fc2ブログ

Latest Entries

投稿TSF小説第122番 穴、二つ。(1)<18禁>

作.luci◆luci.asptI

 いつもいつも俺を馬鹿にしている女がいるんだ。近所に住んでいるんだけど、事あるごとに俺につっかかってくる。昨日も学校で馬鹿にされたさ。みんなのいる前で、馬鹿にされなじられ......。これまで相手は女だからって何もしようとは思わなかった。けど、昨日のはやりすぎだ。あのコの前でなんて......。
 だから俺はあいつに復讐しようと決意したんだ。俺の力を使って。
 俺の家系って言うか血筋っていうのは、時として異能の体質を持つ人間を産み出すらしい。俺の爺さんと叔父貴がその体質らしい。らしいって言うのは、爺さんは既に鬼籍に入ったし、叔父貴はある事がきっかけで行方不明扱いになった。叔父貴自身が消えた訳ではないんだけど、な。
 その異能の体質ってのは、信じられないだろうけど、誰かに乗り移る事ができるってことだ。乗り移る能力、憑依って言うらしいけど、気づいたのは俺が小学生の頃だったかな。
 あの時は凄く興味がある女の子がいたんだ。夜も眠れなくなるくらい。そして、実際寝る段になって、天井に彼女の顔を思い浮かべて、急に意識が無くなっ て。自分の身体が浮いている感じになって。気づいたらベッドに寝てたんだ。――俺のベッドじゃないよ。だってその頃から今まで、俺のうちは布団だからね。
 そう、別人に乗り移って、そのコのベッドに、そのコになって寝てたんだ。全然知らない場所で起きるって、やっぱすごく怖かった記憶がある。
 まぁそんな感じで憑依って能力が俺にあることがわかったんだけど。それを親父に話しても全く取り付く島も無くて。仕方なく爺さんに聞いたのさ。その後は大体想像つくと思うけど、「俺もできるぞ」なんて話になってさ。注意事項まで教えて貰ったわけ。
 どうやって戻ったかって言えば、鏡の前にいた女の子にびっくりして、思わず『今すぐ帰りたいっ!』って思っただけなんだけど。それが効果覿面で、爺さんによると戻りたいって意識が弱すぎると戻れないんだと。それと、二十四時間過ぎたら身体と精神が癒着しちゃって戻れないって言われた。
 なんでそれを知ってるかって? そりゃ、叔父貴が戻れなくなっちゃったから。
 前に言った叔父貴は、結局女の身体が良くなって溺れちゃったんだと。隣町の当時女子大生に乗り移ったまま、ヤリすぎちゃって......ホテルで寝てたらしい。で、時間が過ぎちゃったと。本人的には、就職もして悠々自適に暮らしてるって、こないだ会ったとき言ってたな。
 とにかく、うちの家系には憑依って奴ができるのがいるし、俺もそうな訳さ。
 計画なんてしないさ。この能力を使ってアイツを懲らしめてやるだけなんだから。乗り移って、恥ずかしい真似をしてやって、憂さ晴らししてやる。
 そういえば、叔父貴の話で興味深い事のは、乗り移った相手の意識ってのは当初はあるって言ってた。俺が乗り移ったときはあのコが寝ていたからあのコの意識を感じなかったらしい。だから意識がある時に乗り移ると相手の考えを感じる事ができるんだそうだ。相手がこっちの意識を感じられるのかどうか、それはよく解からないって言ってた。何でかって? ちょうどヤッてる最中に憑依しちゃったみたいで、叔父貴もその快感にやられちゃったんだと。
 憑依したからって、相手の身体を乗っ取ったからって憂さ晴らしにはならないさ。自分で自分の身体を自由にできないもどかしさ、そしてその状況で恥ずかしい真似をさせるから効果があるのさ。
 そして、俺が乗っ取ってるって事を教えてやる。いつでも、どこでも、身体を支配できるって刷り込んでやる。どうやって教えるかって? そんなのノートに書けばいいじゃん。
 いつにしようか、そんな事を考えるまでもない。今日は土曜日。アイツの家は共働きで、昼間は誰もいない。姉ちゃんがいるけど、今は会社勤めしてるって言ってたな。綺麗な姉ちゃんだったけど、あんまり愛想は良くなかったな。身体が触れると露骨に嫌な顔してたし。会社って位だから土曜日だって半日って事はないだろ。決行するなら今日だ。善は急げって言うし。善、なのか? いや、俺にとっては善だし、「正義」だな。
 アイツは小柄だけど運動神経もよくって、それに可愛い。それは認める。けど、性格がブスだ。アイツをいい、なんて言う奴もいるし、時々近所で幼馴染だからってツナギつけろ、なんて馬鹿を言う奴もいる。でも大抵辞めとけって忠告してやってる。
 身体だってそれなりで、小柄な癖におっぱいなんてロケットみたいだ。いわゆる巨乳って奴だ。その柔らかそうなおっぱいを、これから見せびらかすって脅してやる。弄ってやる。アソコだって......。
 叔父貴は女の身体に溺れたけど、俺は復讐のために乗り移るんだ。二十四時間て時間は長いけど、短くは無い。俺がアイツの支配者だって解からせてから戻っても、十分な時間があるさ。
 完璧だ。
 学校から帰って、そして直ぐに部屋の畳の上に横になった。精神を集中する――アイツを思い浮かべる。悔しさで苦々しい想いはあるけど、嫌いであるが故に細部まで覚えてる。頭の中で俺の意識がアイツの中に入り込む。服を脱ぎ捨てて、新しい服を着る、そんな感じ。
 なんか、微弱な電流が身体に流れたみたいに俺の身体に軽い痙攣が走る。
 と。
 ヌルヌルした感触が身体中に這い回っていく。それが乗り移りの合図だ。爺さんも叔父貴も、勿論俺も経験した感覚。
 俺は布団に寝てたけどアイツは座っているらしい。尻に圧迫感がある……あ、この感触は?!
 身体全体がぴったりと合わさった感じになって、俺は目を開けた。見慣れない扉がすぐ目の前にある。ちょっとひんやりした、そして芳香剤の香りが鼻腔に入ってくる。下半身はすかすかして、座っている尻の丁度中心には全く触れている感触が無い。そう、ここはトイレだ。こいつ、学校から帰ってトイレ直行してたんだ。
 左手がトイレットペーパーを取り出す動きをする。俺の意思じゃないからこいつの意思だな。まだ俺がコントロールしてる訳じゃない。くくっ、これからさ。


つづきはこちら

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/1578-13e5db8e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

FANZAさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

FANZA専売品コーナー

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2024-03