fc2ブログ

Latest Entries

魔法少女エクレール~エクレール・ソレイユ編~

魔法少女エクレール~エクレール・ソレイユ編~

魔法少女エクレール~エクレール・ソレイユ編~

着おな! ’ショタから男の娘へのステップUP

着おな! ’ショタから男の娘へのステップUP DMM版
着おな! ”ショタから男の娘へのステップUP” DLsitecom版

着おな! ’ショタから男の娘へのステップUP

ビーストテイマーズ (21)~(25) By アイニス

挿絵:倉塚りこ

(21)

 コンビを組んだコウとレイは、ギルドの運営している酒場に顔を出した。買い物で時間が遅くなってしまったので、辺りはもう闇が覆っている。
 夕食と仕事を得るのがギルドに寄った理由だ。酒場からは酔っ払いの賑やかな声が外に漏れていた。寡黙な猛獣使いが多いとはいえ、酒が入れば口も気も緩むものだ。
「ひゃん!」
 レイのあとに続いて酒場に入ったコウは、裏返った悲鳴を上げた。鳥肌が立って、全身の毛が逆立っている。
「ははっ、まだ固いがいい尻をしている」
 戸口に立っていた男が、無遠慮にコウの尻を撫でていた。軽薄な口調で酒臭い。酒を飲みすぎて羽目を外したのだろう。
「こいつ……」
 コウは苛立った。レイ以外の男に肌を許す気はない。それに男としての自意識が残っているコウには、男に尻を触られるというのは屈辱だった。そうでなくても、不快である。眉間に青筋を立てたコウは不埒者を殴ろうとした。
「艶やかな毛並みの尻尾だなぁ」
「うひゃっ、ぐぅ、よ、弱いところを……」
 拳を固めたコウだったが、パンツから移動した男の手が尻尾の付け根を撫でてきて、力が抜けてしまった。尻尾の付け根は神経が集中していて敏感だ。コウの性感帯の一つで、優しく扱われると感じてしまう。男の手は絶妙な動きだった。屈辱と羞恥に顔を赤くしながらも、コウは必死に足を支えていた。気を緩めると、嬌声と愛液が漏れそうだ。
「僕の彼女に手を出さないでもらえますか」
「いでぇ、いだだ。参った。降参だ。そんなに本気になるなよ。ちょっとした冗談だろ」
 尻尾にかかっていた圧力が消えて、コウは前のめりになって歩いた。後ろを振り返ると、どす黒い笑顔でレイが不埒者の腕を掴んでいた。
「そんなはっきりと口にしなくても……」
 大勢の前で彼女と呼ばれて、コウは心臓がどきっとした。嬉しさはあるが、恥ずかしさが上回る。
 不埒者の正体は虎の猛獣使いをしているバルだった。獰猛な虎を飼い慣らすだけあって、優秀なビーストテイマーと目されている。ただ女癖が悪くて、数々の問題を起こしてきた。関係を持った女性は両手の指では足りないといわれている。
「うぐぐぅ、悪かったって」
 黄褐色をした髪は汗で濡れ、バルの精悍な顔は苦痛で歪んでいた。レイはさほど力を入れているようには見えないが、バルは脂汗を流して呻いている。女をナンパしている時はともかく、これでも猛虎のように勇猛な男のはずだ。
「僕ではなく彼女に謝ってください」
「わかったよ。いやぁ、お嬢ちゃん、すまなかった」
 大汗をかきつつも、とほほといったおどけた顔で片手を上げるバル。見事な手腕で勇猛なバルを退けたレイに対して、酒場から歓声が起こった。
 憎めない態度で謝るバルにコウは溜飲を下げることにした。
「もうするなよ」
 一応しかめっ面を作ってコウが許すと、レイはぱっと手を離した。解放されたバルは腕に息を吹きかけている。
「レイは独占欲が強いなぁ。幸せのおすそ分けぐらいしても罰は当たらんぞ」
「少しは懲りるということを知った方がいいと思いますよ」
 悪びれない態度のバルに、普段は温和なレイも苦笑をしていた。
「俺は一度見聞きした女の顔と名前は忘れないんだが、お嬢ちゃんの顔は見たことがない。見たところ猛獣使いの新人ってところか。名前を聞かせてくれよ」
「男の名前はどうでもいいわけですね」
「当然だろ。野郎の名前なんて覚えていても得にはならない。俺に名前を覚えてもらいたければ、それなりの活躍をすることだ」
 レイが苦笑混じりに指摘すると、バルはさも当然だというように胸を張った。女関連では問題のある男ではあるが、大言に見合うだけの実力は持っている。
「……私の名前はコウだ」
「コウ、コウねぇ。男っぽい名前だな。いやいや、いい名前だと思う。しかし、聞き覚えはある気がするな」
 新人だった頃にコウはバルに挨拶をしているし、酒場で顔を合わせることもあったが記憶にないらしい。
「コウというのは偽名だろう。そうだ、思い出してきたぞ。毛並みからしてチョコだ。こっちの方が女の子らしいと思うがなぁ」
「……俺の名前は偽名かよ!」
 口調を改めようと思っているのに、つい素の顔が出てしまった。雌狼の名前は覚えていても、コウの扱いはそれ以下らしい。
「でも、チョコを口説いた記憶はないぞ。おかしいなぁ」
「おかしいのはお前の頭だ」
「あれ、チョコは狼だった気が。そうか、狼から人間に進化したのか!」
「お前の頭が猿並みだというのはわかったよ」
 戦いとなればウォーハンマーを振り回し、殺戮の嵐をもたらす男ではあるが、知力は大幅に筋力に劣るようだ。
「コウ、そんなアホは無視して、あたいと一緒に酒と飯を食おうぜ」
 先に酒場にいたマイがコウに誘いをかけてくる。足元にはビロードのような黒い毛並みのパンサーの姿があった。
「ひでぇ言い草だな。マイはチョコじゃなくて、コウちゃんのことを知っているのか?」
「知っているも何も何度か顔を合わせているだろうが。お前は戦いと女のこと以外は本当に駄目な男だなぁ。思い出せよ、こげ茶色をした狼のチョコを相棒にしていた若手のコウだぞ」
 酒が入ってほろ酔い加減になっているマイの声は大きい。そうでなくても、よく響く声の持ち主だ。バルと揉め事を起こして注目されているのに、酒場の客がマリの声を聞き漏らすはずがなかった。
「うぅ……そんな大声で言わなくても……」
 酒場には儀式の影響で獣の特徴が色濃く出た猛獣使いはいるが、女になったという人間はいない。コウは無名に近い存在だが、狭い界隈でのこと。たいていの猛獣使いがコウのことを覚えていた。好奇の視線に晒されて、コウは萎縮しそうになる。
「大丈夫ですよ」
 レイがそっとコウの手を握ってくる。それだけで安心できた。
「コウ、コウ……ああ、尻の青いヒヨッコにそんなのがいたか。でも、そいつは男だったはずだ。その胸は詰め物か?」
 反省の色が全く見えないバルは、両手でコウの胸を揉んできた。
「お、こいつはなかなか。将来有望だぞ」
 笑み崩れた顔でにやけるバル。コウは柳眉を逆立てて頬を赤くした。
「うるさい!」
「ぐはっ」
 拳骨で殴りはしなかったが、コウはバルの額を指で弾いた。ひっくり返ったバルは赤くなった額を手で押さえている。そこへ白い毛玉が近寄って、バルの頬を舐めていた。
「うわぁ、もふもふとして可愛らしい仔猫だ。どこから来たのかな。おいでおいで」
 保護欲を刺激される愛くるしい姿に、コウの目は釘付けになった。小さな動物は無条件に人を虜にする。怒りを忘れて、コウは猫なで声で仔猫を呼んだ。
「ちゅっ、ちゅっ、ほら、おいで」
 鼠の鳴き声を真似てみると、興味を持った仔猫はバルからコウに近寄ってきた。ふんふんと指先を嗅いでくる。くりくりとした円らな瞳が可愛らしい。
「いい子だね。よしよし」
 しゃがみこんで目線を合わせると、コウは仔猫の喉を撫でた。みぃみぃと甘えるように鳴く仔猫にコウはメロメロだった。酒場だということを忘れて、仔猫と夢中になって遊んでいる。
「コウは猫も好きなのですね」
 狼を相棒にしていたので、レイはコウが犬好きだと思っていたのだろう。
「動物の赤ちゃんは何でも可愛いだろ。お腹を空かせているようだから、マスターから子猫用のミルクをもらってきてくれよ」
 レイから皿に入ったミルクを受け取って仔猫の前に置くと、猛烈な勢いで舌を動かしてミルクを飲んでいる。コウは目を細めて仔猫の様子を見ていた。口元には優しい微笑みを浮かべていた。
「こんなに優しい顔をするコウを僕は初めて見ました。可愛いですねぇ」
「俺にも優しくして欲しいもんだ」
 穏やかな顔でコウを見守るレイ。つれなくされたバルは仏頂面だ。
「もうおねむかな」
「……羨ましい」
 お腹が満たされた仔猫は目を擦ってうとうとしている。コウが胸の前で仔猫を抱くと、バルは垂涎の表情をしていた。
「ぐっすりおやすみ」
 近くの椅子に座ってコウは太股の上に仔猫を乗せた。綿毛のような感触と高めの体温がコウをほのぼのとさせる。母親のような表情で少女は仔猫を撫でていた。

全文を表示 »

美しき性の伝道師 麗々 第一夜

美しき性の伝道師 麗々 第一夜

田中は郁子にフられて失意のどん底。電車に飛び込もうとする彼の波動を感じ取ったかぐやが危機一髪!救出に成功する。一方、郁子にも危機が。レズビアンの彼女は元家庭教師の真奈美を心から愛していた。だが、結婚の決まった真奈美は火遊びの終わりを告げるように郁子の抹殺計画を実行。歪んだ愛を救うべく、かぐやは田中に真奈美のフィアンセを誘惑させる。なんと彼を女の子に変身させて…!?



美しき性の伝道師 麗々 第一夜

05/31のツイートまとめ

amulai

RT @f_fukusuke: 「仕事も金もないキモいおっさん(弱者男性)を救え」っていう人たちが、社会福祉に訴えずにフェミニズムを攻撃する件。ひょっとして彼らにとっては、仕事やお金よりも「異性からの性的な承認」のほうが切実な欲求で、それさえあれば本気で「惨めではなくなる」と信…
05-31 23:05

@GyahunKoubou 特殊性癖に強い媒体で、タグ レズ/女同士 に4448作品あるので、有望なのではないかなと。私はレズは専門外ではありますがー。
05-31 22:35

[R-18]超科学的画像加工 | 氷二号 #pixiv http://t.co/ToEXpaULhV素晴らしい。
05-31 21:51

RT @ts_riru: 願望的には、自分から堕ちていくんじゃなくて、なにかしら拒否できないようにされて堕とされていくのがいい。
05-31 21:47

RT @Shindo_L: 男性なら一度は美少女に生まれ変わってみたいと思う。 女性も出来れば美少女に生まれ変わりたいと思ったりする。 つまり技術さえあれば、人類は総美少女化する可能性がある。 美少女しかいないアニメは遠い未来を予知しているのかもしれない。
05-31 21:42

新築戸建てで1千万円台が続出 大手メーカーの暴利が露呈か #ldnews http://t.co/s7S6UojQKkいや、これは投げ売りでしょ。不動産業界に空売り掛けたくなるような記事ですにゃ。
05-31 20:29

@GyahunKoubou販売媒体としてDLsitecomさんが相性が良さそうに思いました。
05-31 20:06

RT @LilGiantPanda: 「小説の校正・校閲に興味のある人。自分の小説を読んでくれそうな人。これらふたつの読者層が重なっていない」がほぼ全てだと思う。自分の小説を読んでくれるのは1万に1人 | http://t.co/0ojeFloAOM
05-31 19:57

あむぁいおかし製作所の6月前半の更新予定http://t.co/DJInWkSAf4サルベージしたビーストテイマーズを復活させつつ、完成すればFさんの漫画や、犬神教授の小説とのコラボ展開を行う予定です。割と更新ストックはたくさんあるのかも。
05-31 19:43

RT @F_TSF: 親友TSFもので、「男の時からお前のことが気になっていて」というのは、大半の男性にとってボールゾーンなのです。「男同士の友情が、気がついたら男女間の恋愛感情に変化していた」「勢いで肉体関係になった後、性的快楽と恋愛感情が混和して」っていうのが、ストライクゾ…
05-31 19:40

全文を表示 »

«  | HOME |  »

FANZAさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

FANZA専売品コーナー

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2015-06