FC2ブログ

Latest Entries

主従逆転~秋月操の復讐~ (5) by.黒い枕

【5】

「あらあら。この雌奴隷はまだ自分の立場が分かっていないのね」
「だ、誰が雌奴隷だ!い、イヤラシイ雌はてめぇだろう――がぁあああっっ!!」

息巻いたところで、操には――『男』には敵わない。
崩れてしまいそうなほど強烈にお尻を叩かれて、獅音は女々しく泣き崩れながら、前屈みに倒れ込む。

「雌……は、誰かって?それはあなたじゃない。あなたが雌じゃない!ねえどう?悔しい!?お尻を叩かれて悔しい?ねぇねぇ」

パシン、パシン――!!
「は、恥ずかしぃ……」
「そんな恥ずかしい姿で、私を他の男たちに抱かせていたんだけどね。まあ今さら恨むつもりはないわよ――だって」
「ひゃああっ!」

無防備な谷間を操は鷲掴みにした。
ぐにゅるん、たにゅるん。
情け容赦のない同棲相手からの乳房の圧迫に、苦痛を覚え、獅音は弱弱しく身をくねらせる。

「んあっ、やめっ……ああ!」
「うふふ。シオン”動いてもいいよ”」
「あっ、ひゃぁ!う、動く!?」
「でも、”その場から逃げるのは禁止よ”!」

自由を取り戻したと歓喜したのも一瞬、脱兎のごとく逃げ出そうとした足腰は石にでもなったかのようにその場から離れることを拒んだ。

「やめろっ!胸を!おっぱいを揉むなぁああ!」

仕方なく、両腕を使って黒光りの布地から溢れ出る乳房を庇おうとする
しかし、柔肌に二の腕や手のひらが触れるたびに、操の腕が強引に引き剥がしていく。まるで、無駄と言わんばかりに。

「んあっ!ああっ――!」
「うふふ。私の顔だけど可愛い――んんっ。んちゃ、んちゅっ」
「んぶあっ!んんっ、んふうぅ、ううぅ!?」

胸を蹂躙しつつ、操は獅音の唇に口づけをする。
ぬちゃっ、ぬちゅっ!

(んあっ!あひぃ!こんなバカな!こんな!俺が俺に、男なんかにぃいい!!)

軽い吸引が、彼の唇を吸い込んだ。
今度は舌先を口内にねじ入れられて、歯茎の隙間を擽られる。

「んっ、んあっ、あふぅああ!」

こちらも舌先で応戦するが、瞬く間に絡み取られて、一緒に口腔を撹拌する手伝いをされる。
くちゅ、くちゅっっ、とお互いの唾液が撹拌される。
くちゅ、くちゅっ、くちゅりっ、と無理やり注がれた操の――元は自分の――唾液を飲まされた。

(あっあひぃ!俺が!この俺が女みたいに!!唾液をのまされてっ――あひぃぃいい!)

屈辱に顔が歪む最中にも、ごくごくと唾液を注ぎ込まれて、涙が浮かぶ。
頭が痺れ始めた。
空気不足、と言う訳ではない。
弄ばれ続けている胸元を中心にカァ、と強烈な発熱が全身を蝕んでいく。

「あひっ……んあっ!なにこれぇ……」
「うふふ。分からない――あなたは、シオンは感じているんだよ?女の子として!」
「そんな俺……女なんかじゃ」
「女の子なのよ!!」
「はうぅ!あっ、あうぅ!んんっ……」

スイカのように丸々とした形の双乳を揉みくちゃに弄ばれる。
柔肌に食い込む指の振動だけで、脳髄が怯えきった。
艶やかな髪の毛が恐怖の痙攣に揺れ動く。

「あはは。これがあのシオンだなんて本当に情けない。一層すがすがしいほどの惨めさで――愛情すらも感じるわ」
「やめてぇ!」
「きゃははは!!」
(この――調子にのりやがってぇ!んあっ、あん!そ、そこはやめぇっっ……!)

汗ばんで敏感さがより鋭くなった房を音がなるほど握り潰されて、歯痒い疼痛が脳裏を襲う。

「ほら!こうすると嫌でも昂ぶるんでしょう?」
「ひぃ、ひぃあああ!ちくびぃぃ!?く、くそっ!!」

充血して、反り上がった乳首。
何時もはそれを美味しそうに銜え込む側だったのに、今では逆に操に口づけをされてしまう。
ぬちゅっ、くちゅ――。

「あっ、あああン!!」

女の喘ぎ声を恥ずかしげもなくこぼしてしまう。
そんな有り様に心が締め付けられる。しかし、それでも操の復讐という名の愛撫は続いた。

「んちゅっ、ずちゅううぅ!んはぁっ……私のおっぱいこんな味だったんだ。これから毎日毎日これが味わえるのねぇ。最高だわ」
「い、いい加減にしやがれよっ!」


「ひぎゃぁ、ああっ!?」

臀部が見る見るうちに赤らんでいく。

(あうぅ!やける!焼けている!?)

壮絶な痛みが脳髄にまで走り抜け、歯を食い縛って悲鳴を堪えようとする。
だが、白い肌はジンジンと熱く腫れていき、打撃音のたびに体は飛び上がった。

「ひぐぅっっ!!」

パシン――!!
頭が一瞬真っ白に染め上げられた。
制止できない苦悶の喘ぎを唾液と共に噴き出して、獅音は堪らず、両手で姿見にしがみ付く。

「あはは!なによその格好……もしかして誘っているの?」

一歩も動かない足腰のせいで、彼女にお尻を付き出してしまうしかない有様を、操がせせら笑う。

「くしょぉ……覚えて……やがれよ!んひっ――!!」

鼻水垂らして威嚇の声を上げた直後、獅音は壮絶なる嫌悪感に身をねじる。
操の手が、ごつごつした男の指が、ハイレグが食い込んでいる股座を触り始めたからだ。

「ひぃ!やめ!やめろ!そ、そんなとこ……あ、あうっ!はうぅうう!?」

無遠慮な指が二本、ペニスの代わりに備わった肉穴の入り口をこじ開ける。
背筋から駆け巡るその感触に、思わず甲高い悲鳴を漏らして、眉を顰めた。

「んー、そうね。確かにまだ全然……濡れてないや」
「あ、当たり前だ!俺はおとこ……」
「でも、まあいいや」
「……?な、なにがいいんだ――」

ぐぐっ、と『何』かがお尻に押し付けられた。
妙に生暖かい癖に、こちらの弾力尻に負けず劣らずの強固さを備わった棒状の物体だ。

(――なにこれ?ってひぃあああ!?ま、まさか俺のペニスぅぅ!?ぎゃああああ!?)

操の男性器、つまりは獅音のモノだった陰茎をお尻に擦り付けられている。
かつては自分が噴き出していた我慢汁が、尻に汚らしく吹き付けられた。

「ひぎゃああああ!?」

顔いっぱいに嫌な汗を浮かべ、必死に逃れようと腰を左右に振った。
しかし、操の強靭な肉体――元は獅音のものだった肉体――の前では余りにも無意味だった。

「暴れんなっ!このっっ!!」
「あ、あひぃ!ああああ、ぁあああ――!!」

情けなく姿見にへばり付いている間にも操の先走った欲望は、獅音の女陰を付け狙う。
そして、ずぶっ、ぬぶうううぅぅ――!!」

「あぐっ!いたぁあああ!!」

受け入れ態勢の整っていない狭い肉洞穴へと、膨張した肉棒を差し込まれる。

「いたいっ!いたいぃいいい!!」

激しい痛みに見舞われて、獅音は情けない悲鳴を張り上げた。
胸元をたぷるん、と揺れ動かしながら、一生懸命に操に助けを求めた。

「やめてぇ!い、痛いっ!!」
「ああ――これが男の、人の快感。うふふ。あなたはどう、かしら?気持ちいい?」
「いたいぃ!いたいぃいい!気持ち良くないっっ!ぬ、ぬけぇえええ!!」
「あら、だめよ。だって私の時だって滅茶苦茶痛かったのにし続けたじゃない!」
「そ、そんな――あ、あぎぃ!ひぃぁ、ああ!!」

ずこ、ぬぶっ、ずこずこっっ。
差し入れるスピードが加速的に跳ね上がる。

「ひ、ひぃいい!お、お願い……やめってぇ!い、いたい!いたいよぉおお!!」

男性に、それも自分自身の肉体に犯される屈辱からか。
それとも膣穴を甚振られる苦痛に屈服を示したのか。
次第に獅音は鼻声で甘えるような悲鳴を漏らし、くすんくすんと涙ぐんでいく。

「はぁはあ!見なさい!今のあんたは鏡の中に映る私――『秋月操』なのよ!」

鏡の中では涙と鼻水で顔を濡らし、前屈みに倒れた姿勢で犯されている『操』の姿があった。
犯される側の恐怖と恥辱を生まれて初めて、獅音は味わった。

「あうぅ!ち、がう!お、おれ――ひあああ!!」
「違わない!もうあんたがミサオなの!受け止めなさい――もうあんたは私の奴隷なのよぉぉ!!」
「ひゃぁああ!おっぱい!やめ!おっぱいに、さ、触るなぁ!!」

背中にのし掛かられる形で、操が身体を重ねてきた。
彼女の両手が乳房を揉み上げる。
男の手でも覆い隠せない巨乳が拉げ回る感触に、脳裏が混乱していく。

(な、なんだこの気持ち――っ!?)

胸元が熱く高鳴っていくのを獅音は感じた。
柔肌がいやらしく火照っていき、汗を大量に噴き出してしまう。喉が渇く。
視線が霞んでいき、理性が麻痺していく。

(あっ、ああ――なにこのかんじぃ……)

そわそわと全身が落ち着きを失った。甘く切ない当惑が脳裏を満たしていた。
両手で乳房を手荒く絞られると、不覚にも――というか、何故かは知らないが、鼻のかかった喘ぎ声を出さずにはいられない。

「んあっ、あはぁンン!んあっ――」

ぬじゅんっ、じゅん!
ずこ、ずこずこっ、ぬじゅんっ――!!

「漸く濡れてきた!そう獅音はおっぱいが弱点なのね」
「ぬ、ぬれて?」
「そうよ、今あなたは私の体で感じたのよ!エクスタシーを!」
「そ、そんなの嘘――ひゃぁああ!!」

乳房を上に持ち上げられて、またも媚びたような悲鳴を上げてしまう。
じゅん、ぬじゅん。
その途端、下腹の奥で熱い脈動が生じる。

「あっ!ああそんな!!い、いやだあぁああ!!」

狭い膣壁を強引に押し開き奥へと進む操の男性器に、より一層お腹の奥が切なく揺れた。
この時に至って彼は、下半身で迸る熱い脈動が、異性を受け入れるために分泌液を絞っている女陰の動きだと気が付かされた。

(だ、ダメぇ――!)

瞼を閉じて、下腹の筋肉に力を込めるものの、そのようなことで本能の欲求が満たされるわけもない。
今の獅音に確実に備わっている壺型性器がぬじゅんっ、じゅんっ、と窄まった。

「ああ!もう!最高ね!あなたのそんな顔もそうだけど!何よりもこの男が無抵抗な女の子を犯す充実感――こんなの味わったらもう止められないわっっ!!」

ぬぶっ、ぬぶッ、ずぶっぅうう――ぬずんっっ!!

「あひぃ!こんなのぉおお!こんなのぉおお!あっ、あああ、ぁぁ――っ!」

ぬぶずっ、ぬずっ、ずぼっ……ぬじゅんっ、ずぶん!!

(ああ!俺が犯されている。操にされて、その操が俺の体で――俺が犯されている。あひっ、ひぁあ!?)

恐怖と恥辱と合い交ぜになった中で、覚える女の快感。
突き出す操の勃起ペニスの勢いと硬い弾力に脳裏の中から男としての誇りが奪われる。

(ああ!おっぱい潰されて!甘い声を出してるのがおれ……?俺があの淫乱女のみさ、お?あ、ああそんなぁ!そんなことってぇえ!!)

その代わり急速に獅音の中で自らが女であることを受け入れ始めた。

<つづく>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/12330-c762eca3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08