カウンター
[PR] 広島 美容外科 オフィス家具 買取 あむぁいおかし製作所 正義のヒーロー  (真城悠) サンプルちょい見せ①
FC2ブログ

Latest Entries

正義のヒーロー  (真城悠) サンプルちょい見せ①

2016Q2おかし製作所DMM販売数6位

正義のヒーロー  DMM版
正義のヒーロー DLsitecom版

正義のヒーロー


 絹を裂く様な悲鳴が轟いた。
 その若い女性は何事かを発しようとしているのだが、あまりの恐怖に意味のある言葉にならない。

 人気の無い寂しい路地裏に追い詰められた若い女性の目の前には表情をうかがい知ることが困難なサングラスと、人相の特定を困難にするニット帽を被った男がいる。

「ねーちゃん。金出しな」

 若く見えるがしゃがれた声でその男が言った。

「い、いや…」

 半ばパニック状態の女性はミニのタイト気味なスカートで尻餅をつき、ガタガタと震えている。

「出せって言ってるんだよ!」

「きゃあああーっ!」

 その時だった。

「ちょっと待ったーっ!!!」

 路地裏の行き止まりに向かって若い女性を追い詰めていた暴漢の背後から澄んだ声が響いてくる。

 思わず暴漢が振り返る。

 逆光気味であるためにシルエットが浮かび上がった声の主は、驚いたことに小柄な女子高生だった。
 黒い革靴に太腿が丸出しのミニのプリーツスカート。クリーム色のベストにワンポイントの赤いリボン。
 そしてこれまた紅いリボンでその長い髪を左右にツインテールで分けている。

「そのお姉さんを放すんだ!」

 声の出し方なのかトーンのせいなのか、甲高いはずの声がまるで少年の様に聞こえる。

「へっ!何だお前は!?」

 声の主の『正体』が分かった暴漢は次の瞬間には空中を一回点して背中から地面に叩きつけられていた。

「ぐはぁっ!!」

 ロクな受身も取らなかった暴漢は一瞬呼吸困難になったショックで気絶してしまう。

「あちゃー、本当にノビやがった…まあ、命に別状無いみたいだからいいか」

 特に姿勢も崩していない様に見えるツインテールの女子高生がパンパン、と手を払っている。

「お姉さん大丈夫ですか?」

 逆光でよく見えないが、可愛らしい笑顔でへたりこんでいる女性に手を伸ばす女子高生。


 その記事が載ったのが別件とあわせても一ヵ月後の地方新聞の夕刊紙の隅っこである。
 記事には追加して別に襲われた女性のことも取り上げられている。
 全員に共通しているのは、年のころは十六から十七くらいに見える少女に危ないところを助けられた…ということだった。
 暴漢は決まって男で、時には刃物も振り回していたらしいのだが、少女に掴みかかると同時にあっという間に一回転してしまう。
 記事には専門家の話として、合気道等のように相手の力を利用する武術の達人なのではないか…という分析コメントが掲載されている。

 これだけならばそれほどの話題性は無かっただろう。
 だが、これを地方ニュースが再現映像と共に伝え、更に全国ニュースが取り上げた。
 面白がったインターネットのニュースサイトが配信した事で更に拡散する。

 しかし、この記事には実は重大なポイントが抜けている。
 恐らく、その一点を加えることで途端に記事が馬鹿馬鹿しくなってしまうために敢えて無視したのだろう。
 地元民の書き込みと、そのインターネットニュースサイトの独自取材によって、一部の掲示板の無責任な名無し書き込みでは話題に上っているが、今もってその部分を含めることなく流通している。

 その「謎の女子高生」は最初の事件でこそツインテールの制服姿であるということになっていたが、その後は推定年齢に言及するくらいで、風貌に関しての情報がなくなっていた。
 制服にしてもこれといった特徴に乏しいため、セーラー服の可能性を排除出来るくらいで、「謎の女子高生」の正体を特定する手掛かりにはなりそうになかった。

 俺はどうしてそのディティールが省略されているのかを知っている。
 理由は簡単で、「謎の女子高生」は現れる度に全く違う格好をしているからだ。
 ある時はボンデージの女王様風。ある時は看護婦さんの白衣、またある時はアニメのヒロインの大仰な鎧のコスプレ…ってな具合である。
 書き込みを見ると、ある人間は深夜の住宅街を歩く妖艶なバニーガールを目撃したといい、はたまたある者はどういう訳か事件の現場近くにからからとカートを引きずるスチュワーデスを目撃したともいう。
 実は「謎の女子高生」と思われる人物は、余りにも突飛な格好故に職務質問されたらしい形跡もあるのだ。

 その時はというのは、深夜に若い女性が辻斬りに遭うという通報が多発していたため、巡回していた若い巡査によって声を掛けられた。
 なんと、月明かりもまぶしい深夜に純白のウェディングドレスをずるずる引きずりながら歩いていた。
 その巡査は余りにもシュールな光景に「花嫁の幽霊」ではないかと身震いしたそうだが、ドレスの裾を踏んで止め、職務質問に及んだという。
 
 ところが職務質問中に花嫁は突如駆け出した。
 警官は当然制止しようとするのだが、多くの暴漢と同じく投げ飛ばされてしまう。
 だが、警察官は全員柔道が必修である。
 どうにか受身を取ってダメージを最小限に抑え、その花嫁を追いかけると既に事件は終わっていた。

 路地裏に追い詰められていた暴行魔を花嫁が投げ飛ばした後だったのである。
 職務上、その暴行魔を取り押さえている間に花嫁は逃走してしまったのだった。

 これらの事件において、直接の被害者以外の目撃者として「警察官」というのは最も強力なそれなのだが、情報が余計に混乱しただけだった。

 この他にも沢山あるんだが、報道されたり掲示板で噂になっているのはこれくらい。
 どうして俺がそれを知っているかって?

 まあ、理由は簡単にして単純明快だ。
 この「謎の美少女」が俺だからだ。

 俺は都内に住む何の変哲も無い男子高校生。
 公立の共学に通い、成績も中の中。最初から高校生活を4年と考えるようなだらけた生活をしている。
 今も噂のニュースをスマホでぐりぐり見ているところだ。

 俺がこんな事を始めるきっかけになったのは最初の事件が起こる前のこと。
 インターネット上に適当につぶやけるツールを使っていたら突如ダイレクトメッセージが来た。

 話を要約すると「正義のヒーローになりたいか?」というようなものだった。
 正直、余り相手にしたくない手合いだなと思ったのだが、「出来るもんならやりたいね」と答えた。

 その結果がこの有様だ。
 ウチの近所は決して治安が悪い訳じゃないが、都心に近いベッドタウンなので人口そのものが多く、それなりに事件は起こる。
 この頃はそういった犯罪グループが暗躍してるなんて物騒な噂もあるのだ。

 細かいディティールについて話しているとそれだけで一冊の本になるから大幅にはしょると、俺は「変身」をすることで途轍もない機動力と戦闘力を持つに至ったのだ。
 半径数十キロ程度なら一瞬で移動する。
 多分ワープしてるんだろうが、よくわからない。
 更に、プロレスラーみたいな大男だろうが、刃物を振り回すヤクザだろうが、引き締まった格闘家だろうが、直接対決してもまず負けない。
 超能力で相手をふっ飛ばしているのか、格闘の達人でロクに力も入れずに投げ飛ばしているのか良く分からないが、「圧倒的」な戦力差で勝ってしまう。
 恐らく一度に十人、二十人を相手にしても問題なく勝てるだろう。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okashi.blog6.fc2.com/tb.php/18218-94f86482

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

DMMさんの宣伝

 

初めての人はこちら

ts_novel.jpg

 

性の揺らぎに関する作品でお勧めのもの

ts_syouhin_20090318225626.jpg

 

性の揺らぎに関する作品(一般)

ts_syouhinもと

 

ブログ内検索

 

最近のコメント

プロフィール

あむぁい

  • Author:あむぁい
  • 男の子が女の子に変身してひどい目にあっちゃうような小説を作ってます。イラストはパートナーの巴ちゃん画のオレの変身前後の姿。リンクフリーです。本ブログに掲載されている文章・画像のうち著作物であるものに関しては、無断転載禁止です。わたし自身が著作者または著作権者である部分については、4000文字あたり10000円で掲載を許可しますが、著作者表記などはきちんと行ってください。もちろん、法的に正しい引用や私的複製に関しては無許可かつ無料でOKです。適当におだてれば無料掲載も可能です。
    二次著作は禁止しません。改変やアレンジ、パロディもご自由に。連絡欲しいですし、投稿希望ですけど。

 

全記事表示リンク

月別アーカイブ

 

最近の記事

 

カテゴリー

新メールフォーム

イラスト企画ご案内

20080810semini.jpg

 

リンク

RSSフィード

2017-06