FC2ブログ

Latest Entries

ヴァーチャルゲーム小説第101番 僕のデザイア(13)(18禁)

第一話 第二話 第三話 第四話 第五話 第六話 第七話 第八話 第九話 第十話 第十一話

「えへへ、来ちゃった」
「カーリ様?こんなところへ?」
僕はデザイアに連れられて、トリン様の待つ前線都市に赴いた。
アンデッドの攻撃でトリン以外の英雄たちは大なり小なり負傷し、元気が無い。
「お見苦しい所を……」
僕に視線を合わせないようにしてトリンは恐縮する。
「えーっと、この辺を案内してくれるかな」
「トリンさん。カーリ様を連れてその辺を一周してきて頂戴」
「え、ええ、構いませんが?」
「カーリ様、しっかり!!」
デザイアは小声で僕に囁くが……
男の落とし方なんてわかんねーよ。
まあ、でも男の方の心理はわかるから……なんとかなるっしょ。
「カーリ様は馬に乗った事は?」
「いえ?ありません」
「ではしっかり私に捕まっていて下さい」
デートはお馬でのお散歩になったようだ。
僕はおっかなびっくり馬に乗せてもらう。
トリンは身のこなしも軽く、僕を乗せた後で前に乗る。
さすが☆
「こ、こうかな」
僕は手を伸ばしたけど、
トリンの胸はとても大きくて、
僕の腕はとってもちっちゃくて密着しないと手の先が掴めない。
あうう。あんまし下の方でもあれだし。いったいどの辺につかまればいいの?
どきどきどきどき。
「ええ。では行きますよ」
ぽこぽこぽこ。
馬はゆっくりと歩き始める。
トリンのテクニックが上手いのか危なげなく進んでいく。
あはは。
トリンとデートだ。
男とデートしてるよ。
なんでこんなに楽しいんだろう。
んーでも、美少女カーリと最強英雄のトリンとは絵になるし。
なるようにしかならないよね。
色んな事を考えながら僕たちは馬に乗っての散歩を楽しんだ。
自然が美しい。
しかし、そこにもラジャの爪あとがところどころ残っている。
死と腐敗。ラジャはなんとかしたかったが、デスナイト達が相手ではどうしようもない。
トリンたちが退却すればこの美しい自然もいつまで持つか?
「カーリ様?」
き、きたっ?
どきどきどき。
い、いよいよかな?
「私を信じて下さい」
振り返るトリンのどアップが僕に迫る。
「う、うん。信じてるよ」
な、何からかな。
ちゅーかな?
僕はそっと目をつむる……
「あの、カーリ様?」
「あははははは。囲まれても気づかないなんて、間抜け魔道師もいいトコね、カーリ!あんたなんか、ラジャ様の下で奴隷がお似合いよ!」
え?
女?
誰?
「え?え?」
地面からゾンビが湧いて出る。
5体、6体……、
げげっ、20体以上いるぞ……
「トリンを張ってたら、大物が引っかかったわね。あたしはラジャ様配下の悪霊将軍!レイサ・ド・モンテシールっ!ここから生きて帰れるとは思わない事ね!」
宙を舞う全裸に黒マントの人形のように美しい少女。長い黒髪が風邪にたなびき、黒い瞳が僕を見据える。
その周りには黒マントの宙に舞う骸骨が十数体。
全員大きな死神の鎌を持っている。
ラジャ配下の上級アンデッド、レイスだ。
特技は飛行と生命力剥奪など色々。
生半可な兵では太刀打ちできない。

ええっと。
今世界は「死人蘇りの秘術」の影響下にあるから、レイスに命を吸われて死んだ場合は、そのままの姿でアンデッドとして蘇り、知性はそのままにラジャの下僕。
レイスの鎌で命を落とせば、ゾンビとして復活。
やっぱり、ラジャの下僕。
う~む、どっちもヤダ。
まあ、僕は魔術師だからアンデッドにはならないと思う……けど。
「ラジャ様の勢力圏で護衛一人なんてなめてくれるじゃないの?ラジャ様!我らにお力を!」
中空にラジャの顔が大画面で浮かび呪詛を紡ぐ。
「暗黒の力、あれ!闇の帳……」
闇の帳がおり、アンデッドの力を増すと共にトリンの力を奪う。
「一人で不足かどうか、試して見るか?真実の光!」
負けずにトリンも魔法を唱える。
トリンは剣に優れるだけでなく魔法にも優れるスーパー英雄なのだ。
真実の光は闇の帳と打ち消しあってアンデッドの力を削ぐ。
ええっと。
僕はいきなり始まった戦闘にとまどっていた。
デザイアいないと、魔法のサポートできないじゃん!
こ、困った!
「ご心配なく。あなたは私が命を掛けて守ります」
きゅん。
どきどきどきどき。
「う、うん」
「聖なる守り……、です」
おでこに優しくキス。
これで僕の守備力が上がった……らしい。
なんだか、映画のヒロインにでもなった気分だ。

つづきはこちら


テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

コメント

コメントありがとうございます。
最近コメント多いから頑張って更新しますね。
でも・・・いやいや。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

感想ありがとうございます。
わたしは至難をクリアーはできるのですが、展開は遅いのです。
この頃は多分スピアマンを作ってますねw(ダークエルフはワーロックできるまではスピアマンがベストかもー)
藤村くんも久々のシヴィの割には健闘しているのではないかとー。

コメントをどうぞ
カーリーの方はトリンにめろめろだなw
この後の展開はどう転ぶのかスゲー楽しみ。
しかし、デスナイトはワーロックの集中投入で撃破できないことはないと思うのだが
まだそこまで成長してない、のか。
しかし、デスナイトを召還できるならポートタウンくらいはワーロックを編成できる位に発展して様に思う。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/1708-6ea8c4f7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08