいっっ――、と跳ね回って抗議した。
しかし、始まりから終わりまで野獣だった彼女は自身の欲望を抑えきれない。

「あぐぅ――!はあああ!で、でちゃううううぅぅ――ッッ!?」

どびゅるるる――っ!どびゅるんんんっ――っ!!

「んぐっ!んぐうぅぅ――っ!?んばあああぁあああ!?」

まだ絶頂に届くには一歩足りなかったクジラは、その暴力的な射精を受け止めるしかなかった。
捲れ返った女陰からぶじょっ、ぶしゃああ、どぶじゅんっ、と沙希の孕み汁が吹きこぼれる。

(そ、そんな……沙希の、沙希のものにされ、ちゃった……オレ沙希のも、ものにされちゃった)

処女を大切にしたいという概念は、彼にはない。
だが、しかし、好きな人に『女』として抱かれてしまった事実は、男のプライドを崩すにはあまりある行為だと言えた。
ぽろぽろ、と涙が勝手に溢れ出す。
どんなに嫌がろう、と幼馴染に犯された証明が、白濁となって股間からこぼれ続ける。

白方玖史羅(挿絵11)
挿絵:倉塚りこ

「――んっ、んん!」

ぷじゅしゅううぅっ!ぷしゅ、ぶじゅっ!ぷしゃわあぁああ!
一回の噴出でキツキツの肉洞穴を満たし切った精液を塗りつぶすかのように、愛液が分泌される。
子宮が切なげに揺れ動き、熱い疼きが続いていく。否、ますます苛烈に意識を痺れさせた。
情けなさに涙が溢れて止まらない。が……。

(あふぅっ……んあっ、沙希……とっ、とまちゃっ、いや、だぁあ)

感電してしまったかのような快感が脳裏を擽るだけで終わり、それ以上の昂ぶりを味わう前に彼女の挿入がピタリと止まった。
快感の頂きを目指したい女体の本能に羞恥心は抑えられ、焦燥感だけが募ってくる。
心臓が洒落にならないくらい忙しくときめくほどに。
とくん、とくん、と――くんっ。

「んんっ――んあっ、ぶごっ!」
(沙希ィ……もっと突っ込んでぇ!おなかぁ、おなかが熱いのぉオオ!こ、んなの……たえられないっ……んっあん!ひゃんっ……!)

抑えきれない背徳と被虐の快感に、淫蕩に赤らんだ顔でちらりとクジラは沙希へと視線を送る。

「……最高ぅ……っ」
「……っ!んん、んっ――!」

直後、胸元へダイブする沙希。
力を無くした身体が、だらしなく寄りかかる。

(あひっ、ひぃんっ!沙希ぃまって!まだオレ――っ)

たぷにゅん、と巨大な乳房がクッションになって、その全体重を支えた。
ぶじゅっ、ぼじょおおっっ!

「――っんぶ!?んばぁっっ!」

ぴちちちぃ、ぴちぴちぴちぃぃ――!
しな垂れた沙希は気を失っているようで、あれ程暴虐的にクジラを支配していた肉棒が軽快な吹き出し音と共に抜け落ちた。
性行為の証である生暖かい白濁が飛沫となって、蒼く煌めき鱗の隙間に染み渡る。

<つづく>

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2013-12