fc2ブログ

Latest Entries

最前線のデグレチャフおじさん

最前線のデグレチャフおじさん

最前線のデグレチャフおじさん

【サンプル掲載】神崎教授のお戯れ~牝畜奴隷観察レポート 001~ ⑤

「まだ……絶頂していないよね? なのに……凄い量の愛液! 和史くん……わたし嬉しい! ……わたしの手淫……成功しているんだね!!」
「あっ、ふぁあ……やだぁ……やだ、よぉぉ……」
「あはは――和史くん。 ますます女の子みたい……可愛いっ!!」
「あひぃ、んふぅ……はぁああっ……」
 少年のソプラノ声を女の子のような甘声に変えて、身悶える和史。
 抗えない虚脱感と恥辱――。
 そして、百華によって産み付けられる異性の快感に、嫌でも甘やかな喘ぎが漏れていく。
 ギュゥ、ギュゥ、と硬めの肉穴が盛大に窄まった。
(俺は……女じゃないのに! こ、こんな――治療……ひぃいい! わ、脇はだめぇ! あっ、あああ……匂いを……カラダの……匂いを嗅ぐなぁ!! ……恥ずかしいよォォ……ッ! う、うぅぅ……)
 百華の鼻が、くんか、くんか、と蠢くだけで、腰骨から脳天に掛けて鋭い電撃が発生する。
 たかが汗だと、たかが体臭だと思いたい。
 百華は、自分のためにこんな汗だくの女体を舐めしゃぶり、愛撫しているのだと信じたい。
 だが――。
「はぁ、はああっ……も、もう限界――や、やだぁ……やめて……くれっ。 なんでもするっ……するからぁ……欲しい物買うし……りょっ、こう……旅行にも連れて行くからぁ……」
 ぐすん、ぐすん、と涙ぐみながら、ついに和史は百華に懇願した。
 以前よりもやや丸みを帯びた貌が、切なげに眉を歪め、涙を流す姿は――どう見ても女の子である。
「うーん。 どうしようかな? じゃあ……和史くんが、もっと女の子らしくなったら――完全に変身を終えたら……和史くんがわたしにして来たみたいに……わたしが、和史くんを女の子として抱いていい? 犯していい?」
「あうぅぅ……だから……舌で脇の下を……はひぃぃ! 鼻をそんなに鳴らして……あ、あっ、あああ! 胸も……股の奥も……嫌だ! こんな……あ、ああ……ひぃ、あああ! は、はず……かっ、ひぃ、ぃ……ッ!」
 女としての感性に目覚め、ビクビクと痙攣しながら恥じらう和史。
 全身が赤く茹っているが、特に顔はトマトのように紅潮していた。
 恥ずかしいと思えば思うほど、恥辱の原因のひとつである甘酸っぱい汗が、だらだらと肌を覆い尽す。
「今わたしが抱いている女の子が和史くんだと思えば……わたし、女の子同士でもエッチが出来る! だから……ねぇ、言って! 言ってよ、和史くん♡」
「あ、ああ……百華……っ、っ」
 もう限界だった……。
 色々と抑えが利かない。
 女体化した身体は、淫らな反応を繰り返す。
 乳首は淡く勃起し、蜜のように甘い快感を走らせ、ぴくぴくと震えた。
 恥部の肉穴からは熱い体液が、ぷしゅ、ぷしゅ、と滲み垂れる。
 百華の指と肉襞の隙間から漏れ出す愛液は、悩ましいほど濃厚で、淫らな肉音がより激しく部屋に響いていく。
「ほら! 言って――うんん。 言いなさい! 約束しなきゃ……何時までも、和史くんの汗を舐めちゃう! 汗だくの体も嗅ぎまくっちゃう! このまま……朝が来るまで、イカせないよ!!」
 普段以上に――自分とセックスする時よりも――興奮する恋人の百華。
 彼女らしくないきつい口調。
 しかし、なぜだろう。
 その高圧的な物言いに、ドキドキと心臓は甘く高鳴った。
 喉の奥より溢れ返った唾液を、思わず、ごくりっ、と呑み込む。
(も、も……百華っ! 俺が……あの百華に……お、女の子として責められている? あ、ああ……女の子として抱かれてるぅ。 ……んふぅ、ふぁああ! 信じらんねぇ、ぇ……っ!)
 濡れ疼く女陰を丁寧に扱かれ続けていると、女体の奥から快感の熱が湧き上がった。
 きゅんっ、きゅんっ、と肉欲を訴え、激しく脈打ちを繰り返す愉悦肉――
いや、女にしか備わっていない聖なる孕み壺。
(あ、ふぅ、ああ……これっ……これっ……お、おまんこっ。 あっ……あんんっ。 違う……これは……女性器だ。 ……百華にもある、女の子宮が……俺のお腹の下で、疼いてる。 俺は……もう完全な女の子……っ♡)
 子宮によって増幅される女としての本能が、恋人への屈服を求めて来た。
 甘切ない当惑が意識を掻き乱し、苦しそうな喘ぎを振り撒きながら、和史は、むわぁ、むわぁ、と強烈な体臭を噴き上げる。
 びちゃ、びちゃ、と雨に打たれたような有り様で、大量の汗が全身に絡み付いた。
「あむぅ……ンン! 和史くん……言って! 女の子になった自分はこれからわたしの……カノジョになって――女の子として抱かれる、って約束して!! んん、ちゅっ、ちゅっ! 女の子として犯されて! 女の子としてデートして! 可愛い服や、メイクとかにも挑戦する、って約束しなさい――!!」
 ぐちゃ、ぐちゃ!
 ぷしゅ、しゅわぁ、あああああ!!
「はぅ、うぁ、うわぁぁっ……ひぃ、ぁあああ――ッ! わ、分かった……お、俺……もう女の子。 女の子だから……あっ、ぁああ……!!」
 ゾワゾワと膣道は蠢き、百華の細い指の束を柔らかな肉が食い縛った。
 濃い蜜液を吐き垂らし、和史は腰をくねくねと跳ね上げていく。
「あっ、ふぅっ……んふぁあ! おれ……お、女の子として……生きるっ、かっ……からぁ! あっ、あっ……い、今まで……俺が百華を……抱いたとき、みたいに……俺を……だ、抱いていい……っ!! はぁ、ンン……っ、っ♡」
 恥部に穿たれた肉穴は柔らかさを増しながら、狂おしく発熱した。
 淫らで激しい蠕動が続け様に巻き起こり、本能も、意識も……百華の支配を受け入れる。
 腰は鋭く捩じれ、硬いお尻が躍動した。
 蕩けた媚肉で必死に締め付ける細い指の束が、襞壁を、ぶじょっ、ぶじょっ、と擦り立てていく……。
(あっ、ああ……も、百華も! こんな……風に感じて――あふぅ、ンン♡)
 男であった筈の自分が女の悦楽を覚え……そして、女として絶頂に導かれていくことに、和史は倒錯的な昂揚を深く味わう。
 しかも、その相手は、好きな女の子――自分の恋人である百華なのだ。
 未体験の興奮が、ぞわぞわ、ぞわりっ、と背筋を駆け上がっていく。
「はぁ、はあっ、はあっ……お、ね……願いぃ。 ……約束するからっ……♡  こ、これからは……俺が抱かれて……デートの時も、可愛い服や、メイクも……百華の言う通り……するっ。 するからっ……だから……焦らさないでぇ! もう本当に……俺、限界……だからっ♡」
 少年の如き甲高い声をより、女の子へと近づけながら、和史は約束した。
 正気など保てない。
 いや、むしろ――理性も、知性も、邪魔とばかりに、女体化青年の下半身は、くねり、くねりっ、と上下にくねり上がり、細い指の束を、濡れ疼く陰唇へと招き入れる。
 『ハァハァ……♡』と熱い吐息が、和史の口唇から漏れる。
「約束したよ! よく言えました。 えらい、えらい――大好き、和史くん♡」
「も、百華ぁ……あっ、ああっ!」
 際限なく潤う脇の窪みから舌先を離し、百華が微笑む。
 まるで幼い女の子をあやすように和史の頭を撫でて、頬へと口付けを繰り返した。
「あんっ、んんっ……オレも……百華、すきっ♡ はん……ンンっ!!」
 自然と唇と唇が重なり合い、激しいキスへと昇華される。
 戯れのキスではなく、恋人同士が行う激しいキス。歯茎の隙間が丁寧に舐め扱かれて、舌肉が、ぐちゃ、ぐちゃっ、と掻き混ぜられた。
 恋人の唾液を、ごくごく、ごくんっ、と飲まされる。
「も、ももか! ももっ、かぁあ! ――百華!!」
「和史くん! 逝って! 逝って!! わたしの愛撫で、キスで!! わたしにおまんこ……ぐちゃ、ぐちゃされて――女の子の初絶頂を味わって!!」
「はぁ、ンンン――ひぃ、ひぃ、あああああ~~~~ッ、ッ!!」
 百華の華奢な体が圧し掛かる。
 柔らかな肌と、柔らかな肌が掠れ合い、擦れ合う。
そして……濃厚に重なり合った。
 まだ和史の体には男の名残というべき硬い筋肉が残っているが、それでもやはり女の身体と言う事なのだろう。
 肌と肌が密着する感覚に意識が乱されて、ギュゥ、ギュゥ、と女の穴が激しい緊縮に襲われた。
「はぁ、はああ! んひぃぃ、いいい――!!」
 限界と言わんばかりに、和史は生臭い悲鳴を張り上げた。
 もう少年の声ではない。
 艶めかしい女の絶叫が、ふたりを包んでいく。
 ぷしゅ、しゅわぁあああああ!!
(あっ、ああ! これが――んふぅ、ああああ! すげぇ、ぇええ! これが……女のっ……イクっ! イクっ、なのかっ! はぁ、はぁああ……おまんこ……めちゃくちゃ……動いて……んふぅ、あああ! あっ、ああ……おれ、気絶する、ぅぅ……っ♡)
 蜜液と絶頂の潮を、恋人の指や腕にたっぷりと噴き掛けながら、びくんびくんと痙攣する。
 和史は、女の子として絶頂させられたのだ。
「はあっ、はあっ……あっ、あっ……あんっ♡」
 初めての女体絶頂は、男だった和史には強烈過ぎた。
 脳があまりの快感を制限するかのように、意識が強制的に断ち切られていく……。
「……可愛かったよ、和史くん。 ……これからもわたしの恋人として――うんん、カノジョとして、可愛がってあげるからっ……♪」
 恋人の腕の中、ぐったりと撓垂れた和史は、その可愛い寝顔を観察されていた。

「あははっ――! 面白い! 最高ね!! 恋人に襲われて、アンアン喘いでいる男の子! 最高に無様で、惨め!! ああっ~~ゾクゾクしちゃう!! この調子で……あたしが造った世界に溺れていきなさい!!」

 百華と、もうひとりの人物――神崎教授によって。

神崎教授のお戯れ~牝畜奴隷観察レポート 001~ DMM版 購入はこちらから
神崎教授のお戯れ~牝畜奴隷観察レポート 001~ DLsitecom版 購入はこちらから

【電子同人プロデュース!】あむぁいおかし製作所のGW同人製作支援イベント!【進捗7】

【低予算で電子同人誌をプロデュース!】あむぁいおかし製作所のGW同人製作支援イベント!【満員御礼】

即満員になったプロジェクトですが、進捗管理のコーナーです!

GW枠
揺らぐ藻さん→漫画家:松園さん。下書き完了。着色へ
志岐転機さん→漫画家:れいとうみかんさん。下書き&着色中。
ととやすさん→漫画家:虎島タオさん。下書き半分完成。
このざまさん→漫画家:孝至さん。8月中着手。このざまさんがシナリオを完成!?
らぁさん→漫画家:倉塚りこさん。7月中着手予定。シナリオもある程度まとまる。

栗餅ちづるさん(特別枠)→漫画家決定済み。シナリオもある程度まとまる。栗餅さんの夏コミ対応のためにゆっくり進行。

6/30追加枠
サイクロプスさん→シナリオ作成中。
kagami0235さん(HELP枠)→シナリオ作成中。

性▼転感女体化エクスタシー

2017Q2おかし製作所DMM販売数(非18禁)10位
2016Q4おかし製作所DMM販売数(非18禁)4位

性▽転感女体化エクスタシー DMM版
性▼転感女体化エクスタシー DLsitecom版
性▼転感女体化エクスタシー AMAZON版


闇染Revenger -墜ちた魔王と堕ちる戦姫-

闇染Revenger -墜ちた魔王と堕ちる戦姫- DMM版

闇染Revenger -墜ちた魔王と堕ちる戦姫-

amulai

24時間ランキング 22位!(150DL)
07-07 22:37

RT @c2tiduru: C94新刊予約始まりました。原稿まだ半ばなのに早く申請通っちゃった…!たっぷりあるのでゆるゆるっとご注文ください!そしてなんとメロブさん限定でクリアファイルがつきます!裏はクリアで入れた書類がTSFエロ同人ぽくなる仕様…■メロンブックス限定クリアフ…
07-07 20:41

RT @amulai: 人形化はどの程度までやるのが丁度良いですかね。
07-07 20:28

24時間ランキング 28位!
07-07 20:22

RT @99mina_jeju: 死刑を廃止する代わりに、死ぬまで大東建託で働かされる「終身ブラック刑」の導入を主張しようと思ったけど、大東建託で働くこと自体が憲法の禁じる「奴隷的拘束および苦役」そのものだから違憲だし、大東建託の存在自体が違憲なのだと気付いた。
07-07 18:21

24時間ランキング 35位! 100本突破です♪
07-07 18:19

24時間ランキング 48位!
07-07 16:23

RT @RAKU_JIN: 絵を変える提案を2稿でやられると、何度も原稿弄り直すの嫌。際限なく調整しなアカンやんけ。ムカつく。
07-07 14:39

24時間ランキング 71位!
07-07 14:22

人形化はどの程度までやるのが丁度良いですかね。
07-07 12:43

全文を表示 »

«  | HOME |  »

FANZAさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

FANZA専売品コーナー

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2018-07