FC2ブログ

Latest Entries

似ている、のレベル 新潟県観光協会のパンフ事件2

前回コラム

著作権法の問題を考える時には似ている、のレベルを考察する必要がある気がしてきました。
1) 似ているが、翻案にすら見えないレベル
2) 翻案には見えるが複製には見えないレベル
3) 複製に見えるレベル

(複製権)
第二十一条 著作者は、その著作物を複製する権利を専有する。
(翻訳権、翻案権等)
第二十七条 著作者は、その著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案する権利を専有する。

「見える」と表現しました。著作権法違反を問う場合には複製に見えるかどうか、翻案に見えるかどうかだけではなくて、依拠性(パクリを疑われる著作物を作者が見たり、参考にした事)がある事を証明する必要があるようなのです。ちなみに被告は現在、依拠を否定しています。

ここでは、3)複製に見えるレベル で、あれば別途格別に依拠性を主張しなくても、当然に複製だと言える、と今回はしてみます。どっからどう見てもコピーでしょ、と言うものです。例の画家さんの事件では、アトリエを訪問したりされてますので、依拠性に関しては黒なのは明らかですが、絵だけ見ても、3)複製に見えるレベル、かなって思います。

さて、進藤さんは、報道によれば、パンフの絵が3)複製に見えるレベル、酷似、だと主張されているようです。依拠性を証明するまでもなく、見たに決まっている。こんなにそっくりなんだから、と言う事でしょうか。これに関してはわたしとしては「そこまでは言えない」と思うのです。

被告の著作物も原告の著作物もモチーフは花という漢字が元です。モチーフが同じならある程度似るのは当然です。ポストを描いた時、それがポストである部分まで「似ている」に含めるのはナンセンスです。ひまわりを上手に書いたらゴッホの盗作と言われるのはナンセンスです。ひょっとしたら、「花という漢字をモチーフに実際の花の色使いを使う発想こそがこの著作物の本質的な特徴だ」と原告は主張されるかもしれません。しかし、そこはアイデアの部分であって、著作権ではアイデアを保護しません。著作権で守るべきなのはあくまで表現であるべきです。

著作権法(定義)
第二条 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
  一 著作物 思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。

(例えば、http://www.law.co.jp/okamura/copylaw/chyo03.htm

と、私は思うのですが、論陣を強化するには「花という漢字、あるいは広く漢字一般をモチーフにデザインを作成する事が広く行われている」と言う証拠を集めた方がベターでしょう。ケロケロケロッピ事件(http://www.netlaw.co.jp/hanrei/kero-2.html サンリオさんをデザイナーの人が、自分の未公開のカエルキャラのパクリだとして訴えて負けた事件。なかなか興味深いです)では、蛙を擬人化する事は鳥獣戯画(笑)の例からも古くからやられて来た事は明確であり、自分のカエルキャラとケロケロケロッピが類似していると主張するには、もっと似てなきゃ駄目でしょ、と判示されています。ところが一方、スイカ写真事件http://www.u-pat.com/d-7.htmlでは、モチーフや構図、構成自体が表現の一部であるとして、侵害と判断されているようです。花という漢字をモチーフとしてデザイン化する事に独自性があるかどうかは結構重要なポイントのような気がします。


で、花という漢字をモチーフをする部分以外、表現としては似ているか、となると似ていない気がするのです。はっきり言ってしまえば、進藤さんのデザインの方がはるかに洗練されているかな、と思います。花という漢字⇒被告さんの作品⇒進藤さんの作品、と言う順に洗練されていっているかなと。被告さんの作品はむしろ、花という原漢字に近いと思います。さらに色使いの類似性も進藤さんは主張されているようですが、花をモチーフにしていて、上の部分が赤、下の部分が緑と言う色使いに格別の表現性を認める事はわたしとしてはできません。それとも進藤さんは、花という漢字をモチーフにしたら全て原告の著作権侵害だとまで主張されるのでしょうか?

で、実はわたしが見る分にはこの似ているレベル、1)似ているが、翻案に見えない、レベルなんですよね。例え、依拠性が証明されたとしても、被告の作品は原告の作品の複製にも翻案にもあたらず、著作権侵害にはあたらない、と思うのです。

ただ、1)か2)かは実はわたしとしても自信が無く、微妙ではあります。ですが、3)には当たらないと思う。ですので、進藤さん(かその代理人)は原告の依拠性を証明する必要がある、と思います。

ちょっと他の方のブログを見てみましたが、2)ぐらいの似ているレベルで考えている人が多いようでした。

2ちゃんねるのスレ
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1150546878/

他のブログの皆様の意見

http://himagine9.cocolog-nifty.com/watchdogs/2006/06/post_3802.html
http://ootsuka.livedoor.biz/archives/50516828.html
http://interceptor.blog13.fc2.com/blog-entry-557.html

デザインの専門家のご意見 これは被告不利ですねー。

http://www.artparadise.com/museum/1/haku_hanamono.html

なおちなみに、依拠したからと言って著作権侵害になるとは限りません。わたしなぞ、イラストを模写しても結果が似ませんから。①実際に似ている事(翻案に該当するレベル以上に)②依拠している事(ただし、酷似、あるいは丸パクリのような場合は証明の必要が無いかも)の両方が必要なのです。二次著作物です、って作者さんが言っても実際に似ていなければ二次著作物には該当せず、単なる独立した著作物ですしね。

さてさて、本ブログが創作系小説サイトで有る事を忘れるぐらい偉く長くなりましたが、折角ですのでアンケートを行って見ましょう。
被告さんの作品は進藤さんの作品にどの程度似てる、とあなたは思いますか?

A) 翻案にも該当しない。
B) AとCの間ぐらい
C) 依拠していれば著作権侵害。
D) CとEの間ぐらい
E) 酷似しており、複製に該当する。

からチョイスして下さい。わたしはBですかね。





質問 進藤さんのデザインと被告さんのそれとの類似性は?


A)翻案にも該当しない

B)AとCの間

C)依拠していれば著作権侵害

D)CとEの間

E)酷似しており複製である






コメント







- アクセス解析 -






結果


過去の投票


FC2ID





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/1226-744facb8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08