FC2ブログ

Latest Entries

子供の神様 (9) by.アイニス

(9)

「それじゃ伍良君と瑞穂ちゃんのサイズを測るね」
 試着室は広めの作りだった。瑞穂の体が小さいこともあって、伍良と一緒に入っても空間には余裕がある。水咲はまず瑞穂のサイズを調べていた。ブラジャーを必要とする体型ではないので、あっさりと計測は終わる。時間稼ぎにもならない。
「瑞穂はブラをしなくていいよなぁ。体を交換したくなるよ」
「何だか侮辱されておるようだぞ」
 平面な体を羨ましそうな目で見たのだが、瑞穂は低い声で唸って不機嫌そうだ。
「次は伍良君の番だね。まずは胸のサイズを測るよ。服を持ち上げてくれないかな」
「うっ、むむぅ」
「お主が恥ずかしがっても、気持ち悪いだけじゃ」
 弱った顔で困っている伍良に対して、仕返しとばかりに瑞穂が冷たい言葉をかけてくる。挑発されて頭に血が昇った伍良は、一気にスポーツウェアを脱ぎ捨てた。
「これで文句はないだろ」
 頬を赤くしながら胸を突き出す。服を急いで脱いだので、おっぱいがプルプルと揺れていた。
「へぇ、服の上から見積もっていた大きさより胸があるね。うーん、こんなに立派だったらやっぱりブラジャーをしないと駄目だよ。ノーブラじゃ胸が揺れて困ったでしょ」
「ま、まぁな」
 同年代の女の子に大きく成長した胸を見られて、伍良は恥ずかしくて身悶えしそうだ。虚勢を張っているが、床を転げ回りたくなる。
 伍良の胸を見ていた水咲の視線が腰に移動する。それで安心できるかといえば、逆にピンチに立たされることになった。
「珍しいパンツを穿いているね。今にも脱げそうだよ」
「うぁ……」
 男物のパンツだったことを忘れて、ズボンまで脱いでいた。サイズの合わないトランクスがずり落ちそうになっている。大事な部分が半分くらい見えていた。変わり果てた股間を知り合いに見られて、全身の肌は綺麗な桃色に染まっている。言い訳を必死に考えたが、混乱した頭ではいい知恵など出ない。
「は、はは、父さんのパンツを間違って穿いたみたいだ」
 苦しい言い訳だとは思ったが、照れ笑いで必死に誤魔化す。涙腺が刺激されて泣きたくなった。
「伍良君は年頃の女子の下着をあまり持ってないのかな。これから買えばいいのだから、恥ずかしがる必要はないよ。買い物を楽しもうね」
「う、うん」
 水咲は伍良を馬鹿にすることもなく優しい声だった。安心した伍良は借りてきた猫のように大人しくなる。水咲の指示に従って、両腕を水平に広げた。メジャーが胸に当てられて、おっぱいのサイズが測られる。
「あたしよりも大きいなぁ。左右の形が均等で整っていて、綺麗な形をしているよ。クラスの女子は誰も勝てそうにないね。羨ましいなぁ」
「んんぅ、ふわぁっ、ちょ、ちょっと」
 背後から伸びた手が伍良の両胸を包んでいた。手が微妙に動いて、伍良の乳房を揉んでいる。肌に艶かしい電気が走って、胸の中に微熱が押し寄せてきた。女の子同士の軽い戯れだろうか。変な声が漏れそうで困るが、強く注意もできない。
「いいなぁ、肌の張りがあって適度に柔らかいね。男の子なら誰でも喜びそうだよ」
「ふあっ、くふぅ、お、俺は男になんて興味はないからな」
「伍良君がその気になったら、男子は誰もほっとかないと思うけどね」
「ううぅぅっ、怖くなることを言うなよ」
「可愛く悶える伍良君の顔を見ていると、あたしだって変な気分になりそうだもの。手を放すのが惜しいなぁ」
 残念そうな顔をしながら、水咲は手を放してくれた。軽く揉まれただけなのに、心臓が激しく脈打っている。なかなか胸から微熱が消えなくて、伍良は息を整えるのに苦労した。
「もたもたしておらんで、さっさと服を見に行くぞ」
「瑞穂が焦れているからさ。ミサキチは先に行ってくれよ。俺もすぐに合流するからさ」
「わかった。瑞穂ちゃん、一緒に服を探してようか」
 瑞穂と水咲の姿が試着室からいなくなると、伍良は肩から力を抜いて大きく息を吐いた。
「やばいな。もっとミサキチに揉まれたくなったぞ。危ないところだった」
 水咲の手の感触が残った胸には、まだ甘い熱が揺らめいていた。気をしっかり持たないと、胸に手を当ててしまいそうだ。
「ふぅ、早く着替え直して合流しよう」
 頭を思いっきり振って、怪しい感情を振り払う。スポーツウェアを着直して、伍良は試着室から出た。
「うぅっ、一人だと余計に恥ずかしくなるな」
 きょろきょろと辺りを見回したが、瑞穂たちの姿は見当たらない。一人で婦人服売り場にいると、場違い感が凄まじい。早く合流しないと、場の空気に押し潰されそうだ。
「困ったぞ。なかなか見つからないな」
 背が低くなったことで、遠くのものが見えにくい。陳列した服に隠されて、近くまで行かないと様子が確認できなかった。周囲を女物の服に囲まれて、居心地の悪さが半端ない。
「こ、ここにいたのか」
 瑞穂は水咲と子供用の浴衣を選んでいた。近くを通ったはずだが、最初は気づかなかったらしい。無駄にフロアを歩き回る羽目になったようだ。
「ふらふらしているけど大丈夫?」
「な、何とか。思ったよりも広いな」
「伍良君とは連絡先を交換してなかったね。しておこうか。あたしならいつでも相談に乗るから、気軽に連絡をしてよ」
「そ、そうか。ありがとな」
 頬を少し火照らせながら、水咲と携帯電話の連絡先を交換する。携帯に入っているのは、男子の連絡先ばかりだ。女子の連絡先を簡単に入手できたことにちょっとドキドキしてしまう。サッカーに熱心だった伍良は、女子と交わることが少なかったのだ。
 伍良が水咲と話している間も、瑞穂は真剣な顔で浴衣を見比べている。かなり悩んでいるようだ。
「妾の年では可愛すぎる気もするが、この浴衣の模様が気に入ったぞ。華やかな色合いじゃ」
「瑞穂ちゃんの年齢ならおかしくないよ。似合っていると思う」
「ま、まぁ、いいんじゃないか」
 実年齢を知らないので、水咲は手放しで褒めている。瑞穂が選んだのは、桜色の生地に可憐な花を散らした浴衣だ。伍良の祖父母よりも年齢が高いことを考えると、多少は控えめにした方が無難だと思わなくもない。
「ふん、少しは自重しろと顔に出ておるぞ。生意気な小娘じゃ」
 伍良の顔を見て拗ねた瑞穂だが、早く浴衣を着たくてたまらないようだ。顔に隠しきれない笑顔がこぼれている。
「それじゃ着付けを手伝うね」
「うむ、頼むぞ」
 試着室で借りている浴衣を脱ぐと、瑞穂は丸裸になった。銭湯で丹念に磨いたので、肌が白く輝いている。ただパンツを穿いてなかったので、水咲は困惑したようだ。風呂に入る前の瑞穂は下着らしきものを巻いてはいたが、洗濯でビリビリに破けたのでノーパンだった。
「うーん、パンツは穿いた方がいいと思う」
「そういうものか」
「パンツだけ買ってくるね」
「任せるぞ」
 昔の人間(神様)なので、パンツを穿く習慣はなかったらしい。現代の習慣がわからない瑞穂は鷹揚に頷いて水咲に任せていた。
「これを穿いて」
 水咲はすぐに女児用のパンツを買ってきた。白いシンプルなデザインだ。
「それがパンツか。ほぅ、足を通すだけで簡単に穿けるとは楽じゃのぉ」
 水咲に教えられて瑞穂はパンツを穿いている。見慣れないものでも抵抗はないようだ。
「うむ、穿いた感触も悪くない。生地が伸び縮みするのか」
 瑞穂は感心した声を出している。表情を見る限り、穿き心地には満足したようだ。
「大丈夫そうだね。それじゃ浴衣を試してみようか」
 水咲は瑞穂に浴衣を着せてから帯を結ぼうとしたが、なかなか整った形にできなくて苦戦していた。
「ちょっと待ってね。あまり浴衣を着ないからなぁ」
「帯を貸すがいい。妾がやろう」
「一人でやるのは難しいよ」
「大丈夫だ。見ておれ」
 華やかな帯を受け取った瑞穂は、慣れた感じで手を動かしていた。一瞬も動作が澱むことなく帯を巻いている。瑞穂が手を下ろすと、綺麗な蝶が背中に舞っていた。
「どうじゃ」
「瑞穂ちゃん、凄いねぇ。浴衣も似合っていて綺麗だよ」
「へぇ、上手いものだな。馬子にも衣装だ」
 自信満々な顔で瑞穂は浴衣姿を披露している。朽ちかけた神社で薄汚れていた少女と同じには見えない。面と向かって褒めたくはないが、かなり可愛らしかった。

子供の神様 (8) by.アイニス

(8)

 満足した顔で瑞穂は店を出たが、足元がふらついていた。倒れそうだったので、慌てて伍良が支える。瑞穂の顔色は青ざめていた。
「おいおい、大丈夫か?」
「大事ない。久しぶりに気合を入れたので疲れただけじゃ」
 ゆっくりと歩きながら、瑞穂は深呼吸を繰り返している。顔色は悪かったが、瑞穂の表情は明るかった。
「久しぶりに美味い物を食べた。それに崇められるのは嬉しいものじゃ。つい調子に乗って、力を使ってしまったわ」
「……俺の体を元に戻す為に温存しておいてくれよ」
 伍良は小声で愚痴を言った。店内にいた人々から崇められたので瑞穂の力は少し回復したようだが、店の繁盛を願ってしまったので結局は消耗したようだ。
「何か言ったか?」
「何でもないよ。服を買いに行くか」
 肩で息をしているのに笑顔の瑞穂を見ると、伍良は文句を言う気を削がれた。喜怒哀楽の激しい困った神様だなと思う。
「服を見るのも楽しみじゃ。お主に預けた賞金は好きに使うがいいぞ」
「臨時収入があったのは助かった。もっとも、女の子の服なんて俺にはわからないからなぁ」
 まさか女の子の服を選ぶ羽目になるとは思わなかった。歩いているとおっぱいが服に擦れて奇妙な気分になる。変にむず痒くて落ち着かない。
「今の服の流行は妾にもわからぬ。昔とはかなり変わっているようじゃからな」
 瑞穂の知恵を借りるつもりはないが、服選びには苦労しそうだった。うんざりとした気分でデパートのある方向に向かっていると、級友の一人が向こうからやってくるのが見えた。
「あっ、ミサキチじゃん」
 渡りに船とばかりに伍良は渾名で呼びかけた。級友の名前は、水咲。同じ学区に住んでいるので、小学校の時から見知った顔だ。
「こんなところで会うなんて奇遇だね、伍良君。あれ、伍良ちゃん。あれあれ、伍良君?」
「伍良君がいいな」
「うーん、あたしも伍良君の方がしっくりするよ。何だかおかしいね」
 水咲は少し困ったような顔で首を傾げていた。記憶を改変されているといっても、感覚的なものは残っているようだ。
「頼みがあるけど、時間は大丈夫か?」
 以前なら伍良の方が背は高かったのに、今は水咲を見上げる格好になっていた。変な感じだ。
「部活の道具を買いに行くところだけど、時間ならあるよ」
「悪いけど、俺たちの服選びを手伝ってくれよ。女の服なんて買ったことがないからわからない」
「伍良君は今まで男の子っぽかったからね。少し色気でも出てきたのかな」
 相談内容を聞いて、水咲は悪戯っぽく笑う。からかうように言われて、伍良は口元を歪めて憮然とした顔になった。
「いきなり胸が膨らんで困っているだけだ。本当なら男の服の方が気楽だよ」
「そういえば少し前まではぺったんこだった気がするね。いきなり成長したのかぁ」
 胸の辺りをじろじろと水咲に見られて、伍良は胸を腕で覆い隠したくなった。男だったと覚えてないはずだが、変化した体を観察されるのは恥ずかしい。
「下着もちゃんと選ばないと駄目だよ」
「俺の服は適当でいい。それより瑞穂の服を選んで欲しいな」
 会話の矛先を変えようと、伍良は瑞穂に顔を向ける。女物の下着のことまで考えたら、頭がパンクしそうだ。
「可愛いね。親戚の子?」
「そんなところだ」
「お主は伍良の友達か。妾の名は瑞穂という。よろしく頼むぞ」
「うん、できる限り協力するよ。任せておいてね」
 瑞穂の古風な喋り方を聞いて、水咲はちょっと驚いたようだ。
「少し変わった子だね。珍しい雰囲気をしているよ」
 水咲は耳に口を寄せて、小声で囁いてきた。女の子同士ということで顔の距離を縮めたのだろうが、伍良としては妙にドキドキしてしまった。水咲の息が当たった耳が熱い。
「家庭の事情だからさ。あまり深く詮索しないでくれ」
「わかった。それじゃ三人でデパートに行こうか。うわぁ、ちっちゃくてプニプニの手だね」
「妾を子供扱いするでない」
「そんなことないって」
 水咲は小さな子供にするように瑞穂の手を引いて歩き始めた。瑞穂は頬を膨らませたが、水咲は手を放そうとしない。
「強引な小娘じゃ」
 瑞穂は小さく文句を言って苦笑したが、結局は手を繋がれたままでいる。
「俺の手まで握らなくてもなぁ」
 水咲が瑞穂の相手をしてくれるのは助かるが、伍良の手まで握ってくるとは思わなかった。どうやらスキンシップの多い女の子のようだ。高校生にもなると同級生の女子と触れ合う機会は少ない。伍良は部活動に夢中だったので、特定の女子と仲良くなることもなかった。
「柔らかい手だな」
 滑らかな手の感触が伝わってきて、伍良の心拍が早くなっていた。もっとも、手は差し出すだけで、握り返せない。
「部活で手を使うことが多いから、硬くなっているところもあるよ」
「男の手とは全く違うと思ってさ」
「むぅ、男子と比べられたら素直に喜べないなぁ。伍良君は男子と一緒にいることが多かったから、感覚が男子寄りかもしれないけどね」
 男子と比べられていたと知って、喜んだ顔をしていた水咲が微妙な顔になる。失言にしまったと思う伍良だが、染みついた男の感覚はなかなか抜けない。
「あたしの手よりも伍良君の手の方が滑々しているよ。男子に混じって荒っぽいこともしていたのに傷一つないね。羨ましいなぁ」
「そ、そうかな」
 逆に手を褒められたが反応に困ってしまう。伍良としては頼りない感じがして、どうも落ち着けないのだ。
 デパートの前に到着すると、ようやく水咲は手を放してくれた。ちょっと残念に思うが、安心の方が大きい。変に体に力が入って、肩凝りになりそうだった。
「先に服を選ぼうか。伍良君の服装は体に合ってないみたいだからね。あたしの買い物は後回しで大丈夫」
「悪いな。頼りにさせてもらうよ」
 エスカレーターに乗って女性用の服売り場に向かう。他の用事でデパートに来ることはあっても、伍良が降りたことのないフロアだ。エスカレーターから降りた伍良は、華やかな雰囲気に足が止まっていた。
「今は色んな模様の服があるのぉ。目移りしそうじゃ」
 フロア全体に女物の衣装や小物が置かれている。瑞穂はフロアを見渡して、期待に胸を躍らせて表情を輝かせた。今にもすっ飛んでいきそうだ。
「お主、何を固まっておるのじゃ」
「はぁ、回れ右をして帰りたくなったよ」
 エスカレーターの前から伍良が動こうとしないので、瑞穂は焦れて急かしてきた。場違いな場所にいるようで、非常に居心地が悪い。当然ではあるが、男性客の姿なんてまるでいなかった。
「伍良君は今まで服に関心がなかったから戸惑っているのかな」
「そうだな。母さんが買ってきた服をそのまま着ていたような感じだよ」
「今日はあたしが手伝うから大丈夫だよ。すぐに慣れて楽しくなるって」
「……慣れるのも困るが。ミサキチに任せるよ」
「早くせぬか」
 水咲がいなかったら、服を買う前に逃げたかもしれない。瑞穂に催促されて、伍良は腰が引けた感じで前に踏み出した。どうしても顔が俯きそうになってしまう。
「まずは下着からかな。伍良君はノーブラだよね?」
「えっ、あっ、うっ、そ、そうなるか。でも、ブラジャーなんてしなくていいよ」
「それは駄目だよ。将来的に困るし、胸を痛めることになるよ」
「うっ、ううっ」
 女物の下着まで買うつもりはなかったが、水咲は断固とした口調で言ってくる。知識のない伍良は言い返せない。体中から嫌な汗が出てきて、緊張で胃が痛くなりそうだ。
「誰にだって初めてはあるよ。それにブラをした方が楽だと思う」
「はぁ、わかったよ」
 口では勝てそうにないし、手伝ってもらうのに我儘も言えない。伍良は重い溜息を吐いて、仕方なく頷いた。

DLsitecom半額キャンペーン作品

オレは男だーッ
Welcome to サキュバスワールド
近親相姦~実娘陵辱~
性転変異 ヴァン・ぱい・ヤ
魔法のクスリ
Kの悪癖
強制女装トイレ
女同士なんてイケないと思います。S&M
女装子物語4 騙されて女体化
巨乳パラダイス城~王子女体化!!処女の恋人寝取られて~
おんなになった俺が◯◯◯するお話
リコSCOOP2
リコハメ
リコSCOOP
女体化乱交クリスマスパーティー~犯す側から犯される側になったオレ~
スーパーヒロイン潜入大作戦2



01/02のツイートまとめ

amulai

RT @NageruAmado: 真鍋香織ある帰りに拉致監禁され、人を獣人に変えてしまう悪魔の薬DOGLIFEを飲まされ犬の獣人にされてしまった少女。だが監禁されていた場所から人の姿を取り戻し脱出そしてその後はDOGLIFEをこの世からなくすために戦っている http:/…
01-02 23:23

RT @juangotoh: マンガ家をやるのは、たとえば一万人の「ぼくを知ってる人たち」の支持を得る仕事だけど、その報酬は「100人にも名前知られていないサラリーマン」より低いかもしれない。そういう商売です
01-02 22:58

RT @mamokei: 店内に誰もいないだろうと、Let It go(独唱)しながら納品作業してたら知らない間にお客さんいて、レジの時に「ありのままの姿見せちゃってスミマセン」って言ったら「少しも上手くないわ」って言われて新年早々客層のレベル高い
01-02 22:58

RT @haicut: どっかの新聞社が書いてた「認知症発症から30年間以内に亡くなるお年寄りが多い」って記事、最高にロックだった
01-02 22:23

RT @F_TSF: TSFもので、あむぁいさんところと、まなさんところと、pixivの全部で宣伝かけなけりゃそりゃ売り上げあがらんやろ
01-02 21:49

RT @yanagip: 一昨日仁奈ガチャに突っ込もうとしたら周りのみんなに「俺たちには失うものは何もないがあなたには家庭があるんだから」って全力で止められたの、今思い出してもやっぱりジワジワくる
01-02 17:12

借金返済のために風俗店で働く女子学生の問題が、本当は奨学金のせいではない明らかな理由。 (本田康博 証券アナリスト・馬主・個人投資家) : シェアーズカフェ・オンライン http://t.co/icFecrQOH5
01-02 13:18

RT @silossowski: レシート撮影するだけで家計簿がつけられるという、すごく便利そうなソフトを入れてみたら、撮影したレシートを人力でデータ化するという記述があり、すごい気持ちになった。 http://t.co/MzpgkXwlkI
01-02 13:03

RT @F_TSF: 「TSFのFのほん その2」は、200ページぐらい(会場価格1200円、委託1500円)にしたい(会場のおまけは書き下ろしカバー
01-02 00:05

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2015-01