FC2ブログ

Latest Entries

不可解なぼくのすべてを 1~4

不可解なぼくのすべてを 1【DMM限定特典付き】
不可解なぼくのすべてを 1【電子限定特典付き】 DLsitecom版

不可解なぼくのすべてを 1【電子限定特典付き】

不可解なぼくのすべてを 2【電子版限定特典付き】DMM版
不可解なぼくのすべてを 2【電子版限定特典付き】 DLsitecom版



不可解なぼくのすべてを 3【電子版限定特典付き】 DMM版
不可解なぼくのすべてを 3【電子版限定特典付き】 DLsitecom版



不可解なぼくのすべてを 4 DMM版
不可解なぼくのすべてを 4 DLsitecom版




戦隊ヒロイン敗北!Theマイクローン!!

戦隊ヒロイン敗北!Theマイクローン!!  FANZA版
戦隊ヒロイン敗北!Theマイクローン!! DLsitecom版

戦隊ヒロイン敗北!Theマイクローン!!

【第2作5400DL突破】女体化した俺の爛れた枕営業生活 ※レビュー追加

女体化した俺の爛れた枕営業生活 FANZA版
女体化した俺の爛れた枕営業生活 DLsitecom版

女体化した俺の爛れた枕営業生活 FANZA版

uosaoさんからレビュー頂きました!

「 続編モノではありますが、前作もTSFものかつ良作なので興味があるならセットで買ってしまいましょう。突如女体化したうえアイドルをやることになった主人公。世間ではやるアイドルになるには裏工作も大事なわけでして、主人公は仲間から隠れてその犠牲になります。なんだかんだ言ってそんな生活をエンジョイしている主人公に、さらなる変態プレイが…。(いろいろな意味で)後ろにも横にも展開が広がっていきます。前作同等のクオリティはそのまま。もう精神的には堕ちきっていますが、その先も好きであるというなら損はないでしょう。」

女体化した俺の爛れた枕営業生活

【第1作・6700DL突破】女体化した俺の爛れたアイドル生活 ※レビュー追加×4

2019Q3おかし製作所DMM販売数90位
2019Q2おかし製作所DMM販売数13位

ばいらすさんからレビュー頂きました!

「突然女体化した主人公のゆうまがアイドルとしてスカウトされ、枕営業をさせられてしまい、最初は嫌がっていたものの逆らえない快楽そして枕営業のおかげでアイドルへと上り詰めた様を短いながらも彼のモノローグを中心にねっとりと描いた作品です。 嫌なはずなのに身体が快楽に逆らえず快楽に溺れて主人公の心理描写は非常に良く描けており可愛らしい絵柄と内容のいやらしさのギャップも相まって非常にそそる一冊になっています。」

uosaoさんからレビュー頂きました!

「 突如女体化した上に急にアイドルになった男が主人公です。ポッと出のアイドルがいきなり活躍できるわけもなく、当然のごとく枕営業をしていくことになるのですが…。基本的にはアダルト描写をガッツリやっていく作品です。それだけだったら大したことのない作品として埋もれていたでしょうが、男でありながら女であるという精神の揺らぎを作品に取り込めています。これがこの作品の最大の良いところです。オチがオチなので個人的には続きを期待したい作品です。」

聖典館殺人事件さんからレビュー頂きました!

「 あらきかなお氏の作品で、ごく平凡な少年ゆうま君がいきなり女体化したかと思うと、街でスカウトされて3人組アイドルの一人としてデビューしたと思ったら、枕営業の場に引きずり出されて……まで、たった1ページという快調なテンポです。そのおかげで浮いたページは、ひたすらハードなプレイに充てられ、いかにもなアイドル衣装をまとった、でも中身は15歳の少年が性嗜好を塗り替えられてゆくところが濃厚に描かれます。
 これも仲間2人の純潔を守るため! といかにも男らしい精神でもちこたえる主人公ですが、実は彼女たちは彼女たちで、大好きなゆうまちゃんと百合エッチしようと虎視眈々と彼のこと狙っているのでした。ま、こちらはご褒美みたいもんだし、これぐらいのことは……ね!」

宮永オサさんからレビュー頂きました!

「普通の男子高校生だった男の子が可愛い女の子にTSしてアイドルになるといった作品。同じグループの女の子を守るために自分から枕営業をしていく所は、元々の男らしさを感じながらも女の子の快感を知ってしまうと言った点でTSの醍醐味を物凄く感じます。また、この作品の前日譚もあるのでそちらもオススメです。」

女体化した俺の爛れたアイドル生活 FANZA版
女体化した俺の爛れたアイドル生活 DLsitecom版

買いました!
ある日起きたら美少女になっていた立花ゆうまはアイドルとなり枕営業ににに!
キャラとか表情が非常に良くってソソる作品。
非常に内容良いうえにお値段も安めで買いやすい。これは是非買うべしと評価し、おススメのものに格上げせねば!

女体化した俺の爛れたアイドル生活

【投稿小説】 星は願いを承る <後編> by.ととやす

テキスト:ととやす
挿絵:蜂蜜柑

前編はこちら

12
望「あぐぅ!?」
康生クンの男性自身が俺の身体の中にゆっくり侵入してくるのを感じる。痛みととも感じる異物感。股が引き裂かれるようだった。少しずつ、ゆっくりと、イチモツが身体の奥深いところにまで進んでいく。手で洗面台の飾り布をギュッと握り、お尻を突き出し、四つん這いになって康生クンにバックから犯されている女の子。鏡に映ったそれは紛れもない今の自分の姿なのだった。俺の腰を両手で掴んで立った康生クンは、ゆっくりと自分の腰を前方へ突き出す。
望「あぁぁん、いやぁぁ」
鏡に映る女の子が、苦悶の表情を浮かべたまま声を漏らす。腰を完全に突き出し、じっくりと俺の、女の秘肉の感触を味わう康生クン。
康生「あぁ、やばい、気持ちイイよ望先パイ」
そう言って、静かに腰を前後に動かし始めた。
望「!?」
固くなった康生クンの肉棒が、俺の膣の中を出入りするのが確かに感じられた。ニュルリ、ニュルリと滑らかに動くそれは、俺の膣内を微かに摩擦し始める。5、6回も前後運動が続くと、初めに感じられた痛みは徐々に消え、その影に隠れていた別の感覚が顔を出し始める。
俺の身体に挿入された肉棒が内壁を擦り、そこから全身に快楽を送り出す。康生クンのアソコが俺の股を突く度に、ピチャピチャと肉同士がぶつかり合い、擦り合う音が響いていた。
望「あっ、あぅっ、あっあっ・・・あんっ!」
望(ゆ、夢や・・・。これは夢なんや。俺が康生クンより小さな女の子になるなんて。その上、康生クンのカノジョとして、「女の子として」抱かれるなんて。犯されるなんて。こんなの、夢に・・・)
そんなことを夢想していると、俺の膣の奥深い部分のどこかに康生クンのイチモツがコツン、と当たった。その瞬間、これまでとは比べ物にならないほど強烈な快感が下半身を襲い、全身へ広がっていく。まるで男の頃、自慰の果てに射精した瞬間のような。
望「あぁ〜ん、気持ちイイ♡」
あまりの気持ちよさに、俺は思わず声を上げた。それも男に媚びるような、甘く切なげな声色で。驚いたことに、その快感はなかなか引いていかない。康生クンが腰を振り、ズンとイチモツが俺の中を突くたび、その奥にあるホットスポットに当たる。
望(あかんっ!ここっ、めっちゃ気持ちええ!もっともっと挿れて!突いて!って思ってまう〜)
パンパンと腰を打ち付ける音と、それを受けて喘ぐ女の声しか響かない部屋の中。男同士、先輩後輩だった二人はそこにはいない。いるのは、愛を確かめ合う先輩後輩カップルだけだった。

はちみつ3

13
突かれるたび、俺の「女としての部分」が刺激され、終わろうとする快楽を増幅させる。康生クンの腰の動きに合わせ、押しては引くさざ波のように甘く切ない疼きが俺に押し寄せる。気がつくと、康生クンのイチモツが挿れられるたびに喘ぎ声が口からこぼれてきまっていた。
望「あっ(ピチャ)、あっあっ(ピチャ)、あぁ、あぁ〜ん(ピチャピチャ)、いやぁっ、んっ(ピチャ)」
望(恥ずかしい・・・なんで声出してるんや、俺はぁ!? 康生クンにチ◯ポ挿れられて、こんな声を・・・でも、止めれへんよぉ〜!)
可愛がっていたつもりの後輩に、女として扱われ、男の頃にはなかった器官を刺激される。その羞恥心が、この快感を増大させているのかもしれない。
腰を打ち付ける勢いで俺の身体が弾み、それにつられて大きく膨らんだ乳房も揺れる。それがお気に召したのか、康生クンは片手を俺の胸にあてがい、先端にある乳首を弄ぶ。それがまた俺の疼きを加速させた。
望「ひやぁ、あっ、あはんっ!」
望(すっ、すごすぎる・・・こ、これが女の子の感じ方なんか)
周期的だった快感の波は、いつの間にか連続的なものになり止めどなく俺の全身を襲う。どうしようもなく気持ちがよく、抵抗するのも忘れてその快楽に身を委ね、康生クンの肉棒に突かれるままになってしまっていた。肉棒に貫かれるごとに、まるで本当の女の子のように「あっ、あっ」と喘いでいる自分に気づくのだが、この身体から発せられる「女としての歓び」が容赦なくそれを呑み込む。今や快感は大きなうねりとなり、波濤となって押し寄せ続けていた。
康生「気持ちイイでしょ、望先パイ。いや、望?」
背面から康生クンの聴き慣れた声がするが、「あっ、あっ、あっ、あぁん」と喘ぎ声しか紡げない自分がどうしようもなく情けない。この時、俺はもう身体だけでなく、心まで女に染まりつつあった。
望「あんっ♡、あっあっあっ、あぁ〜ん♡気持ちイイ、気持ちイイよ〜康生クン♡」
望(もっと、もっと挿れて♡ もっと強く、激しく突いてぇ♡ このまま、ずっと・・・)
康生「あぁ、俺もだんだん、そろそろ、イクよ」
康生クンの腰の動きがいっそう早くなる。
望「きゃぁ♡ あぁぁん、あっ、あっ、あっあっ♡ あはぁん、あぁっ♡」
連続する強烈な快感。意識が朦朧とする中、突然それまでの何倍もの快感が一気に降り注いできた。
望(あぁぁん、気持ちイイ! なんやこれぇ!)
望「あっ、気持ちイイ、イクっ、イクっ、イクっ、イっちゃう〜〜♡」
わけもわからず、心の底から湧き起こった素直な言葉が口走る。俺は今や、年下の彼氏にイチモツを挿入されてよがり悶える一人の女の子になってしまっていた。康生クンの肉棒を咥え込んだアソコがヒクヒクと痙攣し始める。
康生「望、望ィ! 可愛い、ほんとに可愛いよ!」
康生クンの言葉に胸がキュゥゥンと締め付けられる。女陰の痙攣はその頻度を上げていき・・・。
康生「う、わっ、あっ、気持ちイイ〜。で、出るぅぅぅ!!」
康生クンの腰が急に止まり、同時に俺の身体の奥深くで男性器がビクンッと収縮するのを感じた。
望「あぁ〜ん、イッ・・・クゥゥゥゥ!!!」
身体の中に、肉棒の先から迸る白濁液が勢いよく注がれるのが分かった。イチモツが数回収縮するのと同時に、頭の中が真っ白になる。身体中に電流が流れたように全身が痙攣し、ヒクヒクと肢体を震わせながら全身の力が抜けていく。
望(これが、女の絶頂、なんやろうか?)
気が狂いそうになる程の絶頂感が、いつまでも身体に残り続けていた。

14
康生「大丈夫?起きれる?」
遠くからそんな声が聞こえた気がした。俺はいつの間にか気を失っていたようだ。気がつくと、床に這いつくばっていた。その横で康生クンがイチモツの後処理を行っていた。先程までと違い、ダランと下を向いている。
望(あれがさっきまでウチの中に・・・ってウチ!?)
いつの間にか、頭の中の一人称が「俺」から「ウチ」になってしまっていた。
望(なんで自分のことをウチなんて言うてしまうんやろう? 心の中まで女の子に・・・? あかん、ドッと疲れが)
全くと言っていいほど、身体に力が入らない。もう康生クンのモノは抜かれているはずなのに、まだ股間に何か挟まっているかのような感覚が残っている。
康生「望、今日はホント気持ちよかったよ。ありがとう。望も気持ちよかったよね?」
誇らしげに康生クンが声をかけてくる。またさり気なしに呼び捨てにタメ語を!でもそんなことより!
望「そんなん、どう答えてもウチの負けやんかぁ、アホォ、いけずぅ!」
顔を真っ赤にしたまま、ウチはそう答える他なかった。とっさのことでも口をついてしまう「ウチ」・・・それに違和感を覚えなくなりつつあった。康生クンが笑い、ここでようやく落ち着いて話ができる雰囲気になった。
望「あんさぁ、康生クン。ウチ、昨日まで男やったと思うんやけど・・・」
プゥッと噴き出す康生クン。
康生「何言ってんのさ、望にしてはキレのないギャグだね!」
そう言って、ウチの胸に手を伸ばす。
康生「この身体をよく見てみなよ。男にこんな大きなおっぱいが付いてる?」
望「ひゃぁん!で、でもぉ・・・」
康生「どっからどう見ても、望は可愛い女の子だよ。・・・さっきはあんな気持ち良さそうに喘いでたじゃない? ね、望先パイ?」
カーッと頬が熱くなる。赤面するのはこれで何度目だろうか。全く抵抗できず、年下の男の子にバックから犯され、喘ぎ声を上げて感じてしまっていた自分。それが恥ずかしくて堪らなくて。そう思う一方、心のどこかで「また、もう一度・・・」と期待してしまう自分がいて。
望(あぁ、そっか。ウチはもう・・・康生クンのカノジョなんやな)
そう、自覚せずにいられなかった。

15
汗だくの身体をシャワーで流そうとする。ノブを回そうとしてふと、下を見る。ねっとりとした白い液体が太腿の裏側を伝っている。隠毛に覆われた股間の奥深くからそれは流れ出していた。
望「もぉ!」
勢いよくシャワーを流し、少し乱暴に取り除く。しかし、男の満足を表す白濁液は、流しても流しても股の間から滲み出てくる。
望「何なん、ホンマにィ・・・」
急に頭がスッと冴え、冷静さを取り戻す。と同時に、さっきまでの出来事が無性に恥ずかしくなる。つうっと膨らんだ乳房や、割れ目になった股間をなぞる。
望(ウチ、これからどうなるんやろう。女の身体になって康生クンにエッチなことをされて。抵抗もでけへんでそのまま女の子として感じて、喘いで。康生クン、満足してくれたんかな・・・?)
ブンブンと頭を振る。これでは本当の本当にカノジョじゃないか。
その時だった。パチッ、パチッと記憶が蘇ってきた。昨夜、流れ星に願った後に見た夢のことを。

16
その夢の中には一人だけが出てきていた。男のようにも、女のようにも見え、老人のようにも若者のようにも見える。正体が分からないが、人型の生命であることは確かなようだった。
??「その願い、承った。キミたちは運がいい。我々の力がピークを迎えた時間に願いを唱えるとは。」
日本語を喋っているのかすらよく分からない。しかし、何故か意図は通じた。
??「そちらの青年の願いは恋人。キミはツッコミと女か。」
アゴに手を当てるような仕草。少し首を傾げたような。
??「恋人、というのは分かる。キミたち生命が子を宿すために交尾をする相手のことだな。しかし、ツッコミ、女とは、いったい。」
ややあって、
??「分かった。キミたちは、交尾に際して男性が性器を突き挿れるようじゃないか。ツッコミ、女。それはつまり・・・」
したり顔の謎の人。
??「キミは女になって、この青年と交尾がしたい。そういうことだな! そして、青年はキミという恋人を得るわけだ」
望(ぜ、全然ちゃう〜!!! ツッコミくらいテレビとかで漫才見て勉強せぇやぁ!?)
オイオイと叫び声を上げて、本物のツッコミというやつをコイツに見せてやりたかったが、それは出来ない。何故ならここは夢の中。
??「あぁ、心配せずとも良い。キミと青年との交尾の相性はバツグンになるようにしてあげるとも。もちろん、キミの元の記憶を残したままだ。男が急に女に変わってしまうと社会生活を送る上で不便だろうからな、キミ以外のニンゲンは皆、キミが元から女だったと認識を変えておこう。時間が経つにつれてキミ自身も女として振る舞うことに違和感がなくなっていくことだろう。」
ふふん、と得意げになっているのが分かる。
??「これほど願い主の希望通りに願いを叶えられた経験は私も初めてだ。さぁ、キミはこれから女になり、つがいとなって青年と添い遂げるのだ・・・。どうかお幸せに」

望「って、ちゃうわーーい!!!」
夢の記憶から我に帰り、怒りに任せて風呂場の壁を殴る。
望「ぎゃあー、痛ったぁ!?」
こんなしょうもない勘違いでウチ・・・ちゃう! 俺はこんな目に!?
先の言葉通りに女の子に馴染んできたのか、自然と口をついて出てしまっていた「ウチ」を無理くり「俺」に言い直す。
康生「どうしたの?大声出して?」
ガラリと戸を開けて康生クンが入ってくる。股の間にぶら下がった竿が、こちらを見た途端に再び屹立し始めて・・・。
康生「それとも、またしたくなっちゃった?」
望「きゃぁぁぁん♡」
身体に触れられ、またしても女の子として感じてしまい、声が出る。
望(あっ、あかん、頼むから何とかしてくれぇ! でないと、俺・・・ウチ・・・ホンマに康生クンのことを・・・)
先輩後輩カップルとなってしまった2人の夜の営み、その2回戦が始まろうとしていた。

17
それから1年後の夏のある日。あの時と同じ山頂で、康生クンと2人並んで星を眺めていた。
康生「そろそろ流れ星が来ますよ〜」
キラッ。あの時と同じように星が流れる。まるで同じ光景の再現だ。1つ違うことは・・・。
望「男、男、男、男・・・」
一年間を女の子として過ごしたウチが、男に戻ろうと必死で祈りを捧げているということだ。康生クンはそんなウチを微笑ましげに眺め、背後からそっと抱きしめている。
康生「そんなに男が欲しいんですか、望先パイ?」
望「ちょっ、あかん、今はなしやってぇ!?」
夏らしく薄着なウチの服の内側に、康生クンの手が入り込んでくる。
望「ダメダメダメ、きょ、今日はだっさいババシャツやからぁ!」
慣れた手つきでブラジャーのホックが外され、胸とブラとの間に隙間が生まれる。その空間を器用にかき分け、康生クンの指がウチの胸の先に至り、乳首をキュっと摘む。
望「キャッ! んん・・・もぉ・・・!」
この一年間、散々弄られてきたのに、未だ慣れることはない甘く切ない疼き。身体の相性抜群という夢の言は決して大袈裟ではなかったようだ。
望「このままやと、男になられへんやんかぁ〜」
康生「うふふ、面白いね、望は。こうして俺につねられて乳首をおっきくして何言ってんだか。」
スッと開いた手がウチの股間へ伸びる。もうされることは分かっている。
望「はぁっ、はぁっ、はぁっん、あんっ♡」
望(康生クンに触られてると、もっと、もっとって思ってまうよぉ・・・)
ねっちょりとした愛液が股の間から糸を引く。
康生「こんなに気持ちよさそうに悶えてて、それでも男になりたいの?」
望「〜〜〜ッッ!!!」
顔が赤くなる。
望「こっ、これはっ、ウチの身体が女やから・・・生理的な現象なんや!」
康生「ふーん、じゃあさ」
ズイッと顔を近づけてくる。唇が寄ってきて、ウチは自然と目を瞑り、それを受け入れた。この一年間、事あるごとに繰り返されてきた恋人同士の、大人のキスだ。
康生「こうしてキスしてくれるのも、生理現象?」
望「もっ、もう!康生クンのいけず!アホォ!」
康生クンになすがまま、されるがままの女の子生活。先輩としての威厳もクソもない。
康生「このまま最後までシちゃっていいかな?」
ギュッと康生クンの服の端を摘み、ウチは・・・。
望「今日はホ、ホテルで、せぇへん?」
これがせめてもの抵抗、なのだろうか。

18
康生「この一年くらいで望もすっかり変わったよね」
望「はっ・・・むっ・・・プチュ・・・」
屹立したイチモツを口で舐っているとそう康生クンが笑いかける。男のペニスをしゃぶるという行為は男の頃はやったこともなかったし、しようとも思わなかった。なのに今、ウチは一生懸命に彼のモノを舐め、しゃぶり、咥えている。
康生「ずいぶんエッチに積極的になったよね。自分からホテルに誘ってくれるなんてさ」
望(なんでなんやろう?)
頭の片隅で、ウチは考える。 きっとそれは、相手が康生クンだからだ。側にいて楽しい彼だから、そして今の自分は「女」だから・・・。
流れ星への願いとともに押し付けられた康生クンとの彼氏彼女の関係は、ウチにとって不思議と嫌なものではなかった。むしろ心地よさすら感じていて。ツッコミ役と彼女を願った挙句、女になって康生クンと男女の仲にされてしまうなんて詐欺も良いところだとは思う。けれどそれが何故だかしっくりくる。
望(たぶん、身体が変わっても、関係が変わっても康生クンがウチを大切に思ってくれるところは変わってへんからかな?)
なんてことを思いながら、覚えたてのフェラで彼に奉仕を続ける。

19
あの時から・・・女の子にされてから、何やかんや色々と好転したように思える。こうして恋人もできたし、解釈こそ違うがツッコミ役、相棒も出来た。文字通り身も心も深く繋がった。・・・自分で言ってて恥ずかしくなるほどに。
それ以外でも最近のウチは何故か大学で声をかけられることが多くなっている。背丈がだいぶ縮んでしまったからなのか、サークルなんかでも「関西弁のマスコットキャラ」みたいな扱いだ。男子にも女子にも、友人と呼べる人が増えてきた。彼ら彼女らから、康生クンとのやり取りすら「夫婦漫才」なんて茶化されて・・・。気がつくと、「ウチ」という言葉遣い、女の子としての生活にも十分以上に馴染んでしまっていた。
望(男の頃との扱いの差はなんなんや、ホンマに!)
とは思うけれど、周りにいてくれる人が増えていくのは嬉しくて堪らない。一年前まではあれほど辛かった毎日が、今は輝いて見える、なんてのは大袈裟だろうか。
でも康生クンだけは
康生「ちぇっ、俺が最初に仲良くなったのに〜」
と何故か拗ね気味だ。そのためだろうか、こうしてベッドで一夜を共にするたびに、イジメが激しくなっているような気がする。
ウチからショーツを脱がせて両脚を抱えて自分の方に引き寄せると、左右にパックリと開いた。ウチは恥ずかしくて、目をつぶって顔を横に背ける。 そのまま、ためらいもせずにウチの股間に顔を埋めてきて・・・。
望「ひゃあっ!」
康生クンの髪が腿に当たって、擦れて、すごくくすぐったい。
望「や、やめっ!こしょばいやんか!ん、やぁっ!!」
続けてぬるん、と大きな何かが挿ってくる。
望「いやあっ! やぁぁぁぁっ!」
背中にベッドがあるのに、重力が感じられない。康生クンが舌でウチの中をかき回す度に、部屋がぐるぐると回る。丁寧に陰核が舐められる。そのまま内側をぐるっと、ざらっと舐められて意識が飛びそうになる。
イク・・・なんて言う余裕すらなかった。クリトリスをチュッと吸われた時は、康生クンの頭を脚で締めつけてしまった程気持ちよかった。

20
ベッドの端から足を下ろし、腰をかけた康生クンにまたがりながら、ウチはゆっくりと腰を下ろしてゆく。
康生「望のオ◯ンコが丸見えだよ」
望「あ、あほぉ!なんつーこと言うとるねん!」
彼の肩に手を置き、ペースを整えて腰を下ろしてゆく。上を向いた康生クンのナニが見える。
望(ゴクリッ)
緊張からか興奮からか、唾を飲み込んだ。
望「い、いやぁ・・・」
直前になり、股間から愛液がトロリと溢れ出てしまう。くくっと声を押し殺して康生クンが笑う。
望「なに笑っとんのよぉ!」
康生「いや、本当に望は可愛らしくなったなと思ってさ」
望「はぁ!?」
彼と恋人になってから、これで何度目だろう。熱を持ったウチの顔が、さらに熱くなる。
康生「最近はみんな望ちゃん、望ちゃんって声かけてくるけどさ。最初に可愛さに気づいて、仲良くなったのは俺だよね? それに・・・」
ウチの腰に両手を添えて、下に引いた。
康生「望のこんな姿を知ってるのは俺だけなんだよね♪」
カクン、とウチの腰が落ちた。膣口がニュルリと肉棒を咥え込み、そのまま一息に奥まで入ってしまう。
望「いひぃんっ!」
視界の中に火花が散った。敏感になった全身に快感が走る。もうこうなったら、何をされても快感だ。折ったひざをバネにして、上下運動を繰り返すことで、ゴリッ、ゴリッと膣内が擦れる。
康生「こんなにエッチで、俺に抱かれるのが大好きな望は俺だけしか知らないんだ!」
望「あ、あひっ、ひっ!」
いわゆる騎乗位の姿勢になり、康生クンはイチモツを下から突き上げる。

21
望「あぁん、はぁん、うっ! あかん、やめて、抜いて、止めてぇぇ〜♡」
康生「自分から腰振っといて何言ってんのさ、望先パイw」
この出し挿れを何度繰り返しただろうか。気がつくとウチは、自ら腰を振り、彼の男性器を自分から感じようとしてしまっていた。
望「あぁん♡あぁん♡あんっ♡気持ちイイ、気持ちイイよぉ♡もっと、もっとぉん♡」
康生クンは後から抱きかかえるようにして、腿を跳ね上げた。
望「ひゃんっ!」
康生「あっ・・・俺も気持ちイイよ。このまま、イッちゃえ、望ィ!」
ベッドの上での康生クンは乱暴だ。
望(友達とかの前やとウチがリードしてる姉さん女房カップルって感じやのに、ベッドやと完全に逆転するんは何なん!?)
でも、そんなのとは裏腹に、ウチの身体の「キモチイイ」はどんどん高まってゆく。
望「あ、はぁっん! こ、康生クン、そんな、あかん、激しっ! いやぁっ!」
ボリュームのある胸がタプンタプンと大きく揺れる。その勢いだけで乳首がジンジンと痺れて気持ち良くなってしまう。
望「やんっ! いいっ、いいの! 康生クンのオ◯ンポ、ウチのオ◯ンコの奥までぇぇ! いいっ、いいぃっ! いいよぉぉぉっ!」
女の子の恥ずかしい部分を余すことなく曝け出す。トロットロにとろけた股の裂け目に差し込まれた肉棒が、ビクンッビクンッと震えた。
康生「あっ、つっ、で、出る、出る〜っ!!!」
コツンと勢いよく突き上げられ、ウチの身体の奥の奥に精液が激しく注ぎ込まれていく。
望「イッ、イクぅっ! あはぁ・・・イッちゃうぅぅぅぅぅぅっ!!」
チカチカと目が眩む。全身から溢れんばかりの快感を浴び、ウチは今日一番の大きな声で叫んだ。
望「ああぁぁっん! ひっ、イッてまうぅぅぅぅぅっ・・・!」
頭の中がパァッと真っ白になっていって・・・。生まれたままの姿で抱擁し、愛を確かめ合う男女がそこにいた。

22
事が終わり、ベッドの中。隣で眠る康生クンの穏やかな寝顔に、思わず笑みがこぼれた。
望「うふふ、大好きやで、康生クン。ウチのこと好きでいてくれてありがとう。」
決して聞かれるわけにはいかない言葉を紡ぐ。
望「・・・男の頃からも、女の子になってからも、ずっといっしょやで」
チュッと眠る彼の唇に口づけをする。さぁ、もう寝よう。明日は彼とどこへ行こう、何をしよう!どこでも何でも楽しいはずだ!
そんなことを思いながら、ウチは彼の腕の中に包まれて眠る。元が男だろうが関係ない。今この時だけはウチは世界で一番幸せな女の子なんや。

夜空に星が一つ、瞬いて消えた。それはまるで2人の幸せを祝福するかのように煌めいていた。

はちみつ4

幼馴染のクラス委員長がち〇ぽ付きのオスであることをかくしていたので兜合わせとオス処女没収SEXで本物のメスにして自分の物にした話

幼馴染のクラス委員長がち〇ぽ付きのオスであることをかくしていたので兜合わせとオス処女没収SEXで本物のメスにして自分の物にした話 FANZA版

幼馴染のクラス委員長がち〇ぽ付きのオスであることをかくしていたので兜合わせとオス処女没収SEXで本物のメスにして自分の物にした話

ピンクロイヤル 1  2

ピンクロイヤル 1【電子版限定特典付き】 DMM版
ピンクロイヤル 1【電子版限定特典付き】 DLsitecom版

ピンクロイヤル 1【電子版限定特典付き】

ピンクロイヤル 2 DMM版
ピンクロイヤル 2 DLsitecom版

dmmmg_2131pl.jpg

痴×はサレる方がキモチイイ~JKになった俺がハマった屈辱SEX(1)

痴●はサレる方がキモチイイ〜JKになった俺がハマった屈辱SEX (1) FANZA版
痴×はサレる方がキモチイイ~JKになった俺がハマった屈辱SEX(1) DLsitecom版

痴●はサレる方がキモチイイ〜JKになった俺がハマった屈辱SEX (2)FANZA版
痴×はサレる方がキモチイイ~JKになった俺がハマった屈辱SEX(2) DLsitecom版

叔父さんをゆする生意気甥っ子は強●女体化の刑!

叔父さんをゆする生意気甥っ子は強●女体化の刑! FANZA版
叔父さんをゆする生意気甥っ子は強制女体化の刑! DLsitecom版

叔父さんをゆする生意気甥っ子は強●女体化の刑!

ハッピーバニーズへ潜入捜査!! ※レビュー追加

2019Q3おかし製作所DMM販売数68位

ハッピーバニーズへ潜入捜査!! FANZA版
ハッピーバニーズへ潜入捜査!! DLsitecom版

早速買いました!
ヒロインピンチものでオレの中ですごく評価の高いサークルさんの最新作。
今回も良かった。
スーパーヒロインの固有能力が仇となって…良い。

ハッピーバニーズへ潜入捜査!!

ムナクソ!誘拐→監禁→集団【入れ替わり】事件 ~か弱い女の子とDQNたちをボディスワッピング~ 上川星空



ムナクソ!誘拐→監禁→集団【入れ替わり】事件 〜か弱い女の子とDQNたちをボディスワッピング〜 上川星空

ムナクソ!誘拐→監禁→集団【入れ替わり】事件 〜か弱い女の子とDQNたちをボディスワッピング〜 上川星空

【販売1か月経過&200DL突破】女体化クラスメイトが不登校の俺をカラダで釣りに来た

女体化クラスメイトが不登校の俺をカラダで釣りに来た FANZA版
女体化クラスメイトが不登校の俺をカラダで釣りに来た DLsitecom版

女体化クラスメイトが不登校の俺をカラダで釣りに来た

08/30のツイートまとめ

amulai

RT @totoyasu_tsp: 新作ss「星は願いを承る」全編公開しました(R18描写含みます)。流れ星をきっかけに変わってしまった身体と人間関係はどうなるのか?っていうか関西弁なTS娘が「うち」って言っちゃうのめっちゃ可愛いくないですか!?蜂蜜柑さま(@ponpons
08-30 23:55

RT @motoken_tw: 小児性愛が犯罪に繋がると言うのなら、一般的な性欲も全く同様に犯罪に繋がると言うべきことになる。一般的な性欲(より具体的には性交欲)は、異性と性交したい、という欲望であり、そこには「異性の同意を得て」という要素は含まれていない。異性の同意が必要…
08-30 23:44

RT @okotatsudoragon: 議員なら触れたくない分野でもきちんと踏み込んで冷静な判断を求める姿勢は、表現の自由を含む基本的人権を真正面にとらえていて非常に信用できます。栗下議員が都の不健全図書審議会メンバーなのは大きな意味がありますね。 https://t.co/
08-30 22:22

RT @otakulawyer: 性的な嗜好も変えようがないし、他人の権利を侵害しない形でこれを充足させる方法を奪うことは理不尽であることは、性的指向と性的嗜好で異なるところはないので、両者を区別する意味はない。
08-30 22:08

RT @tamako_han: ラブドールに性欲をぶつけていると、そのうち本物の小児をレイプするようになる説、いや、待って、みんな本当にラブドールとセックス出来るか冷静に考えなよ。いや、調査した事ないけど、「人形とセックス出来る」壁って、多分高いと思うんですよね???
08-30 22:01

RT @Mugennosuna01: 結局本の表紙はこれになりました。TSFマーケットで売るのでよろしくお願いします。とらやメロンへの委託は検討中です。 https://t.co/AB5ZdpPFsj
08-30 21:55

RT @mizuryu: うっそでしょ、信じられん。このアイコンがアダルトコンテンツだって言われてロックされてたんだけど…… https://t.co/PyyEe4nZug
08-30 19:44

RT @mishiki: いや、キャバクラって学部生の時にバイト先のゲーム会社の上司の上司に連れて行ってもらったことがあるけど、義務感で相槌打っている女性と割高な酒を飲むという謎の空間に金を求められるので、意味不明感しかなかった。
08-30 18:36

給与所得者の給与所得控除は美味しいよね。
08-30 18:30

市町村民税25.1万円以上とあり、年収810万円~となっているが、これはあくまで給与所得者の時の換算であって、アオイさんは事業所得者なんじゃないかなと思われ。事業所得であればそんなに所得が無くても25.1万ぐらいはすぐ行くし、むしろ行かないとアカンやつではないか。
08-30 18:29

全文を表示 »

【販売1周年】トランスドール~ハイド&シーク~ ※レビュー追加×2

トランスドール~ハイド&シーク~ FANZA版
ハイド&シーク DLsitecom版

uosaoさんからレビュー頂きました!

「 廃墟になった屋敷で遊ぶ少年と少女。少女は少年に意味深なことを言い、その後かくれんぼをすることを提案します。鬼役となった少年は、少女を探す間に不思議な空間にたどり着いてしまいます。その後についてある程度は言うまでもないでしょう。絵柄が独特ではありますが、内容は割とオーソドックスです。「ある程度」とか「割と」と書いたのは、きちんと訳がありまして…。それは読んでのお楽しみということにさせていただきます。」

早速買いました!
いにしえの昔、レディー・エキセントリックで、数々の読者さんの女体化願望を励起、活性化せしめ、二度と帰れぬ道(具体的にはオペ)へと向かわしめた千之ナイフ先生、久々のTSF新作ですやん!

奇麗でファンタジーで、魅惑的。
良いと思います!ファンなのでちょっと甘めかもしれないですけど、「是非買うべし」でプッシュします!
後書きで千之先生、「読者が女体化願望を発芽させるように」念を込めて描いたと書かれているのでマジで堕としに来てますぜ!!

トランスドール~ハイド&シーク~

トランス1
トランス2
トランス3

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08