FC2ブログ

Latest Entries

アスランとナタリー ~策謀の秩序~ by.黒い枕&松園 〈3-4〉



「ふにゃぁああ――ッ!?」
突如、悪寒に襲われたアスランは、可愛らしい悲鳴――まるで昼寝していたら尾を踏まれてしまった猫のような――を上げてしまう。
たぷるん、ゆさッ。
真紅のドレスから溢れ出そうなほど大きな胸を揺らしながら、辺りを見渡した。
「……はぁ、はぁ……あぁン。……あぁ……アスラン……じゃ、じゃなくて……ナタリーは、いない……のか?」
またもドレスは新調されており、性行為で汚れ切った体は綺麗にされていた。
但し、女性特有の壷型性器には、未だに牡の欲望汁が吐き出されたままだ。
(今……ナターシャの玩具にされる時みたいな悪寒が走ったけど……まずはナタリーを正気に戻さないと。……いや、その前にここから逃げなきゃダメだ!)
辛うじて自我を保っているものの、繰り返し犯されることによってアスランの精神は摩耗していた。
元は自分のモノの筈なのに、あの逞しい肉棒が体内に入り込む度に喜びはしゃぐ肉体。
「んふぅ……あふぅ!」
体に残る女の喜びに、アスランは甘いため息を零してしまう。
「はぁ、はぁ……にしても……この格好は……!」
頬を赤く染めつつも、四肢に力を込めて立ち上がろうとする。
けれども、両腕を絡み取り、両足の付け根を天高くに吊り上げている拘束具は簡単には緩まない。
(は、恥ずかしい……こんな股間を誰かに見せているような姿勢――くっ!!)
両手をバンザイの形に固定されてまま、大きく開脚を強いられている股間では、恥ずかしい汁で濡れているショーツが丸出しになっていた。
「は、恥ずかしい!く、くそぉおお!」
あまりにも恥ずかし過ぎる。
魔法陣の中央、身動ぎも許されずに、艶めかしいドレス姿を晒す彼は、まるで生贄の少女のようであった。
「だ、誰か……助けてぇ!ううっ……!」
理性が感情を抑えきれず、か細い声で泣いてしまう。
丁度、その時だった。
部屋にある唯一の扉が、ゆっくりと開かれてゆく。
「ひゃあ!」
ナタリーが戻ってきたと、情けない悲鳴を上げるアスラン。
「――あっ!」
しかし、彼の瞳に映ったのは、真紅の髪を揺らす二人の少女たちだった。
「アスランさん、無事ですか!」
「アスラン、無事!?大丈夫?妊娠は――していないわよね!」
「ナナミ……ナターシャ!」
待ち望んでいた二人の登場に、アスランは歓喜の声を上げる。
「……って、あれ?」
しかし、二人は何故か、部屋の中央で立ち止まってしまう。
顔を赤くして。
何か気まずそうに目線をさ迷わせながら
「――ハッ!?」
そこでアスランは思い出した。
自身がどんなに破廉恥な姿を晒していたかと言うことに。
反射的に甲高い悲鳴を張り上げる。
「きゃあああぁぁ!?ちがっ――!違う……違う!!こ、これは!これには訳が……うううっ!み、見ないでくれぇええ!!」
しかし、どんなに弁解しても卑猥な姿が解消される訳もない。
たぷんっ、と巨大乳房は悩ましく打ち震え、ねっとりと濡れ滴っているショーツは二人の視線の前に晒し出したままである。
「はうううぅ――!も、もういいから!後で何でも質問に答えるから、早く俺を解放してくれよぉおおお!!」
顔を真っ赤に燃え上がらせて、震える声で絶叫した。
「あっ……はい!」
「うん……そ、そうね!」
自暴自棄になって張り上げた声によって、双子たちも漸く動き出す。
ナナミが両腕を、ナターシャが両脚を。
それぞれが分担して、囚われていた肉体を解放する。
「あぐっ……くうう!た、助かったァ……ううう!」
不安定な姿勢を強要されていたために――その上、散々犯され続けていたので――肉体の節々が、かなり痛い。
「大丈夫ですか?アスランさん」
「有り難う。……ナナミ」
その痛みに堪えながら、ナナミに支えられて立ち上がる。
「……それで何がどうなっている訳?その姿から考えると……ナタリーってば洗脳されちゃっている訳?」
「……うん。もう自分のことを俺だと思い込んでいて……」
「……じゃ、じゃあ!やっぱり、もう既に犯されちゃって――!?」
「……はうッ!」
『犯されているどころか、もう既に数えられないほど体を重ね合わせている』などと言える訳もないアスラン。
顔をトマトのように真っ赤にさせて、恥ずかしそうに顔を臥せる。
けれども、その仕草だけで十分だった。
「まあ……しょうがないわよ、ナナミ。ナタリーも随分、男の体に染まっていたし、そもそもアスランのこと好きだったし……」
「……これは、少しお仕置きが必要かもしれないです!」
「ちょっ、ちょっと待って!ナナミ――待ってくれ!」
ナターシャは兎も角、ナナミの反応が物騒過ぎた。
目が据わり、ぐぐっと拳に力を込めている。
アスランの知っている中で怒らせたら一番恐ろしいだろう――彼女の『お仕置き』は、何が何でも止めなければならなかった。
「ナタリーも被害者なんだから!頼むから!穏便に!」
「で……でも!」
「そうよ。あんたのお仕置きは、ほんと洒落にならないんだから!」
「……そ、そうですね。今回、ナタリーさんは悪くないですよねぇ……でもっ!ちょっと……腑に落ちません!」
二人の説得で、渋々ながら体から力を抜いてゆくナナミ。
その姿に安堵の息を漏らした――が。
「ナターシャにナナミ……俺の可愛いナタリーをどこに連れて行くのかな?」
三人の背後より、ナタリーが、部屋の中に入ってくる。
その手には凶悪な光を放つ長剣が握り締められていた。
「な、ナタリー!?」
「ナタリー?……何を言っているんだ?ナタリーはキミだろ?俺は――アスランだ!待っていろ。今俺が悪い双子からお前を助け出してやる!」
「――ッ!」
やはり、未だに彼女の精神は狂ったままだった。
仲間である筈――しかも、親友でもある――ナターシャとナナミに本気の殺気を飛ばしている。
鋭い剣先を向け、腰を低く落とす。
彼が教えた剣技の構えだった。
「な、ナタリーダメだ!二人は仲間なんだぞ!?正気に戻れッ!!」
「……正気だよ。俺は!さあ二人を倒したら……さっきの続きをしよう!くくっ……しかしさっきまでのお前は本当に可愛かったよ!俺のちんちんをアソコに嵌め込んで!アンアンと悶えてさ!」
「――ぶっ、はぁあ!?な、何を言っているんだ!」
正気に戻そうと呼び掛けたものの、性行為のことを持ち出されて、アスランは恥かしさのあまりに噴き出してしまった。
慌てふためいて弁明しようと、唇を動かそうとする。が、しかし。
びきり――ッ!
何だか非常に嫌な音が響いてきた。
具体的には自分を庇うようにして前に飛び出したナナミの方から。
「……」
「ナナミ?」
アスランとナターシャが、不安げな視線を妹に向けた。
「……アスランさんと……いえ、私の後ろにいるナタリーさんと何回……セックスしたんですか?自称、アスランさん?」
畏怖に染まった二人の視線を無視し、ナナミが静かに問いかける。
すると、自分を『アスラン』だと思い込んでいる王女は、下品な言葉で返答した。
「うーん、正直覚えていないや。けど……俺のちんぽが何回も何回もナタリーの子宮にぶつかって、俺の精液を受け止めてくれる感触は最高だったぜぇ!温かくて、ゴリゴリして!くうう!口にするだけで、また入れたくなってきたぁアア!!」
「――――」
その瞬間、ナナミの瞳から光が消失した。
人として大切な何か――慈悲とか愛とか――を失ったような、死んだ眼。
「もう……無理ね。これは」
「な、ナナミ――まっ!」
ナターシャはナタリーに同情し、アスランはこれから起きるであろう惨劇を、最後まで回避しようと努力する。
「さあナタリー早く、こいつらを倒して!もう一度、ベッドで愛し合――!」
性欲で淀んだ瞳で視姦しつつ、アスランにキザな台詞を吐こうとするナタリー。
しかし、その言葉が最後まで言われることはなかった。
「――ハァアア!!」
「な、に?」
油断などしていなかっただろう。
アスランからの教えをしっかりと守っていたナタリーは、例え洗脳されているとは言え、微塵の隙もなく剣を構えていた。
だが、その一流の戦士にも劣らない技術を体得していた彼女であっても対応が遅れてしまったのだ。
それ程、ナナミの本気の踏み込みは――早かった。
「くっ!」
慌てて剣を振るうものの、二人の距離は余りにも近い。
拳の間合い――つまり、ナナミの独擅場である。
ぐるん。
ナタリーに攻めも、守りも許さない。
腰を回転させて、体内から捻り出したエネルギーを脚へと重ねて行く。
そして――。
「何を――羨ましいことをしているんですかぁあああああ!!」
「えぇええええええ!?」
「ナナミ!?本音が漏れてるわよォオオ!?」
口走ってはいけない言葉を吐き出しながら、ナナミの脚が跳ね上がる。
首を跳ね飛ばす凶刃にも引けを取らない。
常識破りのスピードと、鋭さを持った一撃が、ナタリーの体を吹き飛ばす。
「――――ッンゴオオォ!?」
……股間から真上に叩き上げるような形で。

「あぎっ……ヒガァ!!あぶふっ、っっ!?」
結果、彼女は王女として、否――人として出してはいけない不気味な悲鳴を漏らした。
瞳は一瞬で白目を剥き、大きく開いた口からは細かい泡が溢れ出た。
「お、俺の体ぁああああああ――!?」
「ナタリー!?」
「――――っ!」
完全に意識を失っていた。
アスランとナターシャの叫びを切っ掛けに、応えることも出来ずにナタリーは床へ崩れ落ちる。
そして、アスランの方も限界だった。
(ぐしゃっって聞こえた!ぐしゃって鳴った!?あっ、ああああ――俺の俺の、あそこ!俺の、からだぁああああ!?うぇえ……頭が……いたい、よぉおおお!!)
自分の体に襲い掛かった不幸。
その痛み、苦しさを我がことのように感じ――さらには今まで犯された疲労感も合わさって、彼の意識は限界を迎えたのだ。
「アスラン!?しっかりして!大丈夫よ!潰れていてもあたしが魔法で何とかしてあげるから!い、生きなさい!?」
ナターシャに身体を支えられながら、ナタリーと共にアスランは意識を手放した。

彼がヒロインに着替えたら

彼がヒロインに着替えたら

彼がヒロインに着替えたら

魔法少女アリサ 第1章 触手ドローン輪姦編

魔法少女アリサ 第1章 触手ドローン輪姦編

魔法少女アリサ 第1章 触手ドローン輪姦編

人間傀儡師~女忍陥落

人間傀儡師~女忍陥落

人間傀儡師~女忍陥落

コミックアンリアルVol.42 

コミックアンリアル Vol.42が2015Q1おかし製作所DMM販売数40位

隠密変装屋が2014Q4おかし製作所DMM販売数95位 彼女へクラスチェンジ!が83位
コミックアンリアル Vol.42が2014Q2おかし製作所DMM販売数92位 彼女へクラスチェンジ!が56位 隠密変装屋が64位 
彼女へクラスチェンジ!が2014Q1おかし製作所DMM販売数72位 コミックアンリアル Vol.42が57位
コミックアンリアル Vol.42が2013Q3おかし製作所DMM販売数91位
赤い糸が2013Q2おかし製作所DMM販売数14位 キミイロデイズ(3)が12位 彼女へクラスチェンジ!が8位 隠密変装屋が7位 コミックアンリアル Vol.42 が3位

今回も期待のラインナップ。
→信じられないぐらいに該当作豊作なので雑誌買いを強く推奨。

コミックアンリアル Vol.42 DMM版
コミックアンリアルVol.42 DLsitecom版

あんりある42

谷口さん先生のサキュバス学園アイドルと入れ替わりH
キミイロデイズ(3)

キミイロデイズ(3)

ストーカーに身体を乗っ取られ親友を犯してしまう女生徒赤い糸 DMM版
赤い糸【単話】DLsietcom版
あかいいと

共に戦ってきた仲間から呪いの性転換リングをはめられ雌の悦びに目覚めてしまう性転換勇者 彼女へクラスチェンジ! DMM版
彼女へクラスチェンジ!【単話】 DLsitecom版

かのじょへくらすちぇんじ


着た衣服の持ち主に変身できる能力を持つハードボイルド風探偵を襲う性転換快楽調教
隠密変装屋 DMM版

隠密変装屋【単話】 DLsitecom版
おんみつ

他にも
性転換能力を持つ転校生美少女が壁に空いた穴から通りすがりの男性に濃厚フェラサービス♥
男体化(男の娘化)してのお仕置きアナル責めも倒錯感MAXで必見!
少年勇者と巨乳巫女の身体が入れ替わって女の快楽を初体験






完堕ち!女体化勇者!〜蜘蛛女の嫁になった勇者〜

完堕ち!女体化勇者!〜蜘蛛女の嫁になった勇者〜

05/12のツイートまとめ

amulai

RT @4ho_o: 昨日あげ忘れてたみっちむカットに使った忍くん全体図(鎖帷子なし版)忍くんは忍者らしく(?)ふんどしなのか、お子様っぽくバックプリント付きブリーフなのか気になって昼寝できない https://t.co/QY5iUdMQuf
05-12 23:42

RT @YuukiNijino: 二次元規制反対派の山田太郎議員ですが、所属政党が決まらず、夏の選挙への出馬自体が難しい危機的な状況。山田議員は局面打開のために、自身が党首を務める「表現の自由を守る党」のサポーター増の必要性を訴えているので登録・拡散にご協力下さい(https:…
05-12 23:40

RT @psycocko: 半額はもう終わっちゃったかな?商業作品のデータ単話売りもやってます。こちらは大正時代の兄妹入れ替わりモノ。お気に入りです。よろしければ。 https://t.co/hq6mcYUQdO
05-12 22:37

RT @F_TSF: 同人誌は、今のご時世、印刷物の発売と同時に(あるいは、印刷物の発売より早く)、DL同人の頒布をしないと、スキャンしてネットにアップロードすることに生産性を感じる非生産的な人間が発生する。
05-12 21:28

RT @chocomelo_n: 新連載2話納品しました。前に5月からって言ったけど6月半ばで確定しました<(_ _)>TSヒロインは童貞が好きです…次点でヤリチンが好きです… https://t.co/IYrYHxJH1i
05-12 21:28

RT @F_TSF: 既に購入して頂いている方は、無料でフルカラー版をダウンロードできます。また、今なら302円で、大変お得。 個人情報は大切に(フルカラー)/TSFのF https://t.co/VvVgClECoT #DLsite
05-12 21:28

「食らえ必殺女体化光線!」「なんの!女体化光線反射メッキ」「うわわわーん」「ははは。こんなこともあろうかと女体化光線反射メッキを開発しておいたのだ」#TSFの卵
05-12 21:27

RT @karmax00: 同人界隈にいると感覚が麻痺るけど、まず絵を描くオタクは全体に対して相当少なく、さらにそれをインターネットにあげて衆目に晒すオタクはもっと少なく、同人誌を出すオタクはもっと少ないんだよね同人界隈にいると感覚が麻痺るけど(2回
05-12 20:56

RT @jan0me: JKとのオフパコで逮捕される人が僕の周りにも何人か居て、そのパターンが結構似てたので漫画にしました。(※字と文が汚くてごめんなさい。特にオチも無いです。) https://t.co/9SF50FRM7J
05-12 19:42

RT @MyoyoShinnyo: 「どうしたのコナン君?」「あの男、冴えないという評判なのに35歳で霞ヶ関の商社で係長、郊外のベッドタウンに二階建て庭付きの自宅を新築してマイカーを持ち、妻と二人の子供がいて休日は必ず家にいる……妙だな」 https://t.co/ohq4F
05-12 19:40

全文を表示 »

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2016-05