fc2ブログ

Latest Entries

アスランとナタリー ~策謀の秩序~ by.黒い枕&松園 〈4-7〉



(あっ、はぁンン――!はぁ、ンンっ、ああぁ!来た!来た!きたぁぁ!!)
彼の淫蕩に染まった顔が、ますます情けなく緩んだ。
そして……。
「くううっ――入ったぁあ!」
「はああっ――ンン!ひゃううぅ……きゃううう!」
アスランの女陰と、ナナミの股間が重なった。
猛烈な水音を立てながら、ガチガチに固まったペニスが柔らかな肉花弁を突き進み――トロトロの牝壺を、その逞しい弾力で跳ね上げる。
「くひゃあああ!?んはぁああ!あんんっ……あっ、ああ!あっ……ンっ!!」
巻き起こる落雷のような歓喜に、アスランは悶え狂った。
すすり泣きのような嬌声を張り上げながら、両足でナナミの腰を捕まえる。
「すごい!やっぱり、このちんこ!すごすぎる……うああ!きゃううう!」
「ああ!一回しか味わったことがなかったけど――ここ数日、何度も何度も思い出しては、射精していたこの感覚!!そしてこの充実感!!やっぱり女の人のナカは……アスランさんのナカは反則なほど気持ちいいです!」
「あっ、ああ!ナナミ!ゆっくり!ゆっくり……動いて!あっ、ひンン!こ、壊れ!ちゃぁ――うう!!あっ、あンン!」
ナナミの肉槍が、恥骨の裏側を悩ましく突き上げる。
その度に、アスランは甲高い悲鳴で泣き続けた。
下品な笑みを浮かべながら。
(や、ばいい!男戻れないほど!やばくて……気持ちひぃ、ひい!気持ち、イイ!!)
そこには勇者の面影も、男であった事実も存在しない。
今の彼はまさしく一人の――否。
「気持ちいい!最高……最高だぁああ!!わたしぃ!し、シワセェ――!!)
肉欲に飲まれた一匹の牝だった。
(お腹の中を抉られたら!あっ、ぁぁ!し、幸せだっておもちゃう!わた、わたし――あっ、ああ!おれぇ、どうしちまったんだ!ああ!もう戻れないッ!!男……にはッッ!)
極太の肉槍が、逞しい弾力で膣壁を押し上げると、脳裏が爆発してしまいそうな快感が迸る。
官能的な声が唇より溢れ、ナナミの体を抱き締める腕と足の力がますます強まった。
「あっ、ああ――ん!も、もっと!お腹の……ナカに!さ、差して!ぶっ、ぶっこんでぇ!な、ナナミのおちんちんをぉ!あひンっ……ああ!気持ち、いい!!」
狂おしい喜びに、全身が小刻みに痙攣する。
「可愛い……っ!アスランさんが可愛いですっ!!」
「あむっ!んっ……んむっ……んんむうう!」
重なり合う二人の唇。
(あっ、ああ!キス拒めないぃいい!)
簡単にナナミにキスを強要されてしまう。
筋肉で覆われた巨体に押さえ付けられると、か弱い女の体は支配されるしかなかった。
「あむっ!ナナミのきしゅっ!上手ぅ!あっ、あむっ、れろれろ!だめぇ、キスで女にさ、されちゃう!あんっ、あむっ……んんっ――!」
だが、それでも恐怖よりも、ナナミの意のままに操られ、犯されることに被虐の快感が湧き上がる。
(ああ!意識が……飛ぶぅ!!)
しかも、狂おしいキスの連続の中でも、ナナミの腰使いは速度と力を加速的に跳ね上げてくるものだから、意識がクラクラと昇天し始める。
「ナナミ!激しぃ!激しいぃ!あっ、ああ!勘弁……ひぃ、あああ!」
元は女の子だからなのだろう。
ナタリーだけではなく、ナナミも女の弱点を攻めるのが旨すぎた。
熱く濡れている肉花弁の頂点。
肉割れ目に隠れている小さな肉豆を押し潰し、子宮の入口へと勃起ペニスの先を擦り付ける。
(あふぅ!はうっ……ん!頭がばかになるぅ!)
子宮がジュンと燃え上がり、狂おしい喜悦が脳裏を突き崩した。
ナナミの恐ろしいまでに強い腰使いに合わせて、アスランも腰を扇情的にくねらせる。
「あっ、ああ!ナナミのちんこぉ!怖い……くらい!すごい!気持ちよすぎるぅう!!」
感極まって肉洞穴を縮めると、その直径の太さが分かってしまう。
元の肉体よりも大きくて、硬い。
そして何よりも腰が砕けてしまいそうなほど弾力が、凶悪過ぎる。
「あふっンン!ナナミのおちんぽが元気すぎてぇ!私の子宮が壊れちゃいそう!あっ、あ――ひぃうううっ!」
砲弾級のおっぱいを弾ませて、自然と逞しい胸板に抱き付く。
その衝撃に、ただでさえ雄肉棒に押し潰されていた子宮がより醜く歪み、意識が吹き飛ぶほどの悦楽が背筋に走った。
「あっ、ひぃ――あっ、ぐぅうう!わたしぃ!あっ、ああンンっ――!」
最早、女として絶頂することは避けられない。
ナナミの巨体にしがみ付いたまま、アスランは全身をガクガクと震わせて――。
ぷしゅ、しゅわ、じゅわぁあああ!じゅぶっ、ぷしゅううう!!
(わたしぃ!わたし――い、いくぅうう!あ、あはぁっ、っンン!!気持ちいいよぉおお!!)
みっちりと男根が嵌り込む、肉割れ目。
絶頂に身悶えながら、その甘美に煮詰まった肉穴より、灼熱の牝粘液を噴き上げる。

05_20160508231511c22.jpg

全文を表示 »

男の娘♂彼女

男の娘♂彼女 DMM版
男の娘♂彼女 DLsecom版

男の娘♂彼女

【50%OFF】 男の娘ハーレム~ご主人様♪私たちのメス化アナルをお召し上がりくださいませ~ スマホ版

【50%OFF】 男の娘ハーレム~ご主人様♪私たちのメス化アナルをお召し上がりくださいませ~

50OFF】 男の娘ハーレム~ご主人様♪私たちのメス化アナルをお召し上がりくださいませ~

絶頂多発地帯 イキ地獄へようこそ

絶頂多発地帯 イキ地獄へようこそ DMM版
絶頂多発地帯 イキ地獄へようこそ DLsitecom版

絶頂多発地帯 イキ地獄へようこそ

06/01のツイートまとめ

amulai

「食らえ必殺女体化光線!」「なんの!女体化光線反射皮膚!」#TSFの卵
06-01 21:19

RT @eroetwit: これからはわしの描く学ラン男装っこの入る学校の設定は、全国から猛者が集められた私塾で18歳以下のものは誰一人いないということにしよう…( ˘ω˘ )あと学ランデザインも少し嘘っぽいアレンジをいれた方がいいかもしれない
06-01 20:37

あむぁいおかし製作所今週のイラスト企画は!謎のメイド服の魅力にうっかり女装して女体化するバイト君(なつのみさんの設定)をまさきねむさんに描いてもらいました!https://t.co/0sfl6sbfZJSS募集中です! https://t.co/x42QZjlRfF
06-01 20:36

RT @marioalmanac: 出した同人誌の無料公開については一度アンケ機能使って意見を聞いてみたいところ。
06-01 18:56

RT @mzykrn: 美容師のリア友と話していたんだけど「ブサイクほど髪の毛を赤色に染めたがるんだけど、実際にブサイクは多少奇抜な色にしてた方が顔が目立たないし、ブサイクに色を相談されたら赤系を勧めてる」って言われて、先日、行きつけの美容院で赤色を勧められたことを言い出せずに…
06-01 18:51

RT @kclife2007: これ聞きたいのでよかったら答えてください。あなたは、自分が購入した同人作品が、その後作家本人によって全編webで無料公開されたとしたら、どう感じますか?
06-01 18:51

RT @nakamukae: 「現代の奴隷」の最たるものとして外国人技能実習生があるけど、あれを見て我々日本人がよくよく理解しないといけないのは、日本人(に限らないかもしれないが)の経営者ってのは、法律さえ緩めば人間をあそこまで非人道的に扱う気満々だってこと。権利を主張しないと…
06-01 17:12

RT @HyperOPA: 長谷川裕一大先生「ゴレンジャーの怪人が何故あんなにユニークなのか」に対しての「バッタとかまだ裏切って正義に目覚めるかもだけど目が覚めて自分の顔がヤカンや野球のボールや牛靴なら諦めて悪の怪人になるしかないから」の説得力 https://…
06-01 10:35

RT @kuro_oolong96: 5万円の仕事出来る人が10万円稼ごうと思ったら、5万円の仕事を2倍の速度で2つやるしかない
06-01 10:24

RT @NSK_ANG: Twitterに石油王ってどれくらいいるんだろう…石油王の人だけRTしてください!!
06-01 10:24

全文を表示 »

«  | HOME |  »

FANZAさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

FANZA専売品コーナー

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2016-06