FC2ブログ

Latest Entries

茶道部の・・・ (1) by.名無しの権兵衛

(1)

 重苦しい雰囲気だった。
 普段はこの教室は女子たちの可愛らしい声が明るく響いている。12畳の部屋にたった二人、真面目な顔で座っていた。

「先生、考えを変えるつもりはないのですか?」
「ないよ。俺は潰すよ、容赦なく。ただお茶を飲んで、おしゃべりしているだけの部を茶道部とは言えないよ」
「ですが――みんなそれを楽しみに来ているのです」
「関係ないよ。真面目に部活動に勤しんでいるところもあるんだ。お菓子代に一番部費を使っているようなところを同列に扱うのは、失礼だろ。だから、潰すよ」
「中山先生がいらっしゃった頃は、先生はそんなことはおっしゃいませんでした」
「そりゃ、中山先生がいたからねぇ」

 そもそも俺は中山先生に惚れて副顧問になったのだ。その彼女が寿退職したら、もうこの部はただ邪魔なだけだ。

「それにね、これはもう決定なんだよ。茶道部は来月から同好会に降格だ。顧問がいなくても申請ををすればここは普通に使えるよ」
「――わかりました」
「わかってくれたかい!」

 まさか潰す理由が、本当は顧問が面倒くさいからだとは言えない。

「先生は、飲まれないのですか?」
「あぁ、いただくよ。いやー、わかってくれるか気が気じゃなくて、飲んでる余裕がなかったんだ!」

 俺は湯呑を手に取ると、冷めたお茶を一気の喉に流し込んだ。

「――私も気が気でありませんでした。先生がお茶を飲まずに行ってしまわれるのではないかと、もう、本当に……」
「どういう、い――」

 突然体に激痛が襲いかかり、俺はその場にうずくまった。

「ふふふ……よくわかるようにこんなものを用意しました」

 いつの間に持ち込んでいたのか、大きな鏡が俺の前に置かれた。
 俺は激痛に耐えながらそちらに視線を移すと、俺は目を見開いた。
 鏡の中の俺の姿が、徐々に、徐々に変わっていくのだ。
 髪の毛はどんどんと伸びていき、顔は小さく、目は大きくなる。着ていたスーツは赤く染まりながら花の模様を浮かべ、ネクタイが首に巻き付きチョーカーへと変じる。
 苦痛のために一瞬目を話した間に、長く伸びた髪は三つ編みにされ、リボンで結われている。服にも何かが付けられたようで、背中で大きなりぼん結びで結ばれていた。

「はぁ……はぁ……」

 痛みに耐える声も、いつの間にか高くなっている。
 誠司の背中に、冷たい汗が流れた。

「ふふ……すっかり、可愛らしくなられましたね――いえ、なったわね。ほら立ってみて」

 彼女は俺の後ろに回り込むと、無理やり立たせた。鏡には俺の面影のある可愛らしい少女が映っていた。

「ね、可愛いでしょ。小さくて、軽くて、本当に可愛い。だけど――ここだけは許せないわねぇ」

 鏡には、茶道部の部長と緑髪の少女が映っている。緑髪の少女は花柄の改造和服を身に付け、フリルのたくさんあしらわれた可愛らしいエプロンを纏っている。足には靴下の代わりに太腿まである足袋を履いている。
 その少女が可愛らしい顔を赤く染めながら一回り大きいもうひとりの少女に支えらて立っている。
――この緑髪の少女は間違いなく俺だ。先ほど、自分の顔がこの顔に変わる様を間違いなく見ている。

20111012235240524_20131203010540f8f.jpg
キャラデザイン:四葉チカ

「俺に何をした!?」
「先輩の、それも部長にその口の利き方は良くないわよ。それに、もう女の子なんだから、そんな口調じゃダメよ?」
「俺の質問に答えろ! 俺は顧問だぞ!」
「もう顧問じゃないわよ」

 そう言うと彼女は俺に見覚えのある手帳を手渡した。見間違えようのない、この学校の生徒手帳だ。彼女のものにしては、真新しく感じる。
 彼女に目で催促されページをめくると、俺は目を見開いた。
――松本和香という名前が書かれ、制服を着た、目の前に映っている少女の顔写真がある。
その学生証には『1年3組』と書かれている。

「ね、わかったでしょ。先生はもう先生じゃないの。今年の新入生で、茶道部の一年生で、私の後輩の、女の子なんですよ」
「も、元に戻せー!」

 可愛らしい悲鳴が、大きくこだまするのだった。

<つづく>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/12875-1c8b88f2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08