FC2ブログ

Latest Entries

クジラの人魚姫 8-9 by.黒い枕



(あ、あああっ――お前!そ、そんなぁ……う、うあっ!)

お腹を圧迫する感触がなくなり、子宮がキュムと切なく窄まった。
情け容赦ない飢餓感が理性を支配する。
喉が渇き、血脈が早まり、意識がぼぉー、と遠退いた。

「んっ、んんっ――!」

欲しい、欲しい――あの逞しい沙希の一物が、どうしても欲しい。
圧倒的な女の快感が、彼の正気を奪い尽していく。

(あ、あひっ……はぐぅっ……し、子宮がせつなくてぇ狂う、狂うぅっ!?)

たぷにゅん、ぷるんっ、ぷにゅるんんっっ! 
ぴちぴちぴち、ぴちちぃぃいい!
もはや本能だ。
昂ぶりを抑えきれない。
たぷにゅるん、と窮屈に縛られた乳房を揺らし、人魚のラブコール――尾ひれと耳ひれの羽ばたき音――で異性を、『雄』を誘ってみる。

(あんっ!お、願い沙希お願いだよ、さっきの続きしてぇ、してくれよぉっ――!)

しかし、胸元で瞼を閉ざしている沙希は完全に意識を失っていた。

(じゃ、じゃああ!せ、せし……セシリウス!!)

ぴちち、ぴちぴち、ぴちぴちいぃいいいい――!!
ばるるん、ぶにゅるん、たぷるーんんっ、ぷにゅんっっ!!
より一層大量の汗を滲まる火照った女体の欲求に従い、少し離れた場所で微笑んでいた『人間の少年』を見上げる。
悩ましい上目使いの懇願に、沙希との情事の一部始終を観察していた『白方クジラ』が、ようやく動き出した。

「うふふ、沙希ちゃん寝ちゃったのね可愛い子。でもよかった、満足してくれたみたいで」
「んぅ――なんっ、あんっ!んんっ……むぅ――っ!んっ、むぅっ……むうっ!!」

涼しい顔をしていながらズボンの布地を持ち上げている有様を目撃し、思わず生唾を飲み込んでしまう。
ぷしゅ、ぶしゅっ、ぶぬじょおおっっ――!

(ああっ!いけないのは分かっているけど、ああっ――!でも、でもぉ!せ、セシリウスがぁあほ、欲しいぃぃっ!)

心と体を苛む飢餓感のせいか。
先ほどよりも簡単に股間から愛液が漏れてしまう。いや、噴き出してしまう。
かつては自分のモノだった肉棒の興奮と充血をいやらしく妄想して、興奮を抑えきれなかったのだ。
余計に肌が汗を滲ませ、ぬっとりとした肌質で『男』を待ち受ける。

(んぁはああ!がまんできないのおお!がまんしたくないのおお!せ、セシリウスきてぇ!来て来てっっ――!んはっ。はんっ、んんっ!乳首も、アソコもジンジン疼いて、あはっ!あへっへ!)

セシリウスの充血し切っているだろう男性器を待ち――望む。

「――ご苦労様。うふふっ……とても可愛らしかったわよ?」
「……んっ……せ、せし……セシリウスゥ!」

意識のない沙希を横のベッドに移してから、彼の口を塞いでいた猿轡を外し微笑むセシリウス。
正直、一言以上の文句をたっぷりと言いたかったが、つぅんと鼻を付く彼女の――元自分の――体臭を嗅いでしまうと、やはり興奮が抑えきれない。
胸元の球体が揺れるたびに気分は恋する乙女のように昂ぶった。ぷにゅるん――っ。

「あっ……あひっ……」

乳房の頂点でふたつの肉芽が切なく揺さぶられた。
落ち着かない疼痛が脳裏に湧き上がり、腰が自然にくねくねと蠢いた。

(やっぱぁだめぇ……もっと欲しい……もっ、とおっ……)

ぷしゅ、ぶしゅっ、ぶじゅっじゅううっ!
股間の割れ目から沙希の精液すらも押し流すほどの愛蜜を恥ずかしげもなくお漏らししながら、彼は震える唇を動かす。

「せ、セシリウス……あ、あの……その……んっあん!あひっ……!」
「うふふ、何かな」
「あ、あの、その……あのっ」

股間を山のように膨らませながら、それでもセシリウスは余裕を崩さない。
微笑を浮かべたまま、身体を締め付けていた縄を取り除き、不自由な人魚を解放していく。

「だから……そ、そのおねがい……がっ、あるんだっ……あっ――?」

じんじん、と腕や尾ひれは痛むが、あの丈夫な荒縄は残るところ乳房だけになる。
しかし、今やその胸の窮屈感がまた癖になる快感を脳裏に伝えていたので、思わず胸元に近づいた彼女の手を掴んでしまう。

「まって……まだぁ……その……そ、の、だから」
「うふふ、あらあら?どうして邪魔をするのかな?あれほど嫌がっていたのに」
「そ、それは……その……とにかく……まって、くれぇ……んっ!あふぁあっ!」

自らの行動の淫らな理由に、頬が赤みを増した。
しかも、その最中にたぷるんと巨乳が弾む快楽に心奪われて、甘えたような喘ぎが溢れ出た。

(あふっ……ああ、この逞しい腕に抱かれたら――あ、ああだめだ!もぅ、女の子の気持ちでしか考え、られないっ!)

掴んだ手首の太さと強靭さに心が浮ついてしまう。
逞しい腕の感触に現を抜かすほど思考が女に――というか、『雌』に近づいている。
否、『雌』そのものだった。

「――っ!あ!あのっ……あのぉ……あのっ!」

紅潮した恥じらいの表情が期待するような上目づかいで、セシリウスを見つめる。
途端、始終変わらない微笑がにやりと意地悪く歪んだ。

「うふふ――ああ、すごく柔らかいし、臭いもいいわぁ」
「きゃぅっ!?んっ――!?ひゃああ!?あ、あぅっ……」
「うふふっ」

ベッドに腰を据えるとほぼ同時にセシリウスは、弛緩する人魚の体を軽々と持ち上げる。

「んあっっ……あんっ」

たぷるん、と火照って汗ばんだ肉房が窮屈に縄で締め上げながらも波打ち、快感を脳裏へと走らせた。
身体の隅々までもがセシリウスという『雄』の存在に喜び、興奮が止まらない。
ぴちっ、ぴちぃちちちぃぃいい!

<つづく>

憧れていた姉が男の娘でした~女装姉弟の生活事情~(男の娘・同人ADVゲーム)

憧れていた姉が男の娘でした~女装姉弟の生活事情~ DMM版
憧れていた姉が男の娘でした~女装姉弟の生活事情~ DLsitecom版

憧れていた姉が男の娘でした~女装姉弟の生活事情~

トラブる魔法少女ミサキ &トラブる魔法少女ミサキ2 月の王女と金色の邪精王

2013Q1おかし製作所DMM販売数82位

トラブる魔法少女ミサキ2 月の王女と金色の邪精王 DMM版
トラブる魔法少女ミサキ2 月の王女と金色の邪精王 DLSITECOM版

トラブる魔法少女ミサキ2 月の王女と金色の邪精王


2011Q2おかし製作所DMM販売数15位

トラブる魔法少女ミサキ DMM版
トラブる魔法少女ミサキ DLsite.com版

トラブる魔法少女ミサキ

12/15のツイートまとめ

amulai

@_shinoka !?そうか!ここには、リーフィちゃんもいるから……48本までは耐えられるな!!
12-15 22:06

@burakiosu @mikaduki_neko @mizyukurify まさか、この邪龍を倒しさえすれば女の子になれると言うのは…ひょっとして……デマ?
12-15 21:37

@mizyukurify 早くするんだ!このままでは地球が滅ぶっ!!
12-15 20:44

RT @YumekaAlice: 去勢しても去勢しても生え変わる肉棒ほど怖いものはない
12-15 20:42

@mizyukurify リーフィちゃん!助かった!キミはこのハサミを使ってくれ!!
12-15 20:35

RT @_j6k1: 切り口に火をつけるんだ!!
12-15 20:15

大変なんだ!俺のおちんちんが……切り落としても切り落としても生えてくるんだ!!
12-15 20:13

RT @uruururuu: どんなに修正されて見えなくなろうとも、僕たちははちんこに一切手を抜かない。 だから君も想像して欲しい、その黒塗りの向こう側にあるボコボコの血管を。 君の想像力の助けになるよう、僕たちは全力を尽くそう。(泣きながら塗りつぶしつつ)
12-15 18:57

RT @yama_nko: フォロワー4桁のアニメアイコンの人は女の子とオフすらできないのに、フォロワー100人ぐらいの実写アイコンがどんどんパコりまくってるの見ると、向こうのフォロワーは友達の人数で、こっちのフォロワーは動物園の猿を笑いにきた人数なんだなって実感する
12-15 18:54

@dokkoisyo_kaeru でぃゆさんの経歴にハガキ職人が有ったのか!道理でクリエイティビティが高いと思った。
12-15 18:28

全文を表示 »

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2013-12