FC2ブログ

Latest Entries

淫活はじめました

淫活はじめました

淫活はじめました

【依頼小説】性転換とメイド服 

テキスト:リング https://skima.jp/profile?id=31037
イラスト:しまじ https://skima.jp/profile?id=28053


 とある高校生、飯島 春斗(いいじま はると)は、スマートフォンに表示されたギターの価格情報とにらめっこしながらため息をついていた。
 彼は軽音楽部。先輩から練習用にと安くて古いアコースティックギターのおさがりを貰い、部室にもかつての部員たちが置いていったギターがあり、それで毎日ギターの練習をしている。どちらもあくまで練習用だと割り切って使っているが、決して音質は良くないため、春斗は自分のためのもっと品質のいいギターが欲しかった。
 先輩は言う。『ケチって安いギターなんか買うな。「今の俺の腕にはこんな高いギターなんて見合わない」だなんて思うな! ほどほどの値段のギターを買うのは金の無駄だ。ベースでもドラムでも同じことがいえるが……買うならいきなり高い物を買え!』と。
「俺が本当に欲しいギターは十五万六千円……今の貯金は七万円ちょっと……あと二ヶ月はバイトしないとなぁ」
 購入までの道のりへの先の長さに、春斗は思わずため息をついた。
「よー、春斗。スマホ眺めて、ため息なんてついてどうした?」
 そんな春斗の後ろから、入学初日から名前を覚え合った友人、井出 浩二(いで こうじ)が声をかける。
「あぁ、その、ギターをだな、買いたいんだが……金が……バイトしてる最中なんだけれどさ」
 振り向きざまにため息をついて春斗が告げる。その憔悴ぶりに、浩二は苦笑した」
「ははーん……なるほどね」
 何がなるほどなのか、浩二は言いながら春斗のことをじろじろと見る。
「なんだよ、俺のことをじろじろ見て」
「いやー……なぁ、春斗。俺が割のいいバイト紹介してやるからさ。一日で三万円。ちょっと乗ってみないか?」
「一日で三万円? なんか危ない仕事じゃないのか?」
 とてもおいしい条件ではあるが、明らかに高校生に対して出す額ではないと、春斗は怪訝な表情で浩二を見る。
「大丈夫、仕事の雇い主は俺だ……家で、ちょっと手伝って欲しいことがあってさ」
「お前の家の手伝い? 内容は?」
 浩二の家はかなり大きい。家の手伝いも大変だろうが、それにしたって三万円は大金だし、その上お手伝いなら高校生なんかを雇うよりもプロを雇ったほうがいいだろう。明らかに怪しい。
「秘密だ。まぁ、危ないことじゃないからさ」
「お前の家、結構デカイ家だったよな……どうした、エロ本の処分でも頼みたいのか?」
「今時ネット漁ればいくらでもエロ動画を漁れる時代にエロ本持ってる奴なんているかっての……まぁ、とにかく来てくれよ」
 目的を隠すような浩二の言動に、怪しさを感じないわけではなかったが、三万円というのはとても魅力的だ。ギターが早く手に入るし、ギターを購入した後でも、ライブ会場を借りたりするのにお金は色々と入り用だ。あって損することはない。
「うーん……わかった。その仕事、話だけでも聞いてみるよ」
 こうして、その週の土曜日、部活終わりの午後。春斗は浩二の家へと赴くことになった。

「おぉ、よく来たな春斗。さ、入って入って」
 部活帰りの春斗は、ブレザーにYシャツネクタイ、そして制服のズボンにスニーカー、背中にはギターケースといういでたちで浩二の部屋へと赴いた。対する浩二はと言えば、Tシャツにジーンズという何の面白みもないファッションで春斗を出迎える。
「相変わらずデカイ家だな。なんでうちみたいな普通の高校に入学したのやら……もっといい学校に行けただろうに」
「いやぁ? 家庭教師が優秀なら進学校じゃなくっても問題ないからって、近い高校にしたんだ」
「家庭教師いるのかよ……」
「いるんだよね、しかも教科ごとに担当してくれる人が三人ほど……」
 浩二の育ちの良さに、憧れとも嫉妬ともいえる感情が渦巻きながら、春斗は苦笑した。
 ともあれ、春斗は彼の部屋に移動して、仕事の内容を聞くことに。
「仕事の話を始める前に、まずはこれを肌に落としてと……」
 と、春斗は腕の上に一滴、薄桃色の乳液を落とされた。
「それで、この針で刺す、と……」
 腕がちくりとした。。彼が持っていた乳液の容器を見ると 『Trans Sexual Potion 男性用』と書かれている。
「なんだこれ? トランス……セクシュアル……ポーション? 性転換薬……? えぇ、なんだそりゃ?」
「見てのとおりだよ」
「まさかお前これ、塗り薬なのか? 妙なものを俺の体に入れるなよ?」
「いや、ポーションって書いてあるから飲み薬だろ? これはただのプリックテストって言って、アレルギーの有無を調べるだけのテスト。アレルギーがあったらいけないからね」
「あぁ、なるほど……で、アレルギーがあるかもしれないこのお薬の正体は一体何なんだ? なんか得体のしれない名前なんだが……」
「はは、読んで字のごとくさ。これは飲んだ男性を女性に変える薬さ」
「えぇ? そんなものが存在してたのか……だが、大丈夫なのか? 危険じゃないか?」
「当然、大丈夫さ。マウス、犬、猿、さまざまな人種の人間で実験や治験を行ったうえでの実用化だから、安全性は保障するよ。でも、稀にアレルギーが起こることがあるから、飲むのはそれからとして……君にして欲しいことは」
「欲しいことは?」
「メイド服を着て、僕に仕えてほしい!」
「はい?」
 思わず首をかしげて聞き返す。
「いや、ね。僕の家にもメイドさんはいるんだけれど、格好は普通の家政婦だし、おばさんだし……見映えしないんだよね……」
「そりゃ、美人のメイドなんて漫画の中だけの存在だろ!? メイドがいるだけで家がいつもきれいになりそうでうらやましいんだがな」
「うん、わかってる。だからこそ、君にやって欲しい……いやね、この薬の治験を行ったとき、一般的に美男子とされる男性は性転換すると美女になる傾向が多かったそうでさ。特に春斗君は、男性として恵まれた容姿を持っているようだし、女の子になればさぞや……」
「いや、普通に女に頼めって。そんな訳の分からない薬を使わずに!」
「うむ、ごもっともな意見だ。だが、二つの理由があってだね……まずは口止めだ。僕のメイドに奉仕してもらいたいという願望は、決してオープンにしやすい趣味とは言えない。下手な女の子に頼んでそれを暴露されたらとても困る……だが、君の場合は暴露した場合のダメージは僕以上に大きいはずだ。
 なんせ、性転換させられてメイドをやらされただなんて、周囲に言えるわけもないからねぇ……」
「は、はぁ……確かに俺もダメージが大きいな。それで、もう一つの理由は?」
「それは、薬を飲んでからのお楽しみ」
 いたずらっぽい笑みを浮かべる浩二を見て、春斗は考える。
「メイド服を着て奉仕って……エロいことは……企んでないだろうな?」
「いやぁ、そこまでは流石にね。君がそうしたいのならいいかもだけれど」
「じゃあ、しない」
「そうかい。でも、君の心配が的中しているかどうかはわからないけれど、メイド服自体が少しエロいんだよねぇ……」
「おいおい……エロい格好しろってのかよ……恨んでやるからなお前」
 浩二の言動の端々に、断りたい要素を感じてしまうが、春斗はぶら下げられた三万円という現金の誘惑にはあらがえず、結局飲むことを決めるのであった。
 プリックテストの結果、アレルギー反応は無し。意を決して薬を飲むと、泡立てていない生クリームを飲んでいるかのような味に、春斗は思わず顔をしかめた。
「大体、こんなもんどこで手に入れたんだよ……」
「僕の父さんが、お金持ちばっかりが集まるイベントで紹介してもらったお薬なんだ。一本五万円くらいで、約一八時間から二八時間くらいまで効果があるそうで、五本くらい買っちゃった」
「最悪、明日の夜まで戻らない可能性があるってことかよ……ってか、そんな金どこから出した? 大金だろ!?」
「高校祝いで買ってもらった一〇〇万円分の株を売ったり、そのお金でまた別の株を買ったりして……今二五〇万円ほど貯まってるの」
「あぁ、その年でトレーダーか……うらやましいね」
「ま、そういうことになるね。ところで、そろそろ体に変化が出てきたんじゃない?」
「う、ん? 確かに、目の前がくらくらして……」
 立っていられなくなる。吐き気なのか、目が回っているのか、地震でもないのに目の前が揺れて、周囲がゆっくり回転していくような感覚に支配され、体は全身が暑くなっていく。訳も分からないままに意識を失っていると、気付けば春斗はぶかぶかの服を着た、腰ほどまで髪が伸びた女性の体となっていた。
「うわ……」
 春斗はYシャツ越しに自分の胸を揉む。どういう原理か、そこにはたわわに実った二つの脂肪の塊がついており、揉めば当然のことながら揉まれた感触が胸に広がり、自分の体の一部であることを嫌というほど実感させてくれる。
「本当に女になってる……」
「おー、こいつはエロい……メイド服もいいが、ぶかぶかの男物の服というのもこれはこれで……」
「じろじろ見るなよ浩二……」
 浩二の視線があまりに嫌らしいので、春斗はとっさに胸を隠す。そんな女みたいな動作を自然としてしまったのは驚きだが、銭湯か何かで股間をじろじろと見られたら股間を隠すだろうから、見られたくないところを隠したくなるのは人間の本能なのかもしれない。
「あぁ、その表情もいい。お前を女に甲斐があったなぁ」
「浩二……今度からお前の事は変態として覚えておくからな!?」
 春斗は精一杯の虚勢を張りながら身を縮めていた。
「いいよ、人間だれしも変態なものだしね。よし、それじゃ無事に女になれたということで、まずはメイド服に着替えるのと……やっぱり、言葉遣いだよね。まず、一人称は『私』。そして僕のことを呼ぶときは、『浩二様』か『ご主人様』のどちらかでお願いするよ。『お前』は当然禁止だけれど、『貴方』ならいいかなぁ」
「うぅぅぅ……屈辱だぁ」
 だが、これに耐えれば三万円のバイト料を得ることが出来るのだ。耐えなければならないと、春斗は悔しさをこらえている。
「メイド服はそっちのカゴに畳んでおいてあるからさ。着替えは……あー、流石に見られながらってわけにはいかないよね?」
 浩二の部屋は広く、友達を十人くらい集めてパーティーをしても窮屈さを感じないスペースがあったが、しかしながら着替えが出来るスペースはない。
「そうだな、浩二はベッドで毛布かぶって閉じこもっててくれ」
 春斗も着替えだけは見られたくなかったので、少々殺気交じりの声を出した。
「えー……ま、仕方ないか。というか、言葉遣いはきちんとね?」
 本心では着替えの風景まで見たいのか、浩二は残念そうな顔をするが、春斗を怒らせたくはないのか渋々従うつもりのようだ。
 そうして、春斗は自分が着るべき衣装と対面する。本来は聖職者が着用する修道服という、性的な要素を排除した服にエプロンをかぶせた作業着。それがメイド服なのだが、このメイド服は完全にそれとは逆の方向性だ。紺色を基調としているということは普通のメイド服とそう変わらないが、下半身の丈がやたらと短く、スカートは膝上一〇センチメートルほどしかなく、気を抜けば用意された縞々のパンツも見えてしまいかねない。膝上まで伸びた二―ハイソックスも、少々きつめで足のラインが強調されてなまめかしい。
 胸も開いているため、谷間が強調され、肩を覆う部分もないため露出した首筋や鎖骨が煽情的だ。そんな自分の姿を鏡で見ていると、いやらしい目で見られるのだろうなと予想出来て、それだけで鳥肌が立ちそうな気分だ。
 ヘッドドレスこそ何の変哲もないものだが、それ以外のパーツはもはやメイド服と言っていいのかどうかもわからない。ご丁寧に花の香りがする香水まで用意してあったので、春斗は渋々それをつけて、着替えを終了とした。

201810022330118c8_201908171647304e9.png

全文を表示 »

フタナリツナガリ

フタナリツナガリ FANZA版

タイトルがふたなりだけど、TSFも混入している作品集。
一水社系アンソロジーを買ってなければお買い得感があるけど、たいがい買ってますよね。応援買いは有り!

フタナリツナガリ

【900DL突破】変身TSガン

変身TSガン FANZA版
変身TSガン DLsitecom版

聖典館殺人事件さんからレビュー頂きました!

「 かわいいキャラを描きつつ、ずっと女装やTSにこだわってきた吉田悟郎さんの、意外にもこれが初オフセット作品になるのかな? たっぷりとしたボリュームと美麗な絵で、TSTSまたTSが楽しめる超お得作です。
 自分が女になったらヤらせてやるよという友人の冗談を真に受けたおバカ少年タカユキが。変な妖精から撃った相手を女体化させる光線銃をもらったからさあ大変。その親友を狙ったものの外しに外したために、通りすがりの子供も大人もみんな美女や美少女に。
 ええいもうヤケだ、学校の全生徒を女体化したら、自分はさぞモテるだろうとやってみたら、みんな百合百合し始めてしまった。タカユキはついに自分にTSガンを向けてまんまと美少女になるのですが……最後のオチも決まっていて、こちらのサイトの読者的にはめでたしめでたしのユートピアとなるのでした。」

変身TSガン

ゆうやけ女装団地

ゆうやけ女装団地 FANZA版
ゆうやけ女装団地 DLsitecom版

ゆうやけ女装団地

モブキャラの俺が女の子になったら爆モテした件(分冊版) 【第1話】

モブキャラの俺が女の子になったら爆モテした件(分冊版) 【第1話】 DMM版
モブキャラの俺が女の子になったら爆モテした件(分冊版) 【第1話】 DLsitecom版

モブキャラの俺が女の子になったら爆モテした件(分冊版) 【第1話】

女体化+カノジョ (Beコミックス)

2018Q3おかし製作所DMM販売数(非18禁)9位
女体化+カノジョ DMM版
女体化+カノジョ DLsitecom版
女体化+カノジョ (Beコミックス) Amazon版

女体化+カノジョ

え!? ヤクザ若頭の俺が女体化!?〜敵対組織の若頭に迫られてます〜 1~4new!

4が2018Q3おかし製作所DMM販売数(非18禁)6位
3が2018Q2おかし製作所DMM販売数(非18禁)27位 1も27位 2が13位
1が2018Q1おかし製作所DMM販売数(非18禁)2位

え!? ヤクザ若頭の俺が女体化!?〜敵対組織の若頭に迫られてます〜 4 DMM版

え!? ヤクザ若頭の俺が女体化!?〜敵対組織の若頭に迫られてます〜 3 DMM版

え!? ヤクザ若頭の俺が女体化!?〜敵対組織の若頭に迫られてます〜 2 DMM版

え!? ヤクザ若頭の俺が女体化!?〜敵対組織の若頭に迫られてます〜 1 DMM版

え!? ヤクザ若頭の俺が女体化!?〜敵対組織の若頭に迫られてます〜 1

魔法少女ソード・リリィvs下級淫魔

ふたなり魔法少女ソード・リリィvs下級淫魔 FANZA版
魔法少女ソード・リリィvs下級淫魔 DLsitecom版

魔法少女ソード・リリィvs下級淫魔

郁実くんはイクイク育チクビッチ

郁実くんはイクイク育チクビッチ FANZA版
郁実くんはイクイク育チクビッチ DLsitecom版

郁実くんはイクイク育チクビッチ

08/17のツイートまとめ

amulai

RT @eraitencho: 信じたい情報はファクトチェックなく信じ、信じたくない情報はファクトチェックがされても信じない、インターネットは信仰の時代といえる。
08-17 23:51

RT @kasamax: また大事なのは、何を話し合ったかであり、傍聴者の高ではありません。検証委員の選定経緯も含め、内容など色々と発信することが他にあると思います。
08-17 23:14

RT @kasamax: 行政的な考え方をすれば、来場者(ここでは傍聴社)が少なかった時に1番に考えるのが、告知や周知のあり方です。これは公金が使われている催しなので、まずはそこを考えた方が良いと思われます。来場者が少ないことを、市民や県民のせいにするのは、考え直したほうが…
08-17 23:13

RT @0927Satoku: うちにね、94年に戴いたであろう同人誌があるのです。最後がね鶴姫暫くその羽根を休めてね…的に終わるやつ…それがすごく嬉しくて面白くて!!もし描かれた方がこのツイートを見てらしたらお返事ください!!負けそうなとき何度か読み返すほど元気もらって…
08-17 22:41

RT @rootsy: 「見た者を不愉快にさせるなんて芸術じゃない」「きれいでみんなの心を和ますのが芸術」「プロパガンダだから芸術じゃない」みたいな明確に誤ったアート観がポピュラリティを得ていることに頭を抱えたけど、これは謎でもなんでもなくて義務教育の産物だろう。そういう教師、…
08-17 22:41

RT @km170: イラストのデッサンが狂ってても「でもこの世界の方がもっと狂ってるし……」という相対化によってすべて無かったことにしています。
08-17 22:33

RT @nnanjoh: 秘書なのに他党の応援していいの?と言われます→党員だと党則に「他党を応援してはいけない」と書いてあるけど、党員ではない→秘書には法律があって山田さんのために働くことになっていて、党のためにという立場ではない→だから党から怒られる理由がない
08-17 22:32

RT @nnanjoh: 坂井さんがあくまでも山田さんの秘書それ以上でもそれ以下でもない立場で「党の前に議員がいて、議員の前に有権者がいる」「有権者のためになることであれば怒られる理由がない」という大事な話してる回26分頃から【2019年8月12日 21:00:00開始】A…
08-17 22:32

RT @amulai: 【依頼小説】性転換とメイド服https://t.co/shlcS1E7USSKIMA経由で依頼したしまじさんのイラストをベースに同じくSKIMA経由でリング@ring_chatotさんにお話を付けて貰いました♪持つべきものはお金持ちの悪友でございます…
08-17 22:30

@ring_chatot あらら、そうでしたかすいません。ブログの方はリンク省いておきますね。
08-17 21:19

全文を表示 »

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2019-08