FC2ブログ

Latest Entries

星の海で(9) 「二人のラヴァーズ」  (6)告白

(6)告白-------------------------------------------------------

 ヴァイオラはラウンジの後片付けをマスターに任せ、グレースの部屋へと急いだ。
 ドアを叩いて、グレースの名を呼んだが、中から応答は無かった。
 暫くそんなことを続けたが、まるで応答が無いことと、マスターの言葉も気になって、ついに鍵を使うことにした。

 部屋の照明は落とされていて、真っ暗だったが、狭い部屋のベッドに人の気配があった。
 グレースはドレス姿のまま、ベッドにうつぶせになっていた。

「グレース……」
「どうやって入ってきたのよ! 鍵はかけておいたはずだわ」
「そのことはあとで。お願い、私の話を聞いて」
「話すことなんてないわ、大嫌いって言ったでしょう?」
「そんな、悲しいこと、いわないでよ……」

 ヴァイオラはグレースの2度目の言葉の刃に、泣きたい気持ちになった。
 沈黙が続き、二人の動きは止まったままだったが、やがてグレースは体を起こして、ヴァイオラを睨み付けた。

「出て行きなさいよ」

 その言葉にはっとしたヴァイオラは、顔を上げた。
 グレースの怒りが解けていないことを悟ると、手に持っていたポーチから小さな冊子を取り出して、グレースに差し出した。

「これを、見て」
「銀行の通帳? なんで?」
「いいから!」

 差し出された通帳の、残高を見たグレースは驚いた。 

「こんなに?! これなら今すぐにでも退役できるじゃない。違約金を払っても十分におつりが来るどころか、小さなお店ぐらいは開けるわ」
「でも……、まだ足りないのよ」
「どうして? これだけあれば十分じゃない。あなたはラヴァーズを早く辞めたいんでしょう?」
「足りないのよ。私の夢をかなえるには」
「夢?」
「二人分の退役違約金と、手術のお金。それと当面の生活費」
「二人分? それに手術? 誰か、具合の悪い恋人でもいるの?」
「私とグリィ、二人分の退役違約金と、私の性転換手術のお金よ」
「ヴィーと私の? それに、性転換手術?」
「私はあなたと結婚したいの。私は退役して、あなたをお嫁さんにしたいのよ」
「な、い、言っている事の意味が、わからないわ」
「私はあなたを愛しているの。ずっと一緒にいたいの。結婚したいのよ! だから一緒に退役して。 そして私は男に戻って、あなたを自分の妻にしたいの!」
「ちょっと待って! ヴィー! な、何を言ってるのか……」

 グレースはヴァイオラの言葉に混乱していた。

「私がどうして、あなたの側に居続けたと思う? あなたを愛していたからよ。離れたくなかった。だからあなたに他の男を近づけたくなんて、なかったわ」
「そ、それじゃ、マルコが死んだのは……」
「あれは偶然。誤解しないで。あの男の事は、本当にただの偶然よ。あの男は自分のミスで死んだだけ。私は何もしていない。それは、確かにあなたとあの男が付き合うのを邪魔はしたけど……。でも本当に私はあの男の死に関しては無関係よ」
「それじゃ、グプターは……」
「本当に、まだ何もしていないわ」
「でも……いえ、あなた私のことなんて、自分の惹きたて役ぐらいにしか、思っていなかったんじゃ……」
「私がいつ、あなたのことをそんな風に言ったの? 私は周りの人間がなんと言っても、あなたに魅力を感じていたわ」
「で、でも、突然そんなことを言われても……」
「私、今度のことで思ったの。もう私は我慢しない。自分の夢をかなえるために、もっと具体的に行動することにしたの。もうあなたは誰にも渡さない。私は今すぐにでも、人事部に二人分の違約金を叩き付けて、艦を降りたくて仕方が無いわ。一緒に来て! グレース!」
「ちょ、ちょっと待ってよ! ヴィー!! 本気なの?」
「本気よ」

 ヴァイオラの表情は真剣そのものだった。
 ラウンジでは華やかで、男を手玉に取るような妖艶な笑みと、プライベートでは子供のように甘えるばかりの顔が、グレースの知っているヴァイオラの顔だった。
 だが今のヴァイオラの顔は、真剣に何かを訴える、強い意志を持った者の顔だった。

「でも、あなたは今までそんなこと、一言も……」
「それは、私だって自分に自信が無かったからだわ。だって、私もグレースも、ラヴァーズで……女同士で、でも、あなたは私にいつも呆れていて、それに……本当は嫌われちゃっていたなんて……、そんな事に気が付きもせずに、……こんなこと、言えなかった……」

 ヴァイオラは胸の奥に閉じ込めていたものを、搾り出すように吐き出すと顔を伏せた。

「ヴィー、あなた……」

 グレースがヴァイオラの肩に手を当てると、ヴァイオラははじかれたようにグレースに抱きついた。

「グリィ! 結婚してよ! 私と結婚してっ!」

 ヴァイオラは涙声でグレースに訴えた。
 グレースはヴァイオラが真剣であることは判ったが、彼女の願いには頭が混乱していて、言葉が出ないまま、泣きじゃくりながら子供のように自分に抱きつく、ヴァイオラの頭を撫でていることしか出来なかった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/17491-a89d5436

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08