FC2ブログ

Latest Entries

魔法少女ヒロミ☆ひろみ by.F  3−2

「ごめん、ごめん。だって、フェラしているときのひろみ、エッチでとっても可愛いし」
「か、可愛い言うな!」
口では抗議するものの、可愛いと言われて、自然と表情が緩み、顔が熱くなる。
「それじゃぁ、魔力も回復したみたいだから僕は帰るね」
「えっ……そんな……」
もちろん魔力は回復しないといけないけれど、今日はそれは建て前って言うか……それに、タカシのちんこをしゃぶっていたせいか、体の疼きと火照りが一層強く……
「ん?どうしたのかな?ひろみ?」
「えっと……その……」
「まさか、また、エッチなことをされたいとか?」
その言葉にボッと顔を真っ赤にする。
「ヒロミは男だから男の僕に、そんなことされたくないんじゃなかったけ?」
「……」
下唇を噛みながら顔を背ける。
「あはっ、嘘だよ。ひろみのそんな表情これ以上見たくないし」
「それじゃあ」
「続きをしようか」
パァッと表情を明るくする。
「でも、一つだけ条件があるんだけど、いいかな?」
「な、なに?俺ができることなら……」
「その『俺』って言うのを止めてくれないか?」
「えっ……」
「そうだな……例えば、『あたし』とか、もっと可愛い言葉づかいを」
「そ、そんな……」
男のプライドをこれ以上傷つけるなんて耐えられない。
「それじゃぁ、せめて『ボク』とか」
「『ボク』か……うん……それぐらいなら」
「それじゃぁ、今度はこっちがひろみを気持ちよくさせてあげる番だね」
ぐいっとタカシが距離を詰める。
「触ってもいいよね?」
「あっ、えっ、ちょっと!」
胸の膨らみに優しく指を這わせる。
「んっ!あんっ!」
何!?これっ!?さっき自分で触っていたときと全然違う!
「あれ?今日のひろみ、この前より感じやすい?」
「そっ、そんな……こと……ねーよ!」
「ほらほら、言葉づかい」
親指ではじくように尖った乳首を刺激する。
「やぁっん!んくぅ……だめぇ……」
触れられる度に体をビクッと震わせる。
「やっぱり、この前より感じてるね。その表情、とっても可愛いよ」
「だからぁ、可愛いって……むぐっ」
抗議を上げる俺の口をタカシが口でふさぐ。……って、これって!必死にタカシを押しのける。
「……ぷはっ!おいっ!タカシ!よくも俺にキスを……むぐっ」
タカシに再び唇を奪われる。
「んっ……ちょっ……んっ……」
力が入らない……
「んっ……やっ……あんっ……」
舌が俺の口の中に入ってくる。逞しい男の体に華奢な体がギュッと抱きしめられる。
「あむっ……」
心臓がドクンドクンと音を立てる。俺は男なのに……嫌なはずなのに……抵抗できない……
「んっ……んふっ……」
俺の舌とタカシの舌が絡み合う。その感触がなんとも言えず心地よく全身の力が抜けていく。そして、タカシがそっと唇を離す。
「ひどい。あんまりだよ。いきなり……俺……じゃなくて、ボク、まだ女の子とキスしたこともないのに……」
呼吸を落ち着けてからタカシの目を見つめて不平を訴える。
「キス以上のことを散々しているんだから、いまさらキスぐらいどうってことないだろ?」
「そういう事じゃなくて!ボクのファーストキスだったの!」
顔を赤くして声を荒げる。
「……女の子みたいなことを言うんだな」
「……っ!」
タカシの指摘に顔がますます紅潮する。
俺から目線を反らしたタカシが何かを見つけた。
「これって……」
「……っ!」
うっかり机の上にそのままにしていたピンクローターがタカシに見つかった。
「ひょっとして、さっきまで使っていたのかな?」
体液でうっすら濡れたローターを手に取って見せつけるように言う。
「……」
「こんな感じで使うと気持ちいい?」
割れ目の上からそっとローターを当てる。
「ひゃぅぅぅっ!」
何?何で、こんなに感じるの?さっき一人でしている時はこんなに感じなかったのに!
「いっ!や、やぁっ!」
溝を中心に強弱をつけて刺激が加えられる。
「どう?ひろみ、気持ちいい?」
その言葉にコクコクとうなずく。
俺がうなずいたのを見て、タカシは俺の膣口にローターを挿入してローターのスイッチを入れっぱなしにする。そして、両手を使って俺の胸を優しくもみしだく。
「ふにゃぁ……」
愛撫を続けるタカシに身を任せる。せつなくって気持ちいい……緩んだ表情の俺の顔にタカシの顔が近づく。俺は両腕をタカシの首に回して唇に吸い付く。
「んっ……あむっ……じゅるっ……んっ……」
先ほど感じた嫌悪感は何だったのだろうか。キスするのがこんなに気持ちいいなんて……ちゅっちゅと何度も何度も唇を重ねる。
「可愛いよ、ひろみ」
タカシはそっと俺の頬に手を添えて、今日何度目かの台詞を口にする。
「んっ、もうっ!」
黙れ!という代わりに唇を重ねる。全身が、熱い。唇を離し、
「ねっ……入れて?」
とおねだりをする。その言葉にタカシは思案を浮かべた後、ニヤリと笑った。
「そんなに僕のちんぽを入れて欲しい?」
恥ずかしさで目をそらしてコクリとうなずく。
「なら、自分で入れるんだ」
そう言ってタカシは下半身裸のままベッドに寝そべった。
自分でって……タカシの上にまたがれと?そんな恥ずかしいことはやりたくない。だけれど、下腹部が、俺の女の子の部分が、早く入れて欲しいとキュンキュンうずく。
「……」
無言のままベッドに登り、タカシの脚の上にまたがる。既に一度射精したタカシの竿は硬さを失っている。タカシの下半身に覆い被さるように四つん這いになり、竿を口に咥え込む。男性器を口にすることに対する嫌悪感は、既に一回経験したせいか大分薄れている。
「んっ……ちゅっ……んふっ……」
一旦竿を口から出し、舌で裏筋を舐め、手で袋を優しくくすぐる様に撫でる。俺の口と手の奉仕で大分硬さを取り戻してきた。
これなら……俺は上体を起こして、タカシの竿を手に取り自分のアソコに宛がう。そして、ゆっくりと腰を下ろしていく。
「あんっ……んっ……んくっ……」
小さな俺の体の中に大きなタカシの竿が侵入してくる。お腹の中が圧迫される。

<つづく>

C85参加のお知らせ http://ftsf.web.fc2.com/c85.html

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/13023-9c44b7df

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2019-10