fc2ブログ

Latest Entries

投稿TSF小説第122番 穴、二つ。(2)<18禁>

作.luci◆luci.asptI

 学校から帰ってトイレに駆け込むなんてちょっと恥ずかしいかも。でも我慢できないんだからしょうがないもん。
 ――ふぅ、落ち着いたぁ。お姉ちゃん帰って来る前に部屋に戻っておかないとな。ビデがついてるトイレって綺麗になるし、ちょっと刺激的だし、いいんだよね。っと、拭かなくちゃ……。
 えっ? ちょっ、なんで? 手が、うそっ、どうしてっ? あたし、ショーツ脱ぎたいなんて思ってないのに。
 ちょっと、やだっ待ってよっ。身体、動かない?! なんなの? まじありえないよ。
 あたしの意思に反して、あたしの身体が動き出してる。トイレでショーツを脱ぎ捨ててそれでアソコ拭って。そのまま流さないでトイレから出て来ちゃってるっ。あっ、廊下で制服のスカート脱ぐなぁ! やだよ、なんで? あたしじゃないよ?! こんな、下半身丸出しじゃん。今誰か来たら……お姉ちゃんに見つかったら……。やばいってば!! あたし、どうしちゃったの? 動いてよ、せめてスカート穿いてよぉ……。
 全然思い通りに動いてくれない。どぉしてぇ? 見ようと思っていない所を見てる。凄く変な目線。だって、制服から見える胸の谷間とか、えと、ガラスに映ったアソコとか……じっくり見てる。あたしだってスタイルに自信ない訳じゃないけど、普通そんなとこ見ないもん。今日に限ってなんて、しかも身体も動かない、じゃなくて思い通りに動かないし。おかしいよ、こんな、こんな……。
 あ、鏡、手に取った。金属の縁取りが冷たくて心地良いけど。――なんでしゃがむの? 廊下でそんな格好したら、お姉ちゃん帰ってきたらほんとにやばいよ、こんな、?! やっうそ、まじどうしてっ? そんなとこに鏡置いたら……。

 ひゃはっ、こいつすんげぇ慌てようだ。俺はこいつの身体を上手くコントロールしながら廊下の玄関から階段に抜ける廊下の真ん中でしゃがみこんでやった。パンツを穿いてないからか、アソコが開いたような感覚が新鮮だ。
 ああっもうっ、頭の中でこいつがぎゃーぎゃー騒いでうるさくてしかたねぇよ。『うそ、まじ、どうして?』お前はそれしか知らねぇのかっての。やっぱこいつ馬鹿だよな。ボキャブラリー貧困すぎだ。
 手に取った鏡をそのままアソコの下に置く。
 ネットで拾ったエロ画像そのままの、っていうか、それよりピンクでつるつるした感じのアソコが鏡に映っている。すげぇ……、なんか興奮するよな……。よ、よし、次は中途半端に開いたソコを全開にしてやる。こいつの全部見てやる。


 あ、まっ待ってよっ、指で開くなんてっ、やだぁ――。あたし、自分で見たことないのに。見たくないのに、目を瞑りたいのにじっと見つめてる。こんなのいやあっ!
 んっ、あたし、廊下で一人えっちなんて……。最近ヤッてないからって無意識にしたいとか、そんなんじゃ……。
 傷口みたいに開いた赤い、あたしのアソコ。合わさったとこの上にある丸いトコロ。そこにあたしの指が……違うっあたしじゃないってば! はっあぁん。やっ、指、やだあ!


 うあっ! すげぇ気持ちいいぃ。女ってこんなに気持ちいいのかよ。叔父貴が溺れたのも解る気がする。ひぇっ、ちんちんしごくなんて目じゃねぇよ、ああっ、んくぅ!
 興奮しはじめたせいか、さっきより赤くなってるな。響いてくるこいつの声も段々と気分が乗ってきてんじゃないのか? 嫌だなんて言ってるわりには。俺ももっと気持ちよくなってみたい。
 おっ、なんか腹の中が……動くみたいな感じが。指で開いたソコは鶏肉を赤くした感じか。いや、もっと滑ってるんかな。複雑な形の穴が時々蠢いて、襞の間から透明な液体が滴ってくるのが鏡に映ってる。んだよ、結局感じてるんじゃねぇか。ていうか、俺が感じてるんだからこいつも感じてるんだよな。
 膨れてきたクリトリスを弄ると、なんとも言えない快楽がじわじわと俺の心を蝕んでいくみたいだ。ふあっ、いいよお!
 そうだ。さっきこいつ『最近ヤッてない』って考えてたな。――こいつ処女じゃねぇんだ……。俺が仲間とエロ本見てればすぐにやらしいだの変態だの言ってた癖に! 俺が童貞だからって、こいつは経験あるからって馬鹿にしてやがったんだな。そうかよ。なら、ここにもなんか入れてやらねぇと可哀想だよなぁ! 欲求不満になるよなあ!
 クリトリスを弄るってのは、感度が違うけどちんちん弄ってるみたいなもんだ。けど、ソコになにかを入れるっていう行為は、男の感覚じゃ味わえない。俺は突起を弄っていた指でビラビラを押し広げて、おもむろに空いた手の中指を穴の中に突き立てた!


 ひっく、ぅん! あたしの中指が全部……そんなに、かき回したら、だめっあ、出したり入れたり、やん。
 あたしの意思じゃないのに、あたしの指があたしを犯してる……。自分でなんて、そんなにしたことないから、どこが気持ちいいなんて、ふああっ、そこっや、感じ、るっ!
 やっあ、だぁめぇ! なんでぇ、なんで言うこと聞いてくれないのよぉ。そんなにめちゃくちゃに動かされたらっあたし、あたしぃ!


 指を突っ込むと道の感覚が襲ってきた。身体の中に何かが入ってくる感覚。それ自体得も言われぬ快美感が身体を駆け抜けていく。入れてちょっとのところで引っかかりがあったけど、無視だ無視! 指を引き抜いてずぶっと入れてやる。はああっ、すっげ、いい!
 犯してるだって? そうさ、俺がお前のこと支配してお前の指でお前を犯してるんだ! ざまぁねぇよなっ。
 股間に無意識のうちに力がかかる。熱くぬるぬるした内蔵が指を喰い絞める。生意気に、くそ、すごっこんなに気持ちいいなんて――。
 いつの間にか廊下の床に顔をつけて、腰を高く上げる格好になってた。痺れるような感じから、なんだかどんどん高い所に昇っていくような。
 穴の壁のいろんなトコロを指で刺激してやる。ここか? いや、さっきの方が気持ちいい。あっ、ここ、ここがっ。んあっあっこれっイクのか? ひぃやあっ! これが、女の? イクって感覚?!
 男みたいに上限があるんじゃなく、急激でもない。けど、何倍も気持ちいいのが、身体中から、集まって、くるぅううっ!


 ......あ、廊下で、しちゃうなんて......。どうして? したいなんて思ってなかったのに。してないから欲求不満で? まさか、ね。あたしどうしちゃったんだろう......? おかしくなっちゃったのかな。

 ああすげぇ良かったー。指だけでこんなにすごかったら、ちんちん入ってきたらもっと、なのか? ......試してみたいな。
 ん? あの強気な女が、なんだ泣いてんのかよ。自分だってよがってた癖にな。今更だね。そうだ、ここでもっとショック与えてやる。いかにこいつが俺に対して無力か、俺の能力がすごいか、思い知って貰わないとな。それから改めてこいつの身体を堪能させて貰うか。


 あたしの身体、あたしの言うことを聞かない身体が、一度イッたせいかだるそうに立ち上がった。どこ行くの? 股間が濡れたままだから腿に垂れてきてヌルヌルしてる......。
 下半身出したままで居間にくると、パチンコ店の広告の印刷してないウラ面に、ボールペンで書き始めた。
 ――え? なに? 「お前は乗っ取られた」って、意味わかんないよ。あたしが乗っ取られた? あ、また書き始めた。
 あたしの身体を自由にしてる奴がいる?! マジありえな、あ、でも、今だってあたしはこんな事書こうって思ってないのに、手が動いてる。そんな、そんなの?! やだっ返してよっ! あたしの身体返してよっ! このままいたずらする気なら大変な目に遭わせてやるからね!!


 大変な目だって? こいつ馬鹿だな。俺が動かしてる限りどうやって「大変な目」とやらに遭わせるって言うんだよ。大体、誰だか解って無いってのに。ふふん、じゃぁ乗り移ってるのが誰か教えてやる代わりにっと。もうちょっと恥ずかしくなって貰おうかな。

つづきはこちら






質問 穴、二つ。 のご感想をお願いします♪


とてもよい

よい

まあまあ

いまいち






コメント







- アクセス解析 -






結果


過去の投票


FC2ID





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/1581-85cfb54d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

FANZAさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

FANZA専売品コーナー

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2024-02