FC2ブログ

Latest Entries

【1000DL突破】黒魔女の転生

黒魔女の転生

買いました!
変わったテイストでTSFを楽しめて新鮮です。
造形も良いですし、暗示の入れ具合も良い感じに刺激的。ここのサークルさんも良作が良いですよね。
値段分の価値がある、とレイティングします!

黒魔女の転生

妻のカラダ~永遠を楽しむための牝玩具~ (kagami0235さんの電子同人小説) サンプル④

妻のカラダ~永遠を楽しむための牝玩具~ FANZA版
妻のカラダ~永遠を楽しむための牝玩具~ DLsitecom版

妻のカラダ~永遠を楽しむための牝玩具~

「…………んっ、こ……ここ、は?」

 暖かな思い出――いや、夢から目覚めたラルフに待っていたのは、地下牢であった。
 湿った空気。冷たい床。窓のない狭い部屋と、鉄格子。
(そうか……俺は……あのまま……)
 幽閉された部屋にひとり残されたラルフは、嫌でも先程の出来事を思い出してしまう。
 妻パステルとレーアとの、信じられない痴態を。
(違う……あれは、違う! 妻は――パステルは正気じゃない! 操られているんだ……あの女に! 魔女に!!)
 夫である自分でも一度も交わることが叶わなかった妻を、思うが儘に蹂躙したレーア。
 そして、そのダークエルフに身も心も委ねているような、淫蕩の表情を浮かべたパステル。
 しかし、それでも彼には僅かな希望が残っていた。
 彼女は自らの意思で、”魔女”を慕っているわけではないと、そう信じる。
 なぜなら……。
(魔女――レーア・ハブウッド。 1万年は軽く生きている、化け物だ。 きっとパステルもあいつの魔力に、正気を失っているんだ!!)
 ”魔女”と呼ばれるダークエルフ。
 レーア・ハブウッドは、生きた伝説である。
 曰く、その尋常ならざる魔力は女神や魔王すらも脅かし、彼女の近くにある全ての物が、その魔力によって支配される。
 曰く、彼女の魔力に汚染された土地ごと封印結界で閉じ込めたが、それでも彼女を信仰する人々が集まり、小さな国を作ってしまった。
 曰く、退屈凌ぎに戦争や殺戮を引き起こし、近年ではそれにも飽きて男や女を、とっかえひっかえして、堕落の限りを尽くしている。
 そう言った話が絶えず存在し――そして、それのどれもが真実であった。
(あいつから離せば……パステルを取り戻せる。 でも――ぐずぐずしていたら、俺もあいつの魔力に支配されてしまうかも。 急いで……脱出だ!!)
 『自らの意思で、パステルは夫を裏切った訳ではない――』。
 そう思うしかなかった。今は……。
 故に、ラルフの行動は早かった。
 結わえていた長髪に隠していた、脱出用の魔法道具を取り出そうと腕を動かす。
「な、に――?」
 だが……振り上げた筈の手は、空を切った。
 何度腕を動かそうとしても、硬い何かに邪魔をされる。
 ガチャ、ガチャ、と手首ふたつと首から金属的な音が鳴り続けた。
(なんだ――板、枷? いつの間に――?)
 四肢に括りつけられていた鉄球は姿を無くし、代わりに板状の枷がラルフの両手と首を固定していたのだ。
(くそ――ふざけやがって!!)
 小さく舌打ちをしながら、軽く体を動かす。
 結わえた髪の方から、掌に乗るように仕向けたのだ。
 ……けれども。
「うわっ!? あぐっ、っ……!?」
 胸の方でボリューム豊かな何かが、たゆん、たぷるん、と揺れて弾んだ。
 華奢な足腰では、その反動に堪え切れず、ラルフは強かに転倒してしまう。
(おかしい――? 何かが……なにか、変だ――!?)
 悪夢のような現実に。幸せであった夢に。
 意識を振り回されていたラルフも、自身の体の異変に気が付いた。
 血走った目が、必死に辺りを見渡す。
(き、ん? 髪の色が……なんだ、金色だと? それに……なんだ、これ? 腕や、足が……細い? それ、に……腰が括れて……胸に、たぷるん、たぷるん、と揺れる物体が……付いている? しかも、これ……直接肌にくっ付いてないか?)
 銀髪は、金色の髪へと変わっている。
 無造作にウエーブの掛かったブロンドは、項や枷へと散らばっていた。
 花の香りのような、甘い臭気が鼻孔を擽る。
 その上、手足は冗談のようにか細くなっており、これではとても剣など振るえない。
 それに腰が異様なほど括れたのに対し、臀部も、乳房も、柔らかな肉がこれでもかと言うくらい盛り上がっている。
「うぐっ! く、そぉ……うっ、ぐっ……はぁ、はあ、はー……!!」
 特に胸の砲弾型の球体には大苦戦。
 ラルフは情けない喘ぎを見っともなく漏らしながら、不安定な体のバランスに慣れるしかなかった。
 たゆる、ぷるん、胸が盛大に揺れる。
(くぅ――あ、あぁ……ん!)
 妙に甘酸っぱい痺れが、全身を蝕んでいく。
 唯でさえ湿った地下の空気のせいで、ラルフの体は嫌な汗でいっぱいだった。じめじめと肌が滑る。
「くっ、そぉ……あいつ。 あの魔女……俺に何をしやがった!? ――喉も、これっ! 何か……されたのかっ? すげぇー……声が高いぞっ!? はぁ、はぁ、はあー……!」
 汗が渇かず、むしろ、量が増し、むしむしと全身が熱くなる。
 すると、胸に付いた謎の球体の頂点が、『ツン』と反り返り、悩ましい疼きが神経を遡って来る。
 まるで自分の乳首のように、感覚が彼に伝わってくる。
(いやっ――!! そんなわけっ……あるか! 喉がすげー、甲高くなっていても……こんな、どう考えても……女のおっぱいのような形や感覚でも!! 俺は男で、戦士だ! 俺は、男なんだ!!)
 女性特有のソプラノ声しか発しない声帯も、牛のように大きく柔らかい肉房も。
 全ては”魔女”の、レーアの幻惑に過ぎない。
 そう信じて、何度も何度も転び倒れながら、どうにかラルフはぷるぷると直立した。
「――ふふ。 どう約束通りに返してあげたわよ、あなたの”妻”を」
「おまっ、ぇ……? お前は――な、なっ!? 馬鹿な!?」
 ただ立つと言う行為に随分と疲労したラルフ――すると、その前に、大男が現れた。
 それも自分が見上げなければならないほどの、巨人の如き巨漢の男だ。
 しかし、その圧倒的な背丈も驚愕なのだが、その顔に彼の両目は釘づけにされた。息すらも忘れて、男を見やる。
「なんで、お前! 俺と同じ顔なんだ……お前はいったい!?」
 その顔は、まさしく”ラルフ”そのものだ。
 子供の頃から一生懸命に鍛え上げた巨漢の身体に反し、端麗な顔付きのまま成長した――凛々しい男の顔。
 それは紛れもなく自分の顔……いや、自分の『肉体』であった。
「当ててみなさい。 少し考えれば分かるから――くふ、ふ」
 眼前の”ラルフ・ドリーテ”が微笑んだ。妙に女っぽい口調で。
「なに、が……起きて――お前はなんだ? 俺の体に何をした!? レーアは! パステルは、どこにいったんだっ、っ!!」
 ラルフの声が、地下室に響き渡る。
 ……が、透き通ったソプラノ声のため、少しも迫力はない。
 まるで非力な娘の絶叫のようであった。
「あははは! いるじゃない! ここに!! ……そして、あなた自身が――愛しい妻そのものなのよッ!!」
 ぱちん、と音がした。
 薄暗闇の中、ラルフの姿形を真似る大男が、指を打ち鳴らしたのだ。
 そして、魔法の気配が背後に現れる……。
(なん、だ……? 後ろに、何をしてっ……?)
 ラルフは、転ばぬようにゆっくりと後ろに振り返った。
「……えっ? ぱ、ぱすっ――!?」
 輝いていたのは魔法で作られた大きな壁、そして、ラルフの妻――”パステル・ドリーテ”の哀れな姿が、空中に映し出されていた。
(パステル! パステル!!)
 先程、裏切られたばかりだと言うのに……それでもラルフは我を忘れて、愛しい妻へと飛び出した。
「あぐっ! ぐっ――パステル! 待ってろ、今俺が救い出してやる……! ああ――こんな格好をさせられて……可哀想にッ!!」
 妻パステルの姿は――とても、酷い物であった。
 まず真面な衣服を着ていない。
 メイドの服すらも剥ぎ取られ、僅かな面積の乳当てと股当てだけが、妻の美しい裸体を守っている有様だ。
 さらには自由を封じるための大きな板状の枷が、彼女のか弱い首と細い手首を拘束していて、パステルの可憐な顔は、苦痛に歪んでいる。
 たゆん、ぷるん――ぷるるん。
 無理やり肥大化された、牛のような乳房が、板枷の下で激しく撓む。
「パステル! 俺は……キミを信じるぞ!! 全て、あの魔女のせいなんだ……あの女から逃げられれば――また昔のようなキミに、パステルに戻るんだ!! ぱす、てる……? パステル……? え……?」
 光を反射する魔法の壁に板枷を何度もぶつけながら、必死にパステルに呼びかける。
 しかし、その途中でラルフは違和感に気が付いた。
「パステル……え、なんで……? 俺と同じ高さなんだ……?」
 最初の疑問は、背丈であった。
 幼少期ならいざ知らず、ずっと鍛えたラルフの体は、既にパステルの背を超えていた。
 頭一つ分以上は、確実に自分の方が大きい。
 しかし、今やその彼女と同じ目線で、彼はずっと喋っていたのだ。
「それに……ああ、そんな――まさか……まさかっ?」
 いや、それだけではない――。
 大柄なラルフに合わせられたような大きな板枷は、パステルの可憐な体を束縛しているものと幅もサイズも同じであった。
 つまり、目の前の光景を信じるならば、今の妻は、巨漢の彼と同等の身長と肩幅を持った女性でなければならないのだ。

全文を表示 »

【200DL突破】MMORPGの回復術士に転生したロリTS娘が触手の苗床にされちゃうお話【冒頭サンプル掲載】

MMORPGの回復術士に転生したロリTS娘が触手の苗床にされちゃうお話 FANZA版
MMORPGの回復術士に転生したロリTS娘が触手の苗床にされちゃうお話 DLsitecom版

MMORPGの回復術士に転生したロリTS娘が触手の苗床にされちゃうお話

 ジメジメとした暗い洞窟の中を、周りを照らす照明魔法(ライト)の光を頼りに忍び足で歩く。
 肌に伝う汗が、じっとりとした湿気ともに法衣へと引っ付いて気持ちが悪い。
 近くにモンスターの気配は感じないが、どこに潜んでいるか分からない。注意深く進む必要がある。
 迂闊に見付からないよう光量をなるべく落とし、息を殺して少しずつ前へと進んでいく。
 ここがどこかはよく分からない。とある事情で、一人で先を進まざるを得ない状況に陥っていた。
(皆どこ行ったんだよお……)
 背丈の半分はある金属製の杖を手に携え、ぎゅっと握りしめる。
 どうして、こうなってしまったのか――。

 ▽

 皆が熱狂していた流行りのMMORPG。しがない会社員だったオレも、同僚から勧められてはじめたクチだ。
 とくに趣味らしい趣味もなく日々を過ごしていたオレは、すぐにのめり込んでいった。
 そんなある日、ゲーム画面に「転生の条件が整いました。転生しますか?」というメッセージが現れたのだ。
 転生なんてシステム、このゲームにあったっけか。レベルは上限キャップを迎えているが、それの関係だろうか。何気なく【はい】を選択した瞬間に、オレは意識を失った。
 気付いたら見たことのない草原にぽつんとただ一人突っ立っていたのだ。
 自分が使っていたメリィという名の、女の子の回復術士(ヒーラー)姿で。
 直後はまあ色々と不便なことやトラブルはあったのだが、元のゲームのレベルやステータスがそのまま引き継がれたのは幸いだった。最寄りの街に拠点を置き、冒険者としてパーティーに参加し、食い扶持を稼いでいった。



 そして今回は、所属するパーティーとともにこの洞窟へとやってきた。しかし途中で転移トラップに引っかかってしまい、メンバーと散り散りになってしまった。
 何とか心を落ち着かせているが、非常にまずい状況だ。何しろ、オレ一人だけでは身を守る術がほぼない。職業が回復術士(ヒーラー)であるため、使える魔法は回復や補助系がほとんど。自衛手段は、ごく一部の攻撃魔法が使えるだけ。
 近接戦闘なんてもってのほかだ。杖で殴り掛かったとしても、こんな細い腕ではろくにダメージを与えられない。
 とにかく、メンバーと合流するか洞窟の外まで脱出するかの二択しかない。
(誰か一人でもいれば、こんなに苦労しねえのに……)
 前衛職は男二人、後衛職は女二人のパーティー。いずれのメンバーも頼りになるし、オレも頼りにされている。オレ自身は回復術士(ヒーラー)としてレベルが上限を迎えていたため、どんな怪我や傷でもたちまち治す技量と魔力がある。
 こんな姿なので、話し言葉や振る舞いは少女のようにしていないといけないのだが。
(こんなことになるなら、考えてキャラクターメイキングを……いや、想像できるわけないか)
 腰まで届く長さの青髪。幼げな顔付きで、円らな瞳。身長は低く、凹凸の少ない身体。いわゆるロリっ娘である。種族を選択することもできたが、回復術士(ヒーラー)と決めたあとに魔力と相性の良いエルフ族を選んだ。
 折角プレーするならムサイ男より、カワイイ女キャラでプレーしたい。常に目に入るし眼福だろう。――そう思って選んだだけなのに。これまで何度後悔したか数え切れないほどだ。
 この身体のせいで、何度厄介ごとに巻き込まれたことか。今とは違うパーティーに所属していた頃は、メンバーに騙されて奴隷商に売り飛ばされそうになったこともあるぐらいだ。中身はただのおっさんリーマンだというのに。
 ――とはいってもこんなことは誰も信用してくれないだろうから、少女であることを偽らざるを得なかった。
 同じような境遇の人がいるかもしれないと探してみたものの、見つけることはできなかった。オレみたいにキャラを演じている可能性があるのかもしれない。
 エルフ族は、見た目と年齢は必ずしも一致しない。他種族と比べても遥かに長寿であるからだ。ゲームでは全く意識していなかったが、この世界では当たり前のこと。とはいえ見た目が見た目なので、子ども扱いされることもしばしばだった。
 一々言い返すのも面倒になったので、最近は自分から子どもの振りをするぐらいになってしまった。そうしていると、見た目と相まって庇護欲をそそられるらしい。
 男なんざちょっと上目遣いをしてお願いを言うだけで、何でも言うことを聞いてくれる。それ以上言い寄ってくる野郎は追い返した。
 元の姿に戻る希望は捨てていなかったが、これはこれでありなのではとも思えてきてしまっていた。
(……いや、ちゃんと元に戻るんだ)
 望んでこの姿になった訳ではない。元の姿に戻れるのならば戻りたい。転生というキーワードを考えるともしかしたら――と思うが、首を振ってそんな気持ちを振り払う。
 そんなことを考えていると、何かに躓いて倒れ込んでしまう。
「いたた……」
 躓くなんてここは平らな石畳の床だよな、と足を見ると――何かが足に巻き付いているのが見えた。
 なんだこれ、と思った瞬間に身体が宙に浮き上がった。
「な、なんだこいつっ!?」
 壁からウネウネと蠢く触手らしきものが何十本も生え、その一本がオレの左足に巻き付いていた。
 見たことのないモンスターだ。見た目がアレ――グロテスクで気持ちが悪い。ともあれモンスターは早く撃退しないと、自分がやられてしまう。
 宙ぶらりんのままオレは杖を握り直し、使うことのできる数少ない攻撃魔法で撃退しようと、口を開いた瞬間。
「んぶっ!?」
 口の中に触手が突っ込んできて、魔法の発動が止まってしまった。魔法を唱えようにも、口を塞がれるとどうしようもできない。
 手で引っ張りだそうと思ったら、今度は両手を拘束されてしまい完全に身動きが取れなくなってしまった。
「んっ!? んんー! んー!!」
 そして突っ込まれた触手の先から、喉奥に何かが吹き付けられた。
 吐き出しそうになるも、触手がそれを許してくれなかった。そのまま暫くしたあと、ようやく触手が口から抜かれた。吐き気を堪えつつ咳き込む。
 だが同時に、身体の奥が熱くなるような気がした。
(なんだ……これ……)
 どくん、どくんと心臓の鼓動が頭にまで伝わってくる。意識がぼうっとして、呼吸も荒くなってきた。
 身体の熱っぽさは、風邪を引いたときのそれに近い気がする。
「んあぁっ!」
 そんな中、触手の一本が法衣の上から胸をまさぐってきた。胸から伝わる強い刺激に、思わず甘い声を上げてしまった。
 そのまましばらく、体中を触手でまさぐられる。気持ち悪さはあったが、快感の方が強かった。明らかに感度が高く、まるで自分の身体でないようだった。
 いつの間にか地面に下ろされていたが、両手は縛られたまま。
 ――まさか、さっき何か飲まされたもののせいか?
 茹だった頭でそんなことを考えていると、突然触手がはだけていた法衣の隙間から、露出したパンツへ自身を摺り合わせていた。
「やめっ……気持ち悪い!」
 オレは身体をねじるが、触手からの拘束からは逃れることはできない。

MMORPGの回復術士に転生したロリTS娘が触手の苗床にされちゃうお話 FANZA版 近日発売か?
MMORPGの回復術士に転生したロリTS娘が触手の苗床にされちゃうお話 DLsitecom版

神装聖姫エレメンティア~屈辱の洗脳催眠~ 前編 &後編【期間限定30%OFF】 ※佐藤空気原画!

神装聖姫エレメンティア~屈辱の洗脳催眠~ 前編 【期間限定30%OFF】 FANZA版
神装聖姫エレメンティア~屈辱の洗脳催眠~ 前編 【期間限定30%OFF】 DLsitecom版

神装聖姫エレメンティア~屈辱の洗脳催眠~ 前編 【期間限定30OFF】

神装聖姫エレメンティア~屈辱の洗脳催眠~ 後編 【期間限定30%OFF】 FANZA版
神装聖姫エレメンティア~屈辱の洗脳催眠~ 後編 【期間限定30%OFF】

神装聖姫エレメンティア~屈辱の洗脳催眠~ 後編 【期間限定30%OFF】


女になった俺の体で初エッチ…しちゃった!? 完全版が出た!

女になった俺の体で初エッチ…しちゃった!?【完全版】 FANZA版

女になった俺の体で初エッチ…しちゃった!?【完全版】 DLsitecom版

女になった俺の体で初エッチ…しちゃった!? 6と1が2015Q2おかし製作所DMM販売数60位  5が35位 
女になった俺の体で初エッチ…しちゃった!? 2が2015Q1おかし製作所DMM販売数47位 3が44位 4が19位 1が14位 
女になった俺の体で初エッチ…しちゃった!? 2が2014Q4おかし製作所DMM販売数113位 1が38位

今頃まとめて買っちゃいました!
表紙はちょい濃い目の主人公さんですが、本編ではもっとすっきりかわいくなっています。
間違った薬を飲んだことから女体化する体質になってしまった主人公。
くしゃみをすると女体化し、エッチでイくと男に戻る。
ところが、恋敵だったはずの先輩♂にドキドキしたり、少しのエッチでは戻れなくなったり、淫乱になってしまったりと主人公の堕ち様が上手に描写されており大変良い感じです。
是非買うべし、で推します。

女になった俺の体で初エッチ…しちゃった!?【完全版】

全文を表示 »

月刊Web男の娘・れくしょんッ!S Vol.34

月刊Web男の娘・れくしょんッ!S Vol.34 FANZA版

月刊Web男の娘・れくしょんッ!S Vol34

【期間限定】 新作入り!わるきゅ〜れ戦うヒロイン蹂躙セット

【期間限定】 新作入り!わるきゅ〜れ戦うヒロイン蹂躙セット  FANZA版


下記5作品のお得パック!
◆◇GAP魔法少女!?ミルキー・ウェイ〜異形淫蝕の果てに〜◇◆
◆◇外道魔法少女りんね 〜悪淫悪化〜◇◆
◆◇魔装の国のアリス Alice in Immoral-Land◇◆
◆◇グリムリーパー!-刈魔執行乙女隊-◇◆
◆◇聖騎士セルシア 〜悪辣たる姫君〜◇◆

【期間限定】 新作入り!わるきゅ〜れ戦うヒロイン蹂躙セット

幻影図書館 ~催眠で女の子になって女性向け音声を楽しむ+なでなで安眠~

幻影図書館 ~催眠で女の子になって女性向け音声を楽しむ+なでなで安眠~

幻影図書館 ~催眠で女の子になって女性向け音声を楽しむ+なでなで安眠~

ある夜の陵辱奇譚 壁の向こう(滝れーき先生の女装もの商業読み切り)

ある夜の陵辱奇譚 壁の向こう

ある夜の陵辱奇譚 壁の向こう

人生100年時代の年金戦略

人生100年時代の年金戦略

個人的興味と漫画の参考のために購入。
内容は妥当でしっかりしており普通におすすめ。
欲を言えば退職金関連で退職控除の使い方などに一段の説明の余地があるんだけど、マニアックといえばマニアックなのでしょうがないのかしらん。
早期退職で退職金をもらった場合などは、iDECOをもらうタイミングとか、企業年金をもらうタイミングとかで工夫の余地があり、しかも効果は絶大なんすよね…

01/31のツイートまとめ

amulai

RT @torinakisa: 元AKBメンバーへのストーカー行為で 逮捕された四十男の裁判 判決自体は執行猶予付きの有罪だったんだが 裁判長による訓示「被告人は芸能活動の一環に過ぎない営業用の笑顔を 自分への好意と勘違いし……」が 凄まじい波紋を呼んでいる 何人が気持ちに冷水…
01-31 22:30

RT @TANAKA_U: すべての投資で失敗してきたので「減らないだけで勝ち」という結論を持っている。貯金が一番。減らないからな。
01-31 21:15

RT @purple_ishikawa: 一部の同人グッズとか見てると、自分たちは版元に企画書出して試作品を作り監修を受けてロイヤリティを払い販売してるのになんでやねんと思う時が結構ある
01-31 15:44

RT @hashi_ITF: 受験生大変だなあ一浪でつくばに受験に来たとき、現役のときと同じホテルに泊まったらフロントで「一年前にもご宿泊いただいてるんですね☺️」と高度な煽りを受けたのを思い出した
01-31 14:45

[新聞]軽減税率の特権を受ける朝日新聞社に軽減税率を論じる資格なし~業界をあげて軽減税率を辞退すればよろしい #BLOGOS https://t.co/tNewVY4C4Uそのとおりやで。
01-31 14:45

RT @kmc_pr: (寒気がする…インフルかも。でも仕事あるし、周囲に気づかれないようにしなきゃ…)のような発想は、ゾンビに噛まれたにも関わらずキャンプに戻って普通を装うゾンビ映画の人に似てる。そして、そういう人は一番最悪なタイミングでゾンビ化して大迷惑をかけるんだ… #…
01-31 14:38

RT @unasaka0309: 弊社「副業禁止!」社員「いつから弊社が本業だと錯覚していた・・・?」弊社「な・・・なん・・・だと・・・」
01-31 14:22

RT @ko_second: うるせえ!!作画コストなんぞ知るか!!!俺ァ魔法のステッキの造形が適当すぎる魔法少女モノを見るとムカつくんだーッッ!ただの真っすぐな棒の先っちょに謎材質のハートをくっつけたくらいで魔法の力が宿るなどと甘んじるんじゃねえ!!!!(過激派)
01-31 12:28

@mahoyoba 幣ブログにて宣伝しますvエッチなヒロインピンチ商業小説ということであってますかね。
01-31 12:25

RT @amulai: あむぁいおかし製作所、今週のイラスト企画は!https://t.co/FkRMxBSZZO新鋭 無限の須田時計@Mugennosuna01さんに、姫様の呪いを解くためにカラダを入れ替えられた若き騎士を描いて貰いました♪このキャラクターを主事項としたお…
01-31 11:46

全文を表示 »

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2019-02