FC2ブログ

Latest Entries

ヴァーチャルゲーム小説第101番 僕のデザイア(15)(18禁)

第一話 第二話 第三話 第四話 第五話 第六話 第七話 第八話 第九話 第十話 第十一話 第十二話 第十三話 第十四話 第十五話

そんなの、いやぁぁぁぁ!
僕が思いっきり心で叫んだ途端。
どしゅっ。
目の前で恍惚に目を輝かすレイサの頭に大きな矢が刺さり、脳漿が飛び散った。
レイサの目は最早焦点が合っていない。
「今です!トリン様!」
デ、デザイア?
「悪の、消散!」
トリン気合の悪の消散の呪文が僕を抱えていたレイスを消滅させる。
重力が僕を呼ぶ。
ひやあ。
ずるるるるっ。
喉に違和感が走る。
刹那、レイサの舌が抜ける。
そしてっ。
ひゅるるる~っ
自由落下を始めた僕の頭はたった一つの事しか考えられない。

怖い!助けて!トリン!

そして、小さかった地面が大きくなってきたとき。
トリンが見える!
ああ、僕はここだよ!
どさっ。
落ちてきた僕をトリン様は見事にキャッチしてくれた。
「ご無事ですか、カーリ様?」
う、うん。
う、う、うえろぱ。
「あ、ごめん……なさい。う、うええええ」
ほんとに、ごめん。
憧れの人におもいっきりゲロを2回もぶちまけて僕は恐縮する。
でも透過光処理だし、無味無臭だし。大丈夫だよね。ね?
「い、いえ。本当にお体は大丈夫ですか?カーリ様」
ちょっと嫌そうな顔をしたけど、でもトリンは僕を気遣う。
「ご主人様、大丈夫ですか?」
あ、デザイア。
来てくれたんだ。
良かった。
大きな弓。そっか弓も使えたんだ。
「さらわれた姫君を助ける英雄。萌えシチュエーションです!これでたぶん、トリンのフラグが立ちましたね!」
デザイアがにやりと笑う。
てゆーか、僕は今死に掛けてたぞ。
い、今だって、命吸われて、ふ…ら…ふ…ら…
「ちっきしょうっ!覚えてらっしゃい!」
レイサは捨て台詞を吐いて撤収していった。
あっあれ?
確か致命傷だと思ったんだけどなあ。なんてしぶといんだろう。
はぁ……良かった。
安堵感に浸りながら僕は気を失った。


目が覚めると僕は王宮のベッドに寝かされていた。
デザイアが看病してくれている。
「あ、ご主人様。目が覚めましたか?」
「……」
う、うん。
あれ?声が出ない?
「……」
あれれ?
喉もちょっと痛いし。
「えーっと、結構重症です。全身打撲。咽喉損傷。これはレイサの舌を入れたり抜いたりした時のものですね」
そっか。
僕は包帯少女にされていた。
これはこれでそそる。
また、モニターが増えている気がする。
全身から力が抜けていて動けない。
「欲しいものがあったら何でも言って下さいね」
だから言えないんだって。
僕はぱくぱく口を動かしてデザイアにサインを送る。
「と…り…ん… あぁ!トリンさんですね、えっと、トリンさんはシャワー浴びたいし、また撤退戦の指揮も取らなきゃって先に帰っちゃいましたよ」
がぁぁん。フラられちゃったのか。初めて男に振られたショックに僕は落ち込む。
人がせっかく恥ずかしい思いをして……ちぇっ。
「ま、カーリ様も重態ですし、今日は激しいプレイは無しにしときましょ」
くすん。さびしいよお。トリン様ぁ……
「じゃあ、あたしは隣の部屋でご飯作りますんで、何かあったら呼んで下さいね。たっぷり栄養つけないと」
だぁから、呼べないって。
ああ。
トリン様……トリン様……あ、デザイア行っちゃうの?
僕は一人ぼっちになった。
さっきから何か変だ。
トリンの事を考えると体が熱くなって、胸がきゅんとなって。あそこがじゅるんっと。
ああああああ。
ああ?
あれ?
おかしい?
“くすくす。他にも色んな素敵成分が”
レイスの言葉が脳裏に浮かぶ。
す、素敵成分って何ですか~!?

つづきはこちら

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/1728-84329ed3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08