FC2ブログ

Latest Entries

ヴァーチャルゲーム小説第101番 僕のデザイア(16)(18禁)

第一話 第二話 第三話 第四話 第五話 第六話 第七話 第八話 第九話 第十話 第十一話 第十二話 第十三話 第十四話 第十五話



はあ。はあ。
僕は必死で腕を動かそうとする。
も、もう少し。
ああ。あふん。
よし、今度は指を……ああっ。
もどかしい。動け!動け!動け!動け!ああああ。
駄目だ。気が狂いそう。ああああ。パンツの上からじゃ、上手く。
ああああ。
あ、おお?
ちょっと体を揺らすと、包帯が摺れて気持ちいい。
すり。すりすりっ。
すりすりすりっ。
ああああん!こ、こんなんじゃ駄目!だ、誰か!
パンツ!脱がせて!
早く!
デザイア!トリン様!
誰でも良いから!早く!
ああああああん。
「ご飯できましたよー♪」
デ、デザイア!は、早く!
「って、どうしたんですか?ご主人さま?ん?ご飯食べさせて?いいですよー」
「……!」
ちがあう!わかってるだろ!こらっ!
「泣いて怒らなくても……じゃーん!これ、何だ?」
うわ、ちょっと待って。
バイブは良いとしてそれ太すぎ。
無理。あああ。でもっ。でもっ。
「なーんてね。うそうそ。ご主人様の処女はトリン様に取っとかないとね。あたしにお任せ下さい」

20061115234452.jpg

イラスト:壱河剣

ぼくの……処女。
デザイアは上手に僕のパンツを脱がす。
無毛のアソコが剥き出しになる。
そして彼女はぺろぺろと僕のあそこを舐め始める。
ああん。そう。そこっ。あふん。
ぺろぺろぺろぺろぺろぺろ。
ぺろぺろぺろぺろぺろぺろ。
ああん。デザイア上手い……
あえぎ声が漏れるのを止められない。止まらない。
そして止まらないのは声だけじゃなくって。
はあう。止まらないよう。
「ご、ご主人さま?
あたし、何か変です?おかしいです。
ご主人さまを滅茶苦茶にしたくなって……なんで?
はあ。はあ。ああん」
え?ちょっと。デザイアの手がさっきのバイブに伸びる。
ういーん。ういーん。
ああああー、素敵成分?素敵成分を舐めちゃったから?
「だ、駄目……ご主人様のあそこは……トリン様の……駄目」
ずぷっ。
「……!」


「いやー。危うくご主人様の処女を奪ってしまう所でしたが、あたしの機転で何とか事なきを得ましたね。デザイアちゃん賢い!なんちて!」
くすん。お尻痛い。
「気持ちよかったくせに。」
……うん。
真っ赤になったのが鏡を見なくても分かった。

つづきはこちら

応援コメントよろしく♪壱河さんにも。






質問 僕のデザイアのご評価をお願いします


とてもよい

よい

まあまあ

いまいち






コメント







- アクセス解析 -






結果


過去の投票


FC2ID






コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/1795-4f2446d3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

ブロとも一覧


■ ブログ名:M物語(TSF小説)

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2020-08