FC2ブログ

Latest Entries

ドリームゲームス(またイッちゃうに収録。女体化商業漫画)

またイッちゃう DMM版

Fさんが妹いんすとーるの着想を得るきっかけの一つとなったとか言ったのを切っ掛けに特攻。ちなみにプラウザ視聴の方。
80年代か90年代っぽい絵柄にノスタルジーを覚えつつ、導入、展開、オチを上手に展開して楽しいネタ型エロ漫画に仕上がったかなと。女体化オチなので『昔はこのぐらいでも抜けてたよなー』とか思いつつも、あんまりボリュームもなく実用はやや厳しめです。
評価は『若干割高』(プラウザ視聴時)と言ったところで。
作品は巻末です。

またいっちゃう



クジラの人魚姫 10-11 by.黒い枕



「ひぁあ!わたし!イク!イクの――止めらんない!んほぉお!」
理性を天高く突き上げられる感覚に駆られ、両手で巨乳を揉み上げた。
柔らかい弾力が指を包み込んでいくと、胸から甘く切ない快感が迸る。
じっとりと額に汗を滲ませて、狂ったように彼女は嬌声を漏らし続けた。
「ひぁ!んはぁあ!いくぅ!イクウウ!」
「くぅうう!俺も――出すぅ!」
「あああッッ!」
より一層膨らんだ男性器が、セラスの内部を押し広げた。
この感触には覚えがある。
そうこれは――射精の兆し。
(ふぁああ!?クジラがぁ……わたしのナカでぇええ!ナカでェ――!!)
キュム、キュム。
彼女の心に反応して子宮が激しく窄む。膣全体も激しく、痙攣する。
そして――。
「う、うぉおおおお!」
強くなった膣壁との一体感に、クジラは堪らず叫び声を上げた。
その直後だ。
灼熱の怒流が、セラスの下腹を突き上げる。
どぴゅるぅううう――!!どびゅばぁああ!どびゅわあぁああ!」
「ひぃいい!きゃぁああああ――んっ、あああッ!んぐぅっっ……っ!!」
ぷしゅううう!しゅわ、ぶしゃわぁああ!!
背中を仰け反らせ、白目を剥いたセラスの股間の割れ目から大量の体液が噴出した。
(イクゥ!イクゥウ!――んはぁああ!)
視界を瞬かせ、完全に理性を消失してしまうセラス。
一方で彼女と同じく理性を失った瞳で気持ち良さそうにクジラは視線を彷徨わせていた。
彼らが結合し有った場所で雄の孕み汁と雌の粘つく体液が絡み合い、その白濁がクジラと下のベッドに落ちていく。
「んはぁ。はぁあっ、はぁあっ」
「とっても……可愛かったよ、セラス」
胸板の上に倒れ込んだ彼女を優しく支えるクジラは、耳元でそう言った。
「…………うっ、うう!馬鹿!」
セラスは気恥ずかしそうに頬を染め上げると、涙を滲ませた瞳で彼を睨み返した。

……後ろからにんまり、と微笑む幼馴染に気づくことなく。

「じゃあ!今度は私も――ワタシもセラスちゃんに入れて!嵌めて!どびゅどびゅだすうぅううう!!」

そして――軽快な叫び声と共にその少女、朝倉沙希の未成熟な身体がセラスと、沙希に襲い掛かる。



「はぁ……はぅうう!」
生々しい臭気にクラクラと意識を逆上せつつ、胸元の巨房への刺激に耐え兼ねて、悩ましい悲鳴をセラスは、漏らしてしまう。
(ううぅ!もうムリぃ!ムリぃだってばぁぁ――ッ!)
身体を途方もない快感に満たされていると同時に、途方もない徒労感に目が回りそうでもあった。
ちらり、とセラスは正面に見える人物――ではなく、横に倒れている人物を見た。
朝倉沙希。
幼馴染であり、つい数時間前に恋人になった女の子。
女性の筈の彼女の股間には、本来なら有りえない男性器が生えていた。
すぅ、すぅ、と呑気な寝息が消えてくる。
「ね……ねえ。もう終わりに……んっああ!」
甘えるように上目づかいで頼んでみるも、返答は胸元から突き出た肉棒だった。
もっちりとした弾力ある彼女の乳房に挟まれて、もう既に何回も射精した筈の男根が元気いっぱいに、鼻先まで迫ってくる。
――ここまで元気だと、不気味なものがあった。
「――そんな連れないことこと言わないで!ほら!やるぅ!」
「ひゃぁ!ンっ、ああ――ひぅうう!」
くちゅ、ぬじゅる。
先ほどから前にいる白方クジラの指先が、ピンク色に反り立つ乳首を捻り潰した。
甘い疼きが痛切に脳を揺るがす。
「あっ、んっ!!だめぇ!もう気持ちよくさせないでぇ……あっ、ンン!」
「だったら……分かるな?」
「…………分かった……わよ」
やはりクジラには勝てない。
観念したセラスは、自らの濃艶すぎるデカおっぱいで挟み込んでいた彼の男性器の先端をちゅぱちゅぱっ――と音を立てて、舐め上げる。
「はむっ!んひぅ!んあっ、ンんっっ……!」
男の性器特有の汗と精液の臭みが、脳裏を突き崩す。
クラクラと意識が瞬いた。
(ううぅ!やっぱり恥ずかしいよぉ!なんで私が……こんな男のちんこを舐めないといけないのよォ!)
思わず涙ぐむ。
彼女の膣内を十分に楽しんだクジラは、今度はその巨大すぎる胸を味わいたいと、ことも有ろうにパイズリとフェラチオをセラスに命じていた。
逆らえるものなら、逆らいたい――が。
「んあっ、あむっ!」
「ほら!もっとリズムよく!優しく!」
「ふぁ、ふぁい!んほっ……ほれぇでどう?んあっ、ちょぱ……むふぅうう!」
「あっ、ああ!いい!いいよ!その調子だ!!」
男根を突き上げ、命じるクジラに、セラスはどうにも逆らえない。
虜と言っていいだろう。
その証拠に疲労感が溜まり嫌々だった行為をやりつつ、股間の割れ目から愛液が飛沫となって飛び出ていた。
こぽこぽ――と、大量の白濁もこぼしながら。
(はぅうう!出てるゥ!こんなに大量にクジラも沙希もナカに出すなんて――妊娠は……流石にしないよね!お、お願いだから……無事でいて!)
沙希が一回、クジラが三回。
それが本日――日付は変わっているが――セラスが、男の孕み汁をぶちまけられた回数だ。
「んあっ、いい!もうちょっと……うおお!やらかくて、最高だぁ!」
そして、今から目の前の雄は四回目の射精を迎えようとしていた。
むあん、と生臭い塩気が鼻面に押し寄せる。
胸に挟んでいた男根は青筋をより克明に浮き彫りにさせながら、小刻みに震えて、乳房を歪な形へと歪ませていく。
「あむっ……んっ、んんぁ!うっ、ううう!んぐぅぅ――っ!」

【完成】白方玖史羅(挿絵17)02
挿絵:倉塚りこ


ちょっとどころか、すごく怖い。
――このまま彼が絶頂すれば、精液を顔面に受けなければならないからだ。
(んあっ……でも!んぁああ!ちょっとくらいならいいかも……)
しかし、彼女の中で顔に精液を注がれる行為に対する好奇心も有った。
数時間のうちに白方セラスの精神は、ほぼ女性となっていた。
男には受け入れられない行為でも、彼女には少しの勇気だけで受け入れられるようになっていたのだ。
もう認めるしかない。
白方セラスは、正真正銘の女の子であると。
身も心も――女性なのだ。
(わたしは……もう男じゃないのね。白方セラス――それが”ワタシ”。白方クジラじゃない――白方クジラは……彼だもの。私はセラス……白方セラス)
本当はあの日、あの場所で、学校で犯された瞬間から確定していたのかもしれない。
自分が白方セラスであることを。
それを周りの人間である沙希や、クジラ、そして父親が先に気づくなんて。
――いや、本当は気づいていたのかもしれない。
ただそれを認めると、今までの人生のすべてが否定される感じがして、怖かったのだ。
逃げていたのだ。
しかし、今はもう違う。
心が女の身体を受け入れて、素直な感情が次々と吐き出せる。
(もう考えられない!男の体なしじゃあ!女の子でない自分なんて――はぁンン!わたしは白方セラス。沙希やクジラが愛してくれる女の子――!)
心の中で自分が女であることを断言する。
すると、嬉しい気持ちと、恥ずかしい気持ち――そして、切ない痛みが胸いっぱいに広がっていく。
(こんな風に私をかえて……この……っ、なにか少しくらい仕返し……したいっ!)
だから、少し八つ当たりしよう。
――と、セラスはワザと焦らすように舌先でちょろちょろと彼の亀頭を擽った。
「んあっ?あぐぅう!?……おおォ!?」
「んれろれろッ!んひぃ!……どうかしら?これは!!」
「や、やめろって!つ、辛いから!ぐうぅうう!!」
『あっ、ヤバい!かわいいかも!』と射精欲に翻弄されているクジラの顔を見やり、セラスはそう思ってしまった。
「しょ、しょうがないわね……ずじゅるっ!ぬじゅるぅうう!!」
「くぅうう!あっ、ああ!出る!でるぅ!」
愛しい思いに負けて、舌先で包み込むように男根を締め付ける。
当然、クジラの昂ぶる性欲は留まる事は知らず、彼の男性器が大きく身震いした。
「おおっ!ああデルゥウウ!!あっ、かあッ!」
「んばぁああ!はぅうう!?――ひぐぅううう!もっ……もうっ……いいかげんに……してよ。なんで……こんなに濃いのよぉ!」
どびゅるぅうう!どびゅあぁあああ!!ドビュルゥウウ――!!

セラスの顔に、髪に彼の粘つく精液が降り注ぐ。そして――。

「はぁ、はあ……よくもやってくれたな?」
「ふえっ?」

顔と髪に絡みついた精液を拭う暇も与えられず、白方クジラが覆い被さってくる。

「あっ、いや。そ、そのいいじゃない……す、少しくらい。ね、ねえ?」
「……だめだ。許さない!今日はこれだけで済まそうと思ったけど……後……数回は大丈夫だよな?」
「えっ、うそっ。嘘よね――まってお願いします!も、もうムリ!もう死んじゃう!ひと殺し!だめ!だめったらだめ!ゆるさな――ひぃ、ひいい!きゃああ!お願い許して!許してぇ!アッ、アアッ……あぅぐううぅうううう!?」

結局、その仕返しに顔面射精一回に加えて、膣内射精を二回強要されるのは――まあ、言うまでもない結果と言えた。

<つづく>

ごめんねマスター(女怪人。商業漫画読み切り)

ごめんねマスター

商業誌では珍しい女怪人です。単品315円で雑誌690円なので雑誌買いかなぁ。

ごめんねマスター

comicアンスリウム Vol.3

comicアンスリウム Vol.3

僕と彼女と彼女と僕で?!

僕と彼女と彼女と僕で?!

ドッペルとの事なので近接分野かもしれませんが、TSFでは無いかなぁ、と予想。

僕と彼女と彼女と僕で?!

03/01のツイートまとめ

amulai

@aloeblues @F_TSF  いえいえ。一つでも多くのTSFを世の中に蔓延させるのがオレの使命ですゆえ。頑張って営業します!
03-01 22:51

@F_TSF  おお、これは各4本づつ売った事があるエトワール!?早速修正しましたー。
03-01 21:52

同人誌を売らなければ!消費税が上がっちゃうから同人誌を売らなければ!5%のうちにもっともっと同人誌を売らなければ!
03-01 18:17

@aloeblues  いえいえ大感謝です。早速掲載してみました♪
03-01 18:13

RT @nakamla: 霊園の説明会で、お客さん達に「ここがお前達の墓場になるのだ!!」ってやりたい販売員さんも少なからずいると思う。
03-01 17:33

うっかりECCに入って5万の出費。
03-01 17:02

RT @_rurou_Angel: だ・か・らっ!『スマホ』じゃなくて『スマフォ』でしょっ?!『スマフォ』はスマートフォンの略で『スマホ』は【すまないがホモ以外は 帰ってくれないか?】の略だって何度言えば…
03-01 16:56

RT @fromdusktildawn: 年収800万円払っても割に合うような優秀な社員を年収600万円で抱えている会社は、その社員と同じスペックの人材を年収600万円で採用しようとするので、いつまでたっても優秀な人材を採用できない。既存の社員に正当な報酬を払わないと、会社は人…
03-01 16:56

RT @aloeblues: @amulai 面白かったのでつい描いてしまいました… http://t.co/hDsp0UpPDY
03-01 16:48

RT @b2: 男性であることを隠して 女装して 女子校に転校し、女の子たちと いちゃいちゃするも、実は全員 「同様の」 経緯で転校しており、全員 男性だった!!  ってストーリーを思いついたけど、誰か読みたい? #誰得
03-01 16:45

全文を表示 »

にょたいか・ダイナマイツ!!

良いなこの表紙!→好評発売中!
にょたいか❤ダイナマイツ! (3) (いずみコミックス)にょたいか❤ダイナマイツ! (3) (いずみコミックス)
(2014/02/27)
パルコ 長嶋、あるざ 流人 他

商品詳細を見る


にょたいか❤ダイナマイツ! (2) (いずみコミックス)にょたいか❤ダイナマイツ! (2) (いずみコミックス)
(2013/11/27)
忍桐 ずん、パルコ 長嶋 他

商品詳細を見る


売れてますー。

買いました!
微妙なラインの作品も無いでは無いですが、全作品女体化しますし、エロもありですし。
まぁいいんじゃないでしょか。
おススメのものに格上げしつつ、やや強気でもって是非買うべしで。

表紙も良いやね!

にょたいか・ダイナマイツ!! (いずみコミックス)にょたいか・ダイナマイツ!! (いずみコミックス)
(2013/06/27)
吉田 犬人、Q 他

商品詳細を見る


レビュー 20130628

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2014-03