FC2ブログ

Latest Entries

星の海で(9) 「二人のラヴァーズ」  (5)誤解

(5)誤解-------------------------------------------------------

 開店前のラウンジ。
 二人で手分けしてテーブルを拭いていたヴァイオラは、少し躊躇ってからグレースに話しかけた。

「グレース、昨日はごめんなさい」
「何のこと?」

 グレースはヴァイオラを見ずに、テーブルを拭き続けた。

「だから……」
「別にヴィーが謝る事なんて、何もないわ」
「私、グリィに嫌われているの?」
「そんなことはないわ。私は自分に腹を立てていただけ。ヴィーのせいじゃないわ」
「でも……」
「もう直ぐ開店よ。手を動かして」
「え、ええ……」

 グレースの冷たい態度に、落ち込むヴァイオラだったが、ラウンジが開店すると、ヴァイオラはいつものように、明るく振舞った。
 歌は苦手なヴァイオラだったが、踊りはそれなりに得意で、体の線を強調する派手な衣装に身を包み、客から請われればステージでダンスを披露していた。
 グレースの焼いたパイもいつもどおり、開店間もない時間にすべて出てしまっていた。
 だがこの日、早番の時には開店早々にやってくるグプターが、この日に限って閉店近い時刻になってから現れた。
 しかしグプターがカウンターに座った時、たまたまグレースは倉庫へ明日の仕込みの材料を取りに行っていて、不在だった。
 
「あれ、マスター。今日は、グレースはいないのかい?」
「いま、ちょっと倉庫へ行っています。今夜はずいぶん遅いんですね」
「ああ、たまたま一人欠員が出て、勤務シフトを代わったんだ」
「そうでしたか」
「グレースのパイは、もう無いよね」
「残念ながら」

 そこにヴァイオラがやってきて、グプターの隣に座った。

「こんばんは」
「ああ、君は確か、ヴァイオラ、だったっけ?」
「覚えていてくださって光栄ですわ。グレースは今ちょっと席をはずしているの。代わりに私がお相手するわ」
「い、いや……そうだね。たまには違うラヴァーズと飲んでみるのも悪くないね」
「でしょう? グレースとはどれぐらいの付き合いなの?」
「付き合いというほどじゃ……」
「それなら、私に乗り換えてみる?」
 
 ヴァイオラに明確な意図があったわけではなかった。ただ、グレースの歓心を惹いているこの兵士のことを少しでも知りたかった。
 それに今言ったことは、自由恋愛が大前提のラヴァーズの社交辞令的なセリフのひとつに過ぎず、また遊びなれている者ならば、それを理解しつつ、馴染みのラヴァーズへの不義理はしないのが礼儀でもあった。
 しかしグプターは、少し考えるふりをしてから、話題をそらした。
 ヴァイオラも社交辞令のつもりだったので、その話題からは離れて別の会話を振ってみたものの、グプターとの会話はあまり弾まなかった。グプターは別の何かが気になるらしく、生返事が多かった。
 (あまり楽しい男ではなさそうね……)と、ヴァイオラが適当に切り上げて席を立とうと思ったとき、グプターが言った。

「さっきのことなんだけど」
「何かしら?」
「『私に乗り換えてみない』っていっただろ?」
「え? ええ、でも……」
「それって、“お誘い”をかけても、良いってことかな?」

 逆にヴァイオラが戸惑う番だった。

「たまには気分を変えてみたいんだ。君はとても魅力的な女性だ。“誘って”もいいだろ?」

 グプターはヴァイオラの肩に手を回して抱き寄せようとした。
 そこにタイミング悪く、グレースが倉庫から戻ってきた。

「グプター……」
「グ、グレース。今日は、休みかと思ったよ」

 一目見て、グレースの機嫌が良くない事に気づいたグプターは、苦し紛れに言った。

「ヴァイオラを、“誘った”の……?」
「あ、ああ、た、たまにはと思ってね。ほら、君とヴァイオラは、仲がよさそうだったから……」

 仲のよいラヴァーズ同士なら、互いの馴染みを変えてみることも偶にある。
 馴染みとの馴れ合い過ぎを避ける、一種の刺激のようなものだった。
 だがそれは、当のラヴァーズ同士の暗黙の了解があってのことだった。
 しかし、そういう機微を洞察するほどには、グプターは遊び慣れてはいなかった。

「で、でも今日はやっぱりやめておくよ。もう、帰るよ。明日も早いんだ」

 グレースの様子に、グプターは気まずい雰囲気を感じると、そそくさとラウンジを去っていった。

「グリィ、あ、あのね。私がいけなかったのよ。ほら、社交辞令よ。“誘ってみない”って言っただけなの。まさか、彼が本気にする、なんて……」

 グレースは明らかに怒っていた。
 ヴァイオラは昨日の今日で、グプターから“お誘い”を受けかかっていたことに、気まずい思いを感じていたが、グレースの怒りは爆発した。

「最低よ、ヴィー!」
「誤解よ、グリィ。彼とはまだ何も……」
「あなたはいいわ! 美人だし、人気者だもの、恋人候補なんて掃いて捨てるほどいるでしょう? でも、私はそうじゃないのよ! 折角のチャンスをあなたに邪魔された、私の気持ちがわかる?」
「恋人候補なんて居ないわ、私は男なんかに興味ないの。ラヴァーズなんて、早くやめてしまいたいと思っているわ」
「それならとっととやめてしまえば、良いじゃないの!」
「まだそういうわけには、行かないのよ」
「何よ、私からグプターを奪い取りたいとでも思っているの?」
「私は彼のことなんて、なんとも思っていないわ」
「嘘よ!」
「本当よ。私に群がってくる男達だってそう。ただの遊びだって割り切っている。私は道化師なのよ。」
「そんなこと!」
「でもあなたは違う、前にも言ったでしょう? あなたを愛する人はみんな本気だって。私だって、そうなのよ……」
「何を言っているの? ヴィー。貴女は私のことなんか、なんとも思っていないくせに!」
「酷いわ、グリィ。私、あなたが……」
「もう私に近づかないで! ヴィー!!」
「そんな! 彼のことなら謝るわ。ごめんなさいグレース! でもあんな男、あんな優柔不断な男、あなたにはふさわしくないわ」
「そう? ヴィーはいつもそう言うのね。私が誰と付き合おうと私の勝手じゃない! ヴィーには関係の無いことでしょう?」
「それでも、あの男はグリィにはふさわしくない」
「じゃあ、どういう男性なら私にふさわしいって言うの? 私は男と付き合うのに、いちいちあなたの許可が必要だって言うの? 何の権利があって、そんなこと!」
「グリィ、判って」
「何を判れと言うの? もうたくさんよ、ヴィー! 私はあなたが嫌い! 大っ嫌い! もう私に近づかないで!」
「待ってよ! グリィ! 待って! 私は、本当は……」
「もう知らない! 二度と私に近づかないで!」

 そう叫ぶと、グレースは泣きながらラウンジから出て行ってしまった。
 グレースの言葉にショックを受けたヴァイオラは、呆然と立ち尽くしてしまい、震える足が前に出なかった。
 男からも女からも、罵声を浴びせられた上に“大嫌い”などといわれたことの無かったヴァイオラには、グレースの叫びは鋭い刃となって胸に突き刺さっていた。

「誤解されたままでいいんですか?」
「マスター……」
「本当は、大好きで仕方が無いのでしょう? グレースさんのこと」
「どうして……、マスター」
「こう見えても、人を見る目はあるんです。あなたがグレースさんに向けている眼差しは、他の人へのものとは、違っていましたからね」
「私は、……どうしていいか判らないわ。グリィに、“大嫌い”って言われたの……」
「グレースさんは、心の奥に押し込めていたことを、あなたに言ってしまったんですね」
「私、本当はずっと……。グリィに嫌われていたのね……」
「あなたも、グレースさんにずっと黙っていたことを、言ってみてはいかがですか?」
「私も……?」
「お二人は長い付き合いなのでしょう? ならば隠し事は無い方がいいですよ。きっとね」
「私……」
「追いかけた方が良いと思いますよ。でなければ、一生後悔するかもしれません。グレースさんはああ見えて、なかなかに意思の強い人ですから」
「まだ、……間に合うのかしら?」
「いいものを、貸してあげましょう。これを」

 マスターはポケットから銀色の小さな鍵を出して、ヴァイオラに渡した。

「これは……?」
「グレースさんの部屋の電子鍵です。もちろんいきなり使っては駄目ですよ。どうしても開けてもらえないと思った時だけ、使ってください」
「どうして、マスターがこんな物……」
「ラウンジのマスターには、ラヴァーズの皆さんの安全と保護に責任があるのです。だから万が一必要があった場合に使うことが、許されているのです」
「万が一……?」
「時々自分の身の上に悲観して、自殺しちゃう人も、昔は居ましたからね」
「……」
「こういうものを持っていることは、内緒にしておいてくださいね」
「解ったわ。ありがとう、マスター」
「明日には必ず返してくださいね」
「ええ、きっと明日までには、必要が無くなっているように、私頑張るわ」
「仲直りできると、いいですね。ここはもういいですから、行ってあげて下さい」
「ありがとう、マスター」

 ヴァイオラはマスターから鍵を受け取ると、グレースの部屋へ向かった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/17490-f749ea73

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08