FC2ブログ

Latest Entries

星の海で(9) 「二人のラヴァーズ」  (7)二人

(7)二人-------------------------------------------------------

「……私が、自分の本当の気持ちに気づいたのは、ずいぶん前。養成所をでて最初の艦に配属されてからだったわ」

 ヴァイオラの告白に、グレースはまだ頭が混乱していた。

「あなたがうそを言っているのではないということは判ったわ。だけど、よくわからないわ。どうして私なんかのこと……」
「そんなこと……、私にもわからないわよ。でも駄目なの。私にはあなたがいないと駄目なのよ。あなたがいない夜は、いつも泣いていたわ。寂しくて……」
(……ヴァイオラが泣いていた? 私が傍にいない時に?)

 それもグレースには信じられないことだったが、つい先ほどまで自分にすがって、赤ん坊のように泣いていたヴァイオラを見た後では、そういうこともあるのかと思った。

「それなら、どうして黙っていたのよ。そんなに前から、私のことが好きだったのなら」
「……だって」
「だって?」
「グリィは、いつも私に優しかったじゃない? だから私の事、疎ましく思っていたなんて、夢にも思っていなかった。だから……」

 これにはグレースも返す言葉が無かった。
 確かに自分は、今回のようにヴァイオラに“大っ嫌い”などと大声を上げて非難した事などなかった。
 ヴァイオラの傍若無人な振る舞いも、子供のようなもう一人のヴァイオラを知っていたからこそ、本心で嫌がらせをしているなどとは、思いたくはなかったのだった。

「私、やっぱりグリィに嫌われていたの? ずっと迷惑だって思っていたの?」

 捨てられた子犬のような涙目のヴァイオラに、グレースは正直に答えた。

「ええ、そうね。わがままな子供みたいだと思っていた。他人の前では、大胆に振舞うくせに、どうして私の前でだけは、子供になってしまうのか、私はあなたの保護者なんかじゃないと思っていたわ」
「私は、好きだったから。グリィのこと大好きだったから、甘えてもいいって、勘違いしてた……」
「素直に、そう言えば良かったのに……」

 グレースの言葉に、ヴァイオラは後悔するように目を伏せた。
 
「……大好きだからこそ、躊躇いが必要だったの」

 そう言うと目尻に乾きかけた涙の痕を残したまま、今にも泣き出しそうな、けれど精一杯の笑顔で、ヴァイオラは言った。

 ヴァイオラは本心を打ち明けて安心したのか、グレースの膝に顔をこすり付けると、やがてすーすーという寝息を立て始めた。
 グレースはまだ頭の中が整理できないでいた。
 けれど、自分の膝の上で安らかな寝息を立てている、ヴァイオラの頭を撫でているうちに、自分にも睡魔が押し寄せてきた。
 グレースはヴァイオラを起こさないように、そっとベッドに寝かしつけると、自分もその隣に横になった。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*


 翌日の昼に近い時刻。
 疲れと気だるさにまどろんでいたグレースは、ぼんやりとヴァイオラの頭をなでていた。手を止めると、ヴァイオラがむずがるので、目が覚めてからはずうっとそうしていた。

「ヴィー、いつまで寝ているの? もう昼よ?」
「だって……」

 子供のようにむずがるヴァイオラを引き剥がして、グレースは眠気覚ましの飲み物を探した。

「水しかないわ。コーヒー沸かすのも面倒ね」
「お水、ちょうだい」

 くしゃくしゃの髪のまま、ヴァイオラはベッドの上に体を起こして言った。
 寝起きの乱れた姿であっても、ヴァイオラはヴァイオラだった。
 彼女には“見苦しい姿”という言葉とは、無縁のものなのかもと、グレースはあらためて感心した。

「ねぇ、私、思うんだけど。ヴィーが男に戻るのは、やめない?」
「どうして? 女同士二人で宇宙で生きて行くのは大変だわ。退役しても、二人とも元ラヴァーズじゃ、働き口だって……」
「まぁ、そうだけど。ならば私が男に戻るわ。そうしましょう」
「ええっ? ダメよ、絶対駄目!」
「どうして? 私はこんなだし、勿体無いと思うのよ。ヴィーは美人だから、男に戻っちゃうなんて」
「それは絶対に駄目、だって……」
「だって?」
「私は、今のグリィが好きなんだもん。男のグレースなんて、想像できない……」

 それは、グレースも同じ思いだった。

「まぁそれは当面保留にしておくとして、男に戻してくれるところなんて有るのかしら? 聞いたこと無いけど……」
「宇宙は広いわ。もしかしたら敵の共和国にもあるかもしれない。そしたら亡命しましょ」

 作戦行動中の軍艦の中で、“亡命”などと、こともなげに言い切るヴァイオラに、グレースはあきれ顔で返すしかなかった。

「軽く言うわね」

 ヴァイオラも自分の言葉が意味することに気がつくと、ごまかすように笑った。

「うふふ……」
「うふふ……」

 失敗をごまかす子供のように笑うヴァイオラに、グレースもつられるように笑った。

 
*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*


 数日後、ピエンツァから二人のラヴァーズが揃って去っていった。
 人気のあった二人組の突然の引退に周囲は驚いた。
 二人は引きとめようとする間もなく、行方も告げずに艦隊を後にしていた。


 そしてそれから数年後、戦艦ピエンツァのラウンジのカウンターの奥の棚には、小さな写真立てが飾られていた。

 目立たないところに飾られたその写真には、“G&V”という看板のかかった喫茶店の前に並ぶ、仲の良さそうな夫婦の笑顔があった。

09_3_201601222107293e2.jpg
挿絵:菓子之助 http://pasti.blog81.fc2.com/

<第10話に続く>
(E)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/17492-6dd64ea3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08