FC2ブログ

Latest Entries

記憶

この記事は作品のキャラクターのネーミングに付き議論する為の記事になっちゃいました。

作.真城 悠(Mashiro Yuh)
「真城の城」http://kayochan.com 
「真城の居間」blog(http://white.ap.teacup.com/mashiroyuh/)
挿絵:針子 http://melo.xii.jp/


 彼女は妙な記憶に悩まされていた。
 仮にB子としておこう。

 都内の共学校に通う何の変哲も無い女子高生であるB子は、ここまで何の不自由も無く育ってきた。
 成績も悪すぎもせず、良すぎもしなかった。


 平凡なサラリーマン家庭の長女として生まれ、中学では吹奏楽部に所属。県大会の準決勝で敗れて、全国大会が開かれている時には家でごろごろしているというありがちな女子中学生だった。
 もちろん人並みに初潮に驚き、初ブラにときめき、初恋…に似たもの…に戸惑ったこともある。

 特にこれといった理由も無く、「制服が可愛いから」という理由で近所の私立を選び、今度は「文芸部」に所属した。
 毎日夜遅くまで練習する運動部や、高校ともなると遊びでは済まされない吹奏楽部や軽音楽部と違い、「文芸部」はテスト期間が終わった後の長い放課後に集まって何となく読書感想を言い合うというぬるい部だった。
 それがB子の気性に合っていたみたいだ。

 仲のいい女の子の友達も3人ほどおり、いつもつるんでいた。
 その友達とは修学旅行の時にもクラスが違っても勝手に合流し、いい加減な部活をいいことにいつも一緒だった。

 そんなB子にも進学の時期が迫ってくる。
 可もなく不可もない成績だったB子だが、特に展望も無く都内の私立文系の学部を目指して勉強している。

 将来のことなんて全く分からない。特になりたい職業がある訳でも無く、そもそもこんな不景気では就職できるだけ御の字だ。
 かといって高校を出てすぐに結婚というのも現実味が無さ過ぎる。

 三人家族なので自然と身に付けた料理のスキルはそれなりのものだとは思うけど…大体相手がいない。
 不況の時代に生まれ育った「ゆとり世代」のB子には相手の男にも多くを求めない、ある意味においては「今時の」女子高生だった。求め過ぎては相手だって大変だろう。

 そんなB子が、この頃時折妙な記憶に悩まされていたのだ。
 ぼんやりとしたイメージではあるが、薄暗い洞窟のようなところでひたすら重い荷物を抱えて走り回っている夢である。

 物凄く息苦しくて、二度と経験したくない嫌な緊迫感に満ちている。
 それこそ命が掛かってる…そう、戦場のような…。

 戦場なんてテレビ映像やらゲームですら経験がない、平凡すぎる女子高生のB子にどうしてそんなフラッシュバックが来るのか全く分からない。

 最初にそれが来たのは高校二年生の修学旅行の時だった。
 それが最初の一回目。

 その後2~3ヶ月おきに現れる。

 最初の一年くらいは気のせいだと思っていたのだが、高校三年生になって頻度が高くなってきた。
 余りにもあやふやな不安なので両親に相談する訳にもいかない。

 受験勉強に集中してドロのように寝た日などはそんな夢を見ないこともあったが、生理不順で痛くて適わない時などは本当に悪夢が纏(まと)わり憑くようだった。

 その記憶は架空のそれにしては、妙になまなましいものだった。

 仕方が無いので親友の子たちに相談してみると、口が堅かったものの彼女たちもまた同じ様なフラッシュバックに悩んでいたという。
 しかも細部を突き詰めてみると、殆(ほとん)ど状況が同じなのである。

 B子たちは気味が悪くなって一時期はその話をなるべくしないようにしていたが、この頃は会うとその話ばかりしている。

 誰に相談する訳にもいかないので本当に困った。
 両親は心配性なところがある。相談したところで、病院に入れられたりしたら適わない。

 とはいうものの、どうにか日常生活と折り合いをつけたB子は辛い受験勉強をやりぬいた。センター試験、本試験とこなし、見事合格を勝ち取った。
 第一志望には受からなかったものの、そこそこ名の通った女子大への合格を決めたのだ。

 中学・高校と共学のため、女子大に行くのは少々不安もあったが、それこそ子供ではないのだから、別に男の子の影が全く無い訳ではないはずだと自分を励ました。
 何しろ在学中に成人になり、酒もたばこも合法的に飲めるし吸える様になるのだから。

 卒業式までの日、B子の様な合格組は気楽なものだったが、ギリギリまで行われている二次試験を頼りにクラスメートの大半は全国を飛び回っており、二月後半から三月ともなるとクラスの半分くらいは出席していなかった。
 実はこの頃、例の悪夢は益々酷くなり、殆(ほとん)ど毎晩の様になっていた。

 徐々に時間も長くなり、朝に目が覚めて現実世界にちゃんと戻ってこられるのか不安になるほどだった。

 そんな中、親友の一人が行方不明になった。
 同じ悪夢に悩まされている友達だった。

 合格者も次々と決まる慌(あわただ)しい雰囲気の中のとんだ不祥事に、平凡な高校は軽いパニックに陥った。
 B子は何となく意識していたクラスメートの格好いい男子と捜索過程で一緒になっていた。

 卒業式が明日に迫っていたこの日、結論から言うとB子はその男子に処女を捧げた。

 自分が悪夢と謎の記憶に悩まされていることを打ち明け、卒業した後にその先の未来が見えないほど不安だと吐露したのだった。

 結局親友は姿を現すことなく、三分の一ほどが既に進学先に引っ越した状態のままで卒業式は行われた。
 使い古された制服に“合法的に”(?)袖を通すのも今日が最後だ。
 バージンもしっかり失えたし、思い残す事の無い女子高生生活だった、とB子は親友の安否は気に掛かるものの満足だった。

 そして、寝床に入り、本格的に気を失った。






「…おい!大丈夫か!?しっかりしろ!」

 B子がバチッ!と目を開けるとそこには迷彩柄のヘルメットに同じく迷彩柄の軍服に身を包んだ男がドロだらけの顔で見下ろしていた。

「な…何なの!?」

 B子は思わずガバリと起き上がった。
 まただ!またあの悪夢だ!

「気が付いたか?大丈夫なのか!?」

 夢にしては妙に現実感がある。これは何だろう?

 そしてB子は大変な現実に気が付いた。

「な、何よこれええええっ!?」

 起き上がったB子の身体はゴツい男のものとなっていた。そして先ほど見かけた迷彩柄の軍服に身を包み、鉄砲だのリュックだのがフル装備されている。

「…どうやら本当らしいな」

 周囲の軍人たちが多少ニヤニヤしながら顔を見合わせている。

「な、何よ…何なのあんたたち…」

 まるでオカマみたいな男の声が脳内に反響する。物凄く気持ちが悪かった。
 けど、この人たちって…。

「もしかして…グレッグにミッキー?」

「そうだよ!思い出したか!ああよかった」

 どうして、どうしてあたしはこの見たことも無い人たちの名前を知ってるの?

「どれくらい思い出したんだ?」

「どれくらいって言われても…」

 まだ混乱していた。思わず女子高生みたいなくねくねした仕草を取ってしまっていた。

「おいおい!無理も無いがよお、ここは戦場なんだからそろそろシャキッとしてくれや」

 状況が全く分からない。何がどうなってるの!?あたしは明日から女子大に通う為に引越し先に住民票を持って行かなくちゃいけないのよ!

「まあ、仕方が無いさ。先日帰って来たグレンもそうだった」

 少し位が高い雰囲気をかもし出すたくましいおじさんが出てきた。

「いいかカザマ」

 どうやらこの世界では「カザマ」というのがあたしの名前らしい、とB子は思った。

「お前は敵軍が開発した「タイム・ボム」に引っ掛かったんだ」

「タイム…ボム!?」

「ああ、これが恐ろしい兵器でな。外傷は無いが意識を十年以上に渡って吹っ飛ばすものだ。無論、外からは全く観測できない」

 周囲がニヤニヤ笑っている。

「恐らくだがお前は異世界に意識が飛ばされた様な形になった。そこで赤ん坊として生まれたお前はそこから十八年ほどそこで生きた記憶を植えつけられたんだ。お前の今の挙動だと、どうやら女の子だったらしいな」

 周囲がひゃーっはっは!と爆笑している。

 しかし、B子はそれどころではなかった。

 そ、そんな…じゃあ、あの十八年間のあたしの女としての一生は…全部幻だったの!?
 あたしの本当の姿はどっかの国の兵隊…しかも男で、それなのに意識を女として生まれて高校を卒業するまで体験させたっていうの!?

「今、先に帰って来たグレンから聞き取り調査を行ってるから分かったんだ。何でもお前らはあっちの世界で仲良し女子高生だったんだって!?」

「も、もしかしてそれって…C子!?」

 周囲がひっくり返って笑っている。

「ああ、そうらしいな。まあ、十八年間も女をやってたんだから仕方が無いが、明日からまた戦場だからよ。その女みたいな態度と言葉遣い直せよ」

 そんな…。

 B子…いや、カザマは呆然としていた。

 楽しかったあの小学生の時のこと。お転婆だったあたしはクラスの男子と余ったおやつの争奪戦を繰り広げて逆に泣かしちゃったし、初めて中学のセーラー服を着たときのあの気分…。
 楽しかった女子高生生活に初めての性体験…あれもこれも全部幻だったっていうの!?

 そういえば、今にして思えば符合するところがある。

 ずっと悩まされていた謎の記憶は「元の自分」の記憶が流れ込んで来ていたものだった可能性がある。

 あの暗い洞窟は自分が「タイム・ボム」を食らったミッションでのものだし、全身がやたらに重かったのも兵装を担いでいたからだ。
 C子たちと会ってすぐに意気投合したのも、「元の姿」では戦友だったからに違いない。

 …余りにもかけ離れた可愛らしい姿同士ではあるが…。

 そんなことを考えている間に、徐々に男の頃の記憶が蘇ってきた。

 そうだ、確かにオレは洞窟へのミッションに参加したんだ。そこで炸裂したまぶしい光で記憶を失って…次に物心ついたのはオレが女の子として幼稚園に入る3歳だか4歳だかの頃のことだ。それ以降オレはずっと女として生きてきたんだ…。

 オレはC子ことグレンと再会した。
 行方不明になったのは「こちらの世界」に一歩先に戻ったからだったのだ。

 こちらの世界に先に戻って数時間は経っていたためにグレンはすっかり男に戻っていた。ふざけておっぱいをもみあった女子高生同士の頃の記憶は…あるけど、男ってのはそういうのは口にしないもんだ。

「大変だー!また新型らしいぞーっ!」

 その声にオレたちは一斉に走り出した。

 その後もその戦場では「タイム・ボム」は猛威を振るった。
 格好つけていた隊長も巻き込まれ、意識を失った。

 オレは挙動やら口調がすっかり戻るのに一日掛かったんだが、隊長は…戻らなかった。
 何でもやっぱり生まれたときからやり直しで、実に二十四年も「あっち」にいたらしい。
 驚くことに隊長は「あっちの世界」では世界的なバレエの新人大会に優勝した国際的なバレリーナとして名声を博しており、ツアーで世界中を飛び回っていたという。
 そして大恋愛の果てに同僚のバレエダンサーと結婚し、新婚旅行から帰って来たところでこの戦場に舞い戻ってきたのだ。

 余りにも華麗な成功人生に引きずられ、「本当の自分」たる軍人の男という現実を受け入れられずに自我が崩壊してしまったのだそうだ。

 精神疾患と判断された隊長は、既に結婚して子供もいたにも関わらず全てを放り出した。
 噂ではどこから入手したのかバレリーナのチュチュ姿ですすり泣きながら裏路地で凍死していたという。

 恐らく隊長にとっては、このむさくるしい現実の方が「悪夢」となってしまったのだろう。
 見かけはごついおっさんではあるが、一切の記憶をなくしたところから二十四年間も「女」をやっていたんだから、もう精神的には完全に「女」だろう。
 それこそ、平凡…いや非凡な女がある日突然むさいおっさんに性転換させられたみたいなもんだ。筋肉ムキムキ男のバレリーナ姿は確かに滑稽ではあるが、事情を知る者にはなんともうら悲しいものがある。

 そして、人間を完全に精神的に崩壊させる事も出来る「タイム・ボム」は実際に体験した兵士でしかその威力…というか「何が起こるか」が分からないので、一種の戦場伝説と化していた。

 恐ろしいことに、無事に生還した兵士の中には自ら「タイム・ボム」に飛び込んで行く者すらいたという。
 気持ちは分かる。
 確かに恐ろしい経験ではあるが、この戦場でどうせ死ぬのなら別の人生に飛び込むのも悪くない。敵の狙いは、そうして自らキルゾーン(殺傷圏内)に飛び込んでくる哀れな敵兵を蜂の巣にすることだった。
 普通の攻撃だったのだ。

 この戦争はもうすぐ終わる。
 こんな状態で戦線が継続出来るわけが無い。どうにかして和解してくれないと本当に駄目になってしまう。
 オレの様な「タイム・ボム」経験者もみんな戦場に戻ってはいたが、時折女体が恋しくなる。「あちら」に生れ落ちた瞬間には全ての記憶は一旦消えているのだが、こうして戻ってくればそれも加わった記憶が堪能できるのだ。
 ああすればよかった、こうすればよかったと思い悩むのだ。

 オレは最後の日にバージンをどうしてあんなに衝動的に捨てたのかを遂に思い出していた。
 そう、「そういう体験をすればよかった」とずっと思っていたからだ。

 思い出した。
 実はオレは「タイム・ボム」のリピーターなのだ。

 あの体験が忘れられず、どうにかもう一度「あちら」の世界に飛び込むことだけを考えて戦場を駆け回る「ジャンキー」だったのである。
 中には意識だけが飛ばされた状態で戦火に巻き込まれてそのまま物理的に戦死してしまうのもいる。
 その際「意識」がどうなってしまうのかは分からない。
 オレたちの間では「あちらの世界で無事に一生を終える」のではないかと推測されていた。
 そうでなくたって元々人間はいつかは死ぬものだ。だったらこんなクソみたいな戦場で死ぬよりもそれこそ「あちらの現実」で輝かしいステージを踏みながら死ぬのも悪くない。

 この間の女子高生体験は実は三回目だった。

 一度目は無事に女子大に受かり、新生活を始めるところまで行っていた。
 ただ、この時は何故か物凄く真面目ながり勉少女だった。
 制服は中高一貫して野暮ったいセーラー服で、牛乳瓶の底みたいなメガネでそばかすだらけ。

 成績は常にトップクラスだけど見た目が垢抜けないので男には全く縁が無いままこちらに戻ってきてしまった。

 二回目は高卒だったけど、魅力的な男と結婚できて子供まで出来た。
 だが結婚と共に豹変した男に母子ともども虐待されてえらい目に遭った。
 子供が殺されるまさにその瞬間にこちらに戻ってきた。

ts.jpg

 そして先日の女子高生生活だ。
 明確な記憶は残っていないのだが、どこか潜在意識にそういうところはあるらしく、これまでに失敗した体験を無意識に回避し続けたみたいだ。

 成績はほどほどでいいから目一杯遊び、制服もオシャレで可愛いところを選び、友達も作って…そして素敵な恋愛もする。
 恋愛ってのはすればいいんじゃない。相手の男も選ばないと。

 一応の目標を達してしまったのだが、先日の隊長の人生経験が後押ししてくれた。

 バレリーナかぁ…。

 別にバレエには興味ないけど、映画女優とかモデルなんてのもいいな。
 とにかく女と生まれたからにはその美貌できゃーきゃー言われる存在になってみたいじゃないか。

 実際のところ、報告では百パーセント女の人生を体験させられているのだが、男になってしまう場合も考えられなくは無い。
 ま、それはそれでいいや。
 少なくとも食い詰めて戦場で夢の欠片(かけら)を漁るジャンキー以下の人生なんぞそうありゃすまいよ。


 オレことカザマは今日もまた「タイム・ボム」が仕掛けられていると噂の戦場に向かうのだった…。





あとがき
 何度も同じ人生を歩む物語というと、このジャンルの古典になっているケン・グリムウッドの「リプレイ」がありますね。
 某魔法少女アニメの例を挙げるまでも無く、人生丸ごとやりなおす「ループもの」は見るものの本能に訴えるのか「名作」が多い印象です。
 この作品は「戦場」が舞台なので「All You Need Is Kill」を意識された方も多いでしょう。

 人生丸ごとでなくても、短い時間の中に閉じ込められてしまって延々同じ日を繰り返すタイプの「ループもの」もありまして、アニメにもなったゲーム「シュタインズ・ゲート」や西澤保彦のミステリ(?)小説「七回死んだ男」、映画「恋はデジャ・ブ」などなど。

 私が直接の発想を得たのはハードSF作家・谷甲州先生の「終わりなき索敵」という長編でした。
 この中で「意識ごと吹っ飛ばされて、そのトラップにいたる人生を丸ごと何十回も繰り返させられる」という恐ろしい「罠」が登場します。
 小説は数行でその状況を説明するのですが、劇中では体感時間として数十年どころか数百年が経過しているはずで、その発想力には脱帽したものです。

 当時はまだ十代だったと思うのですが、常に脳内にTS妄想が渦巻いている私は、「もしも女に生まれ変わってかなりの年月を強制的に体験させられるトラップみたいなのがあったら怖いな」とすぐに妄想しました。

 ちなみに谷甲州先生というと、「土木SF」と仇名されるほどSF考証・科学考証が本格的で、劇中に存在するギミックが実現可能かどうか物理計算をしてから執筆すると言われている超・本格ハード路線が売り物です。
 私もそのゴリゴリのハード路線に魅了された口なんですが、問題作の「エリコ」(主人公が性転換された娼婦の青年)などを見ても分かるとおり、結構「こっち」(TS)好きのハートを刺激する作風でもあったりします。
 ちなみにかのロバート・A・ハインライン先生が、「タイムパラドックスSFの傑作」(でも必然的に主人公が女性に性転換する)の「輪廻の蛇」を執筆し、晩年に脳移植性転換ものの「悪徳なんてこわくない」を執筆し、長編「愛に時間を」の派生作品「メトセラの子ら」の中で軽く女装に言及するなど、SFとTSは相性がいいみたいです。一字違いだし(本気にしないように)。

 そんなこんなで「平凡な女子高生が、実は意識を飛ばされたおっさん兵士だったことに気が付く」という作品は是非書いてみたかったのです。

 ちなみにわが国では「親子愛」を謳いあげる名作として名高い芥川竜之介の「とししゅん」ですが、実はあれは原典だと「生まれ変わりTS」短編なんです。
 芥川版だと、「絶対に喋るな」と仙人のじーさんに厳命されたとししゅんが、どんな妖怪の脅しやら責め苦にも屈しなかったのに、牛に帰られた父母がバンバン鞭打たれているのを見て思わず「お母さん!」と言ってしまい「お前みたいな未熟者は仙人にはなれんよ」とかいいつつも「親子愛が大事」みたいな“いい話”になってました。

 ところが原典では、妖怪に突き殺されたとししゅんは何故か記憶を持ったまま女の子に生まれ変わり(!)、そこでも絶対に喋らないので嫌われ、疎(うと)まれます。
 結婚して男とセックスをして感じても絶対に声を出さずに我慢する女(!!!)になったとししゅん。そこまでして仙人になりたいんでしょうか。
 でも、子供が生まれ「母」になってみて、それでも喋らない暴力夫が自らがお腹を痛めて生んだ子供を地面に叩きつけて殺す時に始めて声を出して…後は一緒です。

 そうなんです。あの「親子愛」の大切さを謳いあげた感動的な短編であったはずの「とししゅん」は、原典だと男であるとししゅんが女に生まれ変わらされ、「母としての感情」に目覚めて(?)人間性を取り戻す…というどう反応していいのか分からないディープな変態的倒錯巨編なんです。

 まあ、芥川さんがより「まともな」方向に改変したのもむべなるかなではあります。「母への愛情」と「自分が母親になっての子供への愛情」では全く違いますからね。流石は国民的作家。少なくともこの改変が無かったら国語やら道徳の教科書に採用されはしなかったでしょうね。
 お気づきの通り、劇中の二回目の人生はこれをモチーフにしています。

 輪廻転生を前提としたお話だと「来世で女に生まれ変わる」みたいなお話はありますが、流石にこうなると前世の記憶がある訳でも無いので、特にペナルティにはならないでしょう。
 高河ゆん先生の漫画「超獣伝説ゲシュタルト」の主人公たるヒロインが、実は「ペナルティとして」性転換させられた元・男性であるという設定もありました。
 余りにも自然に美少女しているので、その設定すら言われないと思い出せない(?)というTSファンとしては物足りない味付けだったんですが。

 RPGファンにはお馴染みのマーガレット・ワイス&トレイシー・ヒックマンの小説「ドラゴンランス戦記」には記憶を保持したまま男や女に何度も生まれ変わる人物が出てきますが、別にTS小説的に美味しい描写なんぞあるわけもなく、さらりと台詞で説明して終わりです。

 ただ、「自意識と本当の性が反対で、一人称で語られていた劇中に途中でそれに気付く」という作品はSFにはままありますし、有名なサスペンスホラー映画のオチだったり、結構世界的に有名な児童文学にもあったりします。
 ただ、それを「この作品がそうです」とか書いちゃうとネタバレになるんで名前を挙げづらいんですよね~。

 一種の「夢オチ」みたいなものなんで、物語としてフェアかどうかと言う問題もあるし。

 ただ、高校なんて卒業してかなりの年月が経った私だと、高校時代をまとめて思い出としてひと括(くく)りに扱えることもあって、書いていてとても楽しかったです。
 個人的にTS小説ってのは「痛し痒し」が最大の魅力だと思っています。
 「絶対にこんな目には遭いたくない!…でも、ちょっといいかも」くらいですね。

 劇中の「タイム・ボム」って正にそんな兵器だと思いません?積極的に食らいたいか?と言われると尻込みしますけど、でもちょっと体験してみたい気も…という。

 そういえば最近なんか妙な頭痛がするんだよな…気のせいかな。

2012.02.08.Wed.

コメント

とくめいさん>ご理解頂きありがとうございます。
お察しの通り、そのようなデリカシーは持ち合わせておりません。
まったく、問題無いと考えます。

揚げ足取りは私の悪い癖です。すいませんねぇ。

ただ、皮肉と取られたようですが、面白い作品が書けたら投稿して欲しいのはマジですよ。

既にお察しのように私とあなた方は基本的に価値観が違います。
面白い作品、私に取って面白い作品を追求する事がこのブログの存在意義であり、全てです。

で、お二人が怒ってらっしゃるのは理解できるのですが、なんで怒っているかは正直よく分からないのです。純粋に興味本位ですけれども、この作品がエリア88の純然たるパロディあるいは二次創作で、もう少し設定もキャラもそっくりにして、登場人物が続々女体化するとか言う内容だったら、お二人は怒ったのかなー、とか考えています。

まぁ、あんまり作品の本質と関係の無い議論が延々と続くのは真城さんに失礼ですので、この辺にしておきますね。

蕪井さん賛同はありがたいのですが少し落ち着いて
著者の真城さんのページを過去見てたんですけどこの人はほかの作品を「一山いくらの出来」やら「金儲け主義」やらこきおろしてた人でしたので
このあむぁいさんは揚げ足取りと皮肉で返す人ですからこの人たちにデリカシーとかを期待する方が間違いだと悟りました
名前の件も「カザミ・ビレッグ・ドッキー」って感じで一文字変えるだけでぜんぜん印象が違うのに
そこで元ネタを見抜いたからこそニヤリと出来るものですけどね
一手間惜しむこともしないから職人でもなんでもないんですよこの人たち
こんな人たちに本気になっても時間の無駄でしょ

見解の相違がありそうですが、編集サイドとしては、本作のキャラ名に関しては何の問題も無いですよ。

原作に敬意もクソも払わない行為ってどうだか。 >揚げ足を取って恐縮ですが、原作ではないでしょう。断じて違います。

もちろん、あなたの小説の主人公にどんな名前を付けようと。どんな筋書きにしようと、特に法律に違反するので無ければ問題無いですね。
面白い小説が完成しましたら是非投稿お願いします。

「| 2013-01-06 | とくめい」さんに深く同意する。
なんで元ネタからそのまんま使ってるんだか。
エリア88に対してルサンチマンでもあるのかと突っ込みたい。
この手の名前引用なら少し名前を変えたりしてちょっと捻るべきだろ。
小説に普段はおっとりした銃の名手と万能道具で解決するキャラを出すなら
「ドラえもん」「野比のび太」なんて直球な名前にしないで少し名前変えるだろ。
二次創作でもなんでもなくオリジナルの小説でヨーロッパ風の王族が出る小説に
「ラインハルト・フォン・ローエングラム」とか腹心の「キルヒアイス」なんて出たらどう思う?
原作に敬意もクソも払わない行為ってどうだか。
以前、ネット上の小説で有名人と同姓同名の人が卑屈な悪党にされて
不愉快だというコメントがあったがこれがマッタク同じだな。

イラッとしたところにあむぁい氏のコメントを読んでカチンと来た。
へえ~まんまコピペの名前でも笑うところなんだ。
なら「真城 悠」と「あむぁい」って名前でTS小説でも作ろうぜ。
小説の筋書きとしてTS小説が好きな二人を女性化させて拉致監禁して
レイプ暴行を尽くした上で放置して餓死させてあげるよ。
そんな事されてもあなたはニヤリとして笑って下さるだろうよ。
名前に込められた大切な思いもあなたにとってはしょせん記号なんだろうからさ。

ネーミング>うーん、そこはニヤリとするところであってそんなに深刻に受け取るところではないと思いますよ。
本作ではあえて名前を記号的に扱っておりますし。

ネーミングセンスがいくらなんでも酷過ぎる
すこし長く人生を生きてればこの名前はかなりの確立で目にするのに・・・
傭兵のグレッグでもほかの二人がダニーと越前ならまだ可愛げがありましたが
よりによってこの三人とは…怒りを通り越して呆れ果てました
小説の内容や、似たような小説がどうこうとかまったく頭にも入りませんでした
薀蓄あとがきを長くするより名前の丸パクリを何とかしてください

個人的には「ヤコブの梯子(英訳して下さい)」を思い出しながら読みました。
フリオ・コルタサルにもこんな風味の短編がありましたね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/11315-79b807e1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08