fc2ブログ

Latest Entries

【投稿小説】”男”を奪われた果てに ④

作:Haseyan http://mypage.syosetu.com/486829/
挿絵:そらねこ https://skima.jp/profile?id=23496

①はこちら

 地面を凝視し、他の感覚を可能な限り遮断しながら足を進める。先導するのは楓と握り合う真紀の手だ。真紀のお願い、もとい脅迫の従って二人はショッピングモールを歩いていた。

「そんなに恥ずかしいの?」

「は、恥ずかしいに決まってる……」

「まあ、確かにそんな格好だしね」

 真紀の苦笑する先は、楓の服装だった。当たり前だが、今の姿の楓の服はどこにもない。あったのは真紀の私服と、着ることさえ難しくなった男の服だけだ。
 そのため、今の楓は真紀の高校時代のジャージを借りて、帽子をかぶり、その場しのぎの格好で公共の場に出ている。

 一体これは何の拷問なのだろうか。変わり果ててしまった足の付け根は、何にも守られていないやら、違和感が激しいやらで顔から火が出る気分。女性らしくなってしまった胸も足を踏み出す度に先端が擦れて妙に痛い。嫌でも今の自分は女の子なのだと自覚させられて、恥ずかしさは倍増しでは済まなかった。

 周りの人々の視線が普段と比べ物にならないほど突き刺さっている。それは過敏になっている楓の錯覚だろうか。きっと錯覚だと祈りながら、とにかく視線は足元に固定する。
 それが今できる唯一の抵抗だった。

「というか、魔女なら服ぐらいどうにかできたりは……」

「何言ってるの。何もないところから服を出せるわけ無いでしょ?」

「男を女にできるならそれぐらい頑張ってくれよ……!」

 あくまで楓のケースは元あるものを変化させただけ。無から有を作り出すこととは訳が違う、と言うのが真紀の言い分だ。
 魔法なんてもの信じてすらなかった楓からすれば、服の方が簡単に思えてしまうのだが。どうやらそうでもないらしい。

「ほら、着いたよ」

「これでようやくマシな……って!?」

 真紀に促されて顔を上げ、瞬間、ただでさえ赤かった顔にさらに熱が集まり、再び俯かざるを得なかった。一瞬見てしまったもの、それが示す状況を知ってわなわなと肩を震える。
 周囲を支配するのは華やかな布の数々。しかし、楓にはあまり縁のなかった形のもの。今の楓が足を踏み入れていたのは、女性の下着売り場のど真ん中だった。

「すみませーん。店員さーん」

「え、ま、なんで、この店……!」

「服を買うなら下着から全部じゃないと」

 色々と限界ですっかり忘れていた。ここで購入した下着を身に着けるのは他でもない、楓自身なのだ。確かに今の体では必要なのだろうが、それでも楓の精神的負担は計り知れない。
 混乱しているうちに真紀に呼ばれた店員が駆け寄ってきた。俯く楓の心境などいざ知らず、見事な営業スマイルを向けてくる。

「お待たせしました。御用でしょうか?」

「この子のサイズ測ってもらえませんか」

「ええ、もちろん。それで……ん?」

 真紀から楓に視線を移し、店員の女性は訝しげに首を傾げる。その疑念の先は楓の服装なのは明白だった。
 微妙にサイズの合わないジャージ姿、加えればズボンの下にはその場凌ぎの男物のパンツを履いているという問題外の格好だ。すぐにスマイルの向こう側に消えた表情だが、確かに店員は困惑していた。

「ごめんなさい、色々あって服を全部ダメにしちゃったんです。それで慌てて一緒に買いに来て」

「あー、なるほど。失礼いたしました。それではすぐにでも済ませてしまいましょうか」

「え、あ……」

「いってらっしゃーい」

 さっさと真紀が会話と捏造された事情説明を済ませてしまう。今更断るわけにもいかず、楓は流れに身を任せるほかなかった。羞恥心はとっくに天井を突き破っているが、それでも店員の背中を追っていく。

「こちらへどうぞー」

 辿り着いた試着室に促されるままに足を踏み入れると、店員も続いてくる。動悸が止まらない。少しでも早く元に戻りたい。

「それでは測りますので、服を脱いでくださいね」

「は、はい」

 ここまで来たらもう、腹を括る他なかった。言われるがままに服を脱ぎ捨てる。なるべく鏡は視界に入れないように。少しでも自分の今の姿を見たくない。その少しずつの認識が変化を受け入れて、確定させてしまうようで怖いのだ。
 無論、恥ずかしいという単純な感情も理由を大きく占めているが。

「それにしても災難でしたね。この服は?」

「え、あ、っと……真紀の、連れの子の余りを借りて……」

「それで少し大きめの服なんですね。では、腕を上げてください」

 真紀の服が少し大きめ。その言葉に今の自分は恋人よりも体格が小さくなってしまっていると、軽くショックを覚える。自虐的な笑みが零れる中で店員の手際は見事だった。

「んっ……」

 次々と楓の様々な部位のサイズを盛り取っていく。しかし、この体が男の時よりも明らかにデリケートなせいか。或いは楓が意識しすぎているせいか。店員に他意は無いはずなのに、こそばゆさで身を捩らせそうになってしまう。

 特に胸の辺りを触れられると、何度も何度も今の姿を再確認させられるような倒錯感で妙な気分になりそうだった。至って真面目な態度の店員の前で何をしているのだと、同時に自己嫌悪に陥りそうになるが、それでも恥ずかしさは留まるところを知らない。

「終わりましたよ。お客様にあったものをお持ちしますので、少々お待ちください」

 一度店員は試着室から出ていったが、すぐに戻ってくる。ただしその手には様々な布が、男の楓は一生身に着けるはずがなかった布が、女性の下着が揃えられていた。

「お好きなものをご試着してみてください。こちらのものなどとても可愛らしくてお客様にお似合いになるかと思いますが」

「あ、あ……いや、それ派手過ぎる……」

 真っ先に店員が差し出してきたものは、華やかなレースなどで飾り付けられた下着の上下セットだった。確かに可愛らしいのかもしれないが、女性経験数時間の楓にはレベルが高すぎる。

「そうでも無いですよ。きっと似合いますから是非とも」

「え、遠慮させてください! それよりそっちのやつで……それも正直嫌だけど……」

「……そうですか。それでは、こちらですね」

 少々残念そうに、店員は比較的落ち着いた色合いの下着を手渡してくる。恐る恐ると受け取ったそれだが、十分に楓の目に毒である。それを自ら身に着けるとなればなおさら。
 しかし、ここまで来てやっぱり何も買わないのは明らかにおかしいだろう。覚悟を決める。緊張で心臓の鼓動が増々加速していくのを自覚しながら、その未知の布と向かい合って。

「あ、えっと……」

「如何なさいましたか? お邪魔でしたら退出しますが……」

「そうじゃないです! そうじゃなくて、あの……ちゃんとした着け方わからないんですが」

 どうやって装着すればいいのか、残念ながら楓は知らなかった。もちろん、それを胸の膨らみに当てて固定すればよいのは知識として持っている。だが、いざ見様見真似でやってみようとすると、思考が凍結してしまった。
 二十歳前後の女性が下着の着け方を知らないという明らかにおかしな状況だが、それでも聞かざるを得なかった。何も尋ねないでくれと、祈りながら店員に助けを求める。

「……ああ! それでは失礼します。しっかりと収めるにはコツがいりますからね」

 しかし楓の懸念に反して、店員に戸惑いは無かった。安心半分困惑半分の気持ちでいると店員が背中に回り、下着を胸に当ててきて。そのまま背中や二の腕などから、脂肪をかき集めるようにして胸に集めていく。
 驚く暇も恥ずかしがる暇もない見事の手腕で、気が付けば楓の胸にあったのは知る必要のなかったはずの装着感だけだ。

「どうですか?」

「え、あ……」

 先ほどから言葉にならない音ばっかり発している気がする。だが、眼下に広がる光景には感想などとても言葉として形にできない。女性の母性を象徴するなだらかな曲線が、胸の谷間が男のはずの楓に存在している光景は。
 決して大きくない。だが、小さくもなく確かに存在を主張している。男の夢の詰まった膨らみ。それの持ち主は楓自身なのだ。

挿絵2

10/10のツイートまとめ

amulai

絶対恋愛禁止。違反者は去勢の男子校で突然女体化したボクは…#TSFの卵
10-10 23:34

RT @Hikikomori_: 「人は見た目が100%」と、「いやいや人間見た目よりも中身だよ!」と言うの、どちらかと言うと前者のほうが真実に近いと思ってたんですが、キズナアイさんのデータ使って別の人が自分の意見言ってる動画見て、「いくら見た目かわいくてもこれはきつい…」とな…
10-10 23:02

RT @rionaoki: 炎上した社会学者が自ら鍵かけたりアカウント消したりしていることからすると、社会学アカデミアよりツイッターの方が自浄作用が強いと言わざるをえない。
10-10 23:01

RT @shine_sann: 川上量生氏が今日のブロマガで「海賊版サイト側にも権利者側にも常識として認知されていた手法ではない」と仰っているディスカバリー手続ですが、これは米国の裁判の中でも重要な手続なので、一度でも真剣に検討すれば必ず知っているものです。日本に入ってくる法廷…
10-10 22:58

RT @s_dotto_dexijei: ああ…どなたかと、漫画家・加藤じゅん先生の著作物について語らいたい。僕の手元には「あばたー☆とらんす」、「メスイキおとこのこスイッチ」、どちらの単行本もある。普通に読んで楽しむのは、もうこれでもかという程やった。次は他者と語らい共有する…
10-10 22:55

RT @amulai: あむぁいおかし製作所、今週のイラスト企画は!https://t.co/i6MX3ccgXmめいと@meito_67さんに、「正体がバレると女の子にされてしまうというペナルティを持ったスーパーヒーローだったが、幼なじみの少女に正体がバレた事でスーパーヒ…
10-10 22:53

RT @amulai: あむぁいおかし製作所、今週のイラスト企画は!https://t.co/MNdSxgVsflSKIMA経由でしまじさんに「バイトを探していたら友人に良いのがあると薦められて、友人宅で謎のクスリを飲まされて女体化。エロメイドをやらされる」という設定で描い…
10-10 22:53

RT @Kitei6: 新旧の作品を読み比べて分かったことは、現代の作品は見ため反ポリコレかな?というものであっても、昔よりはポリコレの影響を受けている(きっと他の影響も)新旧ともそれぞれの方法でイラストが本文にマッチしており、雰囲気は違うけど面白く読める
10-10 22:51

RT @amulai: TSもの(性転換・女体化)好きとMC(催眠・マインドコントロール)好きとの相関性をアンケートで調査しちゃいます!
10-10 22:40

RT @stdaux: 国際送達の都合上、グーグルを訴えるときは訴状英訳をつけるのだが、翻訳費用を節約するためグーグル翻訳を使うという先生の話は聞いたことがある。相手は決して「翻訳が悪くて読めない」とは言えないからと
10-10 22:39

全文を表示 »

«  | HOME |  »

FANZAさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

FANZA専売品コーナー

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2018-10