fc2ブログ

Latest Entries

エデンの園(9) by ありす &もりや あこ

(9)-------------------------------------------------------

 先生がどうしてもと熱心に言うので、“デート”と言うものらしいイベントに、私は付き合っていた。
 映画館……とは名ばかりの、天井もない廃墟で、スクリーンに映し出された映画を見た。
 わざわざコロニーのミラー角度まで変えて、この辺一体を夜のように暗くしてくれたようだけど、ラブロマンスなんか見たって、ぜんぜん面白くない!
 しかも油断していると、先生が私に触ろうと手を伸ばしてくるので、その甲をつねってやった。

 結局、プロジェクターが途中で壊れて、最後まで見ることができなかった。
 あのカップル、どうやって仲直りするつもりだったんだろう……?

 次は公園でランチ。驚いたことに先生は弁当を作って持ってきていた。しかもキャラ弁。
 のりを細かく切って、ピンク色の粉(なんて言うんだっけ?)と、肉そぼろで似顔絵が……これって私の顔のつもり?

「はい、あーんしてください」
「あーん……って、嫌ですよ。恥ずかしい」
「どうしてです?」
「どうしてって……それにこういうのは、女のほうが男にすることじゃないの?」
「……そのようですね。では僕にもしてください。 あーん」
「自分で食べなさい」
「冷たいですねぇ、デートなんですから、もう少しご配慮頂けないですか?」
「私は、デートだなんて思っていません」
「……」
「そんな今にも死にそうな顔は止めて下さい。判りましたよ……はい、あーん」
「あーん。美味しいです、嬉しいです」
「そう? そりゃ良かった」

 こんなことしている場合じゃないと思うんだけど、先生のペースにどうしても流されがちだ。
 私は弁当を半分だけ先に食べてから、先生に残りを押し付けた。

「僕は要りません。全部食べちゃっていいですよ」
「え? でも、先生だって食べなきゃお腹が空いてしまうんじゃ?」
「イヴさんの美しい顔を見ているだけで、胸が一杯になりますから」
「は、恥ずかしいこと言うな!」

 先生が要らないというので、私は残りも全部食べてしまった。
 だって、残したらもったいないし、それにこれは……たぶん食料はとても貴重なんだと思う。

 もともと小さな弁当箱だったから、二人分にしては小さすぎるので、私にとっては丁度良いぐらいだけど、先生本当に食べなくて大丈夫なのかな?

「ねぇ、どうです? 僕のこと、好きになってくれましたか?」
「そんな簡単になるわけないでしょう? 第一その……、私は男だったんだから、そう簡単に男としての意識までは、変えられないのよ!」
「じゃぁ、こうしましょう。僕も本当は昔は女性だったんです。あなたに恋するために、男性の体になって……」

 ばこん! と私は持っていた空の弁当箱で先生の頭を叩いた。

「そんな、とってつけたような話しで納得できるか!」
「ある意味、本当なんですけどねぇ……」
「とにかく! 私は、先生のことまだ何も……」

 そういえば、うかつにも私は先生の個人的な話しをたずねたことが無かった。
 歳はいくつなのか、いつからこのコロニーに住んでいるのか、先生の家族はどうしたのか……。
 私は先生がどんな人なのか、何も知らなかった。
 先生が思っているように、私たちがデートする仲なら、私が先生のプライベートな話を聞いたとしても、それは失礼にはならないだろう。あくまで“先生がそう思っているだけ”だけど。

「ねぇ先生。先生はいくつなの?」
「僕は一人ですが」
「そういうボケはやめて。何歳なのかって聞いているのよ」
「人間の歳で言うと、215歳と9ヶ月ぐらいですか」
「フザケないで! 人間がそんな長生きできるわけ無いでしょう?」
「イヴさんだって、正確には1324歳前後では?」
「違うでしょう! いや、ある意味そうかもしれないけど。私が言っているのはそういう意味じゃなくて……。そうか、先生も再生人間なんでしょう? ALICEかそれとも他の誰かが先生を再生したの?」
「僕の生みの親に相当するのは、ALICEですね」
「と、言うことは、先生も再生人間なんだ。でもALICEはただのコンピュータでしょう? 具体的には誰が……」
「それよりもそろそろ、この場所から移動したほうがいいと思いますよ?」
「待ってよ、まだ話しは終わっていない」
「まもなく雨です。5……4……」
「え?」
「3……2……、1」

 と、先生のカウントダウンにあわせるように、雨が振ってきた。
 雨……なんて優しいもんじゃない。人工環境に降らせる、滝のような散水。

「ちょ……、うぷっ、息が止まりそう!!」
「早く! あの木の下へ!」

 ご丁寧に天井のライトが明滅して、雷鳴まで轟いている……スピーカーからの。

「酷い、ずぶ濡れになったわ。どうすんのよ、これ……」
「だから早く移動しましょうといったのに。地球の雷雨そっくりでしょう? 記録を調べて再現してみたんです」
「私もスペースノイドだから、地球の雷雨がどうかなんて、知らないわよ!」
「でも、シナリオどおりですね」

 と、ニコニコしながら言う。私は体にぺったりと貼り付いてしまったワンピースを指でつまみながら、体についた水滴を手で払い始めた。

「そのままでは風邪を引いてしまいます。さぁ、早く脱いで。そして結ばれましょう」

 と私の背後にまわり、背中のファスナーを下そうとした。

「やめんか! バカモノ!」

 と、速攻で先生の頬を張り倒したが、思ったよりも固い先生のほっぺたに手が痺れた。

「……て、痛ってー。 何てカタさなのよ……」
「大丈夫ですか? イヴさん」
「ドサクサに紛れて服を脱がそうとするな!」
「でも予定ではこの後、僕とイヴさんは……」
「セッ……婚前交渉は、ごめんだって言っているの」
「コンゼンコウショウ……?」
「未婚の男女が、その、アンタが今私にしようとしているようなことをすることよ!」
「ああ、セックスのことですね」

 あからさまに言うな! 恥ずかしい奴め!

「デートしたばかりの男女が、直ぐに寝たりなんてしないのよ!」
「“寝る”……膝枕でお昼寝も、駄目ですか?」
「まぁ、それぐらいなら……って“寝る”ってそういう意味じゃなくて」
「そのままでは、風邪を引いてしまいますね。仕方がないので、そこの連れ込み宿へ」
「“連れ込み宿”って……あんた時々言葉が変だわ」
「はい、たまに間違いを起こします」
「このタイミングで言うか!」
「さぁ、着替えも用意してありますから……」

 確かにずぶぬれの服じゃ気持ち悪い。体を拭いて、着替えたいところだが……

「私に何もしないでしょうね?」
「しては、駄目なんですか?」
「帰る……」

 付き合ってられるか!

「あ、待ってください、イヴさん! そっちは違う方向!」

「もう帰る!」

 部屋に帰ってフテ寝でもしよう。ずぶぬれだけど、ラブホなんぞに連れ込まれるのはごめんだ。

「イヴさん……」

 思わず足が止まる。子犬が鳴くみたいな声を出すな!
 だが……よく考えてみれば、私の部屋に自由に出入りできる先生は、眠っている私を襲うことだって出来るのだ。
 つまりこの広いコロニーに二人きりでは、いつどこでどう襲われるか判らな……☆●◇‘*>!!
 ど、どうしよう……。
 恐る恐る振り返る。

「思い直してくれましたか?」

 どうしよう、いまここで強く拒んで、無理矢理にでも押し倒されたら……?
 どう考えてもこの体格差のある先生に、私の力が敵う筈がない。
 それに、このコロニーから今のところ脱出する手段がないとしたら、男と女、二人きりしかいないわけで……とすると、いつかは先生と……。
 いやいやいやいや、ありえないだろ!
 お、男に抱かれるなんて、想像したくないし!

 結局、懇願されて先生の言う“連れ込み宿”、つまりラブホだな。
 そこに連れ込まれるハメになった。
 半ば強引に連れ込まれた薄暗い廃墟同然のホテルの中。
 変質者に誘拐され犯される少女の気分ってこんな感じかと、半分他人事のように怯えながら歩いていくと、先生が立ち止まった。

「さぁどうぞ、イヴさん。遠慮なさらずに」

 先生が指し示したドアを開くと、そこだけは明るい照明がともっていて、室内もきれいに掃除されているようだった。

「遠慮するのは先生のほうでしょう? 私が部屋から出るまで、先生は外で待っていて」
「そ、そんな……」
「もし、私の着替え中に入ってきたら、先生とはもう二度と口を聞かない!」

 そう宣言すると、私は部屋に入り、内側から鍵をかけた。ついでにチェーンロックも。
 先生には気の毒だけど、私には私の都合ってものがある。
 貞操の危機だけは、なんとしても防がないと。
 
 外観のとおり、ここはもともと普通の住居セルのようだった。
 中は綺麗に掃除されていて、少ないながらも調度品も揃っていた。

「これだけ用意するの、大変だったかも……」

 建物自体、かなり老朽化が進んでいてボロボロだったし、廊下だって薄暗くホラーハウスかと思うような荒れようだった。
 けれどのこ部屋だけは、ついさっきまで使っていたかのように、明るくて清潔で、エアコンも効いていた。
 私は濡れた服を脱ぎ、エアコンの吹き出し口にハンガーを引っ掛けて干した。
 そしてバスルームに入った。驚いたことに、脱衣かごの横には、新品と思しき下着類と服が用意されていた。

「用意周到ね。その努力は認めてあげなきゃね」

 濡れて体に貼り付いていた下着もぬいで裸になり、浴室に入ってシャワーを浴びた。
 水が出れば御の字と思っていたけれど、ちゃんと温かいお湯も出て冷えた体を暖めることも出来た。
 ほどほどに体を清めて、濡れた髪と体をバスタオルで拭き、先生が用意してくれた新しい下着をつけ、明るい色調の花柄のワンピースを纏った。
 姿見の前で、くるりと一回転すると、自分で言うのもなんだが、風呂上りの艶やかな美少女がそこにいた。

全文を表示 »

不良少年を女にして更生させるようです。

不良少年を女にして更生させるようです。 DMM版
不良少年を女にして更生させるようです。 DLsitecom版

不良少年を女にして更生させるようです。

戦う女の子を悪堕ち怪人にする話

戦う女の子を悪堕ち怪人にする話

戦う女の子を悪堕ち怪人にする話

アイドルの秘尻☆メス堕ちプロデュース ♂女装させられ強制種付けの裏舞台♂

アイドルの秘尻☆メス堕ちプロデュース ♂女装させられ強制種付けの裏舞台♂ DMM版
アイドルの秘尻☆メス堕ちプロデュース ♂女装させられ強制種付けの裏舞台♂ DLsitecom版

アイドルの秘尻☆メス堕ちプロデュース ♂女装させられ強制種付けの裏舞台♂

«  | HOME |  »

FANZAさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

FANZA専売品コーナー

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2015-06