FC2ブログ

Latest Entries

子供の神様 (26) by.アイニス

(26)

「はっくしょん!」
 女らしからぬ大きなくしゃみの音で伍良は目覚めた。体がだるくて目蓋が重い。薄目を開くと、外はまだ薄暗い。もう少し寝たかったが、布団に入らず大股を開いた開けっ広げな格好を見て目が覚めた。
「うわぁ、後始末をしないで寝たから酷いことになっている……」
 昨夜の痴態を思い出して、伍良は羞恥で頬を染める。パンツは脱ぎっぱなしで股間が丸見えだし、放置した愛液が白く乾いていた。いそいそとパンツを穿いたが、ごわごわとしている。
「ううっ、乾燥した愛液で股間が痒いな。両親が目覚めないうちにシャワーを浴びてこよう」
 自慰の疲れが残っていて布団に潜りたかったが、このままの恰好では居心地が悪い。伍良はシャワーを浴びて、ベトベトしている体を洗い流した。血行が回復して、寒さで固くなった体がほぐれてくる。眠気もましになって、頭がすっきりしてきた。
「女の快感は凄かったけど、なるべく控えないとなぁ。病みつきになりそうだ」
 恥ずかしい姿を晒している自覚はあったのに、恥も外聞もなく快感にのめりこんでしまった。甲高く甘い声がまだ耳の穴で渦巻いている。まるで麻薬のような誘惑だった。
「ふっ、すっきりした。妄想も一緒に流れ落ちたかな」
 石鹸の清潔な匂いを嗅ぐと、脳裏を占めていた淫らな気持ちも漂白されるようだ。起床には少し早い時間だが、布団に入ったら熟睡してしまう。
「体操でもしておくか。いつでも復帰できるようにしないとなぁ」
 男に戻れたとしても体がなまっていては使い物にならない。せめて体力を維持する努力はすべきだろう。
「腹が減ったなぁ」
 喫茶店で食べた夕飯は豪華だったのに、体を動かすと空腹を感じた。瑞穂がいるせいで燃費が悪い体だ。
(妾も腹が空いたぞ)
「昨日、散々食っただろ。もう少し手加減してくれよ」
(難しいのぉ。信仰があれば平気なのだが、今は食うことで存在する力を補っておるのじゃ)
「信仰ねぇ。どうすればいいのかなぁ」
 信仰の拠点となる神社がなくなれば、神は人々から忘れ去られてしまう。時間が経つほど瑞穂を知る人は少なくなるだろう。つまり信仰を得る機会がなくなるのだ。
(もっと妾のことを知る人が多くなればいいのじゃが)
「奉納品を直すだけではなく、瑞穂の知名度も回復しないといけないのか」
 考えてみると、伍良は瑞穂のことをほとんど知らない。知っているのは、伍良の住む地域の五穀豊穣を司っていたということだけだ。
「調べてみるか」
 瑞穂から聞いてもいいが、それでは知識が偏るだろう。農作業が盛んだった頃なら、瑞穂について書かれた本があるかもしれない。色々と面倒だとは思うが、これも男に戻る為の手段だ。
(考えるのもいいが、妾は腹が空いた)
「俺ばかりが苦労して気楽な神様だよ」
 溜息を吐きながらリビングに行くと、テーブルには朝食が並べられていた。
「使わなくなった裁縫道具を出しておいたわ。好きに使ってちょうだい」
 伍良に気づいた母親は、年季が入った木の裁縫箱をくれた。持ってみると、ずっしりとした重さがある。
「ありがとう、助かるよ」
(伍良の祖母の持ち物を譲り受けて使っていたようじゃ。祖母から娘、そして孫に伝わったわけだ)
「大事にする」
「そうしてもらえば、道具も喜ぶわ」
 薄汚れた裁縫箱だったが、瑞穂から由来を聞くと粗末な使い方はできない。裁縫箱を開いてみると、糸や針、鋏といった道具が一通り揃っている。これなら練習に使うのに十分そうだ。道具の使い方は水咲に教わればいいだろう。
 裁縫箱の確認をしてから、伍良は椅子に座った。朝食は特大の目玉焼きだ。白身の上にゴロゴロと黄身が並んでいる。伍良の家で目玉焼きに使う調味料はケチャップだ。
「あの厄介な客はまだ来るだろうなぁ。リベンジできるようにするか」
 人前で下手くそな絵を描くというのは面白くない。マスターに強制されることなら、せめてまともな絵を描きたかった。伍良は目玉焼きをキャンパスにして、ケチャップで絵を描く練習をした。喫茶店とは違って、家で使うケチャップは口が狭い。線が細いので絵を描くには向いているが、ケチャップの勢いが強くなるので操作が難しかった。
「練習が必要だな」
 熱中し始めると止まらない。負けず嫌いな伍良は、練習を積んで男性客を見返しやろうと決意していた。

 学校に到着すると少し眠かった。きちんと寝なかった影響だ。ホームルームが始まるまでうとうとしていた。
「昨日は初日で慣れなかったから疲れたか?」
「い、いや、大丈夫だ」
 不意に聞こえた声に伍良は体温が高くなった。一気に目が覚める。祐輔の声を聞いて、裸を思い出していた。昨日のエッチな経験が脳裏に蘇る。慌てたような声になってしまった。
「顔が熱っぽくて少し目がむくんでいるな。大変だったら教えてくれよ」
「う、うん」
 伍良を心配して祐輔が顔を近づけてきた。精悍な顔が間近に迫ると、心臓の鼓動が高くなった。男を好きになる趣味はないはずなのに、祐輔の爽やかな男らしさには好感が持てた。

 放課後になって、伍良は手芸部の部室に行った。
「このミサンガを作った時と同じ糸は余ってない?」
 手首に巻いたミサンガを見せて、水咲に同じ色の糸がないか聞いてみる。祐輔と約束したので、同じ柄のミサンガを作るつもりだった。もしなければ、糸を買ってこないといけない。
「ミサンガを作るなら、あと一人分はあるかな。伍良君が使うならあげるよ」
「悪いな。今日もまたミサンガを作るよ。他のことはおいおい教えてくれ」
「伍良君が興味を持ったことをやればいいから。でも、急に熱が入ってきた感じだね。もしかして好きな人にあげるとか」
「そ、そんなことはないぞ」
 祐輔の顔を思い出して、焦ったような声になる。サッカーの応援であって、個人に対する好意ではないはずだ。
「怪しいなぁ」
 水咲にからかわれながら、伍良は糸を受け取った。サッカー部の声が聞こえる窓側の席に座る。少しでも祐輔の声が聞こえると、ミサンガの製作に気合が入る気がした。
「凄く集中していた。網目が綺麗だよ」
「人にやるから、俺の精一杯を振り絞ったつもりだ」
 完成したミサンガは最初のものよりしっかりしていた。納得できる仕上がりだ。
 伍良は気が抜けたところで水咲に話しかけられて、ぽろっと人にあげるものだと告白してしまった。
「誰かなぁ、教えてよ」
 水咲が興味津々な笑顔になる。追及の手を逃れるのは難しそうだ。
「バイトを紹介してもらったから、祐輔に対するお礼みたいなものだよ。サッカー選手がミサンガをするのは珍しくないだろ」
「伍良君と仲がいい祐輔君かぁ。うんうん、納得した」
「含みのある言い方だなぁ」
 伍良の顔から苦笑が漏れたが、好意的な言い方なので水咲に不快感はない。内心で照れ臭かっただけだ。
 手芸部の活動が終わってから、伍良はサッカー部の部室に向かった。自信作を早く祐輔に披露したい。サッカー部にいた頃の感覚で、当たり前のように外にある部室の扉を開けた。部室に充満していた汗と埃の臭いが伍良の鼻に襲ってくる。日常的に嗅いでいた臭いなのに目と鼻を刺激して咽そうだ。練習が終わったばかりでサッカー部員は着替えていた。
「誰かと思えば伍良ちゃんか」
「いきなり扉が開いたから驚いたよ」
「サッカー部の部室に来る女子は伍良ちゃんくらいだね。どうかした?」
 汗で濡れたサッカー部員の肌が窓から差し込む夕日を受けて光っている。まるで大理石の彫像のように逞しい。惚れ惚れするような肉体美が並んでいる。今の伍良の頼りない体とは雲泥の違いだ。心の中で嫉妬と羨望、それに僅かな女の情欲が駆け巡っていた。

コメント

実はそーなのです。
新連載は短期集中ですのでしばしお待ちください。

折り返し地点ということで、更新は一区切りなのでしょうか?
他の作品の連載も始まってますし。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/16642-5ff30584

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2019-12